excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

動かない?飛蚊症


2年前に右目の左端に黒い丸っぽい影を見つけました。白い壁などで見ると黒色に見えますが、暗めのところだと透明にも見えます。まばたきをするとピョコっと右に少し動き、またすぐ左端に戻ります。視線を動かしても付いてくることはありません。

気がついてすぐに眼科を受診し眼底検査を受けましたが異状なしで飛蚊症だろうとのことでした。その時はそれで安心したのですが…動かない飛蚊症は危ないと最近聞き、不安になり質問させていただきました。

元々、虫のようなものが浮遊している飛蚊症はあります。動かない飛蚊症でも問題ない場合もあるのでしょうか?強度近視は将来眼の病気になりやすいと知ってから、いつか失明してしまうんじゃないかとすごく不安になり…片目ずつちゃんと見えているか確認していたときに黒い影を見つけました。もしかすると昔からあったのに気がついてなかったのかもしれません。


あなたの目を診察した眼科医が異常なしと言っているのに、知識のない素人の戯言を真に受けて不安になっているのですね。だったらもう一度眼科受診すればいいじゃないですか。

「ピョコっと右に少し動き、またすぐ左端に戻」ることから、これは目の中のある一定の場所に存在し、眼球運動によって移動し、眼球の動きが止まると元に戻ることがわかります。透明に見えることもあるということから、透明なもの、つまり硝子体であると考えられます。硝子体は透明な繊維でできており、このような構造をしています。これの一部がそう見えるのか、または、硝子体の内部にできた丸い空洞が見えているのかもしれません。しかしそれが見えるようになった背景に、別の問題が起こっているかもしれません。

「動かない飛蚊症は危ない」んですか?初耳です。動かなければ「飛」蚊症ではありませんし、動かなければ気が付かないと思います。それにあなたの飛蚊症は動いています。ただし、動いているから安心というわけではありませんので、そのうちに眼科に行かれてはいかがですか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-01-29 09:41 | 何かが見える

メガネが必要かどうか


4年生の子供のことです。二年生のときに近視であることがわかりました。自宅で、目の運動を日課にしているためか、視力の低下は、抑えられていて、先日、眼科で測定したところ、右0.7、左0.5でした。矯正では、両眼とも1.2でした。途中で、レンズ交換とかはしてなかったので、自覚的屈折度数は、調べていないと思います。ただ、オートレフでの屈折度数が-3.75と進んていて、目を細める癖も出ているために、メガネを勧められています。「いきなり、度数の強いメガネは、きつく感じるので、かけられないから、今から慣らした方が・・・」と眼科の先生は仰いました。

ただ、オートレフの検査で、一緒に眼圧も測れるのか、空気が出てくるのが恐怖のようで、測定時には、機械を前に、ものすごく緊張して固まっています。検査員の人とは別に、2人がかりで抑えて、やっとのことで測定している様子です。それで、ちゃんと測れるものかなと疑問に思います。家では、本を読んでいて、1mm角もないふりがなも、45センチくらい離して読めるようです。

視力も、家で3メートル、両目で測定すると、午前中で1.2、良いときは1.5見えています。寝る前だと、ゆっくり見てですが、日によって0.6~1.0まで見えています。

学校でも、最後列からノートも取れているし、参観の日も、細かい文字も、目を細めずに注意して、それでも難なく写し取っていました。本人は、別段、困っていないのです。学校の測定では、ほとんどB測定で、たまにCが入ります。

子供は、困ってもいないし、メガネは、わずらわしいと思っているようです。ちなみに、眼科でワックをしますが、最初の数回は、見事に効果がありましたが、その後は、全く効果なしです。

今、メガネをかける時期を遅らせると、後々、必要になったときに、いきなり度数の強いメガネで苦しむことになるでしょうか?


途中でレンズ交換しない矯正視力測定ですか。視力がどれだけ出るかを計るだけならそれでいいのですが、近視の程度を調べるのなら不十分です。ですからオートレフで-3.75といっても正しいかどうかわかりません。例えば-2.5ジオプターで視力1.2出るかもしれませんよ。

現在困っていないのなら、急ぐ必要は無いと思います。仮にもう少し近視が強くなってから、緩い度数の眼鏡を開始した場合、次の眼鏡に変更するまでの期間が短くなるとは思いますが、その程度の問題だけでしょう。例えば、今眼鏡を作ったら1年もつものが、半年後に眼鏡を作ったら半年しかもたない、というようなことです。

小学生に空気の出る眼圧計で毎回計るのですか?理由は聞かれましたか?眼圧が高いのですか?視神経に変化が起こっているのですか?ノンコンについては、このブログの左の帯の下の方の[検索]というところで「ノンコン」を検索してみてください。当方のノンコンに対する考えが見られます。「「空気の出る機械が怖いので眼科には行きたくない」と子供が言います」と言ってみるのも一つの方法です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-01-20 16:27 | コンタクト・めがね

気にすれば色んなものが見えます


3週間ほど前から、夜寝る時に目を閉じてからしばらくすると青と赤が混じったような光が見えます。光はまぶしいという感じではなく、形は常に変化しており動いていますが、円のような丸いような形が多いと感じます。最初は残像かなと思ったのですが、目を閉じてしばらくしてから、見えるのでなんだか怖いです。

見えるようになったきっかけは、青、赤、黄のギザギザした光の輪が見えてからです。これについては眼科に行き片頭痛の一種なので心配ないと言われました。ただ、私が心配性で気にしすぎる性格であるので、その後も目を閉じた後の世界を見ようを意識的に見てしまいます。ずっと見えているわけではなく、目を開けると残像のように見える気がします。近視が強く暗いのではっきりとは断言できません。最近見えるものはギザギザした光とは全く違うように思うのですが、ほぼ毎日見えているので心配です。このように、暗いところで目を閉じたときに光が見えるのは何か病気なのですか。それとも気にしすぎですか。
ちなみに、1か月ほど前に飛蚊症の症状で眼科に行き眼底検査をしましたが、異常はありませんでした。この眼科は上記の眼科と別の眼科です。

他にも、飛蚊症の症状を確認しようと空をじっと見ると、自分がじっと見つめている中心部分がざわざわ見えることがあります。先日は空が円状にうねるというか波打つように見えました。全体ではなく、自分が見つめている中心部分だけです。

もう一つ2週間ほど前の夜、トイレに起きた際、まぶしかったため、目を閉じていると黒い点がびっしりと見えました。中心部分だけは、カエルの卵のようなものがぐるぐる回っていました。びっくりして目を開けると、黒い点は見えませんでしたが、中心のものは見えました。しばらく目を開けたり閉じたりしていると徐々に明るさに慣れ、上の方に消えていき全く見えなくなりました。

どの症状も意識しすぎではないかと思っており、自分が見ようと思わなければ見えないのではないかと考えてしまいます。特に、夜寝る時の光に関しては、見ないように努力すれば見えないのですが、自然と目に力が入り疲れてしまい、逆に変なものが見える気がします。

これらの症状はよくあることでしょうか。気にしすぎですか。それとも、やはり病院に行った方がよいですか。


完全な暗黒状態でも網膜の神経細胞が活動している事が原因の症状です。誰でも見えます。気が付かない人は鈍感なだけです。

2番目の症状は錯視の一種でしょう。飛蚊の一種かもしれません。

もう一つの症状は、飛蚊と残像の混ざった症状です。これもよくあることです。気にしすぎです。病院に行く必要性を感じません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-01-20 10:08 | 何かが見える

後部硝子体剥離による硝子体出血


突然、水に墨汁をこぼした様な揺れる黒いものがたくさん現れ、みるみるうちにテレビ画面の砂嵐のような黒い小さなドットだらけになりました。びっくりしてすぐにかかりつけの眼科でOCTや眼底検査をしてもらいました。

その結果先生は後部硝子体剥離の説明をして「ちょっと出血したんですね。今も出てるわけではなく少量です。網膜も傷ついてなく綺麗だし2週間位で自然に吸収されて治ります。」といわれほっとしました。

その後ネットなどで検索していると、血液の鉄分が網膜の機能を低下させて視力が改善されないという記述を見つけたり、吸収されない場合は手術という記述を見たりして、また心配な気持ちになってしまいました。

出血から7日目の現在は、黒いアメーバのようなものが目の正面で揺れているのと、視野全体の無数のドットが依然見える状態です。1週間前と比べたら軽くなりましたが、そう感じたのは翌日朝で、2日目から7日目の今日まではあまり変化を感じないのでちょっと心配です。

目には房水という水分がどんどん新しく作りだされているようで、2時間で入れ替わると書かれていました。この房水が硝子体にも行っているのなら血液は洗い流されてあたらしい水分が硝子体に入るのでしょうか?それならもっと早く血液が洗い流されるのかなと素人考えで思ったのですが、そうではなくて硝子体の中で吸収されて消えてなくなるまで待つということでしょうか。硝子体の少量出血は綺麗に治る場合がほとんどと考えていいのでしょうか。

また、硝子体剥離は加齢によりだれでも起りその中の少数がこのような出血をするようですが、網膜をひっぱってはがれる場所は片目で1か所とは限らないと思いますが、何か所もはがれるとしたらもしまだはがれていない場所で同じようなことが起こる可能性があるのでしょうか。それを検査で予測はできないのでしょうか。また私のように出血した場合、また起こる可能性は人より高いと考えられるのでしょうか?


ご安心ください。手術で硝子体ごと除去してしまうのは、この程度の出血ではありません。目の前が全然見えなくなるのが目安です。

房水は硝子体には行きませんので硝子体出血が洗い流されることはありません。吸収されるのを待ってください。そのうちにもっと改善します。

もちろん別の部分で同様の出血が起こる可能性はあると思いますが、そういう経験は無いですね。心配しすぎだと思いますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-01-20 09:30 | その他の疾患

ドライアイ・結膜炎の症状


先日の夕方、パソコンをしていると片目が短時間で2度ぼやーっとなり、瞬きをしたらなおったので、あ、また結膜炎になりかけかな?と思いました。そして寝る前に飛蚊チェックをしたら、夕方にボヤけたほうとは反対の目なのですが、数秒目を開けて蛍光灯を眺めていると光が滲んできて、視界の中心に黄色い色が見えました。(3回ためしました。)また、同じ目が、瞬きをすると、波紋が広がるような感じで見えました。そのため一瞬飛蚊がその位置増えたのかと思いました。

とりあえずドライアイの目薬を点し、それでも数分は変わらなかったのですが15分ほど経って同じことを何度やっても黄色いものは出てこず、波紋のようなものも広がりません

普段はドライアイで飛蚊が増えたのかと思うほど透明な皺や波紋が見えることは無いのですが、結膜炎でドライアイの症状は酷くなりますか。また目薬をさして落ち着いたということは大丈夫なのだと思いますが見えていた黄色いものは眼脂なのでしょうか?


瞬きをしたら治るという症状の原因は2つ考えられます。ひとつは、結膜炎などによる眼脂や埃や抜けた睫毛などが角膜中央部分にくっついているときです。もう一つは、瞬きの間隔が長くなって角膜が乾いた時です。パソコン画面を見ていて瞬きを忘れている人が多いですので後者かもしれません。乾きが酷い場合は点眼しても暫くは治らないでしょう。

結膜炎でもドライアイでも決まった症状があるというわけではなく、両方が絡み合って症状をより複雑にしている場合もあり、その症状がどちらによるものか判断しかねます。黄色いものが何かなんて、それを動画で見ない限り誰にも判らないでしょう。光が滲んだということですので照明光の回折現象か、残像かもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-01-19 17:03 | 角膜・結膜

OCT判定の誤り

読みやすく書き直しています

 こんにちは。○○からの留学生 △△と申します。昨年○○で健康診断を受け「C/Dが高いです、早く病院で精密検査を受けてください」と勧められました。

 その後、緑内障の検査(視野検査、OCT、角膜の厚さ、眼圧の24時間検査)を受けました。第一回の視野検査報告で60%黒い影があり、24時間眼圧では左眼15~30、右眼15~22でした。さらにOCT検査ではRNFLに赤い部分がありますので緑内障と診断されました。それゆえ、眼圧を下げる点眼薬とビタミンB12をもらって、●●●因子という注射液を半月分注射してもらいました。

注射をしてもらった14日後、2回目の視野検査で、視野は驚くほど改善して普通の人とほぼ同じ程度になりました。医者の不注意でしょうか、第一回の視野検査で近眼レンズをかけてくれませんでしたが、第二回の検査ではかけてくれました。私の目は両眼ほぼ同じ、-5.00程度の近眼があります。

 3ヶ月後、別の病院で三次検査を受けました。新しい先生は報告書を見て、視野の検査をもう一度受けてくださいと指示しました。検査の結果、視野は正常人と同じ程度で、緑内障とはいえないと判断されました。さらに先生は「できれば、点眼薬を一旦やめてくれませんか。半年ぐらいで視野の検査をすれば大丈夫」といいました。

 先生の指示の通り点眼をやめていましたが、健康診断以前と同じ、目の肩こりのような僅かな痛みが感じられました。それで自分の判断で点眼薬を再び点眼しています。点眼するとその僅かな痛みはなくなります。 

今の状況では点眼する必要はありますか。点眼しないと目に痛みを感じる場合どうすればいいのでしょうか。(激しい痛みではありません、疲労で起こったのかも知れません)

最初の先生は私が原発性開放隅角緑内障にかかっていると判断しました。検査の結果は添付しております。どうぞご覧ください。お時間いただいたこと、まことにありがとうございます。

e0137559_17502874.jpge0137559_17505813.jpg

安心して大丈夫ですよ。OCT像は両眼とも異常なしです。右目が異常と判定されたのは、視神経乳頭の右に大きく写っているアーチファクト(黒い部分、赤黄の部分)のせいです。OCTの写りが悪いために起こったことであって、網膜や視神経の異常で起こった物ではありません。その状態で視野が60%も欠損することはありません。近視の矯正をせずに視野測定したためでしょう。ただし、右の視神経乳頭陥凹は左に比べてやや大きく、定期的な検査は必要でしょう。

現在の眼科医の指示に従って、緑内障の点眼は止めるべきです。「目の肩こりのような症状がある」ということを眼科医に伝えて、それに合った点眼を処方してもらってください。おそらくドライアイなどの目の表面の疾患でしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-01-06 17:53 | 緑内障