excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

寝起きのチカチカ


お世話になります。元々飛蚊症持ちで少し飛んでます。

夜中に目が覚め、3時間程度の浅い眠りで、目が覚めた瞬間から5分程の間(10分には満たない時間です。)透明な飛蚊が一気に増えたような、空気が高速で動くような感じでチカチカしました。これは閃輝暗点の一種とかでしょうか

殆んど空気が動く感じでその中に時々白が混じる感じです。以前にも寝起きにチカチカになったことは有りますが透明のチカチカの中に青と黒の格子の様なものがみえました。

閃輝暗点でもそのときによって見え方が違ったりするのでしょうか?短時間で治まったため、起きてまたなったら医者にいこうと思ってましたがその後4時間ほど寝て起きたら通常の視界でした。夜中のことがあったので私自身少し気にしてしまうのか、見たいものがないときには普段より気になり若干飛蚊症が増えたような?と思いましたが、例えばこうして文を打つなどしているときには飛蚊自体が全く気にならないので、気のもちようの範囲だと思います。

視界異常のあと頭痛は有りませんでしたが、寝起きなどは閃輝暗点が起きやすいのでしょうか?

また網膜剥離などの網膜異常の場合、よく聞くのは、黒い点が一気に増えたというやつですが、網膜異常は『黒い飛蚊症』が増えるのでしょうか?透明なものが高速で動く、視界全体チカチカ、という場合はあまり心配は無いですか


その症状は閃輝暗点ではありません。しかし残念ながら、本当の原因はわかりません。

目の表面の、水分が少なくなった涙の中の脂の粒子かもしれませんし、硝子体の濁りによる本来の飛蚊症かもしれません。網膜由来のものか、もしかしたら脳が原因かもしれません。

けれども、目が覚めた時にだけ、おかしなものが見えるというのは、普通は気にしなくてもよいものです。それまで眠っていた網膜や脳細胞が、目覚める準備運動をしている時に変なものが見えるのは不思議ではありません。私自身は、自分の目の黄斑と視神経乳頭と網膜血管が見えます。この件はまた後日に。

また、「網膜異常は『黒い飛蚊症』が増える」こともあれば、そうでない場合もあります。そんなに単純なものではないのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-10-22 13:42 | 何かが見える

飛蚊症の心配


先日、飛蚊症についてご質問させて頂いた者です。ご回答頂き、有難うございました。

恐縮ですが、追加で、下記について、ご回答頂けますと幸いです。

①間違った情報かもしれませんが、ネットで調べてみると、近視も飛蚊症の原因となっていますが、その場合、

目の酷使→視力悪化(近視)→飛蚊症

となる可能性は、ありますか?また、ここでいう近視とは、視力どれくらいですか?

②暗い部屋でのTV、スマホは近視の要因ですか?近視の要因でなくとも、他の目の病気にかかりやすくなりますか?

③目の老化は防げないので、飛蚊症の発症も防げないのでしょうか?


1.近視というのは目の奥行(眼軸長といいます)が長くなることです。その結果、目の中に詰まっている硝子体という透明な無限に長い繊維でできている組織が縮んだり、空洞が出来たりして、いわゆる「濁り」が生じます。その影が見えるのが飛蚊症です。ですから、目の酷使で起こる調節緊張、つまり仮性近視では眼軸長が伸びませんので、飛蚊症の発生とは関係ないのです。また、近視というのは程度の問題で、視力の問題ではありません。

2.仮性近視の原因にはなるかもしれません。瞬きもせずに集中していると、ドライアイの原因になります。部屋が暗いかどうかは関係なしです。

3.そういうことです。心配するだけ無駄です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-10-21 08:45 | 何かが見える

眼底検査の頻度


緑内障の検査を年に1回受診しているので、その時に飛蚊症もあるので眼底検査もしてるのですが、この頻度で症状のでにくい病気とかについては安心していいものでしょうか?

子どもがよく入院したりするので自分にはあまり時間を割けないので、何かあっても早いうちに発見して治療したいので。


実際に診察した医師がそれで良いと言うなら、それで大丈夫ということです。病名や症状だけから決められるものではありません。もちろん、心配ならもっと頻繁に受診しても構わないと思いますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-10-21 08:32 | 眼科検査

視野の中心の渦


半年程前に青空を片目で見ていた時に視野の中心にもやもやした灰色の動くもの見えました。表現が難しいのですが吸い込まれる渦のようで、噴水の水が湧いてくるような一定の動きがありました。もやもやは視野の中心を真ん中として渦のような形です。目を動かしても視野の中心で見え、もう片方の目で試しても同じように見えました。視野の全体で動く飛蚊症とは違うと思います。両目で見ると見えません。そして先日片目で望遠鏡を覗いていた時、曇り空を見ていた時もうっすら同じものが見えました。それ以外の日常生活で見えたことはまだありません。

一年半前に左目の飛蚊症が増えたことから網膜裂孔が見つかり光凝固術済みです。術後、定期的に両目とも眼底検査を行っていますが異常はありません。上記の症状は飛蚊症のような内視現象でしょうか。目の病気が考えられるとしたら眼底検査以外にするべき検査はありますか。

かかりつけの眼科医に質問したところ、眼底検査で異常がないこと、両目で同じものが見えること、特定のシーン(空を見たとき)のみ見えることから特に目に関して問題はないと言われました。飛蚊症が増えていないか片目でものを見る癖も増えています。

どうしても他の先生の意見も聞きたく質問しました。遅くなってもかまいませんので回答を頂けるとありがたいです。宜しくお願い致します。


かかりつけの眼科で言われた通りですよ。両目ともに見えることと、特定の条件で見えることは、大きな安心材料です。

網膜の血流の関係かもしれませんし、黄斑付近の硝子体の濁りかもしれません。とにかく、心配いらない症状です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-10-10 13:06 | 何かが見える

生理的飛蚊症


飛蚊症が約2週間前より発症し、「生理的飛蚊症」と診断されました。

ご多忙のところ、恐縮ですが、下記について、ご回答頂けますと幸いです。

①「目の老化」が原因との事ですが、これには、【目の酷使(スマホ、TVなど)】も含まれますか?

②目の老化は、ルテインなどのサプリにより進行を遅らせることができますか?

③飛蚊症は消えませんが、硝子体内の移動により、時間の経過により、見え方が変わったり、見えなくなることはありますか?

④目の老化と飛蚊症の数(症状の重さ)は比例しますか?

以上、宜しくお願い致します。


1.無関係です。
2.もしかしたら出来るかもしれません。
3.その通りです。
4.相関関係はあると思います。しかし、どの部分の老化かによって、答は違ってくると思います。

生理的飛蚊症と診断がついているのであれば気にする必要はないと思います。良いといわれる方法を試したり、サプリを服用したり、生活を制限したりするのは時間とエネルギーの無駄です。忘れて生活してください。もちろん変化があれば眼科受診です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-10-07 16:04 | その他の疾患

レーザーが違うのです


大学病院で右原発性閉塞隅角症との診断ですが、白内障も無く手術も考えるが、とりあえずレーザー虹採光凝固術で穴を開けました。
しかし穴は数か月で塞がってしまいました。

大学病院は「レーザーは後々、後遺症が出る可能性があり、そうなると角膜移植しか無くなるし、白内障手術をする時に難しい手術になるから一度しかできない。なので目薬で眼圧が押さえきれなくなるか、急性緑内障発作が起きたら手術します。」と言われました。
大学病院を紹介してくれた先生は最初は「このまま引き伸ばしても何も良い事はないから白内障手術すべきだ」と言っておられましたが大学病院の判断を聞き、「最後に頼るのは大学病院だから大学病院がそういうなら怒らせないよう従え」と。

それから1年以上、急性発作を待つような状態で、高眼圧時に痛みも自覚も無いタイプなので毎日不安で鬱鬱と暮らし引き籠ってるような状態でした。

ところが先日別の個人医に行きましたら「結構な狭隅角だが白内障も無いのでもう一度レーザーを勧めます。レーザーの後遺症なんて20~30年前の話。今のレーザーはそんなことは無いし、もしもまた塞がれば再度打てます。もちろん左も同じなので両目とも」と。

今回の受診で私はレーザーは全く頭に無く、白内障手術しか考えてなかったので全く真逆のレーザー論でびっくりしてどっちがホントなのか混乱してます。

この先生は専門医だし質問にも全て詳しく答えてくれて信頼はできそうですが。もしもホントなら発作の不安で思い悩んでる私には最善なのですが。河野先生はどう思われますか?


昔のレーザーで虹彩に穴をあける手術を行うと、一か所に集中してレーザーを当てるために、角膜への影響が大きく、場合によって角膜内皮細胞が減少し水泡性角膜症を起こすことがあります。今では別のレーザーを使うようになり、おそらく大丈夫だと思います。手術を受けようとする病院で、じっくり相談して決めればいいと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-10-07 15:50 | 緑内障

いろんなものが見える心配


こんにちは。
3ヶ月前から、神経質になっているのか、急にいろいろな物が見えて不安になっています。
飛蚊症もちです。
気になっていることは、

・寝起きに薄い砂嵐や光がチカチカ見える事がある
・目をこするとフラッシュのような光が見える事がある(一瞬)
・明るい物を見ると、光が伸びる事がある
・自律神経が乱れていて、動悸がする時があるのですが、動悸がすると視界も脈を打っているように感じる

眼科で、視力・眼底検査をしてもらったのですが、特に異常はありませんでした。
別件で、一年半前にMRIを撮ったのですが、異常はありませんでした。

もう一度、MRIを撮ったり、神経内科などで診てもらったほうが良いでしょうか?


寝起きや寝入りばなはおかしなものが見えることがあるものです。
目を一瞬圧迫してその圧力で網膜が脳に信号を送り、脳は光として認識した。
伸びるように見えるから、伸びるように表現されたアニメもよくあるでしょ。
動悸は強い脈動ですので目の動脈や、目の周りの動脈も脈動し、それで眼球が微妙に動くのです。

誰でもそういうものですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-10-07 12:19 | 何かが見える

ある程度の左右差はよくあることです


先日、左右の見え方について質問したものです。丁寧な回答ありがとうございます。おかげで老眼の仕組みがよく分かりました。
ただ、先日久しぶりにコンタクトをして左右確認したところ、やはり左の方がやや見えにくい感じがします。コンタクトは右の方が遠くはよく見えるのですが。ふつうの本の文字サイズは違いがないのですが、説明書などのかなり小さい文字のときにやや感じます。乱視があるのでそれで感じるのでしょうか?老眼には左右で違いがでるものでしょうか?


老眼の左右差がある人もありますね。乱視の矯正が不十分なのかもしれませんし、網膜の黄斑部の細胞密度の左右差かもしれません。もしかしたらコンタクトの傷かもしれません

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-10-07 12:14 | コンタクト・めがね

多発性後極部網膜色素上皮症


若い頃に右中心性漿液性網膜脈絡膜症になり光線凝固術をしていただき治りました。その数年後今度は左目で多発性後極部網膜色素上皮症で同じ治療をしていただき治りました。現在はその左が再発して同じ光線凝固術をしましたが一時的には少し水が引けましたがまた元に戻ってしまいました。通ってる大学病院では経過観察しているだけでした。

調べますと中心性漿液性網膜脈絡膜症は深刻な病気ではなく自然治癒すると書いてあります。今回の多発性後極部網膜色素上皮症との違いを医師に聞くと同じようなものということでした。同じようなものならそう深刻な病気ではないのかと最初は考えていましたが、この前加齢黄斑変性と似ていると思い医師に聞いたところそれも似ているということでした。一方は自然治癒する病気に似ている。一方では失明するような病気と似ている。この矛盾はどう考えたら良いのでしょうが。多発性後極部網膜色素上皮症は失明する可能性があるのでしょうか。この場合の失明は中心部だけみえなくなるのでしょうか。それは高い確率なのでしょうか。このまま治らない場合はどうなって行くのでしょうか

アバスチンなどの注射をする治療法があるけれど副作用のリスクがあり行ってもほとんど効果は期待できない治療ということです。抗血小板剤やタンパク分解酵素剤やオキュバイトのことを聞きました。飲んでもほとんど効果はないと言われましたがお願いして処方してもらいオキュバイトも買って最近から飲んでいます。他にできるPDTの治療法があると思ったので聞くと希望するなら出来る病院に紹介状を書いてもいいということなので病院を移ろうかと考えています。

この病気は深刻なものでしょうか。失明する可能性がどの位ですか。老人になった頃はどのような状態の方が多いでしょうか。目の注射の治療法はそんなに効果がないことが多いのでしょうか。PDTの効果はどの位なのでしょうか。薬も効果は期待できないのでしょうか。


大変遅くなり申し訳ありませんでした。
われわれ開業医が、多発性後極部網膜色素上皮症のような稀な疾患を見ることは殆ど有りません。また、見つけても大病院を紹介し詳しい経過は分かりません。治療方法による効果の有無や、視力予後についても、経験の無いものが知っているはずも無く、答えたくても答えられません。

答えられる部分だけお答えします。「中心性漿液性網膜脈絡膜症は自然治癒する」病気ではなく「自然治癒することがある」病気です。また、加齢黄斑変性は黄斑の疾患だということは似ていますが、全く別の病気です。多発性後極部網膜色素上皮症は「後極部」とあるように、眼球のうしろの中心だけの病気ですので、これのみで周辺視野が影響を受けることはないでしょう。

これ以外は、この病気の治療経験が豊富で、また、実際にその目を診察した医師でないと答えられません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-10-07 12:12 | 網膜・脈絡膜

スマホでフラッシュ撮影


生後3日の赤ちゃんに不注意にもスマホでフラッシュ撮影をしてしまいました。その時は姪夫婦も何も言わずにいましたが帰りの車の中でとても心配になりネットで色々みていたらどんどん、不安がのしかかり眼の影響がないかと心配です。撮影後はすやすや眠っていました。


なんの心配もありません。忘れてください。その程度では心配無しです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-10-07 12:09 | おしらせ・その他