excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

眼底検査で発見できるか


先日、緑の明かり?が見えると相談させて頂いた者です。早速のお返事を頂き有難うございました。凄く嬉しかったです!!感謝しています。お返事を頂いた中で、少し不安な所がありますので、再度メールさせて頂きました。ご面倒ですが、宜しくお願い致します。

網膜の異常であれば、眼底検査で発見出来ますでしょうか?又、強度近視黄斑変性で網膜が過敏(鈍感)になってる状態でしたら、薬等で網膜を強くする事は可能でしょうか?網膜剥離では?と心配しています。

仕事でパソコンを使っておりますが、この年になっても近視が進んでおります。転職も思案中です。パソコンは控えた方が良いでしょうか。ワックの事もHPで初めて知りました。強度近視の場合、視力回復は無理でしょうか?


病気は必ず発見できるわけではありません。しかし眼底検査で発見できなくてもOCTなら出来ることもあり、OCTでは無理でも電気的検査なら発見できる病気があったりします。けれどもそんなことを言っていたらキリが無いでしょう。また、その病名だけで状況は把握できませんので、薬のことや網膜剥離のことは判りません。主治医に相談するしかないでしょう。

近視が進んでいるということですが、パソコンは無関係でしょう。強度近視は進むものなのです。また、ワックが効くのは仮性近視のみです。普通の近視ですら効果はありませんので・・・お力になれなくて申し訳ありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-02-28 13:41 | 網膜・脈絡膜

どの眼圧を信じるべきか


眼圧が高めということで年に4回くらい通院しています。眼圧はだいたいノンコンで18,19(右16~19、左17~19)です。もう3年はこれくらいです(7年通っていて当初19,22が2回ほど出た)。今は特に問題のない目だと言われています。しかし、一度もアプラで測定したことがなかったので、より正確な数値を知るため別の眼科を受診しました。

そこではノンコン19,20で、アプラ19,19でした。「問題ない。正常範囲。眼圧気にするからあんまり病院行かないほうがいいね」と言われました。それでも心配でまた別の眼科を受診しました。

そこではノンコン20,24(左右4回ずつ連射するタイプ)で、アプラ19,21でした。ここ何年も19あたり(ノンコンですが)だったのと、2つ目の眼科でも19だったのでとても驚きました。医師は「緊張してたのかもね。空気は高く出やすい。眼圧1,2の違いは気にしなくていい。近視もそんなに強くないし、神経もしっかりしてる」と言っていました。

たくさんの眼圧に関するサイトを見たのですが、「眼圧20までが正常」と書いてあるものと、「21までが正常」と書いてあるものがありました。眼圧21は前者なら高眼圧症、後者ならぎりぎり正常範囲になります。「アプラは医師によって誤差があり比較できない」と知っていますが、どこの数値を信じたらよいのでしょうか。先生の考えを聞かせてもらえますか。お願いします。


2番目か3番目の眼科に年に1回受診してください。最初の眼科は論外。

「アプラは医師によって誤差があり比較できない」というのは大間違いです。それぞれの医師が正しく測定すれば、1や2の違いは出ても極端な違いは起こりえません。アナログですのでそういうものなのです。また、一日の内でも変動しますので、別の眼科での測定値が違うのは当然です。しかしノンコンは驚くほどデタラメな数値を出すことがあり、誤差どころではないですよ。医師以外が測定しデジタル表示ですので、測定時の状況もわからず、それがどの程度ずれているか想像すらできません。ブラックボックスなのです。最近の機械はかなり正確になっていると期待したいところですが、信頼できる公立病院から、アプラネーションより10以上低く出たという報告もありました。高く測定されることの多いノンコンでこういう事もあるのかと驚かされました。

もう眼圧の数値に右往左往するのは止めましょう。現在視神経に異常がないということですので、何の心配もありません。アプラネーションで20前後ですので、確かにやや高い目かとは思いますが、年に1回程度アプラネーションで測定して、上昇傾向が無いか、OCTで視神経に変化が無いかを確認すれば十分と思います。

正常眼圧というのは、緑内障の無い人の多くがこれくらいの眼圧にあるというだけです。20であっても21であっても大差ないのです。眼圧25で何年経っても緑内障にならない人もいれば、眼圧10でも緑内障が進行する人もあります。つまりある人にとって25は正常眼圧で、別の人にとっては10でも高眼圧なのです。実際に診療していると、正常眼圧(治療前からずっと正常眼圧)緑内障の方が、普通の(未治療での眼圧が高眼圧)緑内障より遥かに多いのですよ。緑内障の無い人の多くが正常眼圧であるのと同様に、緑内障の人の多くが正常眼圧なのです。

それでは眼圧測定は無意味かといえばそうではなくて、以前に比べてどう推移するかが重要なのです。昔からずっと眼圧20だった人は心配しませんが、今まで10だった人が15になっていたら心配なのです。緑内障の点眼をして、眼圧がどれだけ下がるかも、治療効果の判定という意味で重要です。ですから正確な眼圧測定が必要で、アプラネーションで測定することが重要なのです。決してスクリーニングとしてのノンコンを否定するつもりはありません。手軽に誰でも測定できるということは捨て難い事です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-02-28 13:20 | 緑内障

片目で見える砂嵐


片方の目をつぶり手で軽く押さえ、もう片方の目で見ていると1分くらい経った頃から段々と砂嵐のような感じになり見辛くなります。見えなくなるわけではなく、見たいものは見えてますが全体的に被さった感じで見えにくいです。

3分4分と時間が経つと砂嵐のようなもののチカチカ酷くなるような気がします。

左右どちらの目も同じようになります。手を離し、両目で見ればすぐに消えます。閉じている方の目で見えてるもの?が映っているようにも感じますが、よく解らず不安になっています。何か病気でしょうか?宜しくお願いします。


不自然なことをしたときだけ不自然な見え方が起こることもあるでしょう。病気でもなんでもないと思いますよ。心配なら眼科受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-02-26 14:15 | 何かが見える

逆の目に乱視?


私は右眼に角膜ヘルペスを持っております。そして、最近知ったのですが、なぜか、左のみに乱視があるのに、眼鏡は右に乱視矯正されております。

素人感覚では間違いとしか思えないのですが、これは何か意味があるのでしょうか?


最近知ったということは、何の違和感も無く眼鏡を使用していた訳ですね。それなら、間違いではなく何か意味があるんじゃないでしょうか。処方した医師に聞いてみてください。

当方の印象では、右眼にヘルペスがあるのに、左のみに乱視があるという方が不自然なのですが。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-02-26 14:14 | コンタクト・めがね

電球近くの緑の明かり


一昨年から強度近視黄斑変性の治療を開始し、現在は3ケ月に一度通院しております。

一週間前位から、夜、電球を見ると近くに小さい緑の明かり?が三つ位見える様になりました。眼科で眼底検査をしてもらいましたが、「異常なし。近視が強過ぎるので色んな見え方をする」との事でした。仕事でパソコンを使ってますので、眼は凄く疲れてしまします。

相談メールを見て残像映像の言葉も初めて知りました。次回の検査で、視野検査をする予定ですが、心配なのでメールさせて頂きました。このままほっておいて大丈夫でしょうか。無料相談有難く思います。お手数をおかけ致しますが宜しくお願い致します。


おそらく電球の残像でしょう。見えるものが電球の形をしているなら確定です。両目あるいはどちらの目かわからない症状なら残像でしょう。毎回、現れる場所が違うなら残像です。

もし、片目だけの症状で、出現する場所が毎回一定なら、網膜の異常による症状でしょう。例えば1個目は中心の真上で中心からの距離2度、2個目は中心から右下135度で距離3.5度、3個目は左260度で距離3.8度とかです。網膜のその部分に何かが起こっているという事です。

強度近視黄斑変性ということですので、網膜が過敏(あるいは鈍感)になって残像を残しやすくなっているのではないでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-02-20 16:32 | 何かが見える

眼科検査の内容と料金


何年か前から受けている人間ドックの眼底カメラで、今回初めて黄斑変化乳頭変化ということで要精密検査という結果でした。何の症状も無いのが逆に不安です。

精密検査では、どんな検査をして料金はどれくらいでしょうか。眼科受診したことはありません。よろしくお願いします。


眼科によって診療内容は違うと思いますが、当院の場合を例に説明します。もちろん保険診療です。

屈折検査。69点。機械で近視とか遠視とか乱視とかの度数を測定します。裸眼視力も測定します。
矯正視力検査。69点。最適なレンズを使ってどれくらい視力が出るか確認します。
細隙灯顕微鏡検査。48点。結膜、角膜、水晶体などを検査します。
生体染色検査。48点。角膜結膜の表面の状態を色素を使って確認します。
精密眼圧測定。82点。眼球の硬さを測定します。当院では正確なアプラネーションで測定します。高眼圧で要精密検査になった場合、健診と同じノンコン(空気式)を使っていては正しい眼圧は判りません。
精密眼底検査。112点。眼底鏡を使って眼底(網膜)の状態を確認します。
眼底三次元画像解析(OCT)。200点。特に黄斑と視神経乳頭の精密な三次元解析をします。緑内障や加齢黄斑変性の診療には必要不可欠な検査です。黄斑変化や乳頭変化で要精密検査になった場合、精密眼底検査だけでは必要な情報が得られません。

以上が普通のパターンで、状況によって省かれる検査や追加される検査もあります。精密眼底検査と眼底三次元画像解析(OCT)だけで良いように思われるかもしれませんが、絶対に見落としてはならない病気を見落とさないために、これだけの内容が必要なのです。

合計628点。初診料282点を加えて910点。三割負担なら2730円です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-02-14 14:31 | 眼科検査

起床時のみの症状


3か月前からなのですが、この質問をされた方と同じ症状がでています。
寝起きの残像らしきもの
それだけなら良いのですが、最近両目の中心の他、視界の外側にも同じようなものが現れることがあります。さらに、最近夜目覚めた時、視界が細かくフラッシュするように普段の明るさの視界ともうワントーン暗い明るさの視界が交互に現れ出しました。かなり早い眩しくないストロボを連続でたいたような感じです。こちらもしばらくするとおさまります。

これまでにした検査は、眼科で眼底検査、視野検査で異常なし。耳鼻科で副鼻腔の検査で異常なし。脳のMRIで異常なし。神経内科で問診のみですが、様子を見ましょうということでなにもなし。

眼科以外は気になって個人的に行きました。やはり視神経等を調べてみるべきでしょうか。突然視力を失うのではと不安です。それとも気にしすぎでしょうか。今までなかった現象が収まるどころか増加し、大変戸惑っています。検診が必要な場合、何科でどのような検査が必要でしょうか。

関係ないかもしれませんが、手の小指が最近起床時によく痺れています。眼と結びつけてやはり神経系なのかと不安になっています。


同様の症状の質問への回答を読んで尚心配なのですね。おまけに、十分な検査をして異常無しです。起床時のみのこのような症状は、眠っていた網膜、視神経、脳が、一日の活動の準備運動をしていると考えてください。

起床時の小指の痺れは、眠っている時の姿勢によって神経が圧迫されたからでしょう。しかしもし悪化するような事があったら、整形外科か脳神経外科を受診してください。

新しい知見があります。黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見るをご覧ください

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-02-12 14:47 | 何かが見える

事故後の眼振


交通事故により眩暈症が発生しました。その時に眼振検査を行ったのですが右方向に眼振有と診断が出ました。そこで相談なのですが、眼振はどんな治療方法でどのくらいの期間で治癒するものでしょうか。眼振が治れば眩暈も治るのかわからないのですがよろしくお願いいたします。


事故後に眩暈と眼振が発生したとすると、脳か内耳の障害でしょう。眼科は無関係です。

原因がわからなければ治療法も決められません。眼科ではなくて、脳神経外科と耳鼻科のある病院を受診して相談してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-02-06 16:02 | その他の疾患

眼圧上昇の心配


1年前から海外生活をしています。アレルギー持ちなのですぐに目がかゆくなってしまうので、海外の病院でフルオロメトロン0.05%という目薬を一日朝夜の2回、半年間ほぼ毎日つけていました。

しかし、最近になって初めてフルオロメトロンはステロイド点眼であるということがわかり、長期間使用すると副作用で視神経に異常をきたし、緑内障になるかもしれないということがわかりました。この半年間仕事が忙しく眼科にも行けていなかったので、健診もしてもらっていない状況です。もし、緑内障になっていたらと思うと心配でなりません。

2月中旬にちょうど日本に帰国できるので、そこで日本の眼科にかかろうとは思っていますが、それまでとても心配なのでメールさせていただきました。半年間フルメトロンを使用すると、視神経に異常が出て緑内障になる可能性はあるのでしょうか?お忙しい中すみませんがすごく心配ですので回答よろしくお願します。


可能性は当然あるでしょう。しかし、フルメトロンを点眼しても、眼圧の上昇を起こさない人が大多数です。0.05%では殆ど心配要らないでしょう。

今その点眼を止めたところで、影響しない期間は僅かです。それより、点眼を続けて、日本の眼科で高眼圧、緑内障になっていないか検査をしてもらう方が有益ではないでしょうか。また、アレルギーにはステロイドよりも抗アレルギー剤の方が安全ですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-02-04 08:56 | アレルギー

緑内障診療ガイドライン


緑内障で6年ほどキサラタン点眼で治療中です。眼科での経過観察で空気眼圧計で毎回測定しているのですが13~20位できています。

アプラネーション眼圧計での測定は2回目か3回目の時に一度だけ測定して以来行っていません。河野先生のQ&Aブログで空気眼圧計についての回答をいくつか拝見して不安に感じましたが、空気眼圧計での経過観察は無意味なのでしょうか?他に毎回診察での眼底検査(倒像鏡)や年1回のOCT検査を行っていますが大きな変化なくきています。


誰でも検索すれば見つけられますが、
日本眼科学会 緑内障診療ガイドライン(第3版)を引用しますと、

Goldmann圧平眼圧計(アプラネーションのことですね)は、臨床的に最も精度が高く、緑内障診療において標準的に使用されるべき眼圧計である。Goldmann圧平眼圧計では、Schiotz眼圧計に代表される圧入眼圧計とは異なり、測定値が眼球壁硬性の影響を受けにくいという利点がある。
(中略)
非接触型眼圧計(ノンコンのことです)は測定手技が簡単であるが、スクリーニング目的に限定して使用されるべきである。測定値には角膜の物理学的特性の影響があることが知られ、例えば、角膜が薄いと眼圧が低く、角膜が厚いと眼圧は高く測定されることが知られている。

となっています。「スクリーニング目的に限定して使用され」ていない現状があるために、このような記載があるのでしょう。眼科の診療内容というのは眼科学会の方針に従わないければならないというわけではなく、それぞれの医師の裁量が認められています。当方は緑内障診療ガイドラインに全面的に賛成で、その立場で意見を書いておりますが、ノンコンを使う医師にも、それなりの根拠があるのでしょう。どうしても気になるようなら、尋ねてみてはいかがですか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-02-03 16:16 | 緑内障