excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

視神経乳頭陥凹拡大と内服

Qかなり短く編集しています
 人間ドックを毎年受けて居りますが、「左視神経乳頭陥凹拡大」で要精密検査となりました。同日、精密検査もこの眼科で受けました。左目の眼圧は21か22で、視力検査、眼圧測定、眼底写真、眼底検査、視野検査をしました。視野検査は、マリオット暗点以外、灰色部分はあったかも知れませんが黒い部分はありませんでした。半年後にもう一度精密検査をということで目薬は処方されず、経過観察ということになりました

 その後、左目が痛く、特に眼の奥が痛いので一週間後にもう一度受診しましたが、眼科的な点ではこの症状に対する異常はないとのことでした。隅角は開放型とのことでした。

 半年後、同じ眼科に診察を受けに行きました。眼圧は左:21、右:19でした。結果は、「おそらく近視による視神経乳頭陥凹拡大だろう」みたいなことを言われ、緑内障予備軍で「いつかなるかもだし、ずっとならないかもで、半年前と比べて視野検査に変化なし」なので、OCTも赤い所があって不安でしたが「一年後にまた再検査に来て下さい」とのことでした。「3~4年後でも本当は良いと思ってるけど念の為に一年後の方がこちらもあなたも安心出来るので」とのことでした。また、職業柄、目が疲れ易いので、その病院にてジクアスを処方して貰いました。この状況下でジクアスを点眼することに問題はないと考えて宜しいでしょうか?

 心療内科でインデラル・バレリン・リボトリール・メデポリンを処方されて居ます。緑内障の疑いがあると伝え、リボトリールとメデポリンを一気に抜かれてベンゾジアゼピン離脱症候群が出て酷い状況になり、再度処方して頂きましたが(現在、時間を掛けて減薬から断薬に向けて動いて居ります)、疑いとはいえ眼圧が高く原発開放隅角緑内障にほぼなるかもという状態でこれらの薬を服用しても大丈夫でしょうか?

最近の診察では、色々と説明を受けたり緑内障のことで多く質問をしたので時間の関係上薬の名前を具体的に言えず、「薬の飲み合わせや車の運転は大丈夫でしょうか?」としか聞けず、「全く問題ありません」とのことでしたが、先生の方でこの点についてご判断が付けられるのであればお考えを示して頂ければ幸いです。


眼科での診療内容は何の問題もありません。普通なら「これでひと安心」となる状況です。眼が痛いことと眼圧とは無関係です。おそらくドライアイ等の眼の表面からの痛みで、ジクアス点眼は最適でしょう。

一方、心療内科で処方されているリボトリール、メデポリン等は狭隅角の場合に使えないのであって、隅角の広い若い人に制限はありません。中止する必要は無かったのです。

但し、リボトリール、メデポリン等を服用する場合は、車の運転は中止してください。「眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。」という注意書きもあります。

結論としては、1年後の再診で問題ないでしょう。もし万が一それが緑内障であったとしても、自覚症状が全く無いうちに治療を開始できます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-09-30 17:51 | 緑内障

一瞬見えるオタマジャクシ


最近、左目視界の中央より左上にオタマジャクシを横向けにしたような残像のようなものが目を開ける瞬間に一瞬見えるようになりました。位置は動きません。顔を洗う時に目を閉じて瞼を擦ると光る裂け目のように見えます。何か病気でしょうか?飛蚊症と光視症かあります。


飛蚊症の一種でしょう。視神経乳頭の下方、つまり盲点の上方に濁りがあるのです。後部硝子体剥離が起こり、硝子体膜が視神経乳頭にくっついている時には、透明な硝子体膜がその部分に集まって影が見えるようになったりします。普段は盲点に重なり見えませんが、目を開ける瞬間などの眼球の動きで位置が変わり、盲点からはみ出して一瞬見えるのでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-09-30 08:48 | 何かが見える

ワンデーCLでこんなこと


長い間ハードコンタクトレンズを使用していたのですが、メガネを使うことが多くなったのでコスト面から考えてワンデーコンタクトレンズに変えました。ワンデーなので特に手入れなどなく快適に使用しているのですが、使用方法で気になったことがあるので教えてください。

①ソフトコンタクトはハードコンタクトに比べて細菌などに汚染されやすいようですが、目にホコリや雨水などが入った時はすぐにレンズを外したほうがいいのでしょうか?(外出先などで使用するので正直ちょっと不便なのですが)
②ソフトコンタクトをつけたまま温泉やプールに入ってもいいのですか?
③コンタクトレンズを入れる前に手を洗うのですが濡れたままでも大丈夫ですか?(ハードのときはレンズを水ですすいでいたのでそのまま濡れた手でした)
④エステなどでワンデーだと装着したままでも施術できると言われましたが大丈夫ですか?(当時はハードなので外していました)

少し細かい質問ばかりで申し訳ありません。アカウントアメーバーの記事を読んで怖くなったのでコンタクトレンズをきちんと扱おうと思いましたのでよろしくお願いします。


1.ホコリや雨水程度は気にしなくて大丈夫です。

2.温泉もプールも海も問題ありません。水の中では眼を開けないように注意してください。

3.濡れたままで大丈夫です。タオルの繊維が眼に入らないのでむしろ安全かもしれません。ソフトレンズは水道水に漬けておくことは出来ませんが、少々入る程度なら気にしなくてもよいでしょう。

4.どんなことをするか知りませんが、眼に美容液などが入らなければ問題ないでしょう。入る事が前提ならば外してください。

ホコリ、海水、石鹸、少々の化粧品などが入った場合は、コンタクト用の目薬を点して異物感がなくなればOKです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-09-16 10:43 | コンタクト・めがね

「よくわからないけど心配ない」


緑内障疑いで12年前から定期検査通院中です。以下の症状に悩んでいます。

1. 3~4年前から、左右のそれぞれ視界の外側に、細長い渦巻状のものが見えます。銀色っぽいような、黒いような色で、白っぽい明るい場所だと特にはっきり見えて、絶えずくるくる動いています。目線とともに移動しますが、飛蚊症のようなフワフワユラユラではなくきちっと眼球と平行移動する感じです。目を閉じても見えるときは見えます。激しく咳込んだり、むせたりするとその渦巻が目のふちで大きく広がって、落ち着くと戻ります。

2. これも3~4年前からだと思いますが、蛍光灯などの光が、視界の端のほうで見えるとチラチラ点滅しているように見えます。視線をやって正面から見ると、点滅していません。症状1の、渦巻きの辺りに見えたときにチラチラするのかなぁという感じです。

3. これも3~4年前ですが、直線をみると、プルプル波打って見えます。チェック柄が動いているように見えたり、カーテンが揺れているように見えたり視線とちょっとずれた場所が小刻みに波打っている感じで、近くの物より、遠くの物を見た時により強く感じ、片目ずつ見るときより、両目で見たほうが激しいです。

4. 1年くらい前から、左目の下から耳側に、小さい青い光がすーっつと流れることが時々あります。瞬きした時によく感じ、目を閉じていても感じます。

5. いつからかは覚えていませんが、室内や、曇り空なのに、霧雨が降っているように見えることがある。

これらの症状ですが、飛蚊症の一種と言われたり、斜位だと言われたり違うと言われたり、精神的な物だと言われたり。検査をしても大丈夫なので「よくわからないけど心配ない」といわれても、実際に見えるので憂鬱です。脳に異常があるのかと心配になったりしています。(1年半くらい前、瞼の痙攣が止まらなくて脳神経外科でMRIをした時には、異常なしでしたが、これらの症状の相談はしていません。)

先生は、私の症状をどうお考えになりますか?眼科でもなかなかわかってもらえず、つらかったです。よろしくお願いいたします。


1は飛蚊症の一種でしょう。眼の中で全く位置が変わらないものは見えないのです。

2は飛蚊症のせいでチラチラするのでしょう。

3は錯視または錯覚でしょう。

4は網膜が圧力を感じた時の症状かもしれません。上瞼に霰粒腫が出来ていませんか?

5はドライアイで角膜が乾いているのかもしれません。

対処方法としては、既に診てもらって「心配ない」状態ですので、1・2・3は「気にしないこと」でしょう。4・5が気になるようなら、再診の度に眼科医に相談するしかないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-09-10 15:20 | 何かが見える

ポスナーと立ちくらみ


4月に右目の眼圧が上がり、原因不明のまま大学病院でレーザーでの虹彩光凝固術で穴を開けました。その後、一度ひどい霧視や虹輪視でポスナーシュロスマン症候群の診断となりました。

穴を開ける前によく立ち上がった時に右目が数秒真っ暗になっていましたが、レーザー後はそれが無くなり安心してましたが、先週あたりからまたそのような状態になりました(程度は以前ほどでは無いけど)。

手術した大学病院で「穴が塞がる人も居る。そしたらまた開ける事はできる。時々見ると良い」と言われてたので心配になり今日、個人眼科に受診して穴が塞がって無いか診てもらいましたが「程度もあるし開けた先生にしかわからない」と言われました。開いてるかどうかもわからないとの事です。そういう物なんでしょうか。

大学病院は気軽には行けませんし一生通う事もできません。レーザーの穴は開けた医師しかわからないのですか?

それと立ち上がりに右目だけ真っ暗になるのはポスナーの症状では有り得ないと言われました。ネットでポスナー患者のブログ等を見るとよく同じように立ち上がりの真っ暗の方が多くいらして、「ポスナーの発作症状」として書かれていますので私はそうだと思ってましたが、「ネットで見る物は忘れて下さい、そんな症状はありません。全く無関係です。」と叱られてしまいました。確かにネットの情報をうのみにするのはいけませんが、同じ病気の方たちが同じ症状なら全く無関係だとは思えないのですが、先生の仰るとおり切り離して考えた方がいいのでしょうか?

立ち上がりの真っ暗は関係無いけど今日、眼圧が高めなのでコソプトを出されました。


現在の眼科への通院を続けてください。大学病院を受診する必要はありません。

レーザーで虹彩に穴を開けるのは、閉塞隅角緑内障の場合で、はじめはそうに診断したのでしょう。それでも眼圧が上がったために、ポスナーシュロスマンという正しい診断が確定したのでしょう。ということは、本来、虹彩に穴を開ける必要は無かったのですが、それをしておいたおかげで、確定診断に到ったのでしょう。

また虹彩の穴は、術者が器具を使って見なければ分からない角度と大きさなのでしょう。穴が開いているかどうかは、普通は、眼科医ならば誰が見ても分かるのですが、このようなことも絶対在りえないとは言い切れません。確定診断がポスナーだけならば、穴が開いていなくても問題ないのですが。

ポスナーシュロスマンの症状は、虹彩炎による見え方の変化と、高眼圧で起こる角膜浮腫による見え方の変化。及び痛みの一種です。立ちくらみ(?)のように、一時的に真っ暗になるのは、眼への血流が途絶えた時の症状であり、ポスナーでは起こりません。しかし、片眼の眼圧が高い状態で起立性低血圧が起これば、眼圧が高いために眼内に血液が送り込まれなくなり、症状が出てもおかしくないとは思います。単なる想像です。本当に起こるかどうかは検証していません。

もし心配であれば、脳、心臓、血管なども調べてもらうと良いでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-09-01 17:50 | その他の疾患