excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

目の運動と網膜


現在の診断結果は下記の通りです。・強度近視・飛蚊症・アレルギー性結膜炎・左目横の網膜に薄くなっている個所があるとのこと  

先月末の検診では、定期検診は年に一度で十分。ただし、視力が低下したり飛蚊症に変化が出るなど、見え方に変化があればまた来てくださいと言われました。しかし最近、気になることが出てきてしまったので、3点質問をさせて頂いてもよろしいでしょうか。

1.目をつぶり目を上下左右斜めに動かして左上を見ると、左目の左上に周辺の明暗に関係なく小さな青白い光と白い光の粒が見えます。たまに見えないこともあります。目を開けて目を動かしてもこれら光は見えません。就寝時、目を開けてあおむけの状態で首を素早く左右に振ると、たまに視野の中央に一瞬直径5mm程度の白い光の粒が2~3個見えることがあります。これは部屋を暗くして目を開けているときのみに見えます。部屋を暗くしても光源は3か所あります。就寝時のみ、目をつぶってしばらくすると視野全体が一瞬赤っぽく光ることがあります。月に数回の頻度です。 これらは光視症の症状に該当するのでしょうか。そして何らかの病気の前兆だったりするのでしょうか。先月初めに光視症を知って気にするようになってから、これらの症状を見つけました。そのため、これら発症時期はわからないです。申し訳ありません。

2.先月末から毎日数回ずつ、目の運動・つぼマッサージをしています。運動・つぼマッサージで網膜がさらに薄くなったり、新たに薄くなる箇所が増えたり、これまで見えなかった飛蚊が見え始めたり、飛蚊症が悪化するということはあるのでしょうか。

3.網膜がさらに薄くなるのを防止するための対策があればご教示下さい。


1.どれも光視症の一種です。光っていないはずのところに光が見えるのが光視症ですから。こういったものは誰でも多かれ少なかれ見えるものです。もちろん網膜の病気のサインの場合もありますので、1年を待たずに再診してはいかがですか。

2.眼科で勧められたのでしょうか?何のために目の運動をするのかよくわかりませんが、そのようなことで網膜が薄くなったりしません。ただし、網膜が破れかかっている場合、運動することによって網膜が剥離したり剥離が広がることは十分に考えられます。要するに目の運動は百害あって一利なしと考えた方が良いでしょう。マッサージは目玉を押さない限り目とは無関係です。

3.残念ながら、そのようなうまい方法はありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-06-30 16:31 | 網膜・脈絡膜

網膜光凝固後の痛み


網膜剥離でレーザー治療をしました。一ヶ月くらいで痛みが落ち着きましたが、最近、また、レーザー治療した部分に痛みが出てきました。あまり動くと痛みが出てきたりするのでしょうか?物を凝視するとクラクラしたりします。眼科での眼底検査では異常はないとのことです。よろしくお願い申し上げます。


そんなに長期間痛みが続くものでしょうか?以前にも書きましたが、網膜自体に痛覚はなく痛くないはずなのです。が、しかし、実際に痛みを訴える方はいらっしゃるわけで、何か原因があるはずです。

網膜光凝固というのは、光を当てるというよりも、レーザー光線で網膜に「お灸」をすえると思ってください。あるいは「スポット溶接」の喩が適切でしょうか。レーザー光線で熱を加えて、網膜を焼いて接着するのです。眼球の壁が薄いところでは、熱が眼球の外の神経まで届いて、そこで痛みが発生するのでしょう。また、痛みの感じ方も人それぞれで、精神的な要因も関与していると考えられます。痛み止めや消炎剤を使いながら改善するのを待つしかないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-06-30 15:50 | 網膜・脈絡膜

下斜筋過動か


複合斜視で外斜視で上斜視です。外斜視で上斜視なので基本逸れる方向は斜め外なのですが、寄り目の練習をしているときや、眼の内側にちょっと意識して力を入れてみた時、本当に希にですが、眼が内側斜め上に一瞬逸れる事がありますがこれは気にしなくて良いのでしょうか? 寄り目はあまりできなくて、真ん中より少し内に動かせるかどうかというのが普段なのですが、練習中時々、クッと内に入ることがあります。内に引き寄せようとしているのだからそれはいいことなのですが、そうなった時に眼が上に行くということです。 非常に希に、内側に力を入れてる自覚が無くても、内気味の上のこともあるみたいです。無意識に力が入っていた場合もあると思いますが。

もうひとつ、眼圧について。本日、霰粒腫が気になり眼科を受信したところ、風を当てる機械で眼圧が25、21と出たようです。 私はどうも風を当てるのが苦手で、風が当たった瞬間にビクッとおでこが離れてしまいます。 以前に別の眼科で測った時も風で測るやつでは高めに出ました。その時の数字は聞いていませんが、そのときは、目に直接触れさせて眼圧を測るやつだと両目17で問題なしでした。 今日は眼科も違ったのでそれはやっていません。風を当てるタイプの誤差は結構おおきくでる場合もあるのでしょうか?


下斜筋過動という状態でしょう。気にする必要はないと思いますが、これが現在のその眼にとって本当に問題がないかどうかは、主治医にお尋ねください。

眼球を動かす筋肉は6本あり、上直筋・下直筋・内直筋・下斜筋の4つは動眼神経が、上斜筋は滑車神経が、外直筋は外転神経が動かします。寄り目にしようとすると内直筋を収縮させるために動眼神経が働きますが、力を入れすぎると、同じ動眼神経で動いている下斜筋が動きすぎるのでしょう。

眼圧計についてはその通りです。何度も書いていますのでそれをお読みください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-06-24 12:11 | 視力・斜視

網膜光凝固


レーザー手術について教えてください。

眼圧を風で測る機械が苦手で大抵おでこを浮かしてしまいます。麻酔をしてゴールドマンの眼圧はなんの抵抗もなく取れますので、目に何かが触れること自体が怖いという体質ではありません。

このような私でも網膜裂孔になったらレーザー手術出来るでしょうか?気になっている点は、斜視なので視点が自分の意思で固定しにくい、またレーザーがどのようなものかわかりませんが、風が当たるのが苦手でも大丈夫なのかという点です。宜しくお願いします


ゴールドマンの眼圧計、別名アプラネーションが出来るということですので、レーザー手術も問題ないと思います。

レーザー手術(網膜光凝固)をするときには、コンタクトレンズを眼に乗せて行います。コンタクトレンズと言っても視力矯正用ではなく、眼底を見やすくするレンズと周辺を見やすくする鏡の入った大きめのレンズです。麻酔の点眼をして医師がそれを手で持ちながら手術をします。目は動かしにくくなりますが、逆に言えば、不意に動いてしまうことが少なくなり、安心感があります。また、網膜には痛覚がありませんので、レーザー光線自体も痛くないはずです。僅かに痛かったという人もあるにはあります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-06-24 07:47 | 眼科検査

近視とメガネと緑内障


6年生の近視のことを相談させてください。3年生のときに近視(屈折度数右-2.5,左-2.75)と診断され、それ以来メガネをかけています。

5年生の6月に眼科を受診したときは、屈折度数右-3.0,左-3.25でした。6年生になって5月に眼科を受診すると、屈折度数右-5.0,左-5.25と1年間で、かなり悪くなっていました。また、先日メガネを作りなおすためにメガネ屋で屈折度数を測ると屈折度数右-5.25,左-5.75とたった1カ月しか経っていないのに、屈折度数が、またかなり悪くなっていました。5年生から6年生にかけて、急に屈折度数が悪くなり、1 カ月で、さらに悪くなってしまったので、何か目の病気ではないかと心配しております。矯正視力は両眼とも1.0ありました。

私自身が最強度近視で緑内障を患っているため、子供も病気なのではないか、将来、目の病気にかかるのではと大変、不安に思っています。 読書のときや、宿題をするときは、目が疲れるからと言って、メガネを外していることもあるのですが、1日中、ずっとかけさせていたほうが良いのでしょうか? 先日、作りなおしたメガネは、右-4.75D,左-5.0Dで矯正視力は両眼で0.8とのことでした。お忙しいと思いますが、①病気の可能性があるか ②メガネを1日中、ずっとかけていたほうが良いのかをご回答いただきたいです。どうぞ宜しくお願い致します。


1か月で-5.25が-5.75になっていたとしても、測定施設が違いますので単なる誤差かもしれません。また近視が本当に進行しているとしても、成長期にはその程度のことはよくあります。そのうちスピードは落ちてきます。

近視の進行と緑内障の有無は関係なしです。しかし、高度近視に緑内障が合併することは多く、遺伝傾向もありますので定期的なチェックは不可欠です。

メガネは必要な時のみかけてください。常時必要ならそれでも構いません。近くを見るときには毛様筋が収縮し、遠くを見るときは毛様筋が緩んでリラックスします。収縮を繰り返すと疲れますし、その状態が続くと仮性近視の原因にもなります。ですから裸眼で20~30センチ離して読書や宿題をすることによって、眼球自体は遠くを見ているのと同じ状態になり、筋肉はリラックスし疲れにくくなります。かけ外しをしていると近視が進むというのは迷信です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-06-14 07:46 | 視力・斜視

斜視と鏡


恒常性斜視で2度、幼少期に手術をしています。上斜視と外斜視の複合です。両眼視は基本あまりできていませんが3Dは完全な平面にしか見えないわけではありません。より目は出来ませんが鼻のあたりに力を入れると不完全ながら自分の意志で正眼に近い状態まで戻すことが出来ます

最近飛蚊が出てきたために目の事を気にするようになり気づいたのですが、手鏡を自分の顔のすぐ近くまで寄せると斜視が強く出ます。

両親や昔からの友人が言うには、真っ直ぐではないけれど鏡で見てる時ほど強く出てないから気にしないでいいと言います(私の後ろに立って、鏡で大きく外れた状態を見てもらいました)

確かに鏡でも、顔から離していくと斜視はありますが目立たない程度になります。ですので他人と話すときはもっと距離があるので現状、さほど目立たないのは間違いないとおもいます。

飛蚊の件で眼科を受診した時そのことを少し話してみると、「多分、上に上がってから外に行くから、気づいたら気になるんだと思うけど、上斜視は基本ほとんど悪化しないし、外斜視も、悪化していくとしても十年とかそんな感じでゆっくりとだし20年経ってこれなら、この先数年で悪化するとは思わない。」とのことでした。

質問1 上斜視は悪化しないのでしょうか?

質問2 鏡で特に斜視が強く出るのは何故ですか?距離の問題?だとしたら普通の眼鏡をかけるだけでも違うのでしょうか?

質問3 外斜視が数年で目に見えて悪化する可能性は低いですか?悪化を防ぐためにできることはありますか?


斜視が悪化するかどうかは、眼科で言われた通りだと思います。なるようになると考えるべきでしょう。悪くなったら再々手術という手もありますよ。

鏡の件は錯覚でしょう。鏡を使って良い方の目で外斜視の目を観察するとそうなるのです。普通の外斜視の場合、左右の目は常にある角度離れていると考えてください。意識して力を入れればある程度寄せることは可能でしょうが、限度があります。それが斜視というものなのです。

例えば異常のない右目で5度外斜している左目を観察するとします。左目は斜視弱視ですからよく見えていません。認識できるのは右目からの情報だけです。

鏡が遠い時は左目は5度(と、もう少し)外を向いているように見えます。

鏡を徐々に近づけましょう。顔の前10センチぐらいまで近づけた時に、右目で、鏡に映った左目を見るためには、20度左を見る必要があります。

その時左目は、右目と同じく20度左を向いているのです。他人が観察すると、元の斜視角の5度と合わせて25度も外斜しているように見えます。

それではその時、鏡越しに右目からはどう見えるか。鏡を通して右20度の方向から、正面から25度外斜した左目を観察することになり、なんと45度も外斜していると感じるのです。眼鏡の有無は関係なしです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-06-13 17:57 | 視力・斜視

画質の悪いテレビ


ドライアイ、飛蚊症持ちです。何色とも言えない無数の点が見えます。紫?赤の無数の点がうじゃうじゃと視界全体に見えます。例えると画質の悪いテレビの様な感じです。寄り目にすると、もっと無数の点の塊がでてきます。最近、妙にいっぱい見えるようになったので、不安があります。眼精疲労の症状でしょうか?


どんな状況で、どの程度のものが見えるのでしょうか。目を閉じたときに見えるのなら普通のことですが、開けていて見えるのなら何か問題があるのでしょう。眼科で診察を受けてください。網膜の病気ということも考えられます。

「眼精疲労の症状でしょうか?」
違います。眼精疲労の症状ではありません。関連はあるかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-06-13 16:58 | 何かが見える