excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

霰粒腫


今年の元旦に右目上瞼が少し痛くて腫れ、触るとコロコロ米粒半分くらいのしこりを感じました。眼球より上の奥側の瞼部分に一つ感じました。2日で痛みがひいたので、しこりはそのままでしたが気にしていなかったら、二月くらいに目頭側の上奥にさらに二つしこりがあるのを感じました。痛みはありません。

それから、また放置していたら、最近ここ3日ほどですが、寝起きに瞼と眼球がくっついたような感じになり、一瞬あかない感じになり、もしかしたらしこりのせいなんじゃないかと、とても心配になりました。

痛みは無いですが、朝に瞼をあけたときに、眼球に傷がつくんじゃないか、、、とビクビクしています。大丈夫でしょうか?このしこりは、何か病気でしょうか?もし治療をするとしたらどんなものでしょうか?手術なのでしょうか、、?痛いのでしょうか。具体的に教えていただけるとありがたいです。


おそらく霰粒腫(さんりゅうしゅ)でしょう。

細菌感染によって、瞼の縁に並んでいる脂肪の出口の穴が塞がれ、分泌物が溜まり、奥の方でしこりを作ります。細菌の活動があるようなら、点眼や内服で少しは小さくなる可能性があります。そうでない場合は、早く治すためには手術が必要です。小さい場合は放置して数年で消える場合もあります。放置して瞼の裏からキノコの様に飛び出してくることもあります。

くっついたような感じになるのは細菌性結膜炎が起こっているのかもしれません。だいたい、初めに細菌が感染したのは、アレルギー性結膜炎などで目を擦ってしまったからではないでしょうか。以前から治療が必要な状態だったのだろうと想像します。

本当に霰粒腫かどうかは見てみないとわかりません。手術をするかどうか、どんな方法でするか等は、眼科医によって違いますので、眼科受診してご相談ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-03-31 16:23 | まぶた

緑内障発作は起こしません


先日、視神経と麻酔薬の関係について質問をさせていただいた者です。ご回答をありがとうございました。

今日、眼科へ電話して受付の方から「点眼をしていなければ大丈夫」と返事をいただきました。

またお尋ねいたします。隅角検査をしていないのですが、狭隅角でないとわかるのでしょうか。点眼をしていなければ狭隅角でないとわかるのでしょうか。手術をしても大丈夫と言えるのでしょうか。

また、遠視の年配女性に視神経乳頭の陥没拡大が時々みられるとのことでしたが、その場合、視神経は正常なのでしょうか。先生のおっしゃるように、私は若い頃は1.5~2.0の視力がありました。正常であればありがたいのにと思っています。


「点眼をしていなければ大丈夫」というのは、「病気ではないから大丈夫」という意味です。もし狭隅角の場合は、「治療のための点眼をしていれば大丈夫」になります。眼科受診していない狭隅角の人が危険なのです。

狭隅角かどうか、別の言い方をすると緑内障発作を起こす眼かどうかは、隅角検査をしなくても大体わかります。説明すら無かったのですから起こす眼ではありません。「疑いなので診断がつかない」と言われたのは、狭隅角かどうか診断がつかないのではなく、視神経乳頭が緑内障性のものかどうか診断がつかないという意味です。

「遠視の年配女性に視神経乳頭の陥没拡大が時々みられる」のではありません。「遠視の年配女性に狭隅角の人が時々ある」のです。この場合、視神経乳頭は無関係ですので、別の緑内障が無ければ正常です。

「若い頃は1.5~2.0の視力」があったということは、今は裸眼視力が低下しているということで近視なのでしょうか。問題なのは歳をとっても強い遠視の人なのです。これも無関係です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-03-19 12:18 | 緑内障

未熟児網膜症の後遺症?


眼鏡で0.3、コンタクト(ソフトレンズ)で0.4。視野欠損も見受けられるようです。もともと眼鏡かけて0.8あった矯正視力は今年に入って0.6、0.4、0.3と徐々に下がってきました。

医師には経過観察と言われ二ヶ月ごとに眼科に行っています。未熟児網膜症の手術跡に引っ張られている、というように説明を受けました。網膜もボロボロらしいです。

これから視力が上がる見込みはやはりないのでしょうか?このまま下がり続けて失明する、ということはありえますか?他の眼科にかかったことはないのですが、別の眼科にもかかってみるべきでしょうか?


その病院が、未熟児網膜症に対する硝子体手術の出来る病院であれば、そのまま通院して問題ないと思います。そうでない場合、「視力がだんだん下がってきて不安。手術を受けてでも悪化を食い止めることが出来ないか。できればそれの可能な病院を紹介してほしい」と訴えてみてはどうでしょう。

文面だけでは今後の予想までは出来ませんが、「未熟児網膜症の手術跡に引っ張られ」「網膜もボロボロ」からすると、硝子体手術が必要ではないかなと考えました。手術の出来る病院で診察を受けて、手術を受けるか経過観察でよいか、相談すべきでしょう。手術をしない医師には、本当に手術が必要かどうか、可能かどうかは判断できません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-03-19 12:13 | 網膜・脈絡膜

サルコイドーシスの疑い


去年の12月ごろから、視界の上あたりに黒い影が出来てることに気づきました。複数の眼科で診察したら、サルコイドーシスの疑いありだが、もう炎症は治っていると言われ、影のことを話しても、それ以上はわかりませんでした。眼底検査はどこも炎症あと以外は異常なし。

症状として、白いもやと飛びものが増えました。視野全体を確認しても、欠けているところはないので、視野欠損とも違うように感じます。黒い影は眼のピンとを近くに合わせたら見えます。どんどん大きくなっています。影は点滅して波紋のようなものも見えます。よろしくお願いします。


硝子体混濁ではないでしょうか。サルコイドーシスではよくあることです。もし炎症が本当に治っているのであれば、それは後遺症の一種だと考えてください。ただし「どんどん大きくなっています」というのが確かならば、何か活動性のものがあるかもしれませんので、再診してそのことを訴えてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-03-19 11:40 | 何かが見える

眼圧を下げても進行する


正常眼圧緑内障の場合、眼圧を下げても進行する場合、がありますか?

神経保護の作用がある目薬アイファガン等が、あると知り、そちらも、念のため、追加して欲しくなりました。お医者様は、今のところ単剤で様子を見てるようですが、心配です。


眼圧を下げても進行することは当然あります。視神経が影響を受けない眼圧は、人によって違うのです。健常眼圧とも言います。

例えば、初期の緑内障が見つかった時点で眼圧が15mmHgだったとします。視神経の悪化を防ぐために眼圧を下げる必要があると判断し点眼を開始しました。眼圧が3下がって12になりました。1年後には眼圧は12のままなのに視野欠損が進行しました。さらに眼圧を下げる必要があり点眼を追加しました。その後、眼圧が10以下を保っている限り悪化も無く、健常眼圧は10以下であったと判断できました。

また例えば、初期の緑内障が見つかった時点で眼圧が15mmHgだったとします。視神経の悪化を防ぐために眼圧を下げる必要があるかどうか悩んで、経過観察になりました。何年経っても全く変化無く、点眼をしていない状態で健常眼圧を維持できていると判断しました。緑内障性の変化は初診以前に起こっていたと判断できます。

念のために点眼するのも悪くは無いでしょうが、そんなことを言っていたら、心配するたびに点眼が増えることになってしまいますよ。主治医とよくご相談ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-03-17 18:04 | 緑内障

視神経と麻酔薬の関係


視神経乳頭のくぼみが7~8割大きく緑内障の疑いと言われました。視野欠損はなく、眼圧は正常からやや高めだそうです。

どのタイプの緑内障かとお尋ねしたのですが、疑いなので診断はつきませんと言われています。

近々、別の病気で手術の予定ですが、全身麻酔薬やアトロピンなどのお薬で失明してしまうのではないかと心配でたまりません。安心して手術に臨むにはどうしたらよいでしょうか。麻酔科の先生とはまだ会っていないのですが、お話するまでになにか準備しておくことはありますでしょうか。


全く心配要りません。

全身麻酔薬やアトロピンなどで緑内障発作を起こすのは隅角という部分が狭い人だけで、視神経乳頭とは無関係です。年配の遠視の女性に時々ありますね。

どうしても心配でしたら、眼科に電話して全身麻酔を受けて大丈夫かどうか確認して、そのことを手術を受ける病院に伝えれば良いと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-03-17 07:39 | 緑内障

測定の誤差と緊張の影響


最近緑内障と言われました。そこで、2つお伺いたいのですが、OCTについてですが、だいたい3回位受け、

1回目→まだ緑内障でない
2回目→なぜか若干改善
3回目→若干悪化→緑内障に

半年間のうちに色々あり、特に2回目。なぜ、若干改善したのか? 誤差らしいですが、なぜなのか心に引っ掛かっています。こういう事も、あるのか知りたいです。

もう一つ、私は視野検査が苦手で、色々思い詰めて、体が硬直し、視野検査が非常に悪い結果になってしまったりして、お医者様に申し訳ないと反省しています。視野検査の時は、リラックスできるよう、何か精神安定剤のようなものの内服が必要でしょうか?


よくあることです。一般には「最新の電子機器だから正確だ」と思われがちですが、検査員によってばらつきがあったり、僅かな位置ずれなどで結果が変わることは眼科では常識です。だから「誤差」なのです。繰り返すことで真実に近づいて行くのです。一喜一憂する必要はありません。

精神安定剤を使って視野検査をするなんて普通はしません。結果が悪くても良いじゃないですか。固視不良が多くても、偽陰性や偽陽性が多くても、視野の傾向がわかれば状態は把握できます。だんだん慣れてくるものですよ。気楽に行きましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-03-11 17:54 | 緑内障

夕日を見た程度では


去年の1月、沈む直前の夕日を5秒ほど直視して見つめてしまいました。それにより、何か網膜の病気になることはありますか…?あれから視力は低下していません。


その程度では何も起こりません。

まっ昼間の太陽を長時間直視すると、網膜が火傷をして視力低下の原因になります。しかし朝日や夕日は、大気の層を斜めに通ってきますので、光はかなり弱められています。あまり気にしないのが良いでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-03-08 16:36 | 網膜・脈絡膜

サプリメントやビタミンの効果


かかりつけの医院が閉院のため、別の医院へ行ったところ、OCT と視野検査が行われました。視野検査は、緊張のため上手くいかず不正確。OCT は4分割で赤色や黄色が両目とも2ヶ所ありました。

再検査を、3ヶ月後したところ、視野検査は、またもや心身の疲労で上手くいかず、OCTでは、若干片方が網膜が薄くなっていて、次回もそのようなことがあれば、眼圧を下げることも考えられる感じでした。

今、オキュバイトというサプリメントを飲んでますが、パソコンや携帯の作業もあまりしないほうが、いいでしょうか?あと、ビタミンB12は、効果がありますか?


緑内障の疑いで経過観察中なのですね。

サプリメントやビタミンは「飲まないよりはまし」程度でしょうか。実際に緑内障ではビタミンB12が処方されることがありますが、眼圧を下げる方が効果は確実です。パソコンや携帯はそれとは無関係ですが、ドライアイや眼精疲労の原因にはなります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-03-08 16:35 | 緑内障