excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

黄斑円孔の不安


先日、網膜と緑内障の検査をしに眼科にいきました。結果、異常はないと言われたのですが、OCTの画像説明の際に明らかに黄斑円孔のような画像がありましたが説明はありませんでした。私が他のことでたくさん質問をしたので流されたのかもしれません。 (先生は優しくきちんと説明をする方。)

最後に網膜に穴はないですか?破れそうな場所はないですか?と確認したところ、ないと言われました。また気になることあったら来てね。という感じでしたが、治療法がないと患者の不安を煽らないためにあえて説明しないこともあるのでしょうか。そこから網膜剥離にならないか不安です。

ちなみに、私は強度近視で、視力検査では矯正視力1.0出るようです。強度の近視だと黄斑に円孔ができやすく、治療法がないと知りました。回答よろしくお願いいたします。


「明らかに黄斑円孔のような画像」があれば説明はあるでしょう。しかも「網膜に穴はないですか?破れそうな場所はないですか?」と尋ねていますので、心配要りませんよ。

「黄斑円孔のように見えるのですが大丈夫ですか?」と聞いていたら「これで正常です」という答が返って来てたんじゃないでしょうか。

「治療法がないと患者の不安を煽らないためにあえて説明しないこと」ってあるでしょうか? よ~く考えてみてください。本人に説明しなくても家族に説明があるでしょう。そんな重大なことを異常無しで済ませたら大問題ですよ。医師によっては「聞かれなければ黙っている」ということはあるかもしれませんが、今回はちゃんと尋ねていますので当てはまりません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-12-18 09:28 | 眼科検査

網脈絡膜萎縮


1年前、検診の眼底検査で網脈絡膜萎縮の疑いありといわれました。また、メガネ屋でメガネを新調しようとするも、度を強くしても視力が出ませんでした。

その後、この夏、眼科にかかりました。その際の眼底写真を添付します。その際言われたのは、確かに網脈絡膜萎縮の疑われた根拠となったであろう所見がみられるが、黒ずんでいる。このため、進行性のものではないとおもわれるので、例えば1年おきに検査を受けるなど様子を見ればよいだろうといわれました。

一方で、右目のメガネでの矯正視力が1.0を切り、0.7程度です。左目はメガネで1.0出ています。現在両目とも、裸眼は0.1を切っています。片目(右目)で見るとPCの文字もみづらいです。

このままほうっておいて問題はないのでしょうか?また、矯正しても視力は出ないものでしょうか? 内科医の薦めもあり、セカンドオピニオンを頂いた後、眼科を再受診しようかと考えています。気になることといえば、太陽がまぶしい地方で生活しています。生活上の注意などはありますか?


網脈絡膜萎縮です。こういった感じのものは良く見かけますよ。明るくしてコントラストを上げた眼底写真を提示します。
e0137559_10134737.jpg
e0137559_101594.jpg

黄色く丸いのが視神経乳頭で、その左の暗い部分が黄斑(目の中心)です。黄斑から上へ20度ぐらいのところに、網脈絡膜萎縮があります。ホルスタイン牛が向こう向きに座って首を右に回したような形と模様になっています。

これ自体は心配要りません。黄斑から離れていますので視力にも影響しません。この部分の視野は欠損しているのですが、大きくありませんので自覚症状は出ないでしょう。視野中心より下に20度あたりにそれがあるはずですので、片目で確認できるかもしれません。

進行性の物ではないというのは正しいのですが、10年単位で見ると僅かに大きくなってくるようです。ただし10年や20年で視力に影響するものではありません。眼科で言われた通り、1年ごとの定期検査で良いと思われます。

なお、矯正視力が出にくいのは、写真ではわからない何かがあるのでしょう。明るくしたりコントラストを上げたり拡大したりしたのですが、詳細は不明です。強いて言えば、黄斑変性とか網膜前膜とかがあるのかもしれません。更なる検査が必要でしょう。もしかしたら、メガネ店の技術不足だけかもしれません。

又、低緯度の地方の方が白内障の発生頻度は高く、目に入る紫外線を少しでも減らした方が良いでしょう。一般論ですが。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-12-13 10:18 | 網膜・脈絡膜

視野の結果が全く違う


先月、透明の細胞のようなものがみえるので、網膜剥離が心配だったため眼科を受診しました。また、親族が緑内障なので緑内障もみてもらいました。

眼底写真と先生がレンズでみたところは異常なしだったんですが、心配ならしてみる?ということで視野検査をしました。結果は左目左下を中心に半分ほど真っ黒でした。

一週間後にOCTと視野検査をもう一度行いました。OCTは正常とは言えない、視野検査は前回ほどひどくないが同じ場所(左目左下あたり)があやしいという結果でした。

そこで次はゴールドマン視野検査をしてもらいました。すると、ハンフリーで見えていなかった部分は見えているが、今度は両側の鼻側下がみえてないんじゃないか、と言われて脳外科にいきなさいと言われました。

脳に異常がなければ、またゴールドマン視野検査をする(レンズの調節がうまくいっておらず、中心部が正確に測れなかったため)と言われました。

まとめると、可能性としては、良くて「精神疾患」マシなのは「緑内障」1番怖いのは「脳の病気」と言われ不安がさらに増した状態で帰宅しました。

一方、別な眼科でもOCTを撮ってもらった結果は「正常じゃないけど、強度近視のひとがよくなる形。緑内障じゃないと思う。」と言っていました。

わたしは不安を強く感じやすいのでハンフリーもゴールドマンも正確に測れているのか心配です。かかっている眼科の先生は患者さんを怒鳴りつけたり、あまり詳しく説明しないので毎回不安がつのっています。

1.河野先生にお聞きしたいのは、やはり脳外科で検査をした方がいいのか。

2.ハンフリーで異常が出ている部分がゴールドマンで一致しないこともあるのでしょうか。

お忙しいとは存じますが、ご回答していただければ幸いです。


1.もちろん脳外科で検査をした方が良いでしょう。異常がないことを確かめ安心するためですよ。もう一度別の検査員によって、または別の手順でゴールドマン視野検査をしてからでも遅くないと思いますが。

2.ハンフリー(静的量的視野)では網膜上の基準点(例えば正面直径60度の範囲に76点)それぞれの感度を測定します。一方ゴールドマン(動的量的視野)は光を端から中心に向かって動かして見えるようになる位置を測定するもので、視野の形を把握できます。だいたい一致するのが普通です。しかし、片眼耳下側欠損と両眼鼻下側狭窄のような違いは出ません。

ゴールドマンは人間が測定しますので、検査員の力量で結果は大きく違ってきます。例えば何らかの理由で検査の終盤に反応が悪くなる人を検査する場合を考えてみましょう。もし両眼とも鼻上側→耳上側→耳下側→鼻下側という順に測定したら、鼻下側あたりで反応が悪くなりその部分の視野が狭くなったように測定されます。そこで終わると両眼鼻下側の視野狭窄と診断されます。そのまま続けて再び鼻上側を測定すると、今度は鼻下側よりさらに感度が低くなり、螺旋(らせん)状の視野として測定されます。前者は緑内障の疑い、後者は心因性視覚障害の疑いとなります。

自分なら、今までのことは忘れて、「別な眼科」で定期的に通院して経過観察をしてもらいます。選択は自己責任で。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-12-06 11:57 | 眼科検査