excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

精密眼圧


現在、高眼圧症と診断されています。現在通院中の眼科では精密眼圧測定の機器はトノペンを使っています。

それ以前に通院した眼科ではゴールドマンで眼圧測定され、また国立病院で精密検査を受けた際も、測定はゴールドマンでした。

通院中の眼科のトノペンによる測定では、空気を当てるのとと同じぐらいの測定値(毎回25ぐらいです)が出るのですが、ゴールドマンで測ると18,19で値が出ていました。(通院中の病院でもトノペンの後、ゴールドマンを使われたことがあるのですがそのときも8ぐらい違いがありました)

トノペンでの測定は本当に精密眼圧測定といえる程の正確さはあるのでしょうか?眼科としては手間がなくていいと思うのですが、毎回疑問に思っています。


一番正確だといわれ、また眼圧測定の基準となっているゴールドマンは、はたして、本当の眼圧(眼内圧)を測定しているのでしょうか。チップの先端面を押し付けることで角膜がどれくらい凹むのかを医師の目で確認し、そこから眼圧を推定しているにすぎないのです。アナログです。読み取り誤差や、検者によるばらつきもあります。熟練した眼科医が「測定しやすい目」を測定した場合はおそらく正確に測定できるでしょう。

トノペンやノンコン(非接触空気式)も、方法は違えど角膜の変形から眼圧を割り出します。測定値がデジタルで表示されることで、「正確だ」と検者と被検者に思い込ませます。ゴールドマンで測定しにくい状況でも測定可能な場合があります。検者による測定誤差が出にくいとも言えますが、測定ごとの誤差は大きく、一度の測定で、複数回連続して測定して平均を表示しているのです。

ノンコンは手軽で医師以外でも測定できます。子供の測定や、スクリーニングや非緑内障の方には良いと思いますが、ノンコンだけで緑内障の診療をやっているところもあり驚くことがあります。トノペンはノンコンとゴールドマンの中間と考えてはいかがでしょうか。一つの施設でいつもそれで測定していれば、経過観察という観点からは特に問題は無いと思います。

正確な眼圧は、眼内に超小型無線圧力計でも埋め込まない限り測定できないと思ってください。今はまだ夢のような話ですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-10-30 10:23 | 緑内障

両眼の角膜のむくみ


4年ほど前、白内障(左は中央から始まっているそうです)と軽いドライアイと診断されています。

今年8月、視力の低下、明るい所で目がぼーつとする、乾く、疲れる、かゆみ等で診察を受けました。左右の眼圧、視野検査、眼底検査に異常はなし。白内障もそう悪くなく、角膜のむくみ(両目)を指摘されました。初回オドメール0.1%とガチフロ0,3パーセントの目薬を2週間分貰いました。

「角膜のむくみ」についてですが、私は若い頃から近視や乱視でメガネをしておりますがコンタクトの経験はありません。目のけがや眼内手術も経験ありません。血縁に目の遺伝性の病気を持つ者はいません。血圧はやや高めで薬を服用中ですが、糖尿病はありません。

3回目の診察(8月)で「角膜内皮の撮影」。看護師さんが何度か撮影をしてくれたのですが撮れませんでした。その時からオドメールとカリーユニを貰い現在まで続いています。10月も撮影失敗。現在、夏よりは戸外での目のきつさが多少楽になっています。

先生が気難しい方で、以下のことが気になりながら質問できずにいます。
*内皮の写真が撮れない理由。
*気長に目薬を点していればむくみはひくのでしょうか。(でもステロイド剤の長期使用も気になります)
こちらで教えていただければと思いメールしました。先生もお忙しい日々だと思いますがよろしくお願いします。


きついことを言いますが、質問できない眼科には行く価値は無いと思います。別の眼科を受診することをお勧めします。角膜外来のある眼科病院が通院可能圏内に無いでしょうか。

「角膜のむくみ」というのは角膜の浮腫のことだと思いますが、特別な原因も無く両眼に起こるとなると、Fuchs角膜内皮変性症なども考えられます。完全な見立て違いで、白内障の進行とドライアイの悪化程度であれば良いのですが。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-10-23 11:15 | 角膜・結膜

一種の錯視


いつも大変お世話になっています。注視していると、その内視界が歪んできて、回転する様な、真ん中を切れ目にして左右上下にずれたりなど、なんと説明したらよいか分かりませんが、その様な感覚があります。

これは人間普通の現象なのでしょうか?主人にいってもそんなのないよと言われ、余計心配になってしまいます。

以前ご相談させて頂いた時、注視していると小刻みに揺れると言いましたが、今回は歪んだり大きな動きになった気がして・・・。でも考えすぎてそう気にしすぎてるのか分かりません。毎日目の事を考え疲れてしまいます。

1ヶ月前に眼科で眼底検査を受けています。網膜裂孔両目レーザー手術と、近視、乱視があります。お忙しい所大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。


過敏な眼と脳をお持ちなのだと思います。それは一種の錯視なのでしょう。

錯視を取り上げたサイトは数多くありますが、自分自身では錯視が起こるパターンと起こらないパターンがあります。ところが、それを職員に見てもらうと、同じ画像でも「これは動いてない」という人から「回転して吸い込まれそうになる」という人まであり、個人差が大きいと感じます。ご主人に見えないとしても仕方ないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-10-23 10:41 | 何かが見える

散瞳検査の心配


強度近視のため半年に一度散瞳して眼底検査をしています。7月に両目してもらい、8月に右目をぶつけたため右のみ、そして10月に飛蚊症がひどくなったようだったので再度両目行いました。いずれの検査においても特に異常はなく、定期検査もそんなに頻繁にこなくてもいいよ~と言われました。

そして10月の検査の際、ふと「こんなに頻繁に散瞳して大丈夫かな?」と不安になってしまいました。7月の時は、散瞳検査の前に先生が少し診察をしてくださり、そのあとに目薬を点したのですが、今回は事前の診察なしでいきなり目薬を点されました。検査の後に先生に大丈夫か聞いてみたのですが、「検査してほしいから来たんでしょう。別に変な薬なんか使ってないから大丈夫ですよ!」と言われ、それ以上のことは聞けませんでした。

散瞳検査によって何か副作用が起きる事はあるでしょうか?親戚の緑内障の人が、散瞳検査をした後に発作が起きた、と言っていたのでとても心配です。


「散瞳検査をした後に発作が起きた」のは年配の女性ではないでしょうか。年配の女性の中には「隅角」という部分が狭く、点眼で緑内障発作を起こす方があります。男性は殆どありません。遠視の強い人に多いです。近視の強い若い方では考えられません。

「仮性近視」で点眼治療をしているお子さんは、月単位、年単位で同じ種類の点眼を毎日しています。毎日点眼しても問題は起こりません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-10-16 16:33 | くすり

錯視!?


ご相談したい症状は、①まぶしい所で、②黒いものを見ている(あるいはコントラストがきつい中で暗い部分を見ている)と、③焦点に黒くちかちかした点が一つ、二つ…と現れてきて、瞬きをすると消えますが、また出てくる…という症状です。片目を閉じてテストすると、どちらの目でも見えているようですが片目を閉じた時点で消えてしまう時もあります。

この症状は十数年前から時々ありましたが①~③の条件が重ならないと出てこないのであまり気にしていませんでした。しかし、最近白地の紙の上の文字などを見ていてもチカチカし、この点滅する黒い点が出てくることがあります。

感覚では目が疲れた時になり易いですが、朝でもなる時もあります。瞬きをしないで見ていると黒い点の数が増えて行きます。昔はかなり瞬きをしない時にしか出なかったのですが最近はすぐに出て来る時もあります。この黒い点は明らかに電気的で、飛蚊などではありません(飛蚊は昔からたくさんあります)。

これはいったい何なのでしょうか?今まで眼科でこのことを言っても取り合ってくれた先生はいません。両目共ということから、視神経の奥の方か脳が原因かと勝手に思ってもいるのですが・・・?

なにより、この黒い光る点は焦点ど真ん中のみに見えるので、もしも黄斑の疾患だと怖いなというのがあって質問させていただきました。(OCTで右目の中心あたりの赤いラインがほんの少し乱れていると言われたことは1度だけありますが、その後の再検査では何も言われず、左目は元々綺麗と言われていますし、光る黒い点は左右どちらも見えます)

色々な論文を読んだり医学書も調べましたが謎が解けません。ハイコントラストが誘因になっているように思えますが、これはやはり脳が原因でしょうか?ちなみに頭のCTは最近とりましたが異常なしでした。MRIは十年以上前に取りましたがこれも異常なしでした。


黒いところに黒い点が出現しても見えないと思うのですが。黒いところに白く光る点滅が出現するのではないでしょうか。また「ど真ん中のみ」なら複数の点は有り得ません。真ん中付近ではないでしょうか。

「ハイコントラストが誘因になっているように思え」るのでしたら、錯視ではないでしょうか。3つ前の回答にもあるのですが、NTT コミュニケーション科学基礎研究所の運営する「イリュージョンフォーラム」というサイトにある「バーゲン錯視」とか「きらめき格子」に近いものではないでしょうか。少なくとも病的なものには思えません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-10-16 16:04 | 何かが見える

頻繁に起こる閃輝暗点?


現在血圧降下剤12~3年服用。1年ほど前から左目にモザイク(薄灰色)が掛かるようになり、外出時にはより眩しくなり、周囲の視界に入るもの全てモザイクが掛かる。入浴 お風呂上りは毎回。その症状は毎回5分程度で消えるが、日常多いときは頻繁に発生。少ないときは一日(時間帯、動作 無関係で)数回。

趣味で週2回程度、紙飛行機を空を見上げて外で飛ばしている事が影響あるのでしょうか?(その時はモザイク発症が多い)


症状は閃輝暗点の一種だと思います。脳の血流の関係で起こります。入浴、空を見上げるなどをしたときに症状が現れるのもそのためでしょう。

内科で相談、あるいは脳神経外科を受診してください。頭蓋内に何かがあるのかもしれません。もちろん眼科の疾患である可能性も否定できませんので、できれば眼科受診もしてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-10-09 15:01 | 何かが見える

初日に確定診断できない


自覚症状がある網膜剥離の診察について質問させていただきます。

 私は,先天性白内障であり,過去2回網膜剥離の経験があります。数年前,網膜剥離と同じ視野欠損の症状が現れたので眼科に行ったら,医師は眼底検査を行い,「網膜剥離ではなく,飛蚊症。」と診断する。2日後には,視野欠損が広がり,ほとんど見えなくなり,「網膜剥離」と診断・手術を行ないました。

 医師に「初日の検査で発見できなかったのか?」尋ねると,医師は「赤道部付近まで診察し,異常は無く,網膜剥離は確定診断出来ない部位に位置していた可能性が高い。」と説明していましたが,「自覚症状があるのに,診断できない部位にある場合があるのでしょうか?」


そりゃあ、あるでしょう。一般論になりますが、症状があるから受診したのにその日は確定に到らず、後日さらに悪化して確定診断されることは、よくあることです。だから「後医は名医」というような言葉が出来るのです。その時の状態を診ていませんので、ご質問の場合がそうであるとは断言出来ませんが。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-10-09 14:52 | 網膜・脈絡膜