excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「視覚 錯覚」


蛍光灯や明かり(蛍光灯が一番分かりやすいです)に視線をうつした時に光が遅れてあとから蛍光灯をなぞるように見えることに気づきました。 左右両目です。気にしたら気づいたことですのでいつからそうだったのかは分かりません。でも子供の頃にはなかった気がします。

目の動きも左右どちらに動かしてもみえます。通院中の先生にも飛蚊症が増えたこともあってコンタクト新調の際に相談しましたが網膜が一部薄くなっている他は異常が見当たりませんでした。 目の動きに伴っていたので最初その飛蚊症のせいかなとも思いましたが
両目で飛蚊症は異なりますし、蛍光灯をなぞるように光がふわっと現れて消えるのでそれとは違った感じに思います。

また、チェック柄や複雑な柄をみるとゆらゆらその部分だけが揺れてみえることにも気づきました。これも以前はなかったと思います。


蛍光灯の件は残像でしょう。蛍光灯に視線を移したときには、蛍光灯の像は視野の端から中央に向かって移動するわけで、その残像が短時間見えていてもおかしくはありません。普通は気がつきませんが、気がつく人、気がつく状況があっても不思議ではありません。

チェック柄が揺れて見えるのは、眼球運動によって起こる錯覚です。「視覚 錯覚」で検索してみてください。面白い情報が山ほど出てきて大いに楽しめますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-09-25 17:51 | 何かが見える

夜に酷くなる


お盆の頃に恐らく目にバイキンが入り、物凄い充血と目ヤニが出てしまいました。すぐに眼科にかかれず、数日後症状が落ち着いてから時間が取れたので眼科に行きました。その時は目の表面は綺麗だし問題ないですと言われ安心して帰宅しました。

しかし、それからというもの夜になると充血した左目が酷く見づらくなります。元々乱視もありますが、それが余計酷くなったような感じです。六月に作ったばかりのメガネでも文字などが縦真っ二つに別れて見えます。コンタクトでも裸眼でも同じなので、目に異常があるようにしか思えません。

また、朝や昼間は大丈夫です。決まって3時4時頃から酷くなります。夜は運転にも支障が出そうなくらいですし、パソコンなど作業もしづらく本当にストレスで胃が痛いです。でも日中は見えるのでただ単に乱視の度数を上げるわけにも、それに合わせてメガネを作るにしても夜はメガネ屋さんはやっていないし…

このように夜だけ乱視が酷くなることってあるんでしょうか?治す方法や改善の余地があるならば何でもしたいと思ってます。


再診してください。眼科受診してから順調に回復しているならまだしも、新たな症状が出ていますので、再診する以外の選択肢はありません。何らかの病気には違いありません。

ウイルスなどによるきつい結膜炎の後に、角膜にキズと濁りが出来ることがあります。昼間調子が良くて夜に悪化するかどうかは知りませんが、角膜中央にそれが出来るとそのような症状は起こりうると思われます。適切に治療をしないと、何度も再発を繰り返したり、濁りが残ってしまったりします。もちろん全く別の病気かもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-09-24 12:00 | 角膜・結膜

「医師・薬剤師に相談してください」


はじめまして。お忙しいところ申し訳ありませんが相談よろしくお願いします。先日、強度近視もあるので眼底検査をしてもらいました。視野検査・コンタクトレンズをいれての検査・写真(?)検査などを行ったところ乳頭に凹みがあると言われました。

視野に欠損などがないので『1年後にまた検査に来てください』と言われました。とりあえずは安心していたのですが、最近目が乾きぎみで市販の涙目薬を購入したところ(サンティア)説明書に緑内障の方は医師・薬剤師に相談してくださいという旨が記入されていました。

現在、緑内障ではないようですが私のような乳頭の凹みがあり、検査の必要性がある場合、目薬を使用する場合は制限などあるのでしょうか?


「ソフトサンティア」ですね。ソフトサンティアは防腐剤の入っていない涙の補充用の点眼で、どなたでも安全に使用できます。視神経乳頭の凹みがあっても、たとえ緑内障であったとしても、特に制限はありません。

また逆に、視神経乳頭の凹みがある場合の制限薬剤はありません。

「医師・薬剤師に相談してください」というのは製薬会社の常套句です。安全と言い切ってしまうと、無関係な問題でもクレームが来てしまい、対処が大変になるからでしょう。現場に丸投げなのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-09-17 09:49 | くすり

不安を煽る(?)眼科


今年の夏の健康診断では眼底検査は異常なしでしたが、今月、疲れ目で近所のA眼科へ初診でいったところ、「視神経乳頭陥凹拡大です。普通の状態ではない。」「ご両親は緑内障でしたか」「最近は正常眼圧緑内障がすごく増えている」「OCTを撮りましょう」といわれました。

普段かよっている、かかりつけのB眼科は、緑内障の診療もされていますが、いままで私は上記のようなことは言われたことはありませんでした。両親や祖父母は緑内障ではありませんが、叔父が緑内障です。私は強度近視です。

OCTの結果、両眼とも、視神経の画像に赤い部分が少しあり「あなたの年齢でこうなるひとは100人に1人。普通は全部緑色になるもの。視神経が減少している。これは視野検査をしなくてはいけないので絶対に今日、予約をとってかえりなさい」と強くいわれ、2週間後の予約になりました。

不安になり、かかりつけのB眼科にいき、相談すると、すぐに視野検査をしてくれました。左目は視野異常なし、右目は、はじめての視野検査のため眼球をうごかしてしまったため、盲点がぶれているので、ボーダーラインと表示されたが、眼底写真を見ても、悪い所見には見えない、とのこと。B医院では、「あわてず、1ヵ月か3ヶ月後に、再度、視野検査をしましょう」といわれました。

A医院では、受付に大きなポスターで「当医院では最新のOCTを導入しています」と表示してありました。最新式の機械でデータを蓄積していくことが有益だろうとは思うのですが、A医院でのやりとりが、なぜかとても心理的に苦痛だったのです。A医院でも、再度、視野検査をうけたほうがいいのかどうか、悩んでいます。

「今後、緑内障を発症することは確定なのか」「視野検査がうまくデータがとれなかった右目は、実はもう発症しているかも」「視神経の厚みが薄いことがOCTで表示されてしまった。視神経は死滅していって、いずれ視野欠損が始まるのにちがいない」「将来、失明するのか」など、考え込んでしまい、仕事も手につきません。今後の対応をアドバイスしていただけたら幸いです。


結論から言いますと、B眼科で経過観察が良いと思います。A眼科での再診は必要なし。予約のキャンセルは忘れずに。

OCTの結果が僅かに正常を逸脱しているだけで、ここまで不安を煽る輩は信用できません。大きなポスターで「当医院では最新の○●を導入しています」と表示しているような所へは行きたくありません。

強度近視というのは眼球が前後に伸ばされた状態で、網膜の神経線維層も引き伸ばされ薄くなります。OCTのデータをそのまま強度近視で無い人のデータと比較できません。「こうなるひとは100人に1人」と言っても「強度近視の人100人のうち1人」では無いのです。

現在緑内障がどうかは、この文章だけでは判りません。もしかしたら初期の緑内障かもしれませんが、実はそんなことは、さほど重要なことではないのです。現在まともな眼科で診てもらっているかどうかが重要なのです。きちんと経過観察をして、必要ならば点眼をし、もし必要ならば手術を受けることで、現在の良く見える状態は維持できます。失明なんかするはずがありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-09-12 12:44 | 緑内障

左右で見える色が違う


中学生です。視力は両目ともに1・0以上。今まで眼科にかかったことがないのですが、黒板などを見るときにほんのわずか 片目ずつでみると、色味が違って見えるといいます。片方が黄色っぽい、片方が青っぽいとのこと。気にしなければ全くわからないし、気にしてみて 違うな・・・程度のようです。

遠くも近くもよく見えるといいますが、色味が多少違うのはほっておいて大丈夫なものですか?

気がついたのは3年前位かな?と本人は言います。片目は両目で見たときと同じ、もう片方はそれより明るい感じといいます。病院へとはいうのですが、本人はいく必要がないと思っており・・・もしそういうことがよくあるということであれば。。。と思ってご相談させていただきました。


たまにそのような訴えをする人があります。殆どが調べても何も無いのですが、稀に網膜の病気があったりします。けれども3年も続いているとしたら、治療しなければならない病気ではなさそうです。

色覚異常ではないが色覚異常の遺伝子を持っている女性にそういう症状が現れると、以前に眼科の雑誌で読んだ記憶があります。また、先天性白内障の場合に左右の混濁の違いで起こる可能性もあります。何れも治療を要するものではありません。

色んなことが考えられるのですが、心配するより一度眼科受診しては如何ですか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-09-07 17:04 | その他の疾患

飛蚊症が続いて心配な時は


瞬きをすると残像の様に左目だけ光が見えます。以前どちらの目か分かりませんが、光視症の様な大きめの光が見えたので、両目網膜裂孔のレーザー手術をしているので、1週間位前に眼科へ行き、眼底検査してもらったばっかりです。検査は大丈夫ですと言われました。

本日朝、何回かその症状が出ます。また眼科に行くのも何か申し訳ない気がして・・・。どの様な事が考えられますか?飛蚊症は1週間前から増えていない気がします。

眼科でこの年齢で両目網膜裂孔のレーザー手術をしているのはめずらしいと言われました。そんなに珍しい事なんでしょうか?お忙しい所大変申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。


症状が同じだからと言って、同じ状態とは限らないと思います。心配なら再診すればよいだけのことです。新しい発見があるかもしれません。

「何か申し訳ない気がして・・」ということですが、一番申し訳ないのは「診察した医師に頼らず、診察もしていない者に尋ねること」だと思いますよ。自分がその医師の立場ならそう感じます。

網膜裂孔のレーザー手術をしたということは、飛蚊症などの症状を訴え眼科受診した時に網膜裂孔が見つかりレーザー手術を受けたということですね。網膜裂孔を見つけた時にレーザー手術をするかどうかは、様々な要因で変わってきます。手術をしなければならない要因がきっとあったのでしょう。

一方、「めずらしい」と表現したのは、眼底を見て「この程度でこの年齢なら経過観察だけでも良さそうだ」と感じたのかもしれません。真相は言った本人に聞いてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-09-06 18:23 | 網膜・脈絡膜

中心性網脈絡膜症?


2010年に、時々視界に小さな丸い残像が現れ、5秒ほどで消えるという事がありました。その時は何もしなかったのですが、月日が経つにつれその症状は無くなりました。

そして今年の1月になって、また残像が現れました。3~4ミリくらいの丸い残像が2時間ほど視界から消えませんでした。次の日からはだんだん数分→5秒→1秒と残像が見え続けている時間が短くなり、大きさも月日が経つにつれ3ミリ→2ミリ→1ミリと小さくなっていきました。症状は両目ともで、残像が現れる位置はいつもバラバラです。これは中心性網脈絡膜症が改善していっているのだと思っていました。

ここ数日、上記とは違う種類の残像が見えるのです。こちらは左目のみの症状なのですが、今日から6日前に、視界の中心より少し左側に小さな楕円形(縦長)の薄い残像が現れました。色は淡い緑色です。ずっと目を開けているとスーッと消えるのですが、瞬きをするとその部分だけがチカチカしてずっと残像がそこにある事がわかります。目を閉じると、その部分だけぼんやりと光っているように見えます。

その次の日になると、残像は昨日よりもやや小さく薄くなり瞬きをしても気にならなくなりました。目を閉じるとぼんやりと見えていた光は、目を閉じてから数秒で消えるようになりました。暗い所から明るい所・明るい所から暗い所へ視線を移すと1、2秒ほど残像が見えます。

それから4日経った今、残像はまた少し薄くなった気もしますが見え方はあまり変わっていません。実はこの症状は過去にも何度かありました。今年の5月に1回(この時は右目のみ。30分で治りました)6月に1回(右目のみ? 1日で治りました)7月に1回(どちらの目かは忘れてしまいました。1日で治りました)です。3回とも残像の位置は同じ辺り(視界中心よりやや左側)です。

この症状は中心性網脈絡膜症なのでしょうか?


残像を残すような光を見ていないという前提での回答です。

2010年と1月の症状は中心性網脈絡膜症ではありません。毎回場所が変わったりしないのです。5月6月7月8月の症状は同じ場所ですので、中心性網脈絡膜症の可能性はあると思います。

しかし、これだけ症状が出ているのに眼科受診はしないのでしょうか。中心性網脈絡膜症かどうかわかりませんが、何であったとしても早いに越した事はありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-09-02 16:31 | 何かが見える

子供の近視性乱視


子供のことで相談です。一年前までは遠視と乱視の混合乱視だったんですが、去年の12月頃から急に遠視から近視に移行してしまいました。オートレフで毎月一度検査をしていますが、毎月少しずつ(0.25位ずつ)近視の度数が上がってきて現在は右(近視)-1.5&(乱視)-2.5、左(近視)-2.25&(乱視)-2.75です。乱視はほとんど変わってませんが一年間で遠視から近視に+1.0→-2.25位まで変動したのでとても心配です。

また一年前は裸眼視力が0.5前後ありましたが現在は右-0.2左-0.1位になりました。

今やっていることは
①ミドリン点眼(7ヶ月間続けてます)&週一回のワック
②テレビとテレビゲームは一日一時間
③よく本を読んでますが、30分くらいで一度休む。
以上です。他に取り組んだほうがいいことなどありませんか?些細なことでもいいので教えて下さい。

河野先生が他の相談で近視防止のためメガネを外して遠方視のトレーニングを返答されていましたが、強い乱視がある娘のようなケースでもそのトレーニングは可能でしょうか?その時はめがねを外す方がいいのでしょうか?今は眼を使いすぎたときに自宅のベランダからメガネをかけて外の景色を10分くらいみせてます。

また現在の主治医の先生はミドリンをさしていたほうが、若干でも近視の進行の抑制になるからと処方してもらっていますが、(ミドリンをささなかったら進行がもっと早くなると聞いています)副作用などはないのでしょうか?


乱視は眼球の形(ゆがみ)で決まります。遠視近視は(相対的な)眼球の大きさ(長さ、奥行き)で決まります。ですから、眼が成長する時には、形はそのままで大きさが大きくなりますので、近視が進んでも乱視は変化しないのです。成長期には仕方がないですね。乳児は病気が無い限り遠視です。成長によって近視の方向へ変化していきます。遠視と近視は一直線上に並んでおり、遠視と近視の境を越えて眼球が成長すれば近視になるだけです。

ミドリンやワックはいいのですが、テレビ1時間は子供には酷ではと思います。

近視の進行予防に遠方視が確実に効果的だという訳ではありません。何もしないよりは良いだろうという程度に考えてください。お子さんの場合、眼鏡無しだと乱視が強いためにぼやけが大きく、ピントを合わそうとする努力もできず、ボーっとした景色をボーっと眺めているだけになり、効果は無いと思われます。現在やっておられる、眼鏡をかけて景色を見るのが最善でしょう。もう少しでピントが合いそうだというところで、ピントを合わそうと努力をするのが良いのです。

例えば1メートル先までピントの合う眼鏡を使って2メートル離れてテレビを見れば、これが立派な遠方視の訓練になるのです。これが出来れば1時間に制限する必要はありません。

ミドリンの副作用は主治医に聞いてください。現在問題が起こってないなら大丈夫です。重要なことは、本人以外には絶対に使用しないことです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-09-02 16:27 | 視力・斜視