excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

光の粒がひとつ


ブルーフィールド内視現象や閃輝暗点のような動き方をする光の粒が、一粒だけ見えるのはおかしいでしょうか? 部屋にいる時、ボールペンの先でつついたくらいの大きさの小さな小さな光の粒が一つだけ現れ、ツーっと動いて、すぐに消えました。数日前から一日に一回ほど見えるので、気のせいではありません。

動くスピードはブルーフィールド内視現象の光より少し遅いです。視界の真ん中、もしくは視界の左下に見える事が多いです。光の動き方は、真ん中に現れた時は下から上の方へ、左下に現れた時は上から下の方へツーっと動きます。その時、眼球は動かしていません。ブルーフィールド内視現象や閃輝暗点で一度にたくさんの光の粒が見えるのは理解出来るのですが、青空や蛍光灯や白い壁を見たりはしていないのに、たった一粒だけ光が見えるのは何か目に問題があるからなのでしょうか。それとも、これは光視症ですか…? ご返答よろしくお願い致します。


なんでしょうねえ。よくわかりません。ブルーフィールド内視現象と同じものが、バックが明るいブルーでないために、1個だけ見えているのかもしれません。

自分自身では、顔を洗った後などに、光の粒が数個見えてツーっと動いて消えていくことがあります。体勢を変えたことによる血流の変化で起こるものだと考えて放置しています。

光視症とは違います。その症状だけなら気にしないのが良いでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-08-30 16:30 | 何かが見える

テレビを見る時だけ瞬きが多くなる


小学生の娘の事ですが、テレビを見る時だけ瞬きをします。眼科ではアレルギー性結膜炎と診断され、瞬きは疲れ目もあるでしょう。と診断されました。

目薬を入れ1ヶ月弱で瞬きは治ったのですが3ヶ月後また瞬きを始めました。ただのアレルギーによるものなのでしょうか。


「テレビを見る時だけ瞬きが多くなる」のですね。

1ヶ月で点眼で効果があったのなら、完治したと判断せずに、再診して継続すべきかどうか相談してください。

「ただのアレルギー」かどうかは診てみないとわかりませんし、点眼をしてその反応を確認してみないとわからないのです。或いは稀ではありますが、精神的なものである可能性も否定できません。

また「ただのアレルギー」なら放置してよい、という事にはなりませんので、眼科医とよく相談してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-08-29 15:59 | アレルギー

結膜弛緩症?


以前結膜の浮腫で相談させて頂いた者です。確かにアレルギーはあり、毎日寝る前にアレギサールとザジテンをさして寝ています。昼間も目を全然かいていないのに、目を横にやると白目が黒目に少しかかり、ゴロゴロしてしまいます。結膜弛緩症というのは考えられますか?

結膜弛緩症の場合も、網膜裂孔のレーザー手術を両目していますが、網膜とは全く関係無いと考えて大丈夫ですか?


若い方には少ないのですが、続いているのであれば結膜弛緩症と言っても良いのではないでしょうか。ただし、高齢者の結膜弛緩症とは違うかもしれません。

結膜の浮腫や弛緩は、網膜とは無関係です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-08-29 15:47 | 角膜・結膜

強度近視について


強度近視の主な原因は何ですか?
遺伝(生まれつき)の可能性はあるのですか?


原因は不明ですが、遺伝的なものの関与は大きいと思います。残念ながら、注意すれば防げるというわけではないのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-08-27 10:11 | 視力・斜視

上まぶたのしこり


10日程前から上まぶたが腫れしこりのようなものができ、眼科を受診するとものもらいだと診断されました。

受診時に目薬と飲み薬を処方していただいたので、それで腫れ、しこり、痛みがなくなるものと思っていたのですが、しこりと痛みがまだ残っています。

しこりをとる処置をしていただこうと考えているのですが、幼少時に眼瞼下垂手術を受けており、上まぶたが裏返らないので処置ができないのかと悩んでいます。

よろしくお願いします。


おそらく霰粒腫(さんりゅうしゅ)でしょう。

瞼が裏返らないかどうかは眼科医がやってみないとわかりません。また、処置にも色んな方法がありますので、再診するしかないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-08-27 10:05 | まぶた

結膜の浮腫


こんにちは。寝起きに白目が膨らんで、ゴロゴロします。これは毎日なります。

眼科に行くともう浮腫もある程度ひいて、症状が出ません。でも毎日なります。一応眼科でジクアスを頂き使用しています。毎日寝起き毎にジクアスをさしています。使うと楽になりますが、浮腫はなかなか治りません。

網膜裂孔のレーザー手術を両目やっていますが、白目浮腫と網膜は関係ありますか?網膜がおかしくなってしまう事もありますか?別物と考えてよいのでしょうか?とっても気になって仕方ありません。どうぞよろしくお願い致します。


痒みがある、または、つい目をこすってしまう事はありませんか。それならばアレルギー性結膜炎だと思います。網膜とは一切関係ありません。

ジクアスを処方されたということはドライアイという診断がついている訳ですが、ドライアイで結膜の浮腫はあまり起こりません。でも痒くもないのに擦っていると、アレルギーと同様に浮腫は起こります。眠っている間にやっているのでしょうか。

通院中の眼科が質問できる雰囲気でないなら、別の眼科を受診しましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-08-21 08:43 | アレルギー

端を見たときの症状


顔は正面を向いたまま眼球だけを目尻側に動かすと不思議な症状が出るのです。

まず右目を手でふさぎ、顔は動かさずに左目だけで左端を見ようとすると視界の左半分に丸い歪みが現れるのです。逆に右目だけを右端に動かしていくと、視界の右半分に丸い歪みが現れます。その丸い部分だけ水面が揺れているような、空間がぐにゃり、と歪んでいるような見え方です。

視線を正面に戻せば、その歪みはすぐに消えますし、端を見ようとしなければ歪みは全くありません。

「これはなんなんだろう」と不思議に思い、何度も何度も眼球を端に動かしていたら閃輝暗点のキラキラが現れ、視線を正面に戻したら数秒でキラキラは消えました。その後少し頭が痛くなり、数十分間軽い吐き気に襲われました。

日常生活で、眼球だけで端を見るという事をしないので、この症状がいつから始まったものなのかはわかりません。もしかして視神経や脳に問題があるのでは…?と不安になっています。お忙しい中恐縮ですが、よろしくお願い致します。


日本眼科学会のサイトのこのページをご覧ください。図1が右の眼球周辺を上から見た図です。それを見ながら次を読んでください。

右目を右の方に動かす時は、外直筋が縮んで眼球を引っ張って右に回転させます。その時、内直筋は眼球の回転によってピンと引き伸ばされ、眼球の左側面を圧迫するような位置関係になります。

内直筋に圧迫された眼球は、左側が少し凹むはずです。眼球が凹むと、網膜も圧力の影響を受けることになります。すると網膜の神経細胞は圧力の影響で興奮し、光を受けた時と同じように信号を脳へ送ります。つまり、右目の左の網膜が光のようなものを感じたと認識するのです。網膜の左で見えるのは視界の右側です。ですから「視界の右半分に丸い歪みが現れ」るのです。病的なものではありません。

自分でもやってみて確認しました。気持ち悪くなりますね。でも、こんなことを繰り返していたら、閃輝暗点、頭痛、吐き気が現れてもおかしくないなと感じました。ほどほどにしましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-08-12 17:39 | 何かが見える

偶然見つかった視野欠損


 平成10年に転居するまで加古川に住んでおり、コンタクトレンズ、アレルギー性結膜炎などで何度か通院させていただいておりました。平成23年に飛蚊症の症状があり、近くの眼科を受診したところ、年齢のこともあり、一度視野検査をしましょうということになり、結果、片目の一部の視野が欠けていることがわかりました。眼圧が正常値であること、視野の欠け方が緑内障の特徴と違っていることから緑内障とは診断されず、経過を見ましょうということになりました。

その後、○○病院でも視野検査、MRIの検査をうけましたが、視野検査については、やはり緑内障と判断しがたいこと、MRIでは視神経に異常がなかったことから先天的な視野欠損かもしれない、が、緑内障の疑いも皆無ではないので定期的に視野検査、眼圧検査を受けて経過観察するようにいわれました。

昨日、近くの眼科(前出の眼科とは別)で視野検査をうけたところ23年の結果からは悪くなっておりませんでした。眼圧、眼底検査も異常ありませんでした。今回も経過をみましょうということで、緑内障の治療はしておりません。

 ながながと書きましたが、私が河野眼科さまに通院していたころ、おそらく5年か6年ごろだったかと思いますが、コンタクトでお世話になっていたとき、視力が出ていないようなことをおっしゃっていたように思います。しばらく間をあけて受診したときにカルテに封筒(紹介状?)をはさんでおられたものをみられて、そんなことをおっしゃっていたように思います。その時検査の必要もお話になかったので大したことではなかったと今も思っ ておりますが、もし、カルテ等が残っており、当時から視野欠損の可能性があったかどうか教えていただけたら助かります。


自覚症状の無い視野欠損が偶然見つかったということですね。見つかって良かったというべきか否か・・・当院でその状況(症状と所見)なら視野検査はしません。「年齢のこともあり一度視野検査をしましょう」というようなことは普通はしないのです。視野検査をする正当な理由が必要なのです。

○○病院で診てもらって経過観察(つまり治療は必要ない)だということですので、良かったじゃないですか。指示通り経過観察すれば、思い悩むこともありません。

ところで、残念ながら10年以上前のカルテは保存しておりません。保存義務はたしか5年だったと思います。「視力が出ない」と言っていたということですが、お使いのコンタクトで視力が出なかったのかもしれませんね。視力と視野欠損は別物ですので、切り離して考えて下さい。視力が悪くても視野は欠けません。

「カルテ等が残っており当時から視野欠損の可能性があったかどうか」についてですが、現在でも視野欠損を疑わせる所見が無いわけですので、当時に所見があったとは考えられません。でも、先天性のものであれば検査をすれば「視野欠損があった」でしょうね。しかし、前述しましたように、視野異常を疑わせる所見も自覚症状も無いのに視野検査をする必要はないのです。つまり当時は「視野欠損の可能性は無い」と考えていたということです。

それから、何軒もの眼科を回るのは良くありません。信頼できる眼科で経過観察をしてもらってください。
by kounoganka | 2013-08-03 22:26 | 眼科検査