excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

近視性の網脈絡膜萎縮


近視で、コンタクトは、両目とも-3.75です。

眼科の眼底検査をうけ、網膜の写真をとりました。自覚症状は全くありません。視神経乳頭陥凹拡大の兆候が見られるとのことで、緑内障の疑いがあり、視野検査をしましょうということになりました。現在、視野検査の予約をしている段階です。

緑内障が得意という、病院に行きました所、近視性の網脈絡膜萎縮だろうとの診断を頂きました。OCTによる検査もうけております。そこで質問です。

(1)近視性の網脈絡膜萎縮による神経欠損と緑内障によるそれとでは、どうちがうのでしょうか?この2つの違いは、写真や眼圧、角膜の厚さ、OCT検査などで判断がつくものなのでしょうか?

(2)進行性にちがいはあるのでしょうか?

(3)近視性の網脈絡膜萎縮から緑内障へと移行することもあるの?

(4)近視性の網脈絡膜萎縮でレーシック手術を受けても大丈夫でしょうか?


自覚症状は全く無いが、コンタクトの検査か何かで視神経乳頭陥凹拡大を見つけられて、緑内障の疑いがあるということで視野検査の予定なのですね。その間に、別の眼科を受診し、OCT等の検査を受けたのですね。

「近視性の網脈絡膜萎縮だろう」というのがよくわかりません。「何」が「近視性の網脈絡膜萎縮」なのでしょうか。普通は「視神経乳頭陥凹拡大」が「近視性の網脈絡膜萎縮」だろうと説明されるはずが無いのです。全く別物ですので。

「緑内障性の視神経乳頭陥凹拡大」を疑われているものが「近視性の視神経乳頭の変化」だろうということだと思います。良くあることですから。写真や眼圧、OCT検査、視野検査などを総合的に評価すればほぼ判断がつくでしょう。しかし何年間も経過観察をしなければ判断がつかないこともあります。これも別のものですので、進行の違いを論じることは出来ませんし、移行することもありません。ただし合併することはあります。

もしかしたら「近視性の網脈絡膜萎縮もあります」と言われたのではないでしょうか。近視が強い人にはよくあることですが、乳頭の変化ではなく網膜(と脈絡膜)の変化です。ただしこの程度の近視では起こることは少ないでしょう。

さらにもしかしたら、視神経乳頭の周囲に発生した近視性の網脈絡膜萎縮をみて、視神経乳頭陥凹拡大とはじめの眼科では判断したのでしょうか。謎です。

-3.75ジオプター程度の近視でレーシックは「もったいない」の一言です。近くを見る時に一生眼鏡が必要無いのですよ。100万円やるから手術を受けろと言われても自分なら絶対に断ります。それくらいの価値の有る眼を持っているということを、本人が理解していないということです。やる方は商売ですから、うまく丸め込もうとしますが・・レーシックは一度受けてしまうと決して戻せません。

それと、視神経乳頭陥凹拡大にしても、近視性の網脈絡膜萎縮にしても様々な形態、様々な程度があり、実際に診てみないとさっぱりわからないというのが実情です。既に眼科を受診しているなら、ここで曖昧な意見を聞くより、診察した眼科医に聞く方が100倍安心出来るのではないでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-05-31 14:52 | 緑内障

マイボーム腺梗塞


20年来ソフトコンタクトレンズを使用しています。今まで、支障はありません。

 10日ほど前から、右目の瞼の目頭よりが、少しふくれています。まつげより、白目よりの部分です。 痛みは、ありません。ものもらいでは、無いようです。 脂肪が固まってきているのでしょうか。 できれば、除去したいです。


マイボーム腺梗塞でしょうか。

瞼の縁には、マイボーム腺という脂肪を分泌する腺の開口部が何十個か一列に並んでいます。その開口部が、細菌の感染やマイボーム腺機能不全によって塞がれると、分泌された脂肪が排出されずに溜まってしまいます。分泌物中の水分が吸収されて脂肪は硬くなってきます。マイボーム腺の便秘状態ですね。

治療法は、膜状に塞がった開口部を切開し中身を出します。やわらかい場合は自然に排出されますが、硬い場合は何らかの方法で押し出したり掘り出したりします。瞼の内側の結膜を切開する必要がある場合もあります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-05-16 11:08 | まぶた

残像の見える条件


カメラでのフラッシュ撮影をした後やLEDの電球を直に見てしまった後に必ず視野の中心付近に小さな赤色をした丸い点々が3つ程見え、それが消えたかと思うと今度は視野のほぼ中心部分に黒い暗点みたいなものが出現し、2~3分ぐらい消えません。どちらも普段は全く見えないのですが、強い光を見た時にだけ一時的に起こります。

ちなみに眼科の検査で、細隙灯顕微鏡検査や倒像鏡検査で光を当てて検査をした時や散瞳をして眼底カメラの撮影でのフラッシュでまぶしい光が当たった時には上記の症状は現れません。

このような状況の場合、何か病気は考えられますでしょうか。


普通の残像です。小さな強い光ほど自覚しやすいでしょう。

眼科の検査での光はそれほど強くないですし、べたっとした光の面積が大きいので残像に気がつかないのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-05-13 14:57 | 何かが見える

目を動かすときだけ見えるもの


強度近視で、以前から、視力を落とさないようにと目の体操を継続して行ってきました。そして、今に始まったことではないのですが、いつからか、端を見ながら目を上下に動かす、または、スポーツなどで振り向くときなどに、黒?紫?色の様な形のわからない影、フラッシュの残像の様なものがチラつくことに気が付きました。右を見るときは右目、左を見るときは左目に写る、という感じです。さらにその影は、目を動かした瞬間にしか見えません。しかし動かすと必ず見えます。

この頃は、影を見るのが怖いので、目を端に動かすことはあまりしなくなりました。以前、眼科に行ったときは飛蚊症のため眼底検査(瞳孔を開いて、目を直接見る検査)のみでしたが、緑内障などの眼圧検査も、一緒に検査できていたのかが心配です。

不安でとても気になるので、質問しました。本当に端を見ながら''目を動かすときだけ''に見えます。目は動かさない方がいいのでしょうか?


「目の体操」には視力低下を防ぐような効果はありません。目の疲れを取る程度と思ってください。害は無いと思います。

「眼底検査」を受けたなら、緑内障の検査をしたと判断していいと思います。緑内障は視神経に変化を起こす病気ですので、眼底検査で視神経に異常がなければ緑内障は無いという事です。眼圧を下げることが緑内障の治療ですが、眼圧を測れば緑内障が判るという物ではありません。また、現在の症状と緑内障は無関係です。

現在の症状はおそらく、目を動かすことで網膜の端の方で網膜が内側から引っ張られ、その圧力の変化を網膜の細胞がキャッチしたため、脳は光を感じたと判断したものでしょう。あまり心配は要らないと思いますが、変化があれば眼科受診してください。

余談です。どうやったら網膜が内側から引っ張られるか考えてみましょう。

はじめに、眼球を一つのボールと考えてください。ゴルフボールや野球のボールではありません。バレーボールかサッカーボール、バスケットボール等を想像してください。ボールの壁が強膜で、内側の面が光を感じる網膜です。中はボールのように空洞ではなく、薄皮で包まれた硝子体が詰まっています。硝子体は見た目は卵の白身状ですが透明な細い繊維の塊です。

硝子体がイメージしにくいと思いますので、別の例えをします。気の弱い人は以下は読まないでください。

高級なシャンプーのCMに出てくるようなボリュームのある金髪の女性を思い浮かべてください。結んでもスルッと解けてしまうようなサラサラのロングストレートヘアです。その髪の生え際を全周にわたって深く切り込んで、髪の生えたままの頭皮を頭蓋骨から剥がします。それを髪を内側にして丸めたものが硝子体です。そのままボールの中に入れて頭皮とボールの内側を糊付けします。ボールを動かすと髪はその重さで移動しようとしますが、頭皮にくっついていますので頭皮を引っ張ることになります。頭皮とボールは糊付けされていますので、ボールを内側から引っ張ることになります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-05-11 17:14 | 何かが見える

経過良好な高眼圧症


高眼圧でキサラタンを処方され点眼してます。3年間、3~6か月ごとに視野検査を行い正常と診断されてます。先日、毎月ではなく3か月に一度くらいの診察でもよいか(一度にキサラタンを3本くらいだしてもらえないか)と尋ねたところ「緑内障なのだからそれはできない」と言われました。

視野検査が正常でも緑内障と断定できるものなのですか?眼圧高い=緑内障なのですか?判断指標をアドバイス頂けるとありがたいです。


眼圧高い=「緑内障の場合もある」
緑内障=「眼圧が高い場合もある」

そんなことより、問題なのは、点眼で経過良好な高眼圧症に対して頻繁な視野検査と毎月の診察が必要かということではないのですか。それぞれの眼科医の考え方があるのでしょうが、一度別の眼科を受診してみることをお勧めします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-05-05 10:31 | 緑内障

術後2ヶ月の出血


15年前、裂孔原性網膜剥離で左眼を強膜内陥術の手術を受け、経過良好で年2度程度の眼底検査を受けていました。

昨年、同じ左眼の黄斑前膜を指摘され、今年、紹介の大学病院で硝子体手術を受けました。昨日、術後の検査に行くと出血が見られると指摘を受けました。心配することはないと思うが2週間後に再度検査を受けるように言われ、その以上は先生が忙しいようで聞けませんでした。

手術で中を扱っていることもあるとは言っていたのですが、術後約2ケ月で手術の影響で出血することはありえるのでしょうか。それとも目の他の重篤な病気か内科的な病気の影響があるのでしょうか。


2ヶ月も経っていたら手術の影響は無視できるのではないでしょうか。眼底出血を起こす病気は数限りなくありますので、出血自体を見ていない者に相談しても意味が無いように思います。心配するよりも、最善の治療を受けていることで安心すべきです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-05-05 10:29 | 網膜・脈絡膜

視野検査は卒業


7年前にKクリニックで「視神経乳頭陥凹の疑い」ということで、大学病院に行き、視野検査を受けました。そこでは異常がなく、KO大学病院で5年間視野検査は異常がありませんでした。なお、「視神経乳頭陥凹の疑い」が出たクリニックで正常な年と写真を比較して頂いたところ、全く変化はありませんでした。

大学病院では5年間視野に異常がないのですから、今後視野検査は卒業と言って良いでしょうと言われました。その後、2年間、念のために大学病院で眼底だけは診ていただいているのですけど、7年前と全く異常は無いと言われました。また、網膜神経線維層の欠損はないと言われています。因みに、C/D比は0.7と言われています。

生まれつきの視神経乳頭が大きいだけだと思って良いのでしょうか?


おそらくそうでしょう。巨大乳頭というのもありますし、近視のせいで緑内障に見えるというものもあります。詳しく調べてもらって良かったですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-05-05 10:26 | 緑内障