excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

朝5分間のくっきり


使い捨てコンタクトレンズ2Wを使用していましたが、数週間前から目が赤くなり花粉症かと思いしばらく放置してしまったところ、片目だけ急に視力が低下したので、急いで受診しました。

コンタクトの使用方法が悪かったので角膜がぼこぼこになってます。と言われ、ヒアレインとフルメトロンを処方されました。思い当たる節も多く、猛烈に反省しました。初めての受診時は矯正してもほとんど視力が出ませんでした。2度目は実感はなかったのですが前回よりは見えるようになってると言われました。現在、次回の診察を点眼しながら待ってますが、あまり治ってきたというように感じられず、このまま、視力が戻らないことはありうるのかなと不安で眠れない日々です。

ただ、不思議なことに、朝起きてすぐは、今までのめがねで5分くらいだけ、くっきりと見えます。これはどういうことなのでしょうか?


「角膜がぼこぼこになって」いたら、矯正しても視力は出ません。そのぼこぼこに水か何かを満たして平坦にしたら、視力が出たりします。不正乱視に対してハードコンタクトを使用して、角膜とレンズの間を涙で満たして矯正するのもそれです。別のたとえとしては、スリガラスに水をかけると透明になることも同じです。

もしかしたら、朝起きた時、涙っぽくなっていませんか。涙によって5分間だけ角膜が滑らかになるのかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-04-17 15:03 | 角膜・結膜

目を大きく回すと見える光


10年ほど前に強度近視による飛蚊症と診断され、毎年眼底検査を受けております。前回は昨年の11月に受け、特に問題はありませんでした。

しかし最近、右横→上→左横→下と目を大きく回すと、左上に目が移動した時にだけ小さい丸い光が見えるということに気づいたのですが、これは網膜裂孔なのでしょうか。

受診は必要でしょうか。目を大きく回さなければ特に光ることはありません。強度近視による飛蚊症は網膜が薄いため網膜剥離になりやすいと聞き、心配になりご相談させて頂きました。


その症状は、網膜が圧迫されたり引っ張られたりすることで起こる症状です。目を動かすことによって硝子体が動き、その付着部位の網膜が内側から引っ張られるのでしょう。

最近始まった症状ですので、目の中に「変化」があった事は間違いないでしょう。その変化が網膜裂孔によるものかもしれませんが、そうでない可能性の方が高いと思います。しかし、大丈夫とは保証できませんので、念のため眼科受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-04-12 15:45 | 何かが見える

白内障手術で老眼になる


白内障の手術の場合、それまでのその人の近視、老眼の度合いといったものは一旦リセットされるような状態になるのでしょうか?

近視をコンタクトなどで矯正しておりその状態で老眼もある場合は、この手術により白内障、近視、老眼のいずれもが改善されるのでしょうか?

眼内レンズによって全く別の視力となると考えてよいのでしょうか?


人間の眼は、自分の意思で水晶体の厚み(つまりレンズの度数)を変えることで、遠くから近くまでピントを合わせることが出来ます。ところが年齢とともに水晶体の弾力がなくなり、近くにピントが合わなくなってきます。これが老眼です。

白内障手術では、濁った水晶体を取り除いて、新たに人工水晶体(眼内レンズ)を入れます。これは若い人の水晶体のように弾力があるものではありません。レンズとしての度数は固定されています。そのため、正視(遠くにピントぴったり)になるように人工水晶体の度数を決定し手術した場合は、近くにピントを合わせるためには老眼鏡が必要になります。逆に、近くにピントが合うように人工水晶体の度数を決定すれば、遠くを見るときには近視用の眼鏡が必要です。

つまり、人工水晶体によって全く別の視力(屈折状態)に出来るが、反面、老眼が改善されるどころか、完璧な老眼になってしまうのです。それを回避するために、最近では、遠近両用の人工水晶体も使われるようになっています。ただし高価ですし、価格に見合う満足度があるかどうかは疑問です。

一般的に、単焦点の人工水晶体の度数は、術後に軽い近視になるように決定します。遠くも近くもある程度見え、眼鏡無しでも何とか日常生活が出来るようにするのが目標です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-04-12 07:40 | 白内障

非球面レンズ


7歳児のめがねについてお尋ねします。

現在(右 C-2.5軸180゜,左 S-0.5C-2.0軸180゜)のメガネを処方してもらい、かけています。

眼科にてメガネ処方の先生より、球面でいいと言われ球面をかけていますが、メガネ店では、乱視が強いから非球面のほうが良いと言われました。

上記のような度数の場合、非球面のほうがよいですか?球面をかけていることで目の負担になったりしますか?


非球面レンズのメリットは、レンズの端の方まで歪みや滲みが少なく快適なことです。ご予算が許せばそれにしてあげてください。

デメリットは価格が高いこと。これは逆に販売店のメリットでもあります。

眼科で球面レンズで良いというのは、弱視の予防という目的が十分に達せられるからです。

「目の負担」というのは「眼に悪い」という意味でしょうか。それは考える必要はないですが、鮮明に見える範囲がやや狭いということで、心理的な負担はあるかもしれませんね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-04-05 18:28 | 視力・斜視

とんでもなく増える飛蚊症


1年ほど前から急激に飛蚊症の数が増えました。元々飛蚊症はありましたが、この1年でとんでもなく増え戸惑っています。

その都度、眼科にて散瞳検査を受けましたが、何れも今のところは問題ないとの事でした。2軒受診したのですが、1軒では後部硝子体剥離ではなく硝子体の汚れだと言われ、もう1軒では飛蚊症になっている事自体が後部硝子体剥離だと言われました。この場合、後部硝子体剥離になっていると捉えた方が良いのでしょうか?

そして、つい先日また新たに増えてしまい、それがとても目立ちます。1か月前にも増えたばかりで散瞳検査を受けたばかりなのですが、また受けた方が良いのでしょうか?この1年でもう何度も受診しています。視力が落ちたり、視野が欠けたりしたら受けた方が良いのでしょうか?(網膜裂孔や網膜剥離になる際、必ず視力が落ちたり視野が欠けたりするものでしょうか?)視力が落ちた場合は自分でも気がつくかと思うのですが、視野が欠けた際も自分ですぐに気付くことができるものですか?

また、今後出産を希望しているのですが、出産時にいきんだりした際にそれが原因で網膜剥離などになったりすることは考えられますでしょうか?ただでさえ強度の近視で飛蚊症がひどいので、心配です。


面倒でも変化があればその都度眼科受診しましょう。ただし、診察した眼科での指示が優先します。その眼の状態を考慮して、次回の受診のタイミングを指示していると思いますので。今回は「とても目立つ飛蚊症」が現れましたので、必ず何等かの変化が起こっていますので受診は必要だと思います。網膜裂孔や網膜剥離自体の症状は出ない場合もあります。

後部硝子体剥離かどうかなんて、今は気にする必要は無いと思います。重要度の低い事柄については、医師によってあたかも正反対のような説明になったりしますね。飛蚊症の正体は「後部硝子体剥離ではなく硝子体の汚れ」であり、飛蚊症が「とんでもなく増え」た事が後部硝子体剥離が起こっていることを裏付ける症状なわけです。

出産時のことは普通は心配要りませんが、眼の状態を知っている眼科医に相談してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-04-04 14:29 | 何かが見える