excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

術後の外傷性散瞳


金属の破片(1mm程度の大きさ)が目の中に入ってしまいました。角膜→虹彩→水晶体と突き抜けて、硝子体中に金属片があるのがわかって、すぐに摘出手術をうけました。

術後の診察で虹彩が動いておらず、瞳孔が、楕円がゆがんだような状態になっていることがわかりました。外傷性散瞳で虹彩を動かす神経が麻痺している可能性がとのことでした。

現在は自宅療養で経過観察となっています。現在使用している目薬は、クラビットとリンデロンです。術後2週間はミドリンP、コソプトも使用していました。

このまま経過観察のみで良いのか不安です。治療で何かできることは無いでしょうか。


術後の高眼圧もおさまり、炎症も順調に沈静化しているようですね。きちんとした手術の出来る病院ですので、まかせておいて問題ないと思います。なるようになると考えて、あまり思い悩まないほうが良いでしょう。

現在の点眼は、一番強い抗菌剤と一番強いステロイドです。決して「経過観察のみ」ではありません。十分に「治療中」です。点眼を忘れないこと、異常を感じたら受診することを心がければ、特に何もすることはありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-01-28 09:50 | 外傷

「異常なし」なのに歪んで見える


現在左目が原因不明で視野欠損しています。近所の眼科にて検査し、眼底に瘢痕があることから眼トキソプラズマ症ではないかと診断されました。幸い現在は進行が止まっているようですが、最近反対の右目も線を見ると焦点を合わせた部分が少し歪んで見えることに気がつきました。黄斑変性のチェックシート(格子)で中心の点に焦点を合わすと、すぐ上の2マスの縦線が左に少し膨らんで見えます。

こちらも眼科で眼底検査、OCT検査を受けましたが異常なしで、網膜には異常がないから感覚の問題だと言われました。そう言われましても現に歪んで見える上、左目が視野欠損しているので右目がどうにかなってしまってはと不安で、ご意見をお伺いしたくメールをお送りした次第です。

検査した病院では感覚の問題だと言われましたが、歪んで見える原因が網膜でなければ、他の部分が原因と考えられるでしょうか。右目は視神経乳頭陥凹と言われていますが、緑内障の初期だということはあるのでしょうか。眼底検査OCT検査で異常がなければ、本当に安心して良いのでしょうか。


どうしてもその症状が気になり、原因を突き止めたいということでしたら、主治医と相談して、もう少し詳しい検査のできる病院を紹介してもらいましょう。トキソプラズマと関連があるのかもしれません。

「異常なし」というのは、「恥ずかしながら医師の能力または検査の精度が悪く異常を見つけられない」「僅かな異常があるが正常範囲であり心配ない」「気のせい」のどれかです。医師は3番にしたいようですが、おそらく1番でしょう。

検査機器は年々進歩しています。今まで判らなかった事が判るようになります。ということは、常にその時点での限界があるということです。最新のOCTの結果を見て「これで異常が見つからないのでとりあえず安心して大丈夫」とは言えても「異常なし」とは断言できないのです。人間の感覚の方が鋭い場合もあるのです。

もし本当に網膜に異常が無いのに歪んで見えるとしたら、光が網膜に達する経路に、光を異常屈折させるものができたのかもしれません。眼の中には硝子体という卵の白身状の物が詰まっています。硝子体は老化現象で収縮し、その中に小さな空洞を作ることがあります。空洞には水が充満しているのですが、水と硝子体の屈折率の違いで光が屈折し、歪んで見えることがあるのかもしれません。

片目の「視神経乳頭陥凹」の拡大は緑内障の初期の可能性があります。「一般的には異常なし。厳密には極初期の緑内障」という状態はよくあります。しかし、緑内障の場合は歪んで見えることはありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-01-18 17:16 | 網膜・脈絡膜

「光視症」は病気ではなく症状です


質問を回答していただき有り難うございます。回答について再度質問と追加させて下さい。

1,後部しょうしたいのデメリットが飛蚊症と光視症、ということですが、“剥離しきったら”光視症と飛蚊症は2度起きないようにおもいますが合ってますでしょうか?

2,光視症は、数カ月以上続く人が稀だということですが、ほとんどの方が数週間で消えると言うことでしょうか?

3,複数の先生に診てもらった方が、見落としが無く安心でしょう!ということは、見落としもあると言うことでしょうか?

4,光視症についてネットで調べましたが、情報が少なすぎるように感じます。今現在、光視症について解明されてないことが沢山あるのでしょうか?

5,光視症は完治したら再発しない!しかし、発症することはあるという意味は、骨折して“また同じような事を繰り返せば”骨折するが(例…高いとこから飛んでの骨折なら同じような事をした場合) 例えば、私の場合なら再度、目の眉あたりの打撲があれば再発の可能性がある。なければ大丈夫という意味でしょうか?もしくは、別の解釈でしょうか?年をとれば、ちょっとしたことで骨折する事もあるから、あなたも60代とかになれば再度、発症するかもという意味でしょうか?長々とすいません。よろしくお願いします。


1.光視症と飛蚊症が後部硝子体剥離の時だけに起こると思っていませんか。光視症も飛蚊症もさまざまな原因で起こります。ひとつの病気がひとつの症状と1対1で対応しているのではありません。別の原因で同じ症状は起こります。

2.そういうことです。

3.もちろんあるでしょう。人間ですから。

4.「光視症」は病気ではなく症状ですから、単独で取り上げられないのでしょう。あるいは、重視されてないから取り上げられることが少ないのかもしれません。また、情報がたくさんあっても、それが正しいかどうかは素人では区別できません。

5.後部硝子体膜が網膜から完全に剥離していたら、さらに打撲しても後部硝子体剥離はそれ以上起こりません。別の原因で光視症が起こることはあるでしょうし、飛蚊症は消えたりしません。

不安が解消されるどころか、回答が新たな不安の種になっているようですね。よく考えてください。ひとつの症状、ひとつの疾患、ひとつの外傷から何通りもの状態、何通りもの治療、何通りもの経過が考えられます。実際に診察するのはそれを絞り込むためです。その目を実際に診察した医師を信頼して、指示通りの受診と、異常を感じた時の受診を心がければ、普段は全く心配要らないと思います。ネットで情報を集めても、自分の目に当てはまるかどうかを知る術が無いのです。ここで無駄な時間とエネルギーを使うのは、もうやめませんか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-01-12 14:09 | 何かが見える

手術後のカスミ


お忙しいところ 突然のメールをお許しください。脳下垂体の手術後、「視力低下」、「眼のカスミ」に悩んでいます。

(中略)

術後頃から左眼のカスミが徐々に広がってきた。また、視力も低下してきた。脳神経外科執刀医は「左目に関する部分は全く触っていない」「カスミの原因がわからない」「引続き、脳下垂体の経過は診ていく」。眼科医は「左目に一部視野狭窄が認められるが、眼科での処置は必要ない」との回答でした。

昨年末、年賀状を書いた後、眼のカスミ、視力低下、眼の疲れが酷くなりました。眼のカスミ、視力低下が進行するのか不安です。投薬などで症状改善、進行抑制ができますか? 

脳外科的なことは専門家が大丈夫といっていますので大丈夫でしょう。

「年賀状を書いた後、眼のカスミ、視力低下、眼の疲れが酷く」なったというような話はよく聞きます。ドライアイとか、老眼の進行、後部硝子体剥離、白内障などは考えられないでしょうか。眼科を再診してはいかがですか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-01-11 08:35 | その他の疾患

まぶたが腫れる


コンタクトやお化粧でまぶたが腫れたりむくんでしまい、困っています。

2~3年前に、一時期結膜炎が悪化し、二重の線が消えるほどまぶたがはれた(赤くなったりはしていないので、むくんだという程度かもしれませんが)ことがありました。それ以来、一日お化粧をしたりコンタクト(ハード・ソフトともに試しましたが特に差はありません)を入れたりすると、まぶたがはれてしまい、一週間ほど元に戻りません(不思議なのですが、痒みは一切ありません)。

なので、いまは外出する際もアイメイクはせず、メガネをかけて過ごしているのですが、すっぴんにメガネという格好で毎日過ごすわけにはいかず、軽いお化粧や、コンタクトの着用が必要になってしまいます。いまの状態のままでコンタクトの着用やお化粧を毎日続けるとまぶたに非常に悪いような気がして悩んでいます。

ちなみに、行きつけの眼科の先生には、「アレルギーの状態はかなり良くなっている」と言われ、実際痒みなど以前のアレルギー症状はほとんど全くないのですが、腫れだけが治りません。

コンタクトやお化粧による腫れを改善する方法は何かありますか?また、このまま腫れを抑えられない場合、まぶたへの刺激を減らすためレーシックなどを受けた方が良いのだろうかと悩んでいるのですが、レーシック手術は安全なのでしょうか?


レンズの形状、レンズの材質、レンズの汚れ、レンズの保存液の4つのうちのどれかと、化粧品が原因なのでしょうね。

コンタクトはどれだけの種類を試しましたか。汚れや保存液の影響を受けないのはワンデーだけだと思いますが、ワンデーを何種類か試しましたか。きっと問題を起こさないものが見つかると思いますので、眼科で相談してみてください。

化粧品も全てが悪いとは思えませんが、専門外なのでよくわかりません。

レーシックは最後の手段です。削った角膜は決して戻りません。レーシックを受けたことを後悔している人も少なからずいます。検索してみてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-01-09 18:19 | まぶた

光る粒


昨年12月に左目の隅にオレンジ色?の光が一瞬見える事でご返答頂きありがとうございました。

再度のご相談で申し訳ありませんが、ブログ内でご返答頂けたらと思いました。その後、自宅近所の眼科を再診しましたが眼球に問題ないとの事。眼科では瞳を開く薬を使わないでの診察でしたが、定期的に眼科を受診したほうが良いのでしょうか?

最近見える物が半円形の白い光の中にオレンジ色に近い光?で上から下、下から上に、一瞬です、特に薄暗い場所や、下を向いた時などに見えます、ごくたまに右目にも現れる事があります。目を閉じて瞼を指で軽く押す様な時に(顔を洗う時など)見える残像に似ている気がします。

また、光視症とは別に10年位前より年に1、2回程度ですが、くしゃみをした時や急に立ち上がったり顔を動かした時に光るオタマジャクシのような光る粒がたくさん見えて、1.2分で消えますがこれは飛蚊症でしょうか?

日常生活、仕事は普通にこなしていますが、少し不安もあり再度メールをいたしました。よろしくお願いいたします。


眼科で「大丈夫です。心配要りません。」と言われたのなら、現時点で大丈夫という意味しかありませんので、定期検査は受けるようにしましょう。異常が無くても年に1回の眼科受診を心がけてください。

「光る粒」ですか。見えますねえ。何という名称でしょう。私は顔を洗った時に見えることがあります。脳の血流の変化によるとか、網膜上の赤血球が見えるとか言われてますね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-01-08 18:46 | 何かが見える

裸眼視力が低下する


近視についての相談です。宜しくお願いします。子供の時よりずっと視力は良かったです。ところが最近すごく落ちてきました。

       右 左
2009. 8⇒ 1.2 2.0
2011. 2⇒ 0.8 1.0
2012. 1⇒ 0.9 0.5
2012.12⇒ 0.4 0.3
と言うように、すごいスピードで落ちて行ってます。

眼科の検査技師さんが「視力がよかった時から乱視があったから、歳と共に疲れてきたのでしょう」と、ある意味納得できる説明を受けました。一通りの検査はして頂いて 特にDrからは何も言われなかったから、問題ないとは思いたいのですが、10年ほど前より飛蚊症もあり、素人(自分)が「網膜剥離??」とか疑ったりしてます。

もし そうだったりしたら眼鏡ではどうにもならない視力低下になるのですか?言い換えれば 眼鏡でよく見えるのなら網膜剥離ではないと言うことですか?とにかくずっと視力は良かったのに、3年の間に急激に落ちたものですから、このまま見えなくなるのでは?と不安で不安で仕方ありません。

3年程前から老眼の始まり?うす暗い所での細かい作業が辛くなりました。現在はまだ裸眼で新聞も余裕で見えますが、近視用の眼鏡をかけると見辛い程度です。


これが裸眼視力の変化ならば、決して「すごいスピード」ではありません。中年以降に水晶体が硬くなり、老眼以外に近視化や遠視化する場合があります。裸眼が悪くなったとしても矯正視力がよければ良いんじゃないでしょうか。

視力は、光が網膜の中心に到る経路に異常が無ければ良いはずです。網膜周辺の剥離の場合は視力は低下しません。しかし、それを放置すれば完全に失明する場合もあります。

「Drからは何も言われなかった」のなら、何のために眼科受診したかわかりません。きっと大丈夫なのでしょうが、できれば、疑問に対してちゃんと説明をしてくれる眼科を受診しましょう。

「近視用の眼鏡をかけると」近くが見辛いのは、老眼の症状ですので年齢的に仕方が無いですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-01-08 11:46 | 視力・斜視

文字の一部が消えたり歪んだり


はじめまして。今回、目の見え方がおかしい事に気付いたので、相談させていただきたくメールさせていただきました。

先日、免許の切り替えの際、片目で文字を見たときに気付いたのですが、新聞などを左目だけで見ると文字の濁点が消えたり文字の線が細くなったり歪んだりと常に変化しているのです。

両目で見ていたら分からないので日常生活に支障はありません。そして最近3ヶ月で左目の視力だけが下がりました。こういった症状から、どういった事が考えられますでしょうか?お忙しいところ申し訳ありませんが、ご返答宜しくお願い致します。


網膜の中心付近に異常があるときの症状です。中年の場合は中心性網脈絡膜症を、高年の場合は加齢黄斑変性を疑います。治療できるものかもしれませんので、眼科受診してください。その眼科で対処できない場合は、しかるべき病院を紹介してくれるはずです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-01-05 14:37 | 網膜・脈絡膜

光視症の疑問


1.光視症がなくなって、完治した場合、やはり、かなりの確率で数年先に再発したりするのでしょうか?(打撲の場合)※色んなサイトでは、昔になって今のところ全くなし、みたいにあるのですが、例…高校の時になって、40代でも全く出ていないなど
 
2.逆に、いっかい光視症になったがもう全く出ないということもあるのでしょうか?(打撲の場合)例…後部硝子体が完全に剥離しきって、もう剥離のしようがないので光らないなど  

3.右目に光視症出たというのは、やはり左目の打撲が原因で出てきたのでしょうか? 自分が気づかなかっただけ?なんで数か月後に?ストレス?

4.後部硝子体剥離のデメリットを教えてください?

5.光視症は数ヶ月と数年続く人はどちらが多いのでしょうか?

6.5ヶ月間通院して、先生がころころ変わっているんです、先生が辞めて、かわりばんこみたいな感じです。(4人)そこで、完全に後部硝子体剥離してる。という先生と、少ししているという先生。半年で光視症が大体なくなるという先生、人によって違うという先生など、やはり、同じ先生のほうがいいのでしょうか?


1.完治したのなら再発なんかしないでしょう。しかし再び発症することはあるでしょう。たとえば骨折の場合、完治してもまた骨折することはありますね。

2.あるでしょう。人それぞれでしょう。

3.そうかもしれないし、無関係かもしれません。ストレスとは無関係です。

4.飛蚊症や光視症を起こすことでしょうか。

5.数ヶ月以上続く人は稀です。

6.複数の眼科医が診察する方が見落としがなく安心でしょう。重視する必要のない事柄について説明が違うのは、要するに「どちらでも問題ない」ということです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-01-05 14:23 | 何かが見える