excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

PD(瞳孔間距離)と眼鏡処方


(申し訳ありませんが、かなり割愛させていただきましたのでご了承ください)
裸眼で乱視が-2.00以上ある場合は、通常、乱視はどれくらい入れるべきなのでしょうか。

瞳孔距離(PD)についてお尋ねします。PDというのは、変わるのでしょうか。0.5不足、もしくは増加しても、影響はないのでしょうか。

PD変更した眼鏡を作成し光の滲みが軽減しましたのは、PD変更と関係あるのでしょうか。眼鏡を作製する上で、勿論、度数も重要ですが、PDはもっと重要であると言われていますが、ちなみに、PDというのは、測定して出た数値から、0.5減らしても、焦点がぶれてしまうこともあるのでしょうか。

それと、優先眼というのは変わる事もあるのでしょうか。


正確に矯正するためには、乱視の度数は測定したそのまま入れるのが理想です。それによって歪みや滲みのない像が網膜に結ばれます。ところがそれではきつすぎると感じる人が多く、弱い度数を入れる場合がほとんどです。生まれてから何十年も乱視のある状態で見続けていますので、脳がそれを普通だと感じているのです。

頭蓋骨に目玉がはまっていて、その目玉がまっすぐ遠くを見ていたら、目玉の位置は一定なので瞳孔間距離は一定で、変わりようがありません。遠く用の眼鏡は、レンズの中心をそれにあわせて作成します。

ところが、その眼鏡で近くを見るとどうなるでしょう。目を寄せますので実際の瞳孔間距離は縮まり、さらに眼鏡の位置ではもっと縮まります。遠く用に比べ数ミリ小さいPDの眼鏡が必要になります。

通常の眼鏡をかけている方は、一つの眼鏡で遠くも近くも見ますので、見る距離によって実際の瞳孔間距離が変わり、中心間距離の固定した眼鏡とのアンバランスが常に生じているのです。レンズのプリズム作用も生じます。それでも何とも無いのです。ですから0.5ミリの過不足ぐらいでは普通は何の問題も起こりません。眼科を受診せずに眼鏡を作成し、5ミリ程度PDのずれた眼鏡をかけている人もざらに居ます。当院でも0.5ミリ単位の処方箋は書きません。

もしPDの0.5ミリの違いを感じることが出来るとしたら、「並外れた鋭敏な感覚を持っている」か、または「暗示にかかりやすく思い込みが激しい」かのどちらかでしょう。光の滲みが軽減したのは、PD変更とは無関係でしょう。材質とかコーティングに違いは無いでしょうか。

「眼鏡を作製する上で、勿論、度数も重要ですが、PDはもっと重要である」とは専門家は誰も言いません。「眼鏡を作製する上で、勿論、度数も重要だが、PDも重要である。状況によっては重要度は逆転することがあるかもしれない」程度に考えてください。

「0.5減らしても、焦点がぶれてしまうこと」はありません。眼鏡のレンズは中心だけが鮮明で中心を少しでも外れると焦点がぶれているでしょうか。大昔のレンズじゃあるまいし、最近のレンズはかなり端の方まで鮮明です。

「優先眼」という言葉は初めて聞いたので検索しました。「優位眼」「利き目」とは違うようですね。その言葉を使っている方はお一人だけのようですし、メールアドレスもあるようですので、そちらで御相談ください。当方は関知しません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-12-22 15:28 | 視力・斜視

大きくみえたり小さくみえたり


こんにちは。小学生の子供なのですが、先月から時々ものが大きくみえたり小さくみえたりするといいます。

眼科医にかかりましたが、斜視の簡単な検査(ライトを追う)と視力検査(1.0程度で数個だけ)、および機器で少し眼をチェックしただけで特に問題ないといわれました。また、この年齢の子供にはよくあることだともいわれました。

一ヶ月ほど観察してわかったことは、眠いときや激しい運動をしたあとに起こるようです。その他の神経的な症状は全くありません。このままほうっておいていいものでしょうか。


稀にそのようなことを訴えるお子さんがあります。おそらく精神的なものですので、特に心配は要らないと思います。放置するのではなく、異状がないか見守るということです。何か変化があれば再診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-12-19 08:48 | 何かが見える

眼鏡で滲みや緑の光


眼鏡を作製する上で、まず、テストレンズで度数を選択しますが、テストレンズを掛けた際には、光の滲み等なくすっきりと見えますが、実際に加工されたレンズを掛けますと滲みや緑などの光が見えるのは何故なのでしょうか。

一点をじっと見続けても、ぶれない度数設定する事は可能なのでしょうか。


眼鏡処方の段階では見え方に問題なかったのに、作成された眼鏡に問題があるということですね。「緑」はコーティングによるものと思いますが、滲みはよくわかりません。眼鏡を作成した眼鏡店に聞いてください。

「一点をじっと見続けても、ぶれない度数設定」って、普通はそういうふうに処方するのですが。

追加;テストレンズは低屈折率のレンズですが、購入したメガネレンズは高屈折率の薄型レンズではないでしょうか。高屈折率レンズは色収差が現れます。滲みは恐らくそれでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-12-17 18:22 | コンタクト・めがね

スーパーライザーの効果について


3年前より片目が中心性漿液性脈絡網膜症とのことで、ふくらみが中心に近すぎるためレーザー凝固は無理(危険が高い)とのことで、神戸医大にて拡散レーザー治療も勧められましたが、成功率は50~70%と聞いており、本日まですごしております。

内服治療(カルナクリン)を受けております。初期は6ヶ月ぐらいで少し良くなったのですが、ここ2年通院を繰り返し薬を飲み続けており、いつまで飲み続けるのか?治るのか?が心配になっております。

本日ひょんな事から星状神経節照射療法という治療があることを知り、近いところで治療ができないものかと調べて、ここに至りました。河野先生のところで治療は可能でしょうか?ご多忙の中、恐縮ですが何卒ご教授願います。


スーパーライザーですね。可能ですよ。当院に通院中の方だけに無料でやっております。

ただし、現在の治療に替わるような効果はありません。あくまで「補助」です。「治療」ではありません。大きな効果を期待して、あるいは現在の治療を中断して受けたいのであれば、残念ながらお断りするしかありません。「だめでもともと」と考えられるようでないと無理です。効果については一切保証しません。

眼科の様々な疾患に「効果がある」と「言われて」います。しかし、信頼できる学会での報告や、信頼できる学術誌での論文の発表はありません。確実で検証可能な効果が認められるなら、必ず論文か学会報告がある筈なのです。唯一、一人の眼科医によって一般向けの健康雑誌に緑内障への治療効果について書かれているのみです。

当院でも、眼精疲労、アレルギー、偏頭痛、ドライアイ等に対しては効果があるように感じていますが、それ以外については良く分かりません。それなりの効果があるのでしょうが、客観的な事実が伴わないのです。ですから患者さんからお申し出があった場合のみ、このようなことを説明した上でやっております。

「成功率は50~70%」というような方法があるのに受けないのですか。スーパーライザーよりずっと確実じゃないですか。主治医とよく相談されることをお勧めします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-12-14 07:55 | スーパーライザー

日本と海外で緑内障治療


10年前から乳頭陥没・要経過観察でしたが、2年前から左右共に視野欠損が認められ、点眼治療を始めました。正常眼圧緑内障、開放隅角、とのことです。

1)現在○○在住です。当地での眼圧の平均値はいつも12前後ですが、ここ数日、眼が重く、時として痛みもあり、当地の眼科を受診したところ、両眼とも16とのことでした。時々14前後まで上がることはあっても16になったことは今までにありませんでした。いつも12前後の眼圧が16に上がった時、患者本人には自覚症状があるのでしょうか。近視が強くいつも眼精疲労があるため、今回と似たような症状はよくあります。このような症状が出るたびに眼科を受診するべきでしょうか。

2)開放隅角と言われたと書きましたが、開放隅角かどうかを検査するのには、特別な検査があるのでしょうか。特別な検査をしたかどうかは、覚えている限りではないのですが。

3)○○の眼科と日本の眼科と両方通っています。日本の先生からは、緑内障に関しては、核となる治療の場所を決めるようにとのアドバイスを受け、現在は日本の先生の治療に沿っていますが、今回のように、急に症状が出たときは、どうしても当地の先生にうかがうことになります。当地での眼圧は、2年前こそ12前後でしたが、少しづつ上がっているようで、今度の一件の前には14近くになったこともありました。以前から度々、点眼薬を変えるよう言われています。

○○と日本では、なぜか眼圧の平均値が違い、○○では平均12前後ですが、日本では平均14前後です。日本の先生に伺っても、日本では平均14前後なので、変える必要はないとのことです。お2人の先生から別の治療方針をうかがうことはとてもストレスになります。

そこでお伺いしたいのは、あと10年間は○○で治療をすることにし、帰国後、日本の病院に変えることに何かデメリットあるでしょうか。使用する点眼薬も違うとおもうので、10年後に日本へ帰国したときに、日本での治療方針が立ち難いという事はないですか?又、日本の先生は、他病院での治療の経過をあまり参照にされないと伺ったことがありますが、10年後に進行しているであろう状態の緑内障で帰国して、スムースに治療が続くと思われますか。それとも、10年後の日本帰国を視野に入れ、今見ていただいている日本の先生の治療を優先するべきでしょうか。


1.「眼が重く、時として痛み」のある状態は何故起こったか説明はありましたか。どんな治療をしたのでしょうか。眼圧が上がったからだと言われたのでしょうか。眼精疲労とかドライアイではないのでしょうか。「症状が出るたびに眼科を受診するべき」かどうかは、こういう情報が無ければ判断できません。普通、眼圧が少々上がっても自覚症状は出ませんし、正常眼圧緑内障では眼圧が急に上がったり痛くなったりすることは無いと考えてください。

2.特別な検査無しでも開放隅角ということは分かります。詳しく調べる方法もありますが不要でしょう。

3.眼圧の数値は、厳密には、同じ眼科医が同じ眼圧計で測定しない限り比較できないと考えてください。

緑内障では、絶対大丈夫という眼圧はありません。おそらく大丈夫だろうと考えられる数値を目標に点眼薬を使い眼圧を下げます。もしそれで進行が見られたらさらに低い眼圧を目指します。眼圧が下がらなかったら点眼を変更します。こういうことの繰り返しです。それがちゃんとできる眼科なら何処でも同じではないでしょうか。日本の眼科に定期的に通院できるのであれば、それを優先させれば良いと思いますが、わざわざそれだけのために帰国するのなら、海外でも良いと思います。

2つの眼科の治療方針に大きな違いはありません。一方は眼圧に変化が無いから点眼を変える必要が無い。もう一方は上昇しているから変更すべき。お互いに自分以外を信用していないだけですが、責任ある医師としては当然のことでしょう。ところで眼科同士で診療情報のやり取りはしていないのでしょうか。それがなされていれば、不一致は解消されると思うのですが、言葉の壁があるのでしょうか。

もし、事情があって帰国できなくなり10年間海外で治療を続けたとしても、帰国後の治療に問題はありません。例え悪化していても方法はありますし、点眼の変更をすることも制限はありません。日本への紹介状が無くても最善の治療は出来ます。

最後に現実的な提案です。○○で診察を受けるとき、「緑内障の点眼の変更はするなと強く指示されている」と言うだけで済むように思います。ついでに「指示を守れないなら帰国したとき再診するなと言われた」と追加してもいいでしょう。○○の眼科医も、緑内障に対して責任を持つ必要が無くなり、気が楽になります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-12-12 18:16 | 緑内障

一瞬見えるオレンジ色の光(?)


7月に左目の違和感を感じ、近くの眼科でドライアイと言われ点眼薬をもらいました。家でパソコンを2、3時間見ていると肩こりや首が気持ち悪くなることも良くあります。違和感は痙攣とかではなく、何とも言えない感じでした。最近は違和感が無くなり目の症状を忘れるようになりました。

一週間前から左目の隅にオレンジ色の光のような(黒いような時も)残像?みたいな物が一瞬見えてすぐ消えます。何をしている時にというか、食事中や運転中などに、一日に数回あります。これも光視症でしょうか?このコーナーでは光視症の相談もありましたのでご相談させて頂きました。よろしくお願いいたします。


ドライアイの点眼がよく効いたようですね。

オレンジ色のものはおそらく、目を動かしたときに網膜の一部が引っ張られて光る「光視症」の一種でしょう。あるいは色は違いますが、5つ前の「盲点の右下に緑色の何かが・・・」と同じかもしれませんね。気になるようなら眼科を再診してください。

11月16日の「一瞬見えるシミ
2011年7月の「黒いシミ
もご覧ください。同じ物かもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-12-11 14:50 | 何かが見える

光視症 左目と右目


左目に光視症を
・7月5日に発症
・7月17日に再発
・10月30日に病院に行って大丈夫だから半年後に来てくださいと言われました。

12月7日に右目に光視症がでました。目の端にうっすら上から下にです。これは光視症?と右目に感じたのは、1ヶ月以内に1回あったかな?という感じです。右目に光視症とはっきり確認できたのは、部屋が暗かったのでわかりました。

そこで、質問させてください。
1,約5ヶ月が経ちます。もう左目の光視症は安心しても大丈夫でしょうか? 100%穴はさすがにあかないとか
   
2,極端な話、数ヶ月や数年経ってから穴があくって事はあるのでしょうか?

3,右目に光視症がでたら両方の目で脳が原因でしょうか?病院に行くべきでしょうか?


1.100%安心であれば半年後の受診は指示しません。心配であれば半年も放置しません。その中間ということでしょう。診てないのでわかりませんが。

2.もちろん可能性はあるでしょう。診察した医師にしか、否、診察した医師でも分からないでしょう。

3.両眼で同じ物が見える場合は脳でしょうが、これは別々です。眼科受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-12-10 15:37 | 何かが見える