excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

現在異常無しなら年に1回で良いか


人間ドックにて「軽度の眼底出血あり念の為眼科へ」と言われたので行った所、屈折検査 角膜曲率半径計測 矯正視力検査 調節検査 細隙燈顕微鏡検査 精密眼底検査 スリットM後生体染色再検査 眼底3次元画像解析までして「異常無し」と言われたのに、血縁者で母が緑内障だと話したら「あなたの場合何も思い当たる要因がないのに 眼底出血はおかしい 半年に1回は検査に来るように」と言われました。

眼底出血の症状も無いし 異常無しなのに 年に1回の検診では駄目なんでしょうか?一般的に言われている緑内障にかかる要因の中で私に当てはまる項目は 血縁者の遺伝のみです。視力は裸眼で1.5と1.2です。検診以外で眼科でお世話になった事はありません。宜しくお願いします。


「一般的に言われている緑内障にかかる要因」とは何でしょう。 思いつくのは血縁者に緑内障の方がいることだけです。それ以外にあるとしても、「血縁者の遺伝」より重要な物はありません。また、緑内障の初期には何の自覚症状も出ませんので、視力が良いことは緑内障を否定する材料にはなりません。視力が1.5でも末期の緑内障ということもあります。

「軽度の眼底出血」は視神経乳頭にあったのでしょうか。それならば正常眼圧緑内障が疑わしいです。視神経が死んで神経線維が減少すると、視神経乳頭の縁に小さな出血を起こすことがあります。何ヶ月かに1回程度それを繰り返しながら、緑内障は進行していきます。眼科受診したときにはそれが消えており、その他の検査も含めて「異常なし」だったのですね。「異常なし」といっても「現在は正常範囲にある」という意味しかなく、ドックの時点で出血があったことを考えると、他の病気の可能性も否定できませんし、半年から1年後に再検査するというのが普通ではないでしょうか。さらに緑内障の遺伝が考えられるなら、再診は3ヶ月から半年後と考えますがいかがでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-11-30 16:03 | 緑内障

両眼で見た時のおかしな見え方


視野が回復したのに目が回る」と、ご相談させて頂いた者です。片目をつむった時に、どちらかの景色が傾いて見えませんか?とのことでしたが、それはありませんでした。

どちらかというと、両目で見た時に、おかしな(歪んでいるような?)見え方がします。光が真っすぐ目に届いていない感じがするのですが、そういうことは、有り得るのでしょうか?


眼球に問題がないとすると脳でしょうか。脳の疾患あるいは手術によって一時的にせよ半盲状態になっていますので、脳の機能がまだ十分に回復していないのではないでしょうか。

両眼で見る時の脳の働きは、片目に比べてものすごく複雑なのです。(説明を書きかけたのですが、長大で複雑で理解不能になりましたので割愛します) その一部でも障害された場合、見え方がおかしく感じることは容易に想像できます。主治医と相談しながら徐々に回復するのを待つしかないように思います。


両目で見る時の脳の働きは、とても複雑なのですね…私は単純に、欠けていた視野が戻ったら、手術前と同じように見えると思っていました。

と、いうことは半盲から視野が回復したといっても、見え方が変わることは、あり得ることなのでしょうか?視野とは別の問題になるのですか?


自覚的には視野異常だけだったが、実際はそれ以外の異常も起こっていたのではないでしょうか。視野が元に戻ったために、それ以外の異常による症状が自覚できるようになったのでしょうね。そしてその回復が長引いていると考えてはどうですか。

どういう異常かということは、診察した眼科医、脳外科医が分からないのですから、当方では分かりません。強いて言えばやはり、自覚的には感じられなくても、どちらかの目が僅かに回転(傾斜)していることによる違和感ではないかと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-11-30 15:55 | その他の疾患

パソコン作業で重要なこと


パソコンを長時間使うようになってから光視症がでたり飛蚊症がすこし悪化した感じなのですが、LEDとか液晶画面からのブルーライトというのは害を及ぼすのでしょうか?

例えば40~50%低減させるパソコン用メガネなどは医学的には効果は立証されてるのでしょうか?


ブルーライトによって眼精疲労を起こしたり、生体リズムが影響を受けたりすることは、近年明らかになってきています。パソコン用メガネもそれなりの効果があるはずです。検索すれば山ほど情報は出てきます。ただし、マスコミに露出することの多い眼科医の言うことは、どこかでお金が動いていると勘ぐった方が良いかもしれません。

パソコンと光視症や飛蚊症とは無関係です。疲れるとその症状は悪化するでしょうが、パソコンやブルーライトで目の中の状態は変化しません。

パソコンで一番の問題はドライアイです。パソコン作業をしている人を観察してみてください。長時間瞬きせずにモニターを見ていませんか。瞬きをしないと黒目の表面が乾燥し角膜の細胞が脱落して行き、傷になります。また、白目の表面が乾くことで、白目を覆っている結膜から分泌されるムチンが減少し、角膜が乾燥しやすくなります。さらに、涙の分泌も減少しドライアイに拍車をかけます。少なくとも10秒に一回は瞬きをしましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-11-28 17:19 | 角膜・結膜

盲点の右下に緑色の何かが・・・


強度近視で(右-11.0・左-7.00)、今年の1月に右目視野に少しの欠損を感じ検査を受けた結果、近視性の網脈絡膜萎縮による盲点の拡大で特別心配はいらないという診断を受けました。

その後は盲点もあまり気にならず過ごしていたのですが、ここ1週間ほど、屋外や明るい屋内から暗い部屋の中に入り白っぽい壁などを見ると、盲点に接してそのすぐ右下あたりに緑色の楕円形のもの(残像?)が見えるようになりました。それは視点を合わせると消えてしまうのですが、視線をまた瞬間的にちがうところに移すとまた見えるといった感じです。明るいところから場所を移したとき以外、普段の生活の中ではこの緑色のものを感じることはありません。

お忙しいところ申し訳ございませんが、どのような原因が考えられますでしょうか?よろしくお願いいたします。


6つ前の「一瞬見えるシミ
2011年7月の「黒いシミ
をご覧ください。おそらく同じ物だと思います。

ただし緑色ということが少し気になります。目を動かしたときに網膜の一部が引っ張られて光る「光視症」の一種かもしれません。気になるようなら眼科を再診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-11-26 17:06 | 何かが見える

白内障・緑内障・加齢黄斑変性などが心配


右目にものもらいができたので、眼科に行こうと思っています。眼科には、子供の時以来30年以上行っていません。

40代という年齢もあり、折角行くのだから、白内障・緑内障・加齢黄斑変性などの検査もしていただこうと考えています。初診であれば基本的な検査は行うと思いますが、それで上記の病気の有無が判るのでしょうか?それとも、保険外の精密検査をしなければ判らないのでしょうか?

初歩的な質問で恐縮ですが、よろしくお願い致します。


特に何も言わなくても、基本的な検査だけで白内障・緑内障・加齢黄斑変性などを見つけることが出来ます。もちろん保険診療です。

ただし、白内障・緑内障・加齢黄斑変性などが有るか無いか、スパッと割り切れる物ではありません。どれも徐々に変化を起こしていく病気ですので、正常範囲ではあるが病気に近づいているような場合に、「異常ありません」で済ます眼科もあれば、詳しく説明する眼科もあるでしょう。ですから、気になることがあれば、初めに全部言っておきましょう。

ものもらいの説明や処置が終わり、帰る段階になって初めて「白内障・緑内障・加齢黄斑変性などは無いでしょうか」という質問をしたら、忙しい時は「ありません」の一言かもしれませんし、もう一度逆戻りして別の検査をする必要があるかもしれません。その検査のために、待合室でさらに待ち続ける必要があるかもしれません。

ただし「何も異常は無いのですが、白内障・緑内障・加齢黄斑変性などが無いか調べてほしい」ということで受診したら、「健康診断では保険診療を受けられない」という決まりがありますので、自費扱いになり1万円程度の支払いになるかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-11-26 09:05 | 重要な事

赤、緑、青で三等分された円形の残像


つい最近なり始めたのですが、自分の目の前を赤、緑、青で三等分された円形の残像のようなものがチカチカしながら30秒位消えないということが出始めました。今までそんなことなかったのですが、本当に急です。

調べて「閃輝暗点」かと思ったのですが、よくわからずメールしました。また、そうであった場合、体への影響はどのようなものでしょうか??教えてください。

ちなみに、数年前にてんかんを発病して、今も薬を飲んでいますが、安定はしています。


閃輝暗点は片頭痛の一部として起こりますし、「赤、緑、青で三等分された円形の残像」というのも聞いたことがありません。また30秒は短すぎます。閃輝暗点が発症するのと同じことが起こっている可能性もありますが、一般的な閃輝暗点ではありません。

抗てんかん薬のなかには、副作用に「幻覚」を起こす物があります。主治医と相談して内服を変更してもらって様子を見られたらどうでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-11-24 11:37 | 何かが見える

乱視と感じるような症状


強度近視のため、普段より2カ月に一度の頻度で、眼底検査を受けています。今年の1月ごろに受けた眼底検査の翌日、なんか右目が見にくいなあ、と思いましたが、眼底検査の目薬は、数日その効果が続く場合もあるということで、そのままにしており、その後も2カ月ごとに検査を受けておりました。

しかしながら、右目の様子が一向に変化なく、8月ごろに、いつもの眼科の先生に「1月の検査以降、乱視のような物が二重に見える症状が治まりません。」と話したところ、「薬が効きすぎたかな」とおっしゃられ、いつもの眼底検査に加えて、眼球に直接検査用のレンズをくっつけて中を見る検査もおこなってもらいました。結果は、「しばらく様子をみましょう、特段の変化は見られないので」とのことでした。さらに聞きましたが、「まあ、これは言ってもしょうがないんだけど、やっぱり近視が強いからね。」とのことでした。

また、いつもメガネを作っているところでも、この乱視の症状が出た後で訪れたところ「近視の度数は変わっていないですね。乱視の度をいれてもあまり変化ないということは、ちょっと矯正しにくいのか?」ということでした。

もともと右目は左に比べて乱視が強く、それでも今まではメガネでほとんど矯正できていたのです・・・、かなりつらく、乱視が矯正されている左目で主にみているような感じです。見え方は、本来の画像に、水平方向にずれて薄い画僧が見える、倒乱視的な感じです。遠くも近くも二重に見えます。

質問ですが、「乱視はほおっておくと、この年齢からでも斜視になるのか?」、「メガネ等できちんと矯正しないと、さらにひどくなるのか?」、「乱視の原因には、角膜や水晶体の他にも網膜の新たな疾患等でも症状がでてくるのか?」といったことです。


前提が間違っています。「乱視」でなく「乱視と感じるような症状」です。

>「乱視はほおっておくと、この年齢からでも斜視になるのか?」
なりません。斜視は眼球を動かす筋肉の問題で、乱視とも今回の症状とも無関係です。

>「メガネ等できちんと矯正しないと、さらにひどくなるのか?」
メガネは無関係です。メガネには病気を進行させたり、眼球を変形させるような作用はありません。

>「乱視の原因には、角膜や水晶体の他にも網膜の新たな疾患等でも症状がでてくるのか?」
乱視様の症状なら網膜の疾患でも起こるかもしれませんが、ちゃんと検査を受けていますのでおそらく無関係でしょう。

「乱視」にとらわれていては答は出ません。「薬が効きすぎたかな」という眼科医の言葉からすると、瞳孔がやや大きくなっているのではないでしょうか。その場合、水晶体の歪みとか濁りの影響が現れます。

人間の水晶体はカメラに例えればレンズに当たります。しかし、それほど精度の高い物ではないために、水晶体の中心付近を通った光は正しい像を結ぶのに、周辺部を通った光は歪んだり滲んだりします。精密に作られた光学レンズでも、何枚も組み合わせなければ歪みや滲みを完全に取り除くことは出来ません。これを収差といいます。

水晶体は発生のメカニズムから3つ或いは6つに分かれており、光点を見ると「*」のような光芒が見えます。また、加齢に伴って部分的に硬くなってきて、屈折率も変わってきます。屈折率の違う部分を通った光は網膜上にずれて投影され、二重に見えることになります。また、水晶体の濁りである白内障も周辺から発生してきます。

瞳孔が小さいと水晶体の「おいしい」ところだけを光が通りますので、鮮明な像を見ることが出来ます。ところが、瞳孔が大きい状態では水晶体周辺部を光が通るため、収差や屈折率の影響を受け、乱視様の見え方が起こっても不思議ではありません。もちろん、白内障が進んでくると小さい瞳孔でも症状は出ます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-11-24 09:42 | 視力・斜視

乱視矯正で二重に見える


強度乱視のメガネを掛けて複視になる事もあるのでしょうか。

今使用中のメガネの度数は、①右S-4.00C-0.75AX180左S-4.00C-0.75AX180PD57です。ちなみに3ヶ月前に度数を変更し、その時の度数は、②右S-4.25C-0.25AX180左S-4.25C-0.25AX180PD57でした。正直、この時の度数では、遠くが見づらくなり、度数を①に変更しました。

眼鏡屋さんの話では乱視度数を上げた方が将来的にも良いという事でしたが、ただ、乱視を上げた直後は、くっきり見えて調度良かったのですが、乱視を強くした事で、軽い歪みを常に感じているようで、かえって見づらく、見るもの全てが二重に見え、光も反射しています。

実は、以前、乱視を右だけに入れていましたが、それではバランスが悪いという事で両方に入れるようにし、今は両方に入れる事に違和感はありません。が、しかしながら、片方ずつでは0.75でも、両方合わせますと1.50で、どうもきついみたいです。

以前、両方に乱視、近視を入れて違和感のない度数をテストレンズで確認しました所、右S-4.25C-0.50AX180左S-4.25C-0.50AX180の度数でした。私の場合、乱視を強くすれば、ぼやけて見づらくなり、その分、近視は更に強い度数を求めてしまうように思います。

乱視は、何処まで入れれば良いのでしょうか。残乱視がある場合、まだ乱視度数が足りないのでしょうか。複視を直すためには、どうすれば良いのでしょうか。


>強度乱視のメガネを掛けて複視になる事もあるのでしょうか。
乱視度数、軸の角度、瞳孔間距離などの条件が揃えばあり得ます。しかし、その目、その眼鏡は強度乱視ではありませんし、その症状は複視ではありません。鉛筆が2本に見えるなら複視ですが、輪郭が二重に見えるならそうではありません。

①右S-4.00C-0.75AX180左S-4.00C-0.75AX180PD57では二重に見え、
②右S-4.25C-0.25AX180左S-4.25C-0.25AX180PD57では遠くが見難い。
※右S-4.25C-0.50AX180左S-4.25C-0.50AX180ならば違和感が無い。
だったら答は出ているんじゃないですか。悩む必要はないと思いますが。

>眼鏡屋さんの話では乱視度数を上げた方が将来的にも良い
幼児の眼鏡ではありませんので、何の根拠もありません。

>片方ずつでは0.75でも、両方合わせますと1.50で、どうもきついみたい
そんな計算はしません。

眼鏡店で合わせた眼鏡を確認すると、乱視がきつく入っている事が多い印象です。オートレフのデータそのものを入れてしまっているのではないかと疑っています。害は無いのですがそれではきついと感じる方が多いようです。

眼鏡を処方するときに、完全矯正にこだわる人、緩い度数にこだわる人、「視力○○にする」にこだわる人などがありますが、そんな事はどうでもいいのです。よく見えて快適であればそれでいいのです。よく見える度数と快適な度数が違う場合、どこで妥協するかは人それぞれです。決まった法則はありません。

それともう一つ、度数の合っていない快適でない眼鏡をかけていると、何か病気になったり眼球に変化が起こると思っていませんか。頭痛や気分不良は起こるかもしれませんが、それだけのことです。気楽に考えてください。考え方を変えるだけで見え方まで変わってくるかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-11-20 07:58 | 視力・斜視

回復したのに目が回る


脳手術後に、両目とも左側が見えなくなっていました。人の顔も、鏡に写る自分の顔も半分しか見えず…今は、視野は正常範囲に戻っているとの事なのですが、何を見ても、手術前と見え方が違い、目が回ってきます。

最近、気づいたのですが、鏡と真っすぐに視線が合わず、両目を同時に見れないで、片目ずつを交互にしか見れません。自分の視線なのに、変じゃないでしょうか??

斜視検査も受けたのですが、心配する程では、ないそうで…脳外科の先生も、よく分からないとの事で落ち込んでしまいます。何か、考えられる症状はありませんでしょうか?


「鏡と真っすぐに視線が合わず、両目を同時に見れない」のは普通です。誰でも片目ずつしか見ることは出来ません。訓練すれば「右目で右目を、左目で左目を」または「右目で左目を、左目で右目を」見ることは出来ますが、そのときの自分の顔は一つ目小僧、または三つ目になってしまいます。

斜視検査で異常なく、目が回るということは、視線はまっすぐ向いているのに僅かに回転(傾斜)しているのではないでしょうか。目を動かす筋肉は、上下左右に動かす4本と、回転させる2本があります。その2本の筋肉を動かす神経に問題が起こっているのかもしれません。片目ずつ見たときに一方の目の見え方が傾いていませんか。左右に首を傾けると、めまいはどうなりますか。

具体的な症状があるようでしたら、再診時に医師に伝えてください。「見えにくい」とか「目が回る」だけでは、必要な検査を受けられないかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-11-16 15:18 | その他の疾患

一瞬見えるシミ


2011-07-12 の黒いシミが見える の相談の方と似ています。強度近視で両目とも後部硝子体剥離しています。左目はまだ部分的な剥離で進行中みたいにいわれています。1円玉大の黒いシミのようなものは左目だけ見えます。半年前から気づいていましたが,以前より顕著になったと思います。いわゆる飛蚊とは様子が違うので心配になります。

目を動かさないときはまったくそれは見えません。ゆっくりめに動かしているときも見えません。日常で左右に高速に目を動かすようなときシュッと一瞬見えてすぐ消えます。軽く早く動かしたときはうすめにみえます。

白いものをがバックのほうが顕著で気づきやすいす。ただ,うす暗い部屋でも同じように見えます。真っ暗だとさすがに見えません。大学病院で眼底検査,OCT,様々な検査をしてくれたようですが,網膜には全く異常がないみたいです。

症状に気づくちょっと前にレーザーポインターが目に入ったことがあったので,その影響かな・・とか心配したりしています。検査上網膜に傷が残っていなくても,実は網膜とか神経に異常が生じて,そういった症状を引き起こすようなことは考えられますでしょうか?やっぱり,飛蚊の一種と考えるほうが正しいでしょうか?


よく見つけられましたね。まさにそれです。レーザーポインターは無関係で、飛蚊の一種です。

誰の目にも視神経乳頭があり、そこには神経細胞が無く全く何も見えない盲点になっているのですが、普通はそれを自覚できません。時々出現するシミは普段は盲点に隠れており見えませんが、目を動かしたときだけ一瞬、盲点の横から顔を出し見えるようになるのです。盲点自体にシミが「見える」ことはありません。

シミの原因となる濁りは、水晶体と視神経乳頭を結んだ直線上に存在するはずです。速い動きからして、視神経乳頭にごく近いところにある、硝子体管の根元の部分か、軽度に剥離した後部硝子体膜の一部ではないでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-11-16 11:37 | 何かが見える