excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ダンボールで怪我


ダンボールで作った剣が眼に掠った?当たって今少し腫れてる感じです。
眼帯とかした方がいいんでしょうか?


ダンボールは不潔です。角膜に傷が出来て、感染を起こしているかもしれませんので、眼科受診してください。もし小学生未満であれば、眼帯は弱視の元ですのでしないように。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-09-28 12:15 | 外傷

虹視症と緑内障(つづき)


先日、虹視症と緑内障について相談をさせて頂き、Q&Aブログでのお答えを見させて頂きました。ありがとうございました。その件で、もう少しお聞きしたいことがあるのですが宜しくお願いいたします。

現在の眼科でよく診てもらうようにとのことでしたが、以前、診察してもらった眼科では気にしすぎではないかと言われ、「なぜ街灯の回りに虹が見えるのですか?」と聞いたところ解らないとのことでした。また、「虹が見えても気にしなくてよいですか?」という問いには気にしなくてよいとのこで、次回、健康診断で眼科の受診を受けるようにあったら来ればよいとのことでした。

現在の眼科では8月の上旬に飛蚊症が多くなったのと目が乾く感じがしたので精密眼圧測定査、細隙燈顕微鏡検査(前眼部及び後頭部)生体染色検査、涙液分泌機能検査(シルメル法)精密眼底検査をしていただきました。

また9月の上旬には街灯の回りに虹が見えた為、受診をして眼底三次元画像解析、精密眼圧測定、細隙燈顕微鏡検査(前眼部)、精密眼底検査をしていただきました。

現在行っている眼科でも検査は十分にやっていただいてあるとは思うのですが、街灯や電気の回りに虹が見える症状がどうしても気になり不安です。検査前に見ていた虹よりも現在毎日見ている虹の方が光沢があり正面から見えることもあれば、正面から見ると見えないのに目の端に写ることもあったり、上目使いにすると見える時もあり、虹の見え方が違ってきているように感じることも重ねて不安となっています。

この症状を放置しておくと危険でしょうか?原因をはっきりさせておかなければ目に何らかの支障がでてきますか?再度、眼科を受診する場合は現在の眼科でも大丈夫でしょうか? 同じ眼科の先生に失礼な質問をしていたら申し訳ありませんがアドバイスを頂戴したと思います。宜しくお願い致します。


今回のことで2軒の眼科で診て貰ったのですね。その結果両方とも大丈夫と言われているんですね。少なくともその時点では大丈夫だったんじゃないでしょうか。

症状が変わってきたのなら、再診するための理由としては十分ですので、遠慮なく受診してください。新たな発見があるかもしれません。放置して大丈夫かどうか、支障が出てくるかどうかは、診察を受けてからそこで質問しましょう。当方からのアドバイスは以上です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-09-25 15:17 | 何かが見える

片目が動いていない?


私は人より努力しないと記憶できません。集中力もありません。長文など読んでいると字がぼやけてきます。

最近気づいたのですが私は左目が動いていないようです。写真など見ると右目だけ動いていたり、勉強中は右の鼻が見えます。これは記憶の悪さや集中力との関係はありますか?左目の視力は悪くないですが右目の方がかなり良いです。


もし幼児期から片目が動いていないとすると、その眼は弱視になっているはずです。「視力は悪くない」どころではないはずです。

片目の情報量は、両眼で見るときの3分の1だと考えてください。記憶力や集中力とも大いに関係しています。是非眼科受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-09-24 11:37 | 視力・斜視

虹視症と緑内障


虹視症について教えて下さい。会社の健康診断で視神経乳頭異常の指摘を毎年うけます。その度に眼科で視野検査をしてもらいますが異常なしです。今年は6月に受けました。

しかし、その時は症状として無かったのですが、8月の上旬から街灯の回りに虹の輪が見えるようになり、1ヵ月くらいの間に5回見ました。おかしいと思い、9月10日に眼科を受診しました。視野検査は前回からまだ日が経っていなかったのでしませんでしたが、眼圧検査と緑内障の検査の為の写真をとりました。その結果、緑内障の所見は無いとの診断でした。

安心していたのですが、その翌日から家の近所の街灯に毎日虹の輪を見るようになりました。同じ場所に立つと見えない時もあるのですが時間をおいてから見てみると虹がみえたり、色がかすかにしかわからない場合もあればはっきりと見える場合もあります。

長くなって申し訳ありませんが以下の点について教えて下さい。
1、病気でもないのに虹が見えることはありますか? もし、あるのならその場合は放っておいても大丈夫ですか?
2、意識して街灯を見ているとはいえ、毎日、虹が見えるのは異常なように感じます。眼科を受診してから日が浅いですが緑内障になることはありますか?
3、セカンドオピニオンを受けたほうがよいでしょうか?
4、私のような症状が出ている場合は緑内障になる確率は高いのでしょうか?


虹とは、太陽の光が空気中に浮かんでいる小さな水滴の中で屈折、反射し、7色に分解されて見えるものです。空気中に何も無ければ虹は見えません。同様に、虹視症が起こるのは、光が網膜に達するまでに何らかの影響で、異常な屈折、回折、乱反射などを受けたと考えられます。

一番有名な虹視症の原因は緑内障です。

急性の緑内障の場合、急激な眼圧の上昇によって、角膜の水分コントロールが出来なくなって、角膜が浮腫を起こし白くふやけてきます。その状態の角膜を通して光と見ると虹視症と言える見え方になります。この場合、眼痛や頭痛や嘔吐が起こり、放置すると失明してしまいますのでご相談の件とは全く違います。

慢性の緑内障の場合、角膜が浮腫を起こすほど眼圧が上がっている場合、視神経にも相当の変化が起こっているはずですので、これもまるで違います。

緑内障に近い病気にポスナーシュロスマン症候群というものがあります。時々眼圧が上昇し虹視症を起こすこともあるのですが、短期間の治療で眼圧は正常に戻り視神経にも変化を起こさないものです。周期は数ヶ月から数年で、一ヶ月に5回も起こることはありません。

要するに緑内障関連の症状ではないということです。白内障やドライアイや結膜炎でも同様の症状が出ることがありますので、現在の眼科でよく診てもらってください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-09-24 11:14 | 緑内障

前房出血


9月9日、プラスチックのおもちゃが子供の目に当たり、3時間後に救急病院を受診。前房出血のため、眼底は見えないということでした。眼圧19でした。

9月10日近くの眼科を受診。出血はたまっている状態。眼底検査で網膜に異常なし。眼圧20。

9月11日受診。血はたまっているが、だんだん減っているとのこと。

9月12日受診。まだ血はあるが順調に減ってきている。眼圧16~17。目薬の回数を1回減らすよう言われる。

9月14日受診。ほぼ血は吸収されている。視力検査、両眼1.5。18日から学校にいっていいと言われています。

質問です。もちろん、今診ていただいている先生のことも信用していますが、心配なので、よろしくお願いいたします。

1度吸収されたら再出血はしないと考えていいのですか?
体育の授業はいつからいいですか?
この外傷の後遺症は残りますか?
軽く手が当たったりしてしまうと再出血の危険がありますか?
網膜があとからはがれてきたりすることはあるのですか?


再出血は稀ですが起こることがあります。今まで無かったのならおそらく大丈夫でしょう。

体育の授業の内容によりますが、主治医とご相談ください。

前房出血は隅角という部分が引きちぎられて起こります。それによって眼圧のコントロールが出来なくなり、眼圧が上がる、緑内障になる等の後遺症(?)が残る(?)ことも考えられます。

軽く当たっても大丈夫ですが、強く当たると危険です。どの程度が境目かは不明です。

主治医が何とも言ってないのであれば、網膜は関係ないと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-09-18 12:05 | 外傷

溶接の光を10メートルで


初めまして,お願いします。溶接の光を10メートルほど離れたところから15分ほど断続的に見ました。目に違和感はありませんが,大丈夫でしょうか。


現在、何とも無いなら大丈夫です。

光のエネルギーは距離の2乗に反比例します。10メートルなら、1メートルの距離で見た場合の100分の1しか影響を受けません。残像が残る程度のことはあるかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-09-12 18:32 | 外傷

強度近視の個人差


強度近視だと眼底に様々な影響が生じる可能性があり、視力障害を起こすこともあるとよくネットでも書いてありますが、そんなによくあることなのでしょうか?

個人差もあると聞きますが、度数-12Dでも危険でしょうか? 眼科では、今のところ視力が出る部分は非常に状態が良いと言われていますが、このままこの良い状態を保てるのでしょうか?また保つために何か気をつける点があったら教えていただけますか?


角膜の曲率半径、水晶体の位置と度数、眼球の奥行き(眼軸長)等によって眼の屈折度数が決まります。眼軸長が長ければ近視になるのですが、その眼の角膜曲率半径が大きければ近視にならなかったりします。

一方、近視による視力障害の代表的なものには、近視性網脈絡膜萎縮というものがあります。個人差は当然あるのですが、眼軸長が長い人ほど発生しやすい傾向があります。眼球が伸びることによって、網膜が引き伸ばされ薄くなり、網膜の循環が悪くなり傷んでくるのです。

-12Dという強さは、強度近視と言えるとは思いますが、「視力が出る部分は非常に状態が良い」ということからすると、角膜曲率半径がやや小さく、奥行きはさほど長くないのかもしれません。色んな要素が複雑に絡んできますので、一概には言えませんが。

確実に効果のある注意点は思いつきません。一般的に言えることですが、定期検査を受ける、異常を感じたらすぐ受診、打ったり擦ったり押えたりしない、紫外線を避ける・・ぐらいでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-09-04 16:33 | 視力・斜視