excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

エアガンによる充血と出血


エアガンの弾が目に当たり、
白い部分が充血し、
光彩部分に出血がみられる。
詳しい返答をお願いします。


詳しい状況がわかりませんので、詳しい返答は出来ないのですが・・

虹彩部分(と判断したのですが)に出血が見られるということから、かなりの勢いで当たり、前房出血が起こっているのでしょう。そのことから考えると、外から見えない部分にも、何らかの変化が起こっている可能性もありますので、眼科受診することをお勧めします。診察してみないと詳しいことはわかりません。

3つ前の記事も参考になるでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-07-17 16:54 | 外傷

打撲による飛蚊症と光視症


●出来事
7/1 眼球打撲
7/2 病院に行き、異常なしと判断されました。
7/5 突然、目に違和感を感じました。最初は、目を閉じると白いもの?が動く(左端から目の下に向かって)ような気がします。目の左上辺りに1、2回ぐらいあれ、空白?白い?みたいな感じです。
7/7 目を閉じると下から左端に向かって、何かが動く・目を開けると左上から左端まで動くがごくまれに起こるので、どうなんだろうという感じです。
今現在、光?的なのは2、3回感じました。
●質問
1,この何かが動くのは、目の充血した血管が目の黒い瞳の近くにあるので、それが原因かな?
2,・気にしすぎなのか?
  ・こういう事はよくある事なのか?
  ・左目に若干の充血があるので、光を敏感に感じすぎているのか?
  ・栄養が問題?
  ・ストレス?
  ・最近、睡眠不足なのが原因?
  ・パソコン。
  ・視力回復に向けての目のトレーニングかな?(ジニアスアイ)
3,光視症は治るんでしょうか?この現象は一時的なものでしょうか?一時的な場合もあるのでしょうか?単なる気にし過ぎとか?治るとしたら2、3週間で治る人もいるもんなんでしょうか?
4,何か重い障害に発展する可能はあるのでしょうか?
5,異常なしと診断されても心配なら(同じ先生)もう一回見てもらった方がいいですよね?今度、病院に行くとした場合に同じ病院がいいでしょうか?
6,総合病院で見てもらいましたが、やはり眼科という専門病院に行った方がいいのでしょうか?
7,私は少し眉頭から眉下までが少し腫れた程度で、今はほぼ完治しています。ボクシング選手などは、目が、前が見にくいくらい腫れてると思うんですが、あれで、何度も戦っている選手が沢山いると思いますが私のような光視症かわからないが目の問題はないのでしょうか?私で、あるならありそうな気がしますが…
8,“睡眠不足”や“などその他”と原因がネット検索であったので、その辺かな?とも思いました。
9,ごくまれに光のよう感じるこの病気は、お年寄りの病気とも聞きましたがどうでしょう?一概にいえないと思いますが、眉頭から眉下あたり程度でこのような問題に発展するのでしょうか?
10,左目がつっかえるような違和感を感じますが、これがひっかかって光を感じるようになってるのでしょうか?


質問が多すぎるので、考えているうちに遅くなってしまいました。

打撲によって後部硝子体剥離が起こり、硝子体膜あるいは硝子体中の濁りが動いて見えているのです。飛蚊症という症状です。さらに、まだ剥離していない硝子体が網膜を引っ張って刺激し、光を感じたと脳が判断します。そのうちきれいに硝子体が剥離すると、飛蚊症は増えるかもしれませんが、光視症はなくなります。1週間でそうなるかもしれませんが、1年かかるかもしれません。

網膜が内側から引っ張られていると、網膜に穴が空くことがあります。それを網膜裂孔といい、放置すると網膜剥離になる場合があります。ボクシングの選手と飛び込みの選手は、他の競技に比べて網膜剥離になる確率が高いといわれています。

「腫れ」とか「充血」とか「つっかえるような違和感」は、目の表面の出来事で、網膜とは無関係です。パソコンも睡眠不足もストレスもトレーニングも無関係です。

初診のときとは症状が違うのですから再診すべきです。再診するのは同じ眼科で良いと思いますが、聞きたいことを箇条書きにしておいて、忘れないように質問しましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-07-14 09:02 | 外傷

高度近視による網脈絡膜萎縮と黄斑変性


海外在住です。小学校2年で眼鏡をかけ始め、右目の視力がずっと極端に悪かったですが、40代までは難なく矯正されていました。ところが数年前から矯正が難しくなり始め、「もっと見えていいはずなのに見えていない」と言われ、病院で検査を受けたところ、「網脈絡膜萎縮」が原因だと診断されました。その後、ここ数年急激に右目の視力が衰え、全く矯正不能になってしまいました。視野テストの結果もどんどん悪くなっていますが、昨年からは視野テストの光点さえも見えなくなってしまったので、あれで本当に視野テストになっているのだろうかと思うくらいです。

2004年の検査では、緑内障は見られないとの診断でした。ですが、その後ここ6年ほどかかっている眼科では「近視性黄斑変性 と 正常眼圧緑内障の疑いがある」と言われ、「網脈絡膜萎縮」のことは忘れ去られてしまったようでそれも心配です。とにかく、左目に頼るしかなく、全体としての視力もどんどん落ちているので不安です。

ネットで調べたところ、「網脈絡膜萎縮」については日本語での説明は多いのに英語では余りありませんし、英文学術論文も日本人によるものが多いです。日本・アジア人に多い症状なのでしょうか。それを考えるとますます、アジア人の多い地域か、または日本で検査を受けた方がよいように思えます。ただ精密検査を受けた後も、地元で頻繁に検査を受けなければならないと思うのですが、地元には眼科医が少ないため、眼鏡医でも大丈夫か、という更なる心配もあります。

とにかくよく見えないので、車の運転も含め日常生活に支障がでてきていますし、このまま失明してしまうのでは、という不安が大きいです。治療法がないとは言え、高額な視野テストを繰り返して、視野が狭まっていますとただ言われるだけでは何ともやりきれません。

お忙しいところを誠に恐縮ですが、アドバイスを頂けましたら、誠に幸いに存じます。どうぞよろしくお願い致します。


お返事遅くなり申し訳ありませんでした。おそらく高度近視が原因の、網脈絡膜萎縮と黄斑変性が合併しているのでしょう。

網脈絡膜萎縮はその名の通り「萎縮」ですので、「傷んでいく」のみで治療方法もありません。ただし網膜脈絡膜の循環を良くするような内服を使うこともありますが、どの程度効果があるのか判りません。

黄斑変性は目の中心部の網膜の下の脈絡膜から、新生血管というものが発生することにより発症します。その代表的な疾患である「加齢黄斑変性」に対しては、色んな治療方法が存在します。しかし「近視性」のものに対しては、残念ながら、実験的なものはあるにしても確実な治療法は現時点では無いのです。

正常眼圧緑内障の疑いもあるということですので、現在の眼科で続けて診てもらうのが無難なところでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-07-10 12:25 | 網膜・脈絡膜