excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

BB弾による白目の出血


息子が近所の男の子に、至近距離からビービー弾を目に当ててしまいました。非常に痛がり、白目から出血してました。すぐ冷やしその子の母親と眼科に受診して、眼圧検査のみして内出血をしているから、安静にするようにと、炎症を抑える点眼薬を頂きました。

日曜日を挟むので、月曜日に来るように言われたのですが、今どのような状態なのか、今後どのようなことが予想されるのか、なんの説明もなく終わったので、今もなお出血してて、最悪の事態の事を考えて、失礼ですが初診診察が、最善だったのか気が気で仕方ないのです。他の眼科は、休診でした。近所なので朝一で、状態を聞きに行きます。


申し訳ありません。このメールを確認したのが本日ですので、少々遅くなりました。どういう状態なのかお聞きになりましたでしょうか。現在、視力低下などの見え方の変化が無ければ、白目が真っ赤になっていたとしても大丈夫です。

BB弾が角膜中央に当たると、その部分が腫れて視力低下を起こし、治療に時間がかかると弱視になってしまうことがあります。しかし今回は幸いにも結膜ですので、視力低下することも無く回復すると思われます。結膜は角膜と違って血管が豊富です。ちょっとしたことで出血し、結膜の下に血液がたまり驚くほど赤くなります。それが消えるのには時間がかかります。少なくとも数日、大量の出血なら1ヶ月以上かかりますが、それだけなら何の心配も要りません。

>内出血をしているから、安静にするように

この「内出血」が引っかかるのですが、もしかして眼内にも出血しているのでしょうか。衝撃がよほど強かったらそういうこともあるとは思いますが、もしそうならその出血の原因によっては、治療が難儀するかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-06-25 16:25 | 外傷

ザラカムで不眠に


一昨年の秋、緑内障と診断されて、キサラタンを処方されました。半年後の視野検査で、少し進んでいるとのことでエイゾプトが増えました。その後、半年ごとの視野検査ではあまり変化はなく、眼圧も13~14で安定していたのですが、先月(5月)コンタクト購入のため2週間続けて通院し眼圧測定をうけたところ、わずかの期間で眼圧が13から17にあがっていました。今月の定期検診では、そのまま両目とも17でしたので、目薬がキサラタンからザラカムにかわりました。

この目薬は、夜さすようにいわれました。さし始めてまだ3日目ですが寝る前にさすと、さした瞬間からアドレナリンが出た感じで目がギラギラと冴えてきて、不眠になります。睡眠時間が3時間くらいしかとれなくなりました。視力は回復するように感じるので、寝る前にさすのを、朝にかえようかと思っていますが、それでよいでしょうか。

単に覚醒するだけではなく、これはなにか他の疾病を誘発する原因になるのでしょうか。もしそうなら、次に診療をうけるまでキサラタンに戻してもよいでしょうか。

本日と明日、クリニックが休診で、目薬の製造会社に問い合わせたところ、他の眼科医にご相談ください、と言われたので、質問させていただきました。お忙しいところ恐縮ですが、ご返信いただけましたら幸いに存じます、よろしくお願いいいたします。


キサラタンに戻すのが良いでしょう。こういう訴えを処方した眼科医が受けたら、元に戻すか別の点眼を処方することになる筈です。

ザラカムにはキサラタンの成分以外に、チモロールマレイン酸塩というものが含まれています。これはβブロッカーという以前からある緑内障治療薬の成分ですが、心臓に影響を及ぼすことが稀にあります。

キサラタンに戻して、戻した経緯を次回受診時に伝えるようにしてください。また別の方法を考えてくれると思いますよ。

追伸:追加のご質問についてですが、「その通り」です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-06-22 07:40 | くすり

調節性内斜視と左右の屈折の差


2歳の息子がいます。先週末の夜ふと右目の寄りが気になり、インターネットで色々調べ、斜視に詳しい病院を受診すると、強い遠視(特に右目)で、メガネで矯正しましょうとのことでした。

1)次回の検診(アトロピン使用)にて度数を詳細に調べるとのことなのですが、混んでいるのか3週間後の予約です。メガネはショックなものの、その間に遠視がますます進行するのではないかと心配になります。遠視/弱視は早期の治療が大切とありますので、親としてはその三週間すら悪化が進行するのではと不安です。実際、斜視になる頻度は増えている様に思います。

2)先生は度数の数値はおっしゃられませんでしたが、「どのくらい強いんですか?」と聞くと、レンズの並んでいる棒?のような検診器具をもって、「1本目では調べられず、2本目のここまでいったのでねぇ(上の方をさして)」とおっしゃられました。次回しっかり教えてもらえるのでしょうが、どの程度のものなのか、とても気になります。

3)眼球が大きくなれば遠視は良くなる可能性はあるのでしょうか?

4)斜視は気になるものの、息子は絵本の小さい数字も遠くのテレビの字もよく読み、傍目からは見づらいようには思えません。遠視の場合はどのように見えているのでしょうか?また、眼鏡ができるまでの間、テレビ等は控えたほうがよいのでしょうか?

まだ幼い息子に眼鏡をかけるのは、本当に辛いですが、前向きに考えていきたいと思っています。できることなら良くして上げたい!眼鏡無しにしてあげたい!よろしくお願いします。


調節性内斜視があり、さらに左右の屈折の差により右目の弱視の心配があります。

1)普通は3歳児健診で見つかるものですので十分早期です。何も心配要りません。

2)かなり強いということです。おそらく10ジオプターを超えているのでは。数値を聞いたところで想像すら出来ないと思います。

3)成長とともに少しはゆるくなりますが、遠視がなくなることは無いでしょう。

4)急に見えなくなった場合は訴えるでしょうが、ずっと今の状態ですから本人には何の不満もないでしょう。「絵本の小さい数字」程度のすごく大きな字は子供にとっては見えて当然です。本人の見え方ですが、+10ジオプターの遠視があるとすれば、「10センチ先までしかピントの合わない強度の近視の人がかける眼鏡」を近視のない人がかけた時の見え方と同じです。またテレビ等を控える必要は一切ありません。

眼鏡をかけるのは、眼鏡無しでよく見えるようにするのではなく、弱視になるのを防ぐためです。眼鏡をずっとかけて弱視になる心配が無くなったとしても、はっきり見るためにはずっと眼鏡は必要です。そのころにはコンタクトレンズも使えるようになると思います。

この2つ前と6つ前のQ&Aが参考になりますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-06-14 16:05 | 視力・斜視

盲点が大きくなった


私は眼圧が高めなので、半年から1年に1回程度視野検査を行なっています。ハンフリー視野計だと思うのですが、中心のオレンジ色の光を見ていて、光が見えたらボタンを押す検査です。検査時間は片目で3分程度だと思います。

先日もこの検査を受けてきましたが、右目は盲点が真黒で教科書通りの結果でした。左目は盲点が少し薄くて上に向けて少し大きい丸のようになっていました。先生からは眼圧も両目とも18で正常、視神経も正常、視野検査も正常なので問題ないと言われました。

帰ってから左目の盲点が大きいのが気になり、本当に大丈夫か心配になってきました。検査をする時は右目から行いますので、左目をテープで隠して検査するのですが、右目の検査が終わってすぐに左目の検査をしますので、ぼやけて見えにくかった事も事実です。また、検査スタッフの方が新人さんみたいで目の位置なんかもいつもと違っていました。以前の検査の時も左目の盲点の左側に黒い部分があったのですが、問題ないと言われました。

そこで、お聞きしたいのが、正常な人でも視野検査が教科書的な完璧な結果が出ない事もあるのでしょうか? また、緑内障などで盲点が薄く上方に大きくなる事はあるのでしょうか? お忙しい事とは思いますが、アドバイス頂ければ幸いです。


このブログのトップの眼底写真を見てください。中央やや右に黄色っぽい丸い視神経乳頭があります。それが盲点の正体です。ここには視細胞がありませんので光を感じません。

自動視野計の一般的なプログラムは、視野の中心30度に対応した網膜の感度を測定します。その範囲をくまなく測定することは出来ませんので、等間隔に76点を決めてその部分の感度を測定します。●のように格子状に測定する点が並んでいます。実際に測定する点は、図よりはるかに小さく、点の面積は測定範囲の網膜の面積の数パーセント程度ではないでしょうか。隙間だらけの測定で全体を推測しているのです。

□□□●●●●
□□●●●●●●
□●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
□●●●●●●●●
□□●●●●●●
□□□●●●●

76の測定点のうち1個だけが視神経乳頭に重なれば、その部分の感度はゼロとなり、小さな盲点として描画されます。
□□□●●●●
□□●●●●●●
□●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
□●●●●●●●●
□□●●●●●●
□□□●●●●

ところが視神経乳頭の大きな人は2つ以上の測定点に引っかかり、大きな盲点になります。また普通サイズの乳頭の人でも頭を傾けて測定すると、測定点と測定点の間にちょうど乳頭がはまり込むようなこともあり、盲点が薄く大きくなったりします。
□□□●●●●
□□●●●●●●
□●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●
●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
□●●●●●●●●
□□●●●●●●
□□□●●●●

ということで、盲点が大きいとか薄いとかいうことは、あまり重視されないのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-06-13 19:11 | 緑内障

遠視の眼鏡をかけさせたくない


子供が3歳児検診でひっかかり、眼科に受診したところ強い遠視と診断され、眼鏡をかけさせないといけないと言われました。ただその遠視は遺伝からのものだとおもいます。母親の私が遠視でその父親(子供から見ると祖父)も遠視です。メガネをかけさせればいいのでは?と思われると思いますが、なぜ躊躇してるのかは理由があります。

私は遠視により5歳、私の姉は3歳からメガネをかけています。それもお医者さんから今からメガネをかければ、中学にはメガネが外れるといわれてかけたそうです。私達はよく転んでいたそうです。いろいろな治療をしてきましたが、中学でとれるどころかいまだにメガネは外れません。それどころか私も姉も視力は悪化していく一方です。それにメガネをかけていたことがとても嫌でコンプレックスでした。姉も同様です。だから子供にはそんな思いはさせたくないのです。

親の私が過剰に考えすぎなだけかもしれませんが、かけても私のように治らないのであれば、ゆくゆくはかけさせないといけないかもしれませんが、こんな小さい時からかけさせたくありません。もし子供が日常生活においてよく転ぶとか目つきがおかしいとか見えていない様子があるといったらあきらめてかけさせますが、そういったようすがないのです。小さいゴミもよく見つけます。

1回の診察で即メガネはどうしても納得がいかなかったので、違う病院に再度受診してみました。すると詳しく調べたわけではありませんが、子供の様子を見て、『今は見えてそうなかんじだし、めつきもおかしくないし、まだキチンと答えられる歳でもないから、メガネはかけさせないで様子見で大丈夫。弱視は確率がほんのごくわずかだし、本人が見えないと主張してからかんがえればいい』といわれました。最初にいった病院と真逆の話だったので、うれしかったのですが、少し不安が残りました。

私の父もその兄弟もみんな遠視ですが、高校からメガネをかけて誰も視力に困ってませんし、私もそんな小さい時からかけなくてもよかったのではない?と正直思ってしまいます。ただ子供の目のことはわからないし、将来困ったらかわいそうですし、かといって私や姉のようにそれがコンプレックスになったりしてもかわいそうですし、どうしたらいいかわかりません。

私としては2回目にいった眼科で言われた通り、あと1~2年様子を見て、子供が意思表示をきちんとできるようになってから子供の様子をみて考えればいいかとおもっています。それではだめなのでしょうか?どうすべきかご意見お聞かせいただければ幸いです。


1軒目の眼科と2軒目の眼科は「真逆の話」ではなく、程度の違いがあるだけで、どちらもそれなりに正しいことを言っているように思います。1軒目の指示通りにすれば全く問題ないでしょうし、2軒目の指示通りにすればおそらく問題ないでしょう。ただし本人の意思表示が曖昧かもしれませんので、最低でも年に1回は検査が必要です。症状が現れてからでは遅いかもしれません。

>今からメガネをかければ、中学にはメガネが外れる

というのは聞き違いです。「今からメガネをかければ弱視にならずに済みます。弱視になる心配のある小学時代を乗り切れば、中学からはメガネを外しても弱視になる心配はなくなるので、かけなくても大丈夫。ただし眼鏡をかけなければ近くの細かいものが見えにくいので、必要があればかけてください。」という意味です。だから、中学以降も眼鏡がある方がよく見えるので手放せなかったのでしょう。また、遠視に対しての治療は眼鏡のみですので「いろいろな治療」は不要です。また眼鏡をかけたことで「視力が悪化」することはあり得ません。別の原因があるのでしょう。早くから眼鏡をかけさせてくれた親と医者に感謝すべきです。

>かけても私のように治らないのであれば

いやいや、治ったじゃないですか。弱視にはならなかったし、強い遠視のせいで細かいものが見えにくいことを隠しているというコンプレックスを持つ必要も無かったし、遠視のせいで毛様筋が過度に緊張し眼精疲労を起こすことも無かったし、調節性内斜視にもならなかったし、集中力が欠如したり情緒不安定になったり不登校になったりせずに済んだんじゃないのですか。2つの人生を同時に経験できませんので比較はしにくいとは思いますが、多くの患者さんを診ている眼科医なら比較できるのです。親の怠慢で眼鏡をかけさせず、或いは訓練をせず、子供を弱視にしてしまった例はいくつもあります。悲しい事です。

>高校からメガネをかけて誰も視力に困ってません

ということは中学では眼鏡が必要なかったということですよね。中学でも眼鏡を外せなかったあなたの遠視よりゆるい度数だったと考えられますので、当然その方々は小さいころからの眼鏡は不要です。遠視の強さによって治療方針は全く違ってくるのです。

これを読んで認識を新たにしていただければ幸いです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-06-05 10:49 | 視力・斜視

拍動にあわせて視界がチッカチッカ


はじめまして。飛蚊症になり2年半です。最初の2ヶ月は光視症もありました。2週に1回眼科に通院し、眼底検査や視野検査を受け、特に問題はないと言われました。眼圧は20と高めですが、体質なので緑内障ではないとのことです。

飛蚊症になって4ヶ月すぎたころから、拍動にあわせて視界がチッカチッカします。光る感じではなく、視界が脈うっている感じです。絵画展で額縁に光が反射するところや戸外でアスファルトに太陽光が反射した場所、眼を閉じていても太陽光を浴びると感じます。

通院していた眼科にそのことを話しましたが、首を傾げるだけで、眼底検査をしても問題ないから気のせいではと言われ、もう1年ほど眼科には行っていません。

河野先生のQ&Aで『「網膜脈管視現象」ですか・・・見える人がありますね。本来網膜は動きのないものは見えません。網膜の血管は網膜に対して動きませんので見えないのです。しかし血管ですから拍動があります。それで太さが変化したり、網膜に対する圧力が変化したりすると見えることもあるはずです。』というのを拝見しました。網膜が拍動を感じることもあるのですね。わたしの症状は、多分そうなのではないかと思います。

何科にかかったらよいのか教えていただけますでしょうか。今までの眼科の先生ではない別の眼科がいいでしょうか、それとも神経内科のようなところに行った方がいいのでしょうか。


網膜の血管の枝分かれが見えるのではありませんので、網膜脈管視現象ではありません。無関係です。

眼球は拍動します。眼圧測定をしていると、脈拍に合わせて眼圧が上下する人は結構あります。アプラネーションという眼圧計は連続して測定しますので、それがわかるのです。1ぐらいの変動、つまり眼圧が19と20を行ったり来たりというような人はざらにあります。2ぐらい変動する人もたまにあります。もしかしたらそれを敏感に感じ取っているのかもしれません。

眼球の拍動がなくても、瞼とか眼球の周りが拍動すると「視界がチッカチッカ」という感じはするかもしれません。「内頚動脈海綿静脈洞瘻」という病気が世の中にはあるのですが、頭痛・三叉神経痛・複視・眼球の充血・拍動性の突出・眼圧上昇・耳鳴り等の症状があるのなら調べてもらった方が安心です。これは脳神経外科の領域です。たぶん異常なしという結果になるとは思いますが。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-06-05 08:29 | 何かが見える

中学生の弱視治療


中学生の子どもです。学校の視力検査の結果が、右0.9 左0.2であったため、本日眼科を受診しました。

視力を正確に測って頂いたところ、右1.2(遠視) 左0.1(矯正0.5)遠視・乱視 と診断され、「不同視性弱視です。5~6才の頃に治療を開始していないと治療は難しいです。」とおっしゃいました。

子供にはある夢があり、そのための高校受験を目指しています。その合格基準が「両目とも裸眼0.3矯正0.8」なのです。このままではそれに達することができません。何とか、視力を裸眼0.3矯正0.8に治す方法はないでしょうか?

なにか良い治療法があれば是非お教えください。また先生の率直なご意見をお聞かせいただければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。


視機能の発達は10歳までということになっています。強い遠視や乱視があり、ピントの合っていない世界を見ていた目は、脳がぼんやりした状態に慣れてしまって、十分に視力が出なくなり弱視という状態になります。矯正視力が十分でない場合は、視機能の発達の完了する10歳ごろまでに治療を開始しなければ回復は望めません。

たとえば4歳で発見し眼鏡を作り訓練をしたならば、毎日2時間の訓練で1年で完治するかもしれません。しかし例えば8歳で発見され訓練を開始した場合、毎日6時間の訓練を2年間続けたとしても、矯正視力の改善はあっても他眼と同じ視力にまでは到達しないでしょう。

つまり、脳の感受性が高い低年齢から治療を開始する方が効果が出やすく、その限界が10歳だと言われているのです。中学生ならば普通は「残念ですが・・」で終わりなのです。ただし100%不可能かと問われたら「もしかしたら少しは効果が出るかもしれない。だめもとで訓練をしてみましょうか。」という事で治療をすることになるかもしれません。診察を受けた眼科で申し出てみることをお勧めします。

訓練(治療)はどのようにするかといえば、まず正確にピントの合う眼鏡を作り常用します。そして毎日よく見える方の目に目隠しをして、弱視の目だけで(眼鏡を通して)見るようにします。普通は時間を決めてやりますが、この状態ですので可能な限り長時間にすべきです。授業中にそれをやると不便ですので、在宅時にはずっと訓練ということになるでしょう。その時に目を使わなければ訓練になりません。なるべく細かいものを見るようにします。教科書でも新聞でも、見にくいものを頑張って見てください。テレビでも少しは効果がありますが、PSPなどの近い距離で表示の詳細なものの方が良いでしょう。さらに、検査に慣れるため視力表を購入し、毎日裸眼と矯正を測るのも良いでしょう。ただし、これだけやっても全く効果が無い可能性が高いのです。

私事で恐縮ですが、実は大学受験に失敗しまして予備校にも落ちた経験があります。私は予備校の合格発表を見て、校長先生の所へ直談判に行きました。「来年は絶対に○○大学医学部に合格して見せます。予備校の実績になりますから損はさせません。入学させてください。」と言って掛け合い入学させてもらい、翌年約束通り合格しました。お子さんにどうしてもかなえたい夢があるのなら、学校に直接あたってみるのもひとつの方法ではないでしょうか。「建前はこうなっていますが、試験の成績、本人の情熱によっては例外的に入学を許可する場合がある」というようなことになるかもしれません。頑張ってくださいね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-06-01 16:32 | 視力・斜視