excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

治らない結膜炎


初めまして、こんばんは。20台女性です。1年以上前に細菌によるとみられる結膜炎になりました。量はそれ程多くはありませんが、濃い黄色のねばねばした目やにがでます。近くの眼科にかかり、いくつかの種類の目薬を試しましたが、どれをさしても治まりません。

瞼の裏をこすっての検査を何度もやっていますが陰性になるこてが多いです。自覚したときには、少しのかゆみはありましたが、それからはかゆみはなく目やにも充血も軽いです。瞼も腫れぼったいです。

実際に原因菌がいても、検査では何も出ないというのはよくあることなのでしょうか。数々の目薬が効かないので耐性菌ということもありますか。そうそう菌でも症状が軽いというのはありますか。

試した目薬…クラビット、トブラシン、ベストロン、コリナコール、オーハラキシン、タリビット、ガチフロ。これ以外にも有効な薬はありますか。とにかく早く治したいのです。アドバイスよろしくお願いします。


何が原因か分かりませんので、有効な薬を聞かれても分かるはずは無いですよ。経過が長いですので、通院中の眼科で出来る限りの検査をしていると考えれば、耐性菌ということもあるかもしれません。一度、大きな病院の眼科を紹介してもらって受診してみるのも良いかもしれません。

ところで、近年増加しているのがクラミジア・トラコマチスによる結膜炎です。この場合は長期間の内服も含め十分な治療をしなければ治りません。点眼だけで治療をされているようですので、検査したが陰性だったということでしょうか。もし心当たりがあればこれを疑ってみるべきでしょう。検索してどういう病気か調べてみてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-04-26 11:13 | 角膜・結膜

10年前から眼圧が・・・


はじめまして。私は10年以上前から眼圧が18~20(空気のでる方)で高めとのことです。視野、視神経に異常はないので、ずっと経過観察で、半年に1回、定期健診を受けています。

ご相談したいのは大学生の息子の事です。10年前、視力が悪くなり、A眼科を受診しました。その時、眼圧が23と22(空気のでる方)医師が直接測り21と19でした。その時、医師は「しばらく様子をみましょう。1カ月後に来てください」と言われただけでした。

私は、びっくりし、翌日、大学病院に連れて行きました。そこでの眼圧は20と17(空気のでる方)でした。その他診察後「全く病的なものはないので、何の心配もありません」と言われました。

1カ月後、A眼科に行き、眼圧は高めではあるが、視神経がしっかりしてるので、1年に1回は眼圧を測っていきましょうと言われました。その後も2年前まで、毎年、A眼科を受診し、眼圧は空気式で20と18、医師が直接測り、18と16がほとんどでした。医師から眼圧や緑内障に関しての話はありませんでした。視野検査もしたことがありません。

2年前に、大学に合格し、親元を離れました。大学に入った頃に、コンタクトにしたいと言われ、眼圧が高めなので、眼科医とよく相談してと話し、コンタクト併設の眼科ではなく、眼科専門医の、眼科に行くよういいました。4~5カ月ごとに、眼科に行き、コンタクトを購入しているようです。

いままで、2年間で5回ほど、行っていますが、眼圧が高いと言われたことはないと言います。医師に直接測ってもらったこともないそうです。

眼圧が下がったと考えられるでしょうか?それとも。医師に眼圧が高くないか聞くように、言った方がいいでしょうか?もう成人男子なので、あまりとやかく言うのもいやがりますが、やはり、私も高眼圧で常に緑内障の心配をしていますので、息子も緑内障になるのではないかと心配です。


視神経は異常無しですので緑内障はありません。また、2年前までは眼圧は(正しく測定して)16~18。ここ2年は(おそらく計っているであろう)空気式の眼圧が高めに出る眼圧計で測定しても異常無く、(当然検査しているはずの)視神経にも異常が無いから説明すら無い。おまけに若い。どこに心配する要素があるのでしょうか。

>息子も緑内障になるのではないかと心配

お母さんご自身、空気式の眼圧が高めに出る眼圧計で測定して18~20です。医師が暗室で麻酔の点眼をして再測定をしてくれないのはなぜでしょう。正確に測ればそれより低くなることがわかっているから必要ないと判断しているのでしょう。また、視神経に異常がないのに視野に異常が出るはずも無いです。しかも10年以上安定しているわけですから、「異常なし」としか考えられません。もちろんそれでも心配する人には再診をしてもらって何等問題は無いです。

以前から正常眼圧は10~20(または21)と言われています。ところが、高眼圧が続いていても視神経に異常を起こさない人があり、逆に正常眼圧でも緑内障の人が数多く存在することから、近年、眼圧はあまり重視されなくなっています。つまり緑内障は眼圧の病気ではなく視神経の病気だということなのです。もちろん原因の多くが眼圧が上がる事ですので、治療の第一は眼圧を下げることです。ただし個人個人で適正眼圧は違いますので、眼圧の数値だけでは安全か危険か分かりません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-04-25 16:52 | 緑内障

5年前の視神経乳頭陥凹拡大


視神経乳頭陥凹拡大というものは、一度問題ないと診断され、以降自覚症状がなければ、まったく検査を受けずにいて問題ないようなケースもあるものでしょうか?以前、視神経乳頭陥凹拡大に似た指摘を受け、今現在まで視野に異常を感じることはないのですが、今後もこのまま放置していて良いものなのか気になっています。

5年前、コンタクトの定期健診を受け、勧められるままに眼底検査もしていただきました。その際、医師に「眼底が凹んでいる。眼圧は異常ないと出ているが、緑内障かもしれないから、きちんとした眼科で診察してもらいなさい」と勧められました。

その後すぐ、近所の別の眼科を受診しました。そちらの眼科の医師には、初めこそ「この年齢で緑内障はまずない」と失笑されましたが、どうしても眼底検査をしてほしいとお願いし、検査していただきました。眼底を見て驚かれ、やはり眼底の凹みが普通より大きいと言われました。

目の写真をモニター上で見せていただきながら、「白い部分が普通よりだいぶ広いけど、その周り、色の変わる所(?)とはくっついていないようだから、視野には問題ないだろう」という説明を受けました。説明後、「大丈夫だとは思うけど、気になるなら視野の検査もしてみる?」と提案され、そちらの検査もしていただきました。結果を見て「初めてなら上出来の結果。視野には問題ない。眼底の凹みも、おそらく生まれつきのものだろうから心配いらない」と言われました。その後の定期検査などは特に指示されなかったため、現在まで1度も受けていません。

これまでは特に気にならなかったのですが、つい最近薬局で「緑内障と言われたことはないか?」と尋ねられた時に思い出し、インターネットで調べたところ、あの時指摘された事が視神経乳頭陥凹拡大というものに似ていると思いました。そして視神経乳頭陥凹拡大は定期的な検査が必要なものだという記述も見つけ、不安を覚えました。

検査していただいた医院を再受診すればそれで良いだけのことだとは思うのですが、以前に無理を言って2つも検査していただき、その上で問題ないと診断を受けたのに、いまさら素人考えだけで再検査をしてほしいと言っては医師が気分を害するのではないかと思い、悩んでいます。他の医院にかかることも考えましたが、それでは5年前との比較ができず無意味ではないのだろうか?と、やはり悩んでいます。


視神経乳頭陥凹拡大は緑内障の場合に起こる現象ですが、視神経乳頭陥凹拡大に見えても緑内障であるとは限りません。ただし、放置して本当に大丈夫かどうかは、実際に放置してみて結果を見ることでしか確認できません。

是非、5年前の眼科を再診してください。「5年たって変化が無いか心配で来ました。」と言えば、眼科医は気分を害するどころか喜んでくれると思います。自分の言ったことが正しかったことを証明できますからね。眼底写真はデジタル保存されていますので、もしカルテ本体が廃棄されていたとしても、写真で比較することができます。5年前と全く変化が無ければ、この5年間は放置して大丈夫だったということです。

もし万が一、緑内障を疑わせる変化があったとしても、現在自覚症状が無いのですから、今の良い状態を維持するための点眼を使用して今後も全く症状なく過ごすことが可能です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-04-25 08:47 | 緑内障

眼鏡を外した方が見やすい


子供の視力検査の結果表には、右:1.0 左:0.3(0.7×+1.25○○-C2.75A5°)と書いてあります。(※○○の部分は読めません。)

左目の近視性乱視、弱視と診断され、眼鏡とアイパッチ3時間の治療を開始し、もうすぐ1週間になります。本人は、嫌がらずに眼鏡、アイパッチともしているのですが、「左は、眼鏡を外した方が見やすい」と言うので気になっています。アイパッチ中に、壁掛け時計を見ながら、「眼鏡がなければ、左目だけでも時計の数字が読めるのになぁ・・・」と。

見にくいと感じる眼鏡をかけていて、大丈夫でしょうか?眼鏡が合っていないのでしょうか?(眼鏡処方箋には、遠用 右S+0.25 左S+1.25 C-2.50 A180° PD53 と書いてあります。)また、視力検査の結果0.3の後()内はどういう意味ですか?

このように、相談できる場をもうけていただき、感謝します。よろしくお願いします。


眼鏡をかけていない状態に慣れていますので、眼鏡をかけたら見にくく「感じる」ことはあります。しかし実際にかけ比べてみて、「眼鏡がなければ、左目だけでも時計の数字が読めるのになぁ・・・」というようなことは普通は起こりません。

診断も治療方針も処方眼鏡の度数も、特に問題があるようには思えません。出来上がった眼鏡を眼科でチェックしてもらったでしょうか。処方箋通りに作成されていないということも、稀にはあるかもしれません。再診して、見えにくいということを伝えてください。

左:0.3(0.7×+1.25○○-C2.75A5°)というのは、左の裸眼視力は5メートルで測定して0.3で、括弧内は矯正です。ややこしいのでゆっくり考えてください。

最良の視力が出るように矯正したとき、矯正視力が0.7。矯正のためのレンズが球面(普通のレンズ)度数+1.25ジオプター、さらに円柱(乱視用レンズ)度数-2.75ジオプターのレンズを水平から5度の軸で重ねたという意味です。混合乱視または雑性乱視と言われるものです。プラスは凸レンズ、マイナスは凹レンズです。乱視用レンズは軸と直角に度数が入り、軸方向には度数の無いレンズです。

左S+1.25 C-2.50 A180°という眼鏡の度数は、本人が快適にかけられるように、乱視度数を1段下げ、軸の角度を5度回転させていますが、全く問題ありません。ちなみにそのレンズで立っている人を見ると、背が縮んで尚且つ太って見えます。横方向は+1.25Dという凸レンズで拡大され、縦方向は-1.25D(2.5ではない)という凹レンズで縮んで見えるからです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-04-20 14:57 | 視力・斜視

昔の溶接の影響で痛い


若いころ5~6回、溶接の光で目を焼いてしまいました。目が熱くなりジャリジャリし、目玉も動かせずそのまま寝てしまい、朝起きるとスッキリしてましたので、危機感もなく繰り返ししてしまいました。

その後、雪を見ると目が痛くなり、我慢していると普通に見渡せました。この感じはいまも続いてます。現在は翼状片と白目のところに丸い水泡(瞼裂斑)ができてます。そして外はもちろん蛍光灯もまぶしく、夜寝て目を閉じると光りが見えます。また目の玉を移動させると光ります。たまにですけどシマウマの模様もみえるときがあります。不安になります。数年前の自分の写真を見ると左目まぶたが赤くはれていました。

今最も不安なのは目の奥が痛いこと、ゴミが入っているような痛みがあることです。白内障ありまだ見えますが、ここ1ヶ月視力が下がってきてます。以上の症状です。勿論眼科に行ってますが、混んでる眼科なのでよくお話ができません。先生のアドバイスをお願いしたいと思ってます。どうかよろしくお願いします。


遠慮せず現在の眼科で質問してアドバイスを貰いましょう。あなたの目の状態を100パーセント知っている眼科医の説明ほど役に立つものはありません。その目を一度も診察せずメールからの僅かな情報だけが頼りの医者にネットで質問するより100倍役に立ちます。

どうしてもそれができない場合は、もっと空いている眼科を探して受診してください。説明する時間も無い眼科医が、十分な診療をしているとは思えません。患者さんへの説明は、診療と同程度に重要なものです。説明が手抜きな場合は診察も手抜きではないかと疑ってみるべきでしょう。混んでいる眼科が名医とは限りませんし、空いている眼科がヤブとも限りません。

経過と症状から考えると、角膜表面が傷だらけになっていると思われます。痛いのは目の奥ではなく表面でしょう。治療を続けることで改善すると思われますが、なにぶん経過が長いですので、治療にも年月がかかるでしょう。また、光が見えたり模様が見えたりするのは、眼底の網膜の症状で溶接や傷とは無関係です。白内障とも関係ありません。いくつかの問題が重なっていると思われますので、根気よく続けるしかないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-04-18 17:22 | 角膜・結膜

妊娠中の点眼


私はドライアイとアレルギー性結膜炎のため、ジクアスとリボスチンという点眼液を使っています。これらの物は、妊娠中でも使って問題ないでしょうか?

また、近視が強く網膜が薄い為、瞳孔を開く検査を3~4カ月に一度しています。こちらも妊娠中に受けても問題ないでしょうか? もし受けられない場合は、この検査の代わりとなる検査はありますでしょうか?


問題ありません。ただしリボスチンの注意書きには、以下のように書かれています。

妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
[動物実験1)(ラット)で、レボカバスチン80mg/kg経口投与(臨床投与量の33000倍以上に相当)により、胎児死亡及び催奇形性(多指、水頭、過剰中足骨及び無眼球)が報告されている。]


1本の点眼を1日4回、1回1~2滴を両眼に点眼すると約10日分です。その33000倍、つまり10日で33000本、1日あたり3300本を、妊娠初期(胎児の器官形成期)に口から飲んではいけない。という意味です。

ジクアスには妊娠中の注意書きはありませんから問題なしです。また、瞳孔を開くための点眼(ミドリンだと思いますが)にも妊娠中の注意はありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-04-11 12:16 | くすり

太鼓判を押されたのにまだ心配


先日はスポイトについてご回答いただきありがとうございました。さて、もう一つお伺いしてもよろしいでしょうか。こちらのblogの先生への質問でも、コンタクトの長期使用による角膜内皮細胞の減少について聞いておられる方がおられますが、自分も心配です。

通っている眼科には、細胞数を計る検査機械がありますが(その眼科のHPで紹介されていました)、私はその前に座ったことがありません。その眼科の医師は診察時、毎回丁寧に目の状態を見てくださり、いつも「きれいな状態ですよ」と言ってくださいます。診察でとくに問題なく、その検査をする必要がないという医師の判断であれば、気にしなくてもよいものなのでしょうか。

ちなみに高校から使い始め今や中年なのですが、「まだコンタクト使えますかねぇ」と医師に聞くと、「70歳までだって使えるよ」と言われるので、「心配なので計ってみてください」と言えずにいます。心配しすぎず、良い状態で使えていると安心していいものでしょうか。


「70歳までだって使えるよ」と太鼓判を押されたのに何が心配なのでしょうか。それでも心配なら、遠慮せずに直接申し出るしか方法は無いでしょう。

その目を診察していない医者が無責任に「安心です」と言ったら、あなたは本当に安心できますか?

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-04-09 15:04 | コンタクト・めがね

はじめての閃輝暗点と偏頭痛


仕事でパソコン作業をしてたら、急に光の残像のようなものが目に見えて文字などが見えにくくなり、次第に光の残像のようなものが大きくなり、すごくものが見えにくくなり、30分程で治りました。

しかし、かなり不安になり緊張したせいか、ものすごく肩が凝って頭が痛くなり吐き気がしました。

こういった症状は生まれて初めてなのでかなり不安です。一過性のものだといいんですが・・・。これはやはり脳の病気が考えられるんでしょうか?


はじめの症状を閃輝暗点といい、「肩が凝って頭が痛くなり吐き気がし」たのを偏頭痛または片頭痛といいます。脳の血管の一時的な収縮や拡張で起こります。症状がきつい場合には内服薬もあります。

ほとんどが特別な病気は無く疲れやストレスをきっかけに発症しますが、脳腫瘍などの脳の病気でも起こる場合があります。繰り返すようなら、眼科ではなく脳神経外科を受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-04-06 12:01 | 何かが見える

網膜剥離の心配


私は強度近視で、20センチ先ぐらいでしかピントが合わず、飛蚊症の大きいものもあります(色は透明です)。大きいものになるとアオミドロ10束 20束くらいの、境目もよくわからないような組織のかたまりのようなものが両目に見えます。しかも半年前に片目をぶつけました(それによる変化は感じていません)。

また、1日のうち何度か、小さな星のような光が1、2秒見えることもあります(光視症とはこのことですか?)。こんな状態で何か月か何年かわかりませんが、経過いたしました。

しかし、片目ずつ自分なりによくチェックするのですが、欠損やゆがみは確認できません。黒いものもありません。このような状態なのですが、「網膜剥離している可能性は高い」と思われますか? 逆に、「レーザー治療で済む可能性」は低いでしょうか?

検査すべきなのはわかっているのですが、できれば行きたくありません。こうの先生のご意見をお聞きして、よく考えてからこの先を考えたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします(ちなみに、剥離だった場合は手術しないと失明ですか??)


その症状が何年も続いているとすると、網膜剥離している可能性は低いですね。しかし、ゼロとは言い切れません。また、光の点が見えるのはブルーフィールド内視現象でしょう。光視症とは別です。

でもなぜ「「レーザー治療で済む可能性」は低いでしょうか?」というような質問をするのでしょうか。もしかして以前に、網膜円孔または網膜格子状変性が見つかり、網膜剥離の予防のためにレーザーで治療することを勧められたのではないのですか。剥離していたらレーザーでは済まないし、異常なしならレーザーは不要ですからね。

「案ずるより産むが易し」ですよ。勇気を出して眼科受診してください。このまま引き続き経過観察になるか、または「レーザー治療で済む」可能性が高いと思います。レーザー治療を勧められても、受けるか受けないかは、その時に考えればいいと思います。ちなみに、剥離だった場合は手術しないと失明してしまうと考えてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-04-06 11:41 | 網膜・脈絡膜

増え続ける飛蚊症2


生理的な飛蚊症では、酷いと感じる事はあまりないのでしょうか? 以前から多数の飛蚊症があり、特に太陽光が入ってくる部屋では目立っていました。しかし、今回増えた物に関しては、ちょっと薄暗い所でもよく分かるのです。太陽光などの下では勿論はっきりくっきりで、本当に目障りです。以前から黒い点はありましたが、今回は点というより大きいものではちょっとした虫位の大きさがあり、髪の毛のようなものも上下左右の端っこにあり、目を動かす度にフワッと舞い上がってくる状態です。この2日間で7~8個位増えました。以前からあるものを含めると数えきれないほどあります。

数が増えたらすぐに来るようにと言われていたので行ったのですが、そこの先生はいつも「心配ないと思う」としか言ってくれないので、詳しい説明は今回もありませんでした。なので、生理的なものか聞いてみたところ、そうですとの事でした。もし、後部硝子体剥離だったとしてもそうだと言ってもらえない事もあるのでしょうか?

因みに、網膜はそこまで薄くはないと言っていました。再診などは特に言われていませんが、自主的に定期検査に行っています。

また、直接目にレンズを入れる散瞳検査は、ルーペみたいな物で目を覗く検査よりも精密なのでしょうか?宜しくお願いします。


生理的な飛蚊症を酷いと感じるかどうかは、さまざまな状態や程度がありますし、人それぞれ感じ方も違います。あなたの症状を聞いて、「酷い症状ですね」と言ってもおかしくはないですが「そんなもんですよ」とも言える程度だと思います。

以前の症状は確かに「生理的飛蚊症」だと思います。今回の症状は厳密には「生理的飛蚊症」では無いかもしれませんが、病的ではないという意味で「生理的な飛蚊症」だと説明されたのではないでしょうか。後部硝子体剥離が実際に起こっているかどうかは当方にはわかりませんし、もしそうだとしても後部硝子体剥離だと説明するかどうかなんて、当方には関知できません。医師によって知識も経験も考え方も違いますからね。また必ずしも「生理的飛蚊症だから安心。後部硝子体剥離だから心配」という訳ではないですよ。

>直接目にレンズを入れる散瞳検査は、ルーペみたいな物で目を覗く検査よりも精密なのでしょうか?

麻酔の点眼をして、レンズに粘弾性物質を塗り、動かないように頭を押えてもらってする、かなり面倒な検査です。怖がる人もありますし、痛がる人もあります。それでも必要があると判断したからそれをするのです。簡単な検査より情報が少なかったら誰がやるでしょうか。

>数が増えたらすぐに来るようにと言われていた
>再診などは特に言われていませんが、自主的に定期検査に行って

それで良いと思います。行く度に「心配ない」でも良いじゃないですか。疑問点は全部その先生に聞いてください。こんなところで推測を聞かされるより、よほど有益な貴方だけのための情報が得られると思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-04-03 15:03 | 網膜・脈絡膜