excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

増え続ける飛蚊症


強度近視で以前から飛蚊症がありますが、1か月程前に急に数が増え散瞳検査をしてもらったところ異常なしとの事でした。

しかし、また一昨日より数が増え(大きめの黒い点と線でかなり目立ちます)心配になったので再度散瞳検査をしてもらいました。大丈夫との事でしたが、また昨日の夜に髪の毛のようなものが上下に現れたので、本日また検査をしてもらいました。本日も大丈夫との結果でしたが、こんなに急に数が増えたり目立つものが出てきたりして正直不安です。

ネットで調べてみると、散瞳検査には方法が幾つかありそれぞれ良点と欠点があるそうで、私の行っている眼科では目の中に直接レンズを入れて診る方法でした。しかし、この方法ですと中心部は良く見えても全体まで見られないなどと書いてあり、心配になってしまいました。

全体が見える方法を取っている眼科でも調べてもらうべきなのでしょうか? それとも、その心配はいりませんでしょうか? また、単に生理的な飛蚊症でもここまでひどくなる事もあるのでしょうか? 宜しくお願いします。


3回も散瞳しレンズを入れて精密に診てもらい大丈夫と言われているのに、ネットのいい加減な情報を真に受けて不安になっているのですね。

良い先生な割りに、よほど説明不足の眼科なのでしょうね。忙しすぎるのでしょうか。眼底検査に使うコンタクトレンズ(視力矯正用のものとは別)にも色々種類があって、普通はレンズの内部に設置された鏡によって、網膜の端まで観察できますよ。

ところで、生理的な飛蚊症と言われたのですか? 生理的と言える範囲にも色々あって、全く異常の起こってないものもあれば、老化現象とも言える後部硝子体剥離を生理的と表現する場合もあります。後者の場合は酷い症状だと感じることも多いと思います。また、それから引き続いて重大な病気が起こることもあり、現在大丈夫でも今後とも心配要らないとは言えません。指示通り再診をしてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-03-30 15:21 | 網膜・脈絡膜

ハードコンタクト眼瞼下垂


最近、同じくハードコンタクトをしている知人から「眼科で『外すときに瞼を引っ張るのが眼瞼下垂(字がちがっていたらすみません)の原因になるから、スポイトを使った方が良いと言われた」と聞きました。

私がハードコンタクトを使い始めたころは、「スポイトは力を入れすぎると目を傷めるし、清潔にしないと危険だから、どうしても外れないときに使うものだ」と言われていました。一日一回、やさしく瞼を引くだけで、そんなに負荷がかかるのかとびっくりしたのですが、今は、スポイトを使う方が良いのでしょうか?

その話を聞いてから、メニコンのスポイトを使ってみたのですが、つるんつる滑るだけで、一向に吸いつきません。あんまり押していたら確かに目を傷めそうで止めたのですが、使い方のコツなどありますか?

また、先生のブログを拝見していると、目にはシリコンのワンデーが一番オススメというふうに書いてありました。現在ハードをメインで使い、予備でワンデーのソフト(シリコンではない)を使っています。(シリコンのワンデーは、出荷制限がかかっている度数なので)度数が強い場合は、ハードの方が目に良いと言われていたのですが、最初に質問させていただいた眼瞼下垂等のことなども踏まえると、シリコンのワンデーは、ハードよりも良いのでしょうか。


ハードコンタクトによる眼瞼下垂の原因には諸説あります。コンタクトを外すために上眼瞼を強く引っ張ることで、上眼瞼挙筋の腱膜が引き伸ばされる、あるいは断裂することが原因ではないかと言われて来ました。

また、或る大学のサイトに次のような内容の記述があります。

眼瞼下垂の手術で挙筋短縮術という方法でやるのですが、その時に挙筋腱膜をミュラー筋を切除し、それを組織検査します。すると、高齢者の眼瞼下垂では挙筋腱膜とミュラー筋に脂肪変性を多く認めたのですが、HCL下垂では脂肪変性はほとんどなく、ミュラー筋に著明な線維化を認めたというのです。年齢をそろえて比較しても、明らかにHCL下垂の組織はミュラー筋に線維化が多かったそうです。

このことから、瞼の内側からのコンタクトレンズの刺激(特に強度近視の場合には厚いエッジによる刺激)が、徐々にミュラー筋を線維化させ、ミュラー筋の収縮力の低下、ミュラー筋と結膜、ミュラー筋と挙筋腱膜間の癒着による挙筋の収縮力の伝達低下を招くことが、眼瞼下垂の一因である可能性があると言うのです。

また同じ大学から、コンタクトレンズ下垂の重症度と屈折度数は相関するという報告もあります。つまり、強い近視のハードコンタクトを使用すること自体が、眼瞼下垂の原因である可能性があると示されているのです。

全文を読んでいないので良くわからないのですが、瞼を強く引っ張ることでミュラー筋に線維化が起こることは無いのだろうかと、ちょっと疑問に思うのですが、どうなんでしょうね。

スポイドですが、つるんつる滑るだけというのは聞いたことがありません。水で濡らしてから使うと良く吸い付くと思いますが、やってみましたか? あるいはもう一押しが足りないのでしょうか。

シリコンのワンデーは酸素透過性が非常に高いことがメリットで、またシリコンという素材自体が生体反応を起こしにくく、体内にも安心して入れられるのです。ただし、柔らかいレンズに比べるとやや硬いために、その異物感に耐えられない方もいらっしゃいます。眼瞼下垂に関しては、シリコンのワンデーはハードよりも良いのでしょう。しかし、瞼の内側からの刺激が下垂の原因だとしたら、シリコンでないワンデーのほうがより良いかも知れません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-03-28 16:46 | まぶた

至近距離でデジカメのフラッシュ


昨日夜、自分の目の接写を撮りたいので、デジカメで目から2,3cmの至近距離で目の真正面のからフラッシュ撮影を両目とも7回位やってしまいました。

今日朝からなんとなく目の奥が痛いです。目があけたくないです。視力が正常っぼいです。フラッシュ撮影は目に悪影響があるのでしょうか? 特に網膜になにか問題起きちゃいますか?


フラッシュの光量にもよると思いますが、網膜が一時的に軽度の火傷を起こすことは十分考えられます。2センチの距離からの発光は、例えば128センチの距離と比較して、64の2乗で約4000倍の強さの光に相当します。また、網膜の中心で光を受けた場合、つまりフラッシュを見つめていた場合は、一時的に視力が低下します。程度により、10分間の場合もあれば、数日続くこともあります。

ところで、太陽の光はフラッシュよりもずっと強く、さらにそれが持続します。晴れた日に直射日光を顔に浴びて目を開けているだけで、つまり視界に太陽が入っているだけで、網膜は軽い火傷を繰り返していると考えてください。その程度で即病気になるとは考えられませんが、長期的にはどうでしょう。過度の日光により皮膚がんになりやすくなるのと同じで、網膜もそれなりに影響を受けるのではないでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-03-19 15:35 | その他の疾患

高眼圧症の疑い


今年1月の人間ドックで、「眼圧が高く(左右:18と19)眼球にヘコミも見られます。緑内障かもしれませんので眼科を受診してください。」と言われました。

近所の眼科を受診し眼圧、視力、視野検査をし、6ケ月後に又眼圧を計りに来てくださいと言われました。その後どうしても気になったので総合病院の眼科に行き、同じような検査と更に瞳孔を開いても見てもらいました。結果、視力も視野も問題ないので高眼圧症ではないかと言われました。(その日は眼圧24でした) 眼圧を下げる点眼を貰えるのかと思ったのですが、「視野、視力問題ないですし・・」と言われ何も貰えず、定期的に眼圧、1年に一回は視野検査をするよう言われ帰って来ました。

緑内障でないと目薬は貰えないものなのでしょうか? 又、どういった事に気をつければいいのか? アドバイスも頂きたくメールしました。父方の祖母が緑内障でした。最近サプリメントでルテインを飲み始め、毎日一回は目を温めるようにしております。ひょっとして更年期障害の一つでは?と考えたりもしています。思いつくままに書いてしまいましたが、どうかアドバイスをお願いいたします。


病気でなければ治療はしません。目薬を貰えないのは幸せなことです。今は緑内障ではないですが、定期検査で毎回眼圧が高く高眼圧症が確定すれば、緑内障に進行させないために点眼が必要になるかもしれません。今後も点眼が必要なければ言うことなしです。定期検査を忘れないように受けましょう。

生活上注意すべきことは特にありませんが、緑内障の一部は遺伝傾向がありますので、血縁に緑内障がある場合は申告しておきましょう。サプリメントは効果不明ですが悪くはないと思います。温めるのはスッキリさせるためには良いと思います。色々と思い悩むことは何も無いと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-03-15 09:59 | 緑内障

光源不明の残像


最近、晴れた日に外に出て、15分から20分ぐらいすると光の残像が見えます。

残像は、少し太い線のような形のものが、目の中心に円状になっていて、地図記号の工場の、円の部分を抜いたような感じで、右目が早く現れ、遅れて左目もなります。動いたりすることは無く同じ位置で、瞬きすると見えます。室内や夜は見えませんが晴れた日の外では必ず見え、室内に入ってしばらくすると見えなくなります。

小さい頃から強度近視で飛蚊症もその頃からありますが、飛蚊症、視力、(自分のわかる範囲で)視野など、他におかしくなった点が特に無いので病院にいくか悩んでいます。デスクワークで、いつも目は重たい感じなのですがそういったことも関係あるのでしょうか。宜しくお願いします。


残像が見えるのは普通のことですが、その元になる光源がわからないのでしょうか。

光源が不明な残像様のものは、網膜の疾患でも起こることがありますので、眼科受診してくださいね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-03-13 09:25 | 何かが見える

目が勝手に動いてしまう


5歳の子供のことについてです。

以前より、保育園の先生の方から「視線が合いにくい」「どこをみているかわからない」という指摘を受けていました。子供いわく「目が勝手に動いてしまう」と言っています。

実際、全く視線が合わないのでなく、最初は合っているものの、すぐにそれる(そらす?)。「目を見て」と言うと、上目遣いのような、横目遣いのような不思議な視線で一生懸命こちらを見ようとしていますが、視線(眼球?)は、こちらを向いていません。が、子供としては一生懸命こちらを見ているようです。

1歳前から内斜視?(間接性斜視?)と思えるような視線がおかしい時があったこと、(これは、1歳半健診、3歳健診でも異常はなく、また、個人的に2~3歳の間に定期的に受診した小児専門の眼科でも 異常は言われませんでした。) 3歳頃から、ストレスが来ると瞬きが頻繁にあること、などから、精神的なものか、発達的なものか、目の異常からくるものか、何かよくわからずにいます。

ここだけの内容で、お答えいただくには難しいとは思いますが、よろしくお願いします。


どちらか一方の目だけが横を向いているのなら斜視ですが、視線が逸れるのは両目ですよね。

「1歳前から内斜視?(間接性斜視?)と思えるような視線がおかしい時があった」ということですが、それはおそらく偽内斜視と言われるもので、顔の向きによって内斜視に見えるだけです。ですから、以前から斜視は無かったと考えて良いでしょう。

「2~3歳の間に定期的に受診した小児専門の眼科でも 異常は言われませんでした」ので、眼科疾患は除外して考えて間違いないでしょう。つまり「精神的なものか、発達的なものか」の可能性があるということです。「ストレスが来ると瞬きが頻繁にある」というのも、何かのサインかもしれません。これ以上のことは眼科医にはわかりません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-03-06 11:20 | その他の疾患