excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大きな光視症から飛蚊症


当方、小学生のころより近視で、現在も強度近視です。7・8年前に、はじめて光視症があり、その数日後に飛蚊が広がり、以後、眼科医で年数回、眼底検査を受けています。

1週間前、左目にいままで感じたことの無い大きさの光を、暗闇で感じるようになり、その5日後くらいの朝に、一気に飛蚊が広がりました。規模は過去最高で、大きな糸くずが数個、粟球のようなつぶつぶが無数に左目一杯に広がってしまいました。翌日すぐに、それまで数回検診を受けていた病院で眼底検査を受けましたが、網膜への穴・やぶれは無いとのことで特段の処置も無く、経過観察となりました。

つぶつぶはあまり気にならなくなりましたが、ざーっとなみうつような感覚と、眼球を動かすたびにうごく黒い影、しろいきりのような影が、とても疲れます。左目の眼球周りの筋肉がとても「肩がこるような感覚」で非常に疲れます。病院でも「目いっぱいにひろがって気持ち悪い」と訴えましたが、「そのうち消えてくる(慣れてくるので、)」とのことでした。しかし、ここまで大きな広がりは初めてで、ゆらゆらとゆれて、白い霧のようなものが目の真ん中を通過する時は、とても目が疲れます。仕事もデスクワーク中心で、PCを使うことが多く、つらいです。やはり、ひたすら慣れるまで待つしかないでしょうか。もちろん今後も定期健診は受けるつもりです。


ひたすら慣れるまで待つしかないでしょう。取り除く方法もありません。しかし、徐々に薄くなることもありますよ。

おそらく後部硝子体剥離という状態なのでしょう。眼球の中には硝子体という、ちょうど卵の白身のようなものが詰まっています。硝子体は透明な繊維でできており、更にその中には多数の濁りも存在します。また硝子体は硝子体膜というほぼ透明な膜に包まれており、それは光を感じる網膜に密着しています。

硝子体の繊維は年齢と共に収縮してきます。それによって色んなことが起こるのですが、その一つに網膜から剥がれる事があります。硝子体が縮んで網膜から剥がれようとすると、網膜を内側から引っ張ることになります。網膜の神経細胞は光を受けると脳へ電気信号を送りますが、押されたり引っ張られたりしても電気を発生し脳へ送られます。脳は網膜からの信号を光としてしか認識しないために、押されたり引っ張られたりした部分が光を感じたと認識し、人間は光ったと感じるのです。

「いままで感じたことの無い大きさの光を、暗闇で感じるように」なったのは、それだけ広い面積の網膜が引っ張られていたためで、それが剥がれたために硝子体は大きく動くようになり、大規模の飛蚊症が現れたのでしょう。ともあれ、網膜が破れていなかった事が幸いですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-01-30 15:26 | 網膜・脈絡膜

緑内障予防のために点眼?


初めまして。緑内障の点眼液について相談させてください。現在の目の状態は、右-4.25 左-3.7 乱視があります。眼圧は正常。仕事でPCでの作業が多いためドライアイになりやすいです。

昨年9月初旬、突然のめまいを機に、2ヶ月くらい、ふわふわしためまい感と目の重みが続き、今まで使っていたハードコンタクトレンズが、着けるとごろごろし、乾きやすくなってしまいました。たまに使用していた使い捨てレンズも少し見えにくくなりました。現在は、めまい・目の重みは無くなったものの、依然、今までのコンタクトレンズでは調子悪く、メガネでの生活をしています。

めまいがあった時には、耳鼻科・脳神経外科(CT・MRI検査ともに異常なし)などにかかりましたが、すべて特に異常はなく、結局、内耳が少し弱っていたのと、疲労・ストレス・首こりからきているのではないかということでした。また、目が原因かと思い、かかりつけの眼科医に行ったところ、こちらも、特に異常なし。眼圧も正常でした。ただ、視野検査(十字を見てラインが降りてくるような検査)をしたところ、両目、一部視野が狭くなっているとのことで(画像では一部赤くなっていました)、緑内障の域ではないが、予防のために、とミケランLA1%を処方されました。

しばらくミケランを使用していましたが、めまいでかかった総合病院の眼科でも視野検査をしたところ(こちらでは、点滅する光を見てボタンを押す検査)、こちらも、緑内障ではなく、誰でも見えにくい部分はあるとのこと。少々のドライアイもあるものの、目の状態もそんなに悪くない。逆に、ミケランは目の乾きを引き起こしたり、角膜?をざらつかせたり、点眼しだすと一生のものになるので、ミケランの点眼をやめて、1年に1回の視野検査で様子を見たらいいのではと言われました。

それ以来、ミケランの使用をやめましたが、先日、かかりつけの眼科に装着感の良いコンタクトを頼みにいったところ、やはり視野検査で見えにくい部分が同じようにあるため、今度はミケランLA2%を処方されました。

予防のためにミケランを点眼してくださいと言うかかりつけの先生と、点眼しなくても1年に1回の視野検査で様子を見た方がいいという先生。現在は総合病院の方で処方されたジクアス3%とヒアレイン0.1%を点眼しています。ミケランLAは点眼したほうがいいのでしょうか??


一つの病気に対して、2つの病院でそれぞれ独自の治療をする事はやめましょう。病院がお互いに診療情報を交換する対診という形ならば問題ありません。しかし今回は、病院の側は「緑内障でもないのに無駄な治療と検査をやっている」と認識しているはずです。また、ミケランという点眼は、緑内障または高眼圧症にしか使えません。予防のために使う必要も無ければ、法律的にも使えないのです。

病院の方にだけかかるという事は出来ないのでしょうか。コンタクトの関係でどうしてもその眼科に受診する必要があるのなら、事情を説明し、また自分の希望をきっちり伝えてください。それでも点眼をする必要があるということなら・・・・まさかそんな眼科は無いでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-01-22 11:24 | 緑内障

ムコスタ点眼


ムコスタ点眼薬は妊娠していても影響ありませんか?


新しいドライアイの薬ですね。添付文書によると

妊婦、産婦、授乳婦等への投与
1. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]
2. 授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。[動物実験(ラット:経口)で乳汁中へ移行することが報告されている。]

となっていますので影響があるのかもしれませんね。当方はまだ使用経験がありませんのでわかりません。しかし、動物実験で胎児に奇形を起こしたというような報告はありませんので、ほぼ心配無しと考えて間違いないと思います。主治医とよくご相談ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-01-17 09:48 | くすり

OCTは本当に必要か


私は8年くらい前から高眼圧症で定期検査を受けています。 3ヶ月に1回眼圧と眼底検査を行い、1年に1回視野検査を行なっています。 前回は12月に検査を受けましたが、眼圧は16と18でした。 視神経や視野にも異常は全くないと言われています。点眼薬も使っていません。

しかし、雑誌やインターネットなどを見ているとOCTと言う検査が重要だと書いてあるのをよく見ます。 私はこの8年間で総合病院や他の眼科でも診て頂きましたが、OCTの検査などは受けたことがありません。 今のかかりつけの先生にも検査を受けましょうと言われた事はありません。 やはり大学病院などのOCT設備があるところで一度検査したほうが良いのでしょうか?


今のあなたの状況ではOCTは不要です。視神経に全く異常がなく、もちろん視野も正常で眼圧が少々高めの場合、「3ヶ月に1回眼圧と眼底検査を行い、1年に1回視野検査」で十分すぎるほどです。

緑内障の治療は視神経に変化を起こさないようにする治療です。今までのやり方で変化を認めたら変化を止めるために眼圧を下げる点眼を開始します。OCTで検査をしたら「変化」が解るわけではありません。網膜の神経線維層の厚みが正常範囲にあるかどうかだけです。参考にはなりますし、ずっとOCTで経過を見ていければ問題ないのですが、あなたの場合、一度だけ受けて何の意味があるのか、甚だ疑問ですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-01-16 08:59 | 緑内障

シャープペンシル外傷


私の子供がシャープペンシルを持っていた所に、お友達がふいに来てしまい、ペン先が目に刺さりました。白目には傷が付き、角膜には刺さった跡がありました。30分程泣きましたが、その後は落ち着き、休日ということもあり、次の日に眼科に行きました。点眼薬と軟膏、抗生剤が処方されたようです。

その後、2週間経ち再度受診して視力を測ると、0.3に視力が低下していたとのこと。 レントゲンを撮ると、黒いシャープペンシルの粉のようなものが散らばっているそうです。 今は治療の術もないと言われましたが、このまま視力が下がり、失明しちゃうのではないかと心配です。 視力は回復しますか?


角膜に刺さったシャープペンシルの芯が眼球内で散らばっているのですね。芯と一緒に雑菌などが入っていなければ、あまり問題を起こすことはないと思います。角膜の傷が完全に治り、眼内に炎症を起こさなければ、視力が下がることはないと思います。

「0.3に視力が低下」というのは、矯正視力が初診時に比べて低下しているということでしょうか。角膜の傷が中央にあり、回復が長引いたり眼帯をしたりすると有り得ると思いますが、傷自体が完全に治っているのであれば、訓練等で治療する方法もあると思います。子供の視力は、親も眼科医も必死になって直そうとしますので、心配するよりも「為るようになる」と構えていた方が良いでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-01-16 08:56 | 外傷