excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

頭痛と同時に充血・眼痛


私の友人は一日に一~二回ひどい頭痛がすると言うのですが、その場所がいつも決まって目のあたりだと言うのです。

なんでも中学生の時、右目を殴られたせいで右の眼底骨がない(?)とのこと。手術するはずだったのですが、まだ若いので手術はせずに様子を見ようということで決まり、ただし右目を強く押せば目が陥没してしまうので注意するようにと言われたそうです。

その事件の前も頭痛持ちで、事件後も度々頭痛はあったようですが、最近は特に頻度が増えて痛みも大きくなっていると言っています。以前は市販の頭痛薬(ロキソニン、リンクルアイビー)で治まっていたのに、それも効かないそうです。

昨日は頭痛と同時に目が赤くなり、涙も出て、痛みも酷かったそうです。症状が悪化しているようでとても心配ですが、彼は医者には行かないと言っています。専門家の方の意見をぜひ聞かせて頂きたいです。宜しくお願いします。


眼窩吹き抜け骨折という状態です。眼球の入った円錐形の箱の一部の薄い骨が割れて、おそらく副鼻腔に繋がっているのでしょう。それだけですんでいたら問題ないのですが、「頭痛と同時に目が赤くなり、涙も出て、痛みも酷かった」というのが気になります。

副鼻腔炎などがあると眼球の後ろで感染を起こす危険があります。炎症が視神経まで及ぶと大変な事になります。眼科と耳鼻科、できれば脳神経外科もある病院の眼科を受診し、今までの経過を詳しく伝えてください。眼科だけの病気かもしれませんが、耳鼻科や脳神経外科も受診する事になるかもしれません。大事に至りませんように。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-09-21 09:38 | 外傷

視野検査の頻度


私は8年前から高眼圧症のために眼科で定期健診を受けています。治療はしておりません。

今のかかりつけの先生は、眼科専門医の先生でとても親切で丁寧な先生ですが、精密眼圧検査と眼底検査は3ヶ月ごとに検査して下さいますが、視神経は全く正常なので視野検査は2年に1回で十分だとおっしゃいます。外来時の平均眼圧は17~21くらいです。

しかし、雑誌などを見ると半年から1年に1回は必要と書いてあります。やはり一般的には視野検査は1年に1回は受けるべきでしょうか? 河野先生はどのようにお考えでしょうか?


指示通り2年に1回で十分だと思います。良心的な先生にめぐり合ったと思います。

高眼圧症にもいろいろあります。
視神経、視野などに全く異常なく、眼圧がたまに20を超えるもの。
視神経、視野などに全く異常なく、眼圧が頻繁にに20を超えるもの。
視神経、視野などに全く異常なく、眼圧がいつも20を超えているもの。
以上の3つは緑内障ではなく、全く正常といっても良いものです。

視神経に少々の異常と思われる所見があっても、視野に異常がなければ高眼圧症で経過観察するのが普通です。
視神経に明らかな異常所見があっても、視野に異常がなければ高眼圧症で経過観察する場合があります。
視神経に異常所見があり、視野にわずかな異常があっても高眼圧症で経過観察する場合も考えられます。

文面から察するに、「視神経、視野などに全く異常なく、眼圧がたまに20を超えるもの」だと思われますので、妥当な診療内容だと思います。しかし眼科によっては「半年から1年に1回は必要」と誰にでも濃厚な検査をするところもあるようですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-09-21 09:29 | 緑内障

結膜炎の検査と診断


夕方の西日が強い時間に窓を右側に本を読んでいた時、ふと右目に強い太陽のようなオレンジ色の一筋の光を横から感じ、思わず目を背けてしまいました。反射的に瞼を閉じた時、右目の外側に血管?雷?のような残像がありましたがすぐ消えました。光を感じた時は瞬きはしていません。

光視症で、目を開けている時に反射的に目を背けてしまうほど強い眩しさを感じることはあるのでしょうか?また、残像が残ったりしますか?ただ、思い当たる節がありまして、我が家のベランダの柵は簀の子のような構造で時間によってはステンレスの板と板の細い隙間から光が差し込むことがままあります。これである可能性もあるにはあるのですが…

もうひとつ、結膜炎について。酷いめやにや充血、かゆみなど、結膜炎の代表的な症状がまったく無くても結膜炎の可能性はあるのでしょうか?私の症状は目がゴロゴロする、若干の充血、空や白い物がいつもより眩しく感じる、コントラストが大きいものを見るとチカチカする、です。風邪、鼻水は出ません。また、結膜炎かどうかを調べる検査方法はありますか?


光視症でそれほど眩しいことはありませんし、残像が出来る事はありません。紛れもなく太陽光またはその反射が目に飛び込んだのだと思います。「血管?雷?のような残像」というのは、血管のように枝分かれしたものでしょうか。それならば、ある程度の面積のある光が入ったことによる血管の影でしょうか。稲妻のイラストのように一筆書きにできるギザギザでしょうか。点状の強い光(要するに太陽またはその反射)が短い時間(0.2秒とか)入れば、その間の目の動きによって線を描くこともあるでしょう。

次に、結膜炎は非常にありふれており簡単な病気のように思われがちですが、種類も多く治療も難しい病気です。目の症状が一切なく、快適そのものであれば結膜炎は無いかもしれません。しかし「目がゴロゴロする、若干の充血、空や白い物がいつもより眩しく感じる、コントラストが大きいものを見るとチカチカする」というように様々な症状が有るのなら、結膜炎は有ると考えてほぼ間違いないでしょう。検査は、眼科医が結膜の状態を診れば解るのですが、色素で染めたり、場合によっては結膜の細胞診や涙液の成分検査をすることもあるでしょう。眼科医以外に出来る検査は無いと思ってください。

ただし、結膜炎の診断自体、眼科医によってばらつきが多いように思います。結膜炎があってもそのことを指摘せず、治療しない眼科は多く存在します。「メバチコ」「ものもらい」で受診する人は多いですが、繰り返し発症しその都度眼科に行っているのに、その原因の説明を受け治療をしたことのある人はごく僅かです。その多くが慢性的なアレルギー性結膜炎を持っており、(かゆいという症状を自覚するしないに関わらず)時々目を擦っているのです。もし眼科医自身がその状態ならば、つまり少々目を擦ることを普通の事だと考えているのならば、その段階での治療は望むべくもありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-09-12 12:22 | 角膜・結膜

眩しさが続く


8月19日に眼底検査をしました。12日に左眉毛の上のおでこを強打した際、左目の奥がジュワ~ッと熱くなり涙がぶわっと出てきのがずっと心配だったのと、19日の朝起きて左目がゴロゴロしたためです。(おでこをぶつけた時は半端無く痛く、ぎゅーっと目をつむって相当な痛みをこらえました…。脳のCTは異常ありませんでした。)眼底検査の結果は問題無しでしたがゴロゴロ感を無くすための抗生物質など2種類処方され帰宅しました。眼底検査が夕方だったので目のピントが正常に戻ってから点眼しようと思いその日は寝ましたが、朝にはゴロゴロ感が無くなっていたので点眼薬は使用しませんでした。いつもの通り仕事をし、ゲームもバリバリ遊んでいました。

23日になると両目に少し多めの目やにと左目のゴロゴロ感が出てきました。両目の表面がヒリヒリ痛くなりました。朝起きて居間の白いレースのカーテンがいつもより眩しく感じ、屋外に出ても(晴れでも曇りでも)眩しく感じました。目が開けられないほどではありませんが自然と目に力が入ってしまいます。蛍光灯に照らされた部屋も眩しく感じます。エスカレーターの階段の模様やアスファルトの横断歩道の白い部分もチラつき始めました。

24日に眼底検査を受けた病院に行くと「眼の風邪のようなものだから前に出した点眼薬2種類を点眼すれば目やにも止まって、眩しいのも治る。ドライアイではなく軽い結膜炎のようなものだ」と言われ、丸2日点眼しましたがゴロゴロ感と眩しさだけは一向に治りません。26日に別な眼科に診てもらったところ、検査の結果ドライアイの診断を下されました。涙の量は右5mm、左3mmと少なく、右目には小さなキズが1カ所と涙に覆われていない部分がポツポツポツーっと複数ありました。キズなどはヒアレイン0.1%の点眼で次の日には無くなっていました。9月1日~現在までヒアレイン0.3%を1日6回点眼しています。おかげでゴロゴロ感は少なくなってきましたがまだ眩しさは残っています。

<質問内容>
Q1 抗生物質の点眼ですが、丸2日の点眼だけでは短すぎたでしょうか?その後、ドライアイと診断されてはいますが…。

Q2 眼底検査について、先生の以前の回答を拝見しました。
http://kounoganka.exblog.jp/13754258/
>普通は3~4時間で効果はなくなりますが、点眼の種類によっては2週間以上作用が続きます。しかし、目が変化したままになる事はありません。

飛蚊症が良性かどうか気になるので数日後にまた眼底検査をしてもらおうかと思っています。今度は両目をやってもらおうと思うのですが、左目の眩しさが「点眼の種類によっては2週間以上作用が続きます」←これに当てはまっているとしたら、右目も眩しくなってしまうのではないかととても心配です。左目の眩しさがドライアイで眩しいのか検査の作用が残っているのか、わかるにはどうしたらよいですか?


点眼方法は完全に間違っています。点眼を入手したら指示通りに開始し、次回の診察までそのまま続ける必要があります。瞳孔を拡げているから点眼できないということは根拠がありません。もちろん、「症状が消えたら中止」「5日で中止」「点眼がなくなったら中止」などもありますが、それはその都度指示される事です。19日から24日まで必要な点眼をしていなかったために、治癒が長引いたのかもしれません。26日以降点眼していないのであれば、なおさらです。

パソコンやゲームを長時間続けていると、ドライアイになる可能性が高くなります。瞬きを忘れて熱中するために、角膜が乾燥してしまうのです。ですから、ドライアイはもっと以前から有ったのではないでしょうか。

眩しさの原因として考えられるのは、ドライアイ、点眼の2つだけではありません。打撲によって自律神経に異常を来たし、点眼をしたときと同じ状態になっている可能性も考えられます。近くにピントは合うでしょうか。左右とも同程度の見え方であれば、点眼と自律神経は考えなくても良いと思います。そうであれば、ドライアイまたは目の風邪(炎症)が治りきっていないのでしょう。主治医とよく相談の上、検査を受けてください。

ところで「後医は名医」という言葉をご存知でしょうか。一度検索してみてくださいね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-09-07 15:07 | 角膜・結膜

ミジンコがふらふら


春頃から、テレビの白い画面を見たり、空を見上げるとミジンコのような小さいものがふらふらしています。それと、普通に生活しているとき、視界の右上に米粒の半分くらいの大きさで赤色や、黄色のが現れ、ふっと消えます。どういう症状なのでしょうか?


飛蚊症または内視現象でしょう。

おそらく誰にでも起こりうる生理的な物だと思いますが、もしかしたら病気によるものかもしれません。眼科受診をお勧めします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-09-07 08:35 | 何かが見える

4歳児の乱視に対する眼鏡の必要性


こんにちは。4歳の子供の件で教えて下さい。上の子が遠視性乱視の為、下の子も検査するように勧められました。本日、サイプレジンという目薬を使用し、検査を行いました。
サイプレ前
≪遠見≫
RV=0.7まで (0.7まで×S+1.75D C-1.75D A175°)
LV=0.6まで (0.6まで×S+1.75d C-1.50D A180°)
≪近見≫
RV=0.9まで (0.9まで×S+1.75D C-1.75D A175°)
LV=1.0まで (空欄)

サイプレ後
遠見/右眼
裸眼VA:
(0.4 ×S+2.50 C-1.75 A×175)
(0.6 ×S+2.00 C-1.75 A×175)
(0.9 ×S+1.50 C-1.75 A×175)
(0.5 ×S+1.00 C-1.75 A×175)
(0.9 ×S+2.00 C-1.75 A×175)

遠見/左眼
裸眼VA:
(0.5 ×S+2.75 C-1.50 A×180)
(0.8 ×S+2.25 C-1.50 A×180)
(0.8 ×S+1.75 C-1.50 A×180)
(0.8 ×S+1.75 C-1.50 A×180)

との結果で、眼鏡をするようにと言われました。

もちろん私は素人なので、よくはわからないのですが、上の子は明らかに左右の遠視に開きがあり、弱視と診断されていたので眼鏡も納得できたのですが、下の子の場合、まだ4歳で、視力検査中も集中力が切れていて、正確な数値なのか、疑問もあります。数値的にも、そんなに遠視も乱視も強くないように思うのですが、先生は「眼鏡しかない」と言っていました。

河野先生なら、どう診断されますか?眼鏡は必須でしょうか?親のエゴなのでしょうが、まだ4歳では眼鏡も鬱陶しいでしょうし、どうしても必要というのでなければ、眼鏡なしで経過観察や他の治療などで様子をみていけたら...と思っています。もし、眼鏡なしで治療する場合、他にどんな治療法がありますか?お忙しい中、誠に申し訳ございませんが、お教え下さい。宜しくお願い致します。


確実な安心を得るためには「眼鏡しかない」と思います。眼鏡以外の治療方法は有りません。ある程度の乱視のある4歳の子供の脳に鮮明な画像を見せてあげる方法は眼鏡しか無いのです。

確かに視力も割と良いですし、屈折異常も高度とは言い切れません。経過観察という方法も間違いではないと思います。しかしその場合は、弱視になるかも知れないというリスクがあることをお忘れなく。また、運よく経過良好で弱視にならなかったとしても、矯正視力が1.5とか2.0になる事は無いと思ってください。

大抵の親御さんは、小さなわが子に眼鏡をかけさせるのは可愛そうだと感じています。ですから現実問題として、親の教育期間と考えて、あと1年ぐらい経過観察でも良いかな、とは思います。今、眼鏡をかけたら、10歳で裸眼1.2、矯正2.0も夢ではないと思いますが、来年からだと1.0(1.5)、再来年からだと0.9(1.2)程度かもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-09-07 08:33 | 視力・斜視