excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

視神経乳頭陥凹拡大を一年間放置して大丈夫?


今年の人間ドックで「視神経乳頭陥凹拡大」と初めて言われ、近くの眼科にて再検査しました。眼底検査・視野検査・眼圧検査を行い、視野、眼圧ともに正常なものの乳頭陥凹はやはりあるようです。結果としてはまだ緑内障の診断はつかず、経過観察で今後一年に一度検査するように言われました。目薬等の処方もありませんでした。

このまま一年待っていて一年後に検査した時に既に進行し緑内障になったりしないのだろうか?と不安になっています。正常眼圧でもさらに眼圧をさげることで予防できるという話も色々なところで見ました。

このような場合待っているしかないのでしょうか?それとも半年くらいしたら他の病院に行くべきでしょうか?また、日常生活で気をつけることはありますか?以上ご回答よろしくお願いします。


乳頭陥凹はどの程度なのでしょうか。鮮明な立体写真でも見せていただかなければ程度がわかりません。視野測定で「正常」というのはスクリーニング検査でしょうか。閾値検査でしょうか。「正常」というのは、「正常範囲」を含みますので、どの程度なのか判断できません。なんと言う視野計のどのプログラムでどんな結果でしょうか。プログラムによって感度や判定に違いがでます。

このようなことが解らないと、治療方針を立てる事はできません。つまり、現在の主治医にしか出来ない事なのです。従って、どの眼科医も同等のレベルであると仮定した場合、主治医のみが正しい判断をすることが出来るのです。

実際の治療方針は、当事者である患者さん自身の考え方も反映されなければ、実行する事はできません。しかし患者さんからの申し出が無ければ、主治医は最善と考えられる方針を説明することになります。是非とも再診した上で医師患者双方が納得できる方法を相談して決めてください。

>今年の人間ドックで「視神経乳頭陥凹拡大」と初めて・・・・
毎年受けていたのなら変化があったと思われるかもしれませんが、同じ眼底写真でも「異常なし」になったり「要精密検査」になったりします。判定医の経験、能力、考え方の違いによるものであり、必ずしも悪くなったとは言えません。今年の判定には今年の写真しか使用せず、「変化」を読み取る事はしないのです。前年の判定結果はわかりますので、おそらく来年以降は毎年引っかかるでしょう。

>正常眼圧でもさらに眼圧をさげることで予防できるという話も・・・・
そりゃそうでしょう。日本人全員に点眼を義務付けたら、日本人の緑内障罹患率は世界最低になるかもしれませんね。

>半年くらいしたら他の病院に行く・・・・
まったく必要性を感じません。もちろん眼科医によって見立ての違いはあるでしょうから、行く価値はあるかもしれません。でもそこで違うことを言われたらどうします?もう一軒行きますか? また、日常生活で気をつけることは何もありません。普段は忘れていて構いません。次回の人間ドックで同じ判定が出ると思いますので、その時に思い出して眼科再診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-08-30 16:11 | 緑内障

ぴかっと光が見える気がする・・


早速のお返事大変感謝いたしております。ありがとうございました。

黒い虫は飛蚊症であるということですね。あまり気にしないように本人にも話せば良いと理解しました。一点を見つめると見えるものについては、ほっとしております。ありがとうございました。

今日になって、本人に聞いてばかりいるので、緊張したり、心配しているようで、少し私も質問攻めにしすぎたと反省しているところです。話し出すと、瞬きしたり、ぼーっとして見ている時に、毎回ではないものの、ぴかっと光が見える気がすると言い出しました。これも飛蚊症の一種と考えても良いのでしょうか?これについては私も言われてみればそんな気もするし、変と言えば変なのかなど考えてしまいました。

しつこい様ですが、何か異常があれば眼科の先生も見逃したりしないですよね?

子供の目の見え方は本人しかわからないし、なかなか想像しにくく、同じ状態を再現できませんので、よくわかりません。自分で見え方にも気を使っているようで、本人も心配なんだなあと感じることが多いものですから。

お忙しいところ何度も本当に申し訳ありません。子供のこととなると自分よりもいろいろ心配になり、夜も眠れないことが多くなります。神経質かと思われるとは承知しておりますが、何卒よろしくお願いいたします。


>ぴかっと光が見える気がする・・・・
よくあることですよ。と、言ってしまえば終わりですが、神経細胞は常に何らかの信号を発しており、そういうことは当然ありうるのです。もし経験が無いのであれば、暗い部屋で目隠しを何重にもして、これ以上暗い状態は作れないというぐらい暗くしてみてください。その状態で目を動かしてみて、全く何も見えないでしょうか。完全に真っ黒、漆黒の状態でしょうか。

>しつこい様ですが、何か異常があれば眼科の先生も見逃したり・・・・
誰にだって見逃しはあります。神様じゃないんですから。どうしても心配なら、再診を繰り返すしか無いでしょうね。質問を箇条書きにしておいて、再診時に納得できるまで聞いてみてください。こんな所で質問するよりは具体的な説明があると思いますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-08-29 12:07 | 何かが見える

一点を見つめていると・・・


小学生の子供の目の件で質問させていただきます。

①毎日ではないと思うが、日に一度くらい、目に黒い糸のような虫のようなものが見えたりする。
②一点を見つめていると、まわりが暗くなったりチェックのように格子模様に見えるが、中心は見える。そして瞬きするとすぐに消える。

先日眼科で夏休みでもあるし、視力検査をしようというので行って来ました。そのときはそのようなことは言ってませんでしたので通常の検査でした。散瞳していませんがたぶん眼底も診ていただいたとは思います。眼圧も異常はなかったです。視力も左右とも1.2出ていました。

このようなことは何年か前よりあったらしいのですが、特別のことと思わず過ごしてきたと言います。

散瞳して検査していただいたほうがよろしいのでしょうか?小児眼科でみていただいたほうがよろしいでしょうか?何か大きな病気でしょうか?失明にかかわりますか?お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


結論は「異常なし」です。ご安心ください。

目の中には卵の白身のようなもの(硝子体)が詰まっています。その中には糸状の濁りも存在し、その影が網膜に投影されて見えることがあります。生理的飛蚊症と言われるものの一種です。硝子体自体も線維で出来ており、その中に胎生期の血管の名残(血液の流れていない血管)が浮かんでいるのです。

目に入った光が全て見えるのではないのです。光に変化があった場合にその情報が脳に伝わって見えるのです。一箇所を見つめているようでも、実は眼球はミクロの単位で小刻みに動いており、そのおかげで静止したものでもちゃんと見えるのです。もし、眼球の小刻みな動きを完全に止めることが出来たとすれば、動くもの、変化したものしか見えなくなるはずです。一点をじ~~~っと見つめていると、それに似た状態になると考えられます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-08-25 12:17 | 何かが見える

コンタクト装用前後の見え方の違い


先日のご相談でも自宅でメガネを使用していると記載したのですが、メガネの見え方に、とても差があることがあります。

家に帰ってコンタクトをはずしてしてめがねにした後しばらくよく見えるのは、ハードコンタクトにより角膜が矯正?されているせいなのでしょうか。

また体調の悪い日などは、テレビの細かい字幕など、よく見えているときに比べかなりボーっとしか見えないような気がするのですが、こんなに体調が関係するものでしょうか。

入浴前後だと、入浴後の方がはっきり見えるのは、頭がすっきりするからなのでしょうか。よろしくお願いいたします。


コンタクト、特にハードレンズの場合、装用前と装用後で目の屈折度数が変化する事があります。コンタクトをのせている事で角膜が酸素不足になり「ふやけて」度数が変わったと考えてください。例えば角膜周辺がふやけて分厚くなると、近視のコンタクトを乗せているのと同じになり、近視の度数は小さくなります。そのために、眼鏡を処方するときは、少なくとも当日は朝からコンタクトを使わずに受診してもらいます。

体調によって見え方の鮮明さが変わる事は当然あるのですが、角膜自体に変化、例えば傷が出来ているとか「ふやけて」いるとかも考えられます。また、結膜炎がある場合も涙の濁り具合で霞んだりします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-08-22 09:38 | 視力・斜視

屈折と視力について


視力を表すときに-何Dという表示を見ますが、あれはレフ値?を元に表しているのでしょうか。

私は最強度近視で、レフ値だと-13~15くらいまでバラつきがあります。(検査員の方にもよるのかもしれませんが)コンタクトだと-10.5Dで1.0見え、メガネだと-12Dで0.8~0.9くらいです。強度近視のひとはレフ値が強めに出るとは言われましたが…。

ネット上で「自分は-何Dで…」と言っている方などは、コンタクトの度数を言われているのでしょうか。


オ-トレフで測定したときのデータは、その目に何ジオプターのレンズを入れると遠くにピントが合うかを数値にしたものです。-10.0Dと出たならば、-10.0Dのメガネレンズを使えば遠くにピントが合うという理屈です。ただし、近視の方は緩めのメガネで遠くまでピントが合ったと感じますので、レフ値よりゆるい度数でメガネが処方されるのが普通です。

また、オートレフの数値は眼球表面から12ミリ離れたメガネレンズを基準にしていますので、それが-13.0Dなら計算上-11.24Dのコンタクトと同等になります。ちなみに、-10.5Dのコンタクトは-12.0Dのメガネと屈折力は同等です。

しかし、メガネの方が目から離れているため光は拡散し、網膜に1.0の分解能があっても、1.0の指標は(メガネの凹レンズのせいで)縮小されてしまい、1.2ぐらいのサイズで網膜に投影されることになります。1.0の分解能の目には1.2のサイズで投影された1.0の指標は見えません。ですから近視の場合には、コンタクトの方が緩い度数で視力の数値は大きくなります。逆に遠視の場合はメガネの方が緩い度数で視力の数値も良くなります。

ネット上で「自分は-何Dで…」と言っている方がこのようなことをご存知で区別しているとは思えませんので、聞き流す程度にして下さい。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-08-20 15:48 | 視力・斜視

コンタクトのかわりに手術は


強度近視で、20年近くコンタクト(酸素透過性ハード)を使用しています。

目が悪いことを自覚し、3か月~半年ごとに眼科専門医の元で定期検査も受け、いつも特に問題ないといわれています。若いころは仕事で長時間コンタクトをつけっぱなし、ということもたまにあったのですが、現在は帰宅したらメガネに変えています。しかしメガネだと見え辛くしんどい、と先生に相談したところ、「つけたまま寝たりしなければ、無理にメガネを使おうとしなくても大丈夫だよ」と言われました。

ところでご質問したい内容なのですが、最近、屈折矯正手術行う医院のHPなどで「コンタクトは危険」「コンタクトは20年以上はできない」といった理由をあげ、屈折矯正手術を薦めているものをよく見かけます。私の周りでも、コンタクトを長い年月使っている人がおらず、先にも述べました通りメガネだと視力が出にくいため、自分はこの先何年コンタクトを使えるのだろうかと考えると不安です。

正しい使い方をしていれば、コンタクトって、年十年くらい(何歳まで)使えるものなのでしょうか。私の場合強度近視のため、もし屈折矯正手術を考えるのであれば、レーシックではなくフェイキック等になると思うのですが、まだまだ症例数も少なく、合併症等の不安があります。あと10年後くらいに「もうコンタクトはやめたほうがよい」というような状態になって、「フェイキックも適応年齢ではない」と言われるとどうにもこうにもならないと、いろいろ考えては頭がぐるぐるしてしまいます…。よろしく御回答お願いいたします。


コンタクトを長期間使用することで、角膜内皮細胞が減少すると言われています。しかしそのことで角膜がにごったという人にお目にかかったことはありません。定期検査を受けているのであれば、コンタクトが一番安心なのではないでしょうか。もちろんコンタクトをしないのが最良ではありますが。

レーシックに関しては、業者のHPは嘘が半分だと思ってください。良い事は大げさに、悪い事は隠しています。個人のHPを装って宣伝する事も当たり前です。いくら手術が上手くても、不具合が有ったときに誠実に対処してくれるとは思えません。従って手術、特にレーシックのように目に不可逆的な細工をする方法は、当院では決して勧めません。フェイキックについてはよくわかりませんが、やっている業者は同じですので、信頼できません。

酸素透過性ハードも良いのですが、シリコンハイドロゲルのワンデーコンタクトの方がより安全だと認識しています。度数に限度がありますから、強度近視の場合には無理かもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-08-09 17:21 | コンタクト・めがね

コンタクト使用時の症状


コンタクトを付けると、右目だけよく曇り、瞬きするごとに上目蓋にコンタクトがよく引っ張られます。それがしばらく続くと、ごろごろ感が出てきて、目を閉じると瞳に痛みがあります。コンタクトを外すと徐々にごろごろ感も引いていきます。


コンタクトが上にずれるのは、レンズが汚れており、まぶたの裏にブツブツが出来ているためです。ブツブツが汚れたレンズを引っ掛けて持ち上げていると思ってください。結膜炎ですので眼科受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-08-09 17:01 | コンタクト・めがね

点眼治療は一生続くのか


現在高眼圧で目薬治療(ルミガン)を7~8か月おこなってます。最初は23くらいでその後目薬治療開始して以来17くらいで安定してます。

一生点眼治療は必要でしょうか?徐々に点眼治療をしなくてもすむようにはなりえませんか?以上宜しくお願い致します。


「緑内障の薬は一生止められない」
「高血圧の薬は一生止められない」
などと言う人が多いですが、必ずしもそうではありません。

眼圧が十二分に下がって、なおかつ視神経に変化が無ければ、中止する事も可能です。当院でも実際何人かの人は緑内障点眼を中止して経過観察しています。

あなたの視神経に、緑内障を疑わせるような所見が全く無いのであれば、点眼薬の中断を主治医に申し出てみては如何ですか。くれぐれも勝手に中止して放置しないようにしてください。

点眼を止める事は、それだけ危険にさらされるということですので、視野検査等の頻度は点眼中より増えると思ってください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-08-09 11:58 | くすり

緑内障の心配


緑内障について心配なことがあるので質問させていただきます。元々飛蚊症と光視症、アレルギー性結膜炎を患ってて、目はかなりの強度近視です

この前、白い壁を見てるとマリオット盲点の上に大きな光視症のようなものが見え、白い壁のオレンジ色の汚れをそこに当てて確かめてみると、ぼやけて消えてしまいました。たぶん、光視症のせいだろう、と思いましたが、緑内障はここから欠けていくと認識していたので不安になり、光視症の影響が少ないんじゃないかと思われるパソコンの真っ白な背景で片目は瞑った状態で、マウスの矢印をゆっくり動かしたり速く動かしたりすると一瞬見えなくなり、びっくりして何度か確かめたのですが、今度は見えるようになってました。

そして、またもう一度確かめようと思い矢印を動かしてたらまた見えなくなり、一体どこが見えないのか特定すべく目の位置をきっちり固定し、矢印をしゃっしゃっしゃと動かしたのですが、どこなのか分からず断念しました。暗点がだいぶ小さいせいなのでしょうか。

まだ18歳の上、1年前も近所の眼底検査で異常はなかったので、緑内障はないだろうとは思ってはいるのですが…もし緑内障だったとして今、視野検査や眼底検査しても暗点がだいぶ小さい為、見逃されることも多々あると思います。半年後ぐらいに眼科に行くべきでしょうか。そんなに怖い病気ではないと知りながらも、やはり不安です。駄文になってしまいました。申し訳ないです。もし、お暇ならご回答してくださると嬉しく思います。


>マリオット盲点の上に・・・・
ということは、すでに盲点の存在を自覚しているのですね。

>大きな光視症のようなもの・・・・
光視症というのは無いはずの光が見える症状ですが、色んなパターンがありそれが本当に光視症なのかどうかわかりませんし、光視症であったとしても安全なものかどうかわかりません。

>緑内障はここから欠けていくと認識・・・・
認識不足ですよ~。そんなところから視野が欠けていくのは稀です。普通は鼻の側から欠けはじめます。

>暗点がだいぶ小さいせい・・・・
マリオット盲点そのものを探しているように思いますが、すでに盲点の存在を自覚しているのですよね。

>見逃されることも多々あると・・・・
眼科医が見逃す確率より、素人判断で間違える確率の方が遥かに大きいと思います。ご心配でしたら半年後と言わず眼科受診すべきでしょうね。但し、おそらく異常は見つからないと思いますが・・

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-08-04 13:17 | 緑内障