excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

黄斑浮腫に対する硝子体手術


高血圧からの眼底出血の後遺症として黄斑浮腫と診断されています。

注射後は一時的に浮腫は少し引きますが3ヶ月後には元の状態に・・・1~2ヶ月前までは?硝子体手術を勧められていましたが、最近は根治しないし感染症やステロイド緑内障、再発時の治療を考えてもう少し様子を見るということです。

片方が裸眼でも1.2あり、全く不便はないのですが、バランスが悪く悩むところです。基幹病院で検査もOCTをとりながらで執刀医も決まり信頼はしております・・・

そこで質問ですが、この病気で硝子体手術を受けたときのリスクを教えてください。ネットでは最終的に硝子体手術とありますが、受けるときの指針のようなものはありますか?


黄斑浮腫の状態も様々で、硝子体手術も色んな方法(手技)があります。つまり、どんな目に誰がどんな手術をするのか判らないのでリスクも判らないという事です。同じ術者が、同じ病名の同じ手術を受ける別々の患者に対して、それぞれ違う説明をするのです。ですからこれはネットで相談するものではなく、手術をする医師に直接聞くべきものなのです。ご了承ください。

「信頼はしております」は本当でしょうか。手術までに疑問点は全て解決しておいてくださいね。それが指針です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-03-31 12:27 | 網膜・脈絡膜

霰粒腫?を取るべきか


繰り返すマイボーム腺梗塞で相談させてもらった者です。前回の回答で殆どはアレルギー性結膜炎が原因との事で、花粉症の為目のアレルギーは確かにありました。なので、マイボーム梗塞は一旦治療せずアレルギーを抑える治療になりました。それで処方された目薬は3種類です。この目薬でかなり良くなり、目も全くかゆみ・痛みもなくなりました。約2週間この目薬をさしています。

ところが、何か目がゴロゴロするなとふと上まぶたをめくりましたら、今までのマイボーム梗塞で悩まされていた所よりも更に奥側(まぶたの真ん中位の箇所)に、大きな出来物が出来ていました。見た感じ約5mmはあるかと思います。

慌てて眼科に行ったのですが、目薬を処方されただけでした。自分としてはごっそり取って欲しかったのですが、手術の必要はないの一点張りでした。とにかく目が圧迫されている様な気がして気になって仕方がないのです。この時に処方された目薬はベガモックス点眼液です。今は、上記に書いた3種類の目薬+今回の1種類の目薬計4種類の目薬をさす様に言われています。次回は4月中旬頃に来るようにと言われています。

この状態のままずっと過ごさなくてはいけないのでしょうか?それとも手術をした方がいいものなのでしょうか?今までは温めろと言われ今度は冷やす方がいいと言われ正直どうなの??とパニックです。行くたびに、診察料と薬代を払い一向に良くならない為、金銭的にちょっと辛い部分も正直あるのですが、この処置は致し方がないのかどうかをお聞きしたいです。宜しくお願い致します。


おそらく霰粒腫でしょう。マイボーム腺の感染がきっかけで発症します。点眼する事でだんだん小さくなることはあります。手術が必要ないと説明されたとしたら、そうなのでしょう。何か理由があるはずです。

どうしても何とかしたいなら、別の眼科を受診してみてはどうでしょう。眼科医により見立ては違いますよ。

偶然ですが、この回答を書いている最中に霰粒腫の手術を一件しました。正直言いまして、手術は余り好きではありません。好きな眼科医もいることでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-03-29 17:36 | まぶた

眼鏡で目に負担??


20代後半の男です。眼鏡の使用について疑問があり、ご質問させて頂きます。

職業柄一日中パソコンを使用する為、普段(車など)の時用の良く見える度数の眼鏡と仕事用(近く専用)の度数の弱めの眼鏡を使い分けています

遠くが良く見える遠く用の眼鏡で近くを見続けると目に良くないのはよくききますが、近く用の眼鏡で普段の生活(パソコンなど近場の作業以外)で使用していると、当たり前ではありますが、遠くがボヤケて見える為、見えないモノを見ようとかえって目に負担がかかるものでしょうか?

一番目に負担の少ない方法をとり生活していきたいので、ご多忙の折、お手数お掛けしますが、もし宜しければ回答よろしくお願い致します。


視機能の発達段階の子供にとって眼に良くない眼鏡はあります。眼科ではそれに注意しながら眼鏡を処方します。しかし、それ以上の年齢ではそんな物は存在しないと思ってください。

「遠くが良く見える遠く用の眼鏡で近くを見続けると目に良くないの」ですか?そんなバカな。見えにくいだけですよ。見ようとして毛様筋が働いて目が疲れるかもしれませんが、それが直接の原因で病気になることは考えられません。老眼の人が近くが見えにくいのと同じで、それだけの事です。むしろ毛様筋は動かさなければ、筋力が低下して早く老眼が出てくるかもしれませんよ。

近く用の眼鏡で遠くを見るとピントが合いませんが、これは純粋に見えにくいだけで、毛様筋も働かず疲れることもありません。「目に負担」なんてものは有り得ません。

だいたい20代でこんな事を考えてどうするんですか。度の強すぎる近視の眼鏡をかけても近くが見えにくくならない年齢でしょう。ややこしい事は考えずに、一番よく見える眼鏡を使ってください。それがどんな眼鏡であっても、たとえ度数が合ってなくても、目に悪いことは決してありません。遠く用、近く用と区別するのは20年早いですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-03-24 14:56 | コンタクト・めがね

コンタクトと緑内障の関係


強度近視(-11Dのコンタクト使用)緑内障です。

緑内障の人はコンタクト使用すると視神経を圧迫し緑内障に悪影響をきたしますでしょうか?

普段コンタクト使用してますが眼鏡だと視力が出にくいです。


ご安心ください。そんな事は有り得ません。ボールの表面に小皿を貼り付けてもボールの硬さは変わりません。

ただし、コンタクトを眼球にのせることで、角膜はある程度ふやけます。そのために眼圧の測定値が変化する可能性があります。コンタクトを朝から入れてない日の夕方の測定値と、朝からコンタクトを入れていて夕方はずして測定したときの測定値に違いが出るということです。でも、眼圧測定は数値を評価するものではなく変化を評価しますので、毎回同じ条件で測定すれば問題ないと考えられます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-03-24 14:53 | コンタクト・めがね

内視現象


初めまして。私は強度近視で飛蚊症持ちです。

最初、空をぼーっと眺めていると光がウジャウジャ動いてるように見えました。これは自分で調べた結果(眼科には行きました)内視現象の一種であるとわかり出来るだけ気にしないようにしていましたが、最近になって明るい内(昼頃)に外に出ると、空でなくても道路や普通の壁でも光が動いて見えるようなってきました。(空もぼーっとでなくてもすぐにそう見えます)

眼科に行き別に異常はないと言われましたが、このままでは外の見え方がどうなってしまうのか心配でたまりません。気にしないようにしてはいても気になってしまい、ストレスもありました。こういった気にしすぎのストレス等からくる精神的なものもあるのでしょうか?


青空を見ることによって認識されるブルーフィールド内視現象ですね。内視現象がどういう理由で見えるのかはもう検索されているでしょうから省略します。内視現象が有るか無いかは精神的なものではありません。見える人には確かに見えるのですが、それを気にしてストレスになるのは精神的なものです。ストレスが元で別の病気が起こりますよ。

私(院長)自身が飛蚊症も内視現象も持っており、全く気にしていません。こんな面白い現象を見たことがない人を気の毒に思うというのが正直なところですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-03-24 14:52 | 何かが見える

斜視手術についての疑問


斜視についての相談です。

斜視は、軽い場合(物の見え方には問題がない場合)は手術をしてもらえないと人に聞いたのですが、本当でしょうか?

目つきのことで(少し両外向き)、かなり精神的にまいっています。リスクを十分覚悟のうえで、保険を使わなかったとしても、やはり手術はあり得ないことですか?教えてください。お願いいたします。


まず、眼科医以外の言う事は完全無視でお願いします。そして、診察をしていない眼科医の言う事も本気にしてはいけません。

それが本当の斜視かどうか、手術が可能かどうかは、眼科医が診察しないとわかりません。このメールの情報だけでは正直言って全く何もわかりません。仮に「斜視」というのが確かだとしても、その原因、種類、程度など不明だらけです。一般的な「斜視」の手術適応について書くとしても、分厚い本を何百ページ分も書き写さなければなりませんし、それがあなたにあてはまるとも限りません。

「リスクを十分覚悟のうえで、保険を使わなかったとしても」とはどういうことでしょうか。どんな手術になるかわからないのにリスクの話はないでしょう。それに、斜視手術は保険適応です。

不確かなものに惑わされず、確かなものを得るための努力をする」よう心がけてください。具体的には、斜視の手術を多く手がけている病院を探し、そこを受診するだけです。もし現在、健康保険をお持ちで無いとしても、診察を受けて説明を受けても1万円以下だと思います。手術を受けるかどうかは相談して決めてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-03-12 11:52 | 視力・斜視

まぶたの中のしこり


ちょっと心配な事があり相談させて下さい!! 下瞼の下部、クマができるところの下あたりの内部にしこりが三ヶ月くらい前からあります。しかも、両目です。腫れと多少の赤みがあります。多忙で受診ができません。 どんな病気が考えられるのか教えてください。 よろしくお願いします。


霰粒腫だと思います。非常に稀ですが、まぶたの悪性腫瘍というものもありますので、時間を作って眼科受診してみてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-03-12 11:47 | まぶた

視界の端の歪み


初めまして。最近気づいたのですが、首を回すと一瞬左目の視界左端に一円玉ぐらいの大きさで、ルーペでものを見るときにピントが合っていない感じ(歪む?)のものが見えます。光視症の光ではないと思います。

これは普段の生活内では気がつかないのですが、光がない真っ暗なところや、明るいところでも意識してみようとすると見えます。(右目にも同じような症状が合ったのですがこれは一度だけでそれ以降は注意して探しても見えません)

これが気になり眼科に行ったのですが網膜や神経に異常はないと言われました。しかし、原因は分からず今も見えるので自分の目がどうなってしまうのか心配でたまりません。このような症状は何故起こるのでしょうか?

このごろは、内視現象や飛蚊症でストレスもあり,、目のことに神経が集中しているので、そのせいで普段見えないもの(脳が見なくても良いと判断しているものなど)が見えてしまっているのでしょうか?


眼科で診てもらって異常無しでひとまず安心ですが、症状の原因の説明が無かったのなら不安ですね。もう一度電話ででも聞いてみるのが良いと思いますが、電話ではややこしすぎて説明不能かもしれません。

目の中には卵の白身状の硝子体と、硝子体が液状化した液体の部分があります。硝子体と液体は密度が違いますので屈折率が違います。境目で光は屈折しますので状況によっては歪んで見えることはあります。また、硝子体の中も密度が均一ではありませんので更に複雑になります。

硝子体は細くて長い線維で出来ており、動きますが固定されているともいえます。髪の毛が頭に固定されているようなものです。飛蚊症を観察すると、同じ形のものが同じ場所で、ある範囲の中を動いています。目を回転させたり頭を回転させると、回転する力と元に戻ろうとする力の関係で複雑な動きになったりします。その際に屈折率の高い部分が分厚くなると凸レンズ様の作用をおこし、このような症状が出てもおかしくないと思います。

真っ暗なところでも意識すれば見えるというのが確かならば、光視症かもしれません。硝子体の動きによって網膜が押されるか引っ張られているのかもしれません。変化があれば急いで眼科へ、変化が無ければ年に1回程度検診を受けられてはいかがでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-03-12 11:10 | 何かが見える

繰り返す片目の充血


はじめまして。私はソフトの使い捨てのコンタクト(2週間用)をしています。使用時間も8~10時間程度です。

最近、右目だけがよく充血するので眼科に行きました。すると黒目に傷があるため、充血しているといわれタリビットとフルメトロンを処方されました。しばらく、さしていると充血もなくなります。でも、よくなったから、目薬をやめると、又、数日すると充血してきます。あまりにも何度も、繰り返すので、再度、来院しました。でも、この目薬で大丈夫ということで、帰宅しました。黒目にができているので、しばらく、コンタクトをはずすようにと言われ1週間はずしました。

外しながら、目薬も使用していました。1週間後に、様子を見せにと言われたので行きました。そうしたら、傷も治っていたので、これで様子をみてと言われ、処方した目薬も又、充血したら、使用してくださいと言われました。今は収まっていたのですが、コンタクトを入れ始め4日目で又、充血してきました。そう何度も、充血するもんなんでしょうか?右目だけです。ドライアイも持っています。あまり、何度も繰り返すので、心配になり、先生に相談いたしました。傷はドライアイや、ごみが入ってできるものといわれました。それが原因で充血しているのでしょうか?痛みなどはありません。どうか宜しくご回答お願いします。何度も繰り返すので少し心配です。


充血する病気は山ほどありますので、文面だけでは本当の原因はわかりません。とにかく主治医に聞いて下さい。さらに、目の状態がどうで、処方される薬が何に効くかを確認してください。ちゃんと説明の出来ない眼科医なら、別の眼科を受診した方が良いでしょう。

ところで、コンタクトの手入れはちゃんと出来ているのでしょうか。手を石鹸で洗っていますか。その時ブラシを使っていますか。外したレンズの擦り洗いを十分していますか。レンズケースを消毒していますか。このうちどれかが欠けるだけで細菌やアメーバに感染する可能性が高くなります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-03-01 16:32 | 角膜・結膜

繰り返すマイボーム腺梗塞


目に異物感があり、何気なくまぶたをめくってみましたら、白い塊がポチッと出来ていました。自分で潰しました。それから約1週間位に同じ場所に再度でき、その都度自分で潰してましたら、出来る間隔が短くなり、週2回は潰すという作業をしなくてはいけなくなってきました。

眼科を受診してマイボーム腺梗塞と言われ、その場で治療され、根っこ?から取ってもらう処置をしてくれました。

が、治療から約10日目で再発しました。マイボーム腺梗塞は再発してしまうものなのでしょうか?それとも、根っこが取れたように見えてまだあったって事でしょうか?再度眼科に行くにしても、こう何度も行くとなると辛いなぁと思ってます。

予防として目を温めるとか、目の周りを清潔にするとか言われまして、自分なりに気をつけてやっていたのですが、再発してしまい、もうどうしたらいいのかわかりません。完全に出なくようにするっていう事は難しいのでしょうか?白い塊が眼球にあたり、異物感がどうにも辛いのです。


マイボーム腺梗塞は、脂肪を分泌するマイボーム腺の出口に膜が張って脂肪が溜まり、ドーム状に張り出した膜が眼球を刺激するものです。放置すると脂肪が蓄積して硬くなり角膜に傷をつけたり、雑菌がマイボーム腺を逆行して繁殖し、霰粒腫を作ったりします。その原因は、マイボーム腺開口部付近の雑菌の繁殖と、マイボーム腺の機能低下です。ですから予防としては、目の周りを清潔にする事と、分泌される脂をさらさらにして流れやすくするために温めることです。とは言っても再発を繰り返す方は多いですね。大抵がアレルギー性結膜炎があって眼をこすっている方です。結膜炎があるならその治療が大事なのです。

溜まっている脂肪が柔らかいうちは、自然に開口して治る場合もありますし、膜を破るだけで治ったりします。眼科では膜を破るだけでなく引きちぎってしまいますので再発は少ないです。中で脂肪が固まっている場合はそれを押し出しますが、完全に出来ないようにすることは無理でしょう。「根っこ?から取ってもらう処置」とはどんな方法なのでしょう。

自己責任でつぶすのは構いませんが、あくまでも自己責任であって、針で眼球を突いても新たな感染を起こしても当方は一切関知しませんのでそのつもりで。また、原因を取り去らなければ再発は必至です。自分でやるなら、凹面鏡で見ながら、細いピンセットをアルコールか炎で消毒し、つまんで引っ張るでしょう。参考までに。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-03-01 15:59 | まぶた