excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

レーザー治療のレンズの圧迫


開放隅角緑内障により左目の視野狭窄が進み、眼圧が点眼だけではコントロールできない為、SLTを受けました。

その際、レーザー用のコンタクトレンズの眼球への圧迫が強く痛みを感じていました。圧迫により視神経にダメージを受けないか心配です。担当医に聞くには失礼な気がして、悩んでいます。お答えいただけましたら幸いです。


全く心配要りません。
これですね
e0137559_1033126.jpg

不眠不休で3日間ほど圧迫を続けていたとしたら、ちょっとだけ心配してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-02-26 10:35 | 緑内障

結膜母斑のレーザー治療


レーザー治療について、質問させて下さい。私は結膜母斑(かかりつけの病院での診断)があり、ちょっと目立つので、悩んでます。かかりつけの病院では、悪性ではないので、手術する必要はないと断られました。

ところが、最近インターネットで、レーザーによる治療が可能という事を知り、興味を持っています。しかし、レーザーは視力などに悪影響があるのではないかという不安もあり戸惑っています。

その治療を行っている病院の回答によると「今まで治療してきた中で視力に問題が出てきた人はいません」ということで「レーザーが視力に悪影響を及ぼすおそれはない」という回答ではありませんでした。

また、かかりつけの病院でも、「取るとなれば、切ったりする」とおっしゃっておられたのですが、話のなかでレーザーという言葉は耳にしていません。もしかすると、先生は手術に反対なので怖がらせようとしていたか、もしくは、先生がかなりのご高齢なのでレーザーという最新の治療についてはあまりご存知なかったのかもしれません。

以上から、レーザー治療の安全性について不安があります。そこで、第三者として先生のご意見を教えていただけませんか?お忙しいと思いますが、よろしくお願いします。

PS 親族が緑内障を患っていますので、私も将来的に可能性があるかもしれません。


治療の対象が結膜であり、視力とは無関係な部分です。普通にやっているかぎり視力に影響させることは不可能です。長期的に緑内障のリスクが高まるかどうかはわかりません。強膜の血管を焼いてしまうと影響するかもしれません。

しかし「レーザーが視力に悪影響を及ぼすおそれはない」という回答はできません。術中に目を動かしてレーザー光を直接見てしまったら、網膜の中心が焼けて視力低下を起こす場合もあります。もっとも角膜はカバーをすると思いますので、このようなことは起こりにくいはずです。でも手術ですから何が起こるかわかりませんよ。手術前には「たとえ手術によって視力低下が起こっても病院に対して一切責任を問いません」という内容の承諾書を書く事になると思います。事故があった場合は患者側の責任か不可抗力かという前提です。腕が良くて信頼できる医師かどうかの見極めが必要です。

やっているところはどこもホームページを持っていますので、あちこちで相談してください。その中の良さそうな所で直接診察を受けて相談してください。それでも不安であれば辞めるべきです。当方としては手術は必要ないと思います。眼科主治医が「必要ない」と言っているわけですから。本人にしかわからないと仰るかもしれませんが、他人は誰もそんな事を気にしませんよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-02-19 13:49 | 角膜・結膜

国際線搭乗時に「じんましん?」


2年前に、アメリカへ行くために国際線の飛行機に乗ったときに、急に瞼と目の周りがかゆくなり鏡を見るとお岩さんのように腫れておりまて大変なことになりました。たまたま、疲労か何かだろうと思いそのときだけであまり気にしませんでしたが、去年また国際線の飛行機に乗った時と全く同じ症状が起こりました。

そして、帰国後、皮膚科の先生に相談してみたところ原因がわからないで終わりました。
乗った航空会社に問い合わせましたが、「コンタクトでかぶれたのかも」ぐらいではっきりした原因は見えてきませんでした。

また、薬等の研究も行っているという薬剤師の先生に相談してみましたが、「目のところにつけた化粧品などが飛行機の清掃に使うエタノールや乾燥でぶつかり悪化を招いたのかも」という見解を頂きました。

普段、アレルギー体質は全く無く、飛行機に乗ってからかゆみだし腫れるという状態です。今度、友人の結婚式で国際線に乗るかもしれないので心配で、皮膚科の先生ではわかりませんでしたので河野先生をインターネットで拝見させて頂きすがる思いでメールいたしました。


「皮膚科の先生に相談」というのは実際に診察を受けたのでしょうか。それで判らなかったらお手上げですね。

痒みがあることから「じんましん」だと思います。搭乗しただけでなったとしたら、機内の空気中のもの又は気圧の影響もあるかもしれません。何かを食べた後なら食べ物の影響も考慮すべきかもしれません。

機内では肌が乾燥しますので、いつもより念入りに保湿クリームを塗りませんでしたか。いつもより強力なものを使いませんでしたか。要チェックです。

皮膚科で相談し、症状が出始めたらすぐに使えるよう、軟膏と内服を処方してもらってはいかがでしょう。原因がわからなくても対処は出来るはずです。当方の知識では、これくらいしか思いつきませんね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-02-18 11:01 | まぶた

「砂嵐」と「網膜脈管視現象」


(メールとは別に電話でご相談のあった方です。不安でしょうから改めて文章にします)


目に関して心配な症状がたくさんあります。近くの眼科で診察を受けましたが、目に異常はないといわれました。脳神経外科も受診しましたがキレイな脳だといわれています。症状を書かせていただきます。

■何年も前から飛蚊症で、妊娠を期に悪化しています。目の前が特に明るいところでちかちかし、光がぴゅんぴゅん流れます。
■何年も前から、目の前に薄い砂嵐があります。特に薄暗いところで感じます。いつからあるのか分かりません。最近濃くなっているきがします。
■軽度の近視と乱視があります。
■現在網膜が薄いとのことで、半年後にさらに薄くなっていないか検査する予定です。

眼科に二つ通いましたが、原因不明です。もうあきらめたほうがよいのでしょか。いつか失明するのではないかと不安です・・。

後、最近、網膜脈管視現象も感じるようになりました。ご回答いただけると嬉しいです。よろしくお願いします。


2軒の眼科と脳神経外科で実際に診て貰って異常無しですので、パソコンで相談するより遥かに説得力があります。全く心配要りません。

飛蚊症は誰にでもあります。見えない人が鈍感なのです。目の中の硝子体には線維状の濁りなんて無数にあります。その一部が光の加減で影になって見えているだけです。年齢と共に増えますし、体調を崩せば余計に気になるものです。光が流れるのは、硝子体の動きによって網膜に圧力の変化が伝わってそれを光と感じているだけです。

砂嵐は網膜の本来の活動かもしれません。網膜の細胞が光などの刺激を受けて電気を発生し、それが脳に伝わって光として感じます。しかし、刺激を受けなくても網膜細胞は常に電気を発生しているのです。その証拠に、真っ暗な部屋で見えるのは暗黒のはずなのですが、注意して見ると砂嵐状の光が誰にでも見えるはずです。「いいえ、暗黒です」と言う人は救いがたい鈍感なのです。超高感度カメラの映像を見たことがありますか。感度を上げていくと光のないところに光が点滅しザラザラの映像になります。撮像素子が自発的に電気を発生させるからなのですが、網膜もそれと同じように電気を発生していると考えてください。

網膜が薄い人なんてざらにいます。詳しく調べてもそれくらいのつまらない所見しかないということで、心配ないという意味です。心配な状態を半年も放置するはずないです。

「網膜脈管視現象」ですか・・・見える人がありますね。本来網膜は動きのないものは見えません。網膜の血管は網膜に対して動きませんので見えないのです。しかし血管ですから拍動があります。それで太さが変化したり、網膜に対する圧力が変化したりすると見えることもあるはずです。

精神的、肉体的に疲労がたまって、少々敏感になりすぎているのではないでしょうか。出来る範囲で休養をとられることをお勧めします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-02-18 10:44 | 何かが見える

慢性結膜炎が治らない


以前にも質問した者です。ブログの「治療の結果、充血がひどくなった」のタイトルの質問をした者です。回答して頂きありがとうございました。あれから3度目の受診をしました。

フルメトロンを付けていたら瞼が痙攣した事、充血、乾燥が良くなっていない事を医師に伝えました。すると「フルメトロンで痙攣する事はない」との事でした。涙の量も問題ないとの事です。コンドロンナファ1%を処方されました。それをさして2週間経ちましたが症状に改善は見られず、治まっていた目やにが復活しました。どの薬が効くのか教えて頂きたいです。

受診した医師は「自身が処方した薬が効かない」と患者から言われ気分を悪くしたようでした。クレームを付けているのではなく、治らなくて困っているので事実は話さなければなりませんので心苦しいです。症状が目やにが復活して充血も悪化しているように感じるのでまた受診しなければなりません。経済的、時間的にもストレスです。


「慢性結膜炎」という診断でしたね。当院で「慢性結膜炎」と診断した場合によくこんな風に言います。「結膜炎が今日から起こったなら治療によって数日で治るでしょう。1週間前からなら1ヶ月ぐらいかかるでしょう。1ヶ月以上前からなら1年以上かかるかもしれません。自覚症状の有無に拘らず何年間も結膜炎が続いていたなら50年ぐらいかかるかもしれません。治療を続けることで症状のない状態に持っていけるとは思いますが、完全に治癒させる事は不可能でしょう。」

以前に市販の点眼を使われていたようですが、点眼を使う理由は何らかの症状があったためですよね。つまりその頃から結膜炎があって、徐々に慢性化していったのではないでしょうか。その期間の何倍か、かかるかもしれません。大変でしょうが気長にやるしか方法は無いのです。僅か3度の受診で確実に効く薬とめぐり合えるとは限りません。医師も試行錯誤を繰り返しながらやっているのです。この病名にはこの薬、この病状にはこの薬というようなことは全くないのです。処方した薬が効かない事など日常茶飯事で、そんな事でいちいち気分を害したりしません。単に「効かなかったか~残念~」という気持ちだと思います。ただし「効かないから変更してください」は気分悪いですね。「慢性結膜炎」の場合、効果が現れるまで何ヶ月もかかることはよくあります。副作用がないことを確認しながら、効果が現れなくても続ける必要がある場合があるのです。

当方が知りうる情報は、主治医が知っている情報の5%程度でしょうか。「どの薬が効くのか」なんて判る筈がありません。僅かな情報で「○○が効くでしょう」と答えて、あなたが次の眼科受診時に「ネットで相談したら○○がいいと聞いたので○○が欲しい」と言ったら、今度は本当に気分を害し「それならその医者に遠隔治療でもしてもらってください。さようなら」と言われかねません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-02-08 18:07 | 角膜・結膜

眼底検査?を受けたい


眼の疲れとまぶしく感じるため、職場近くのA眼科を受診しました。
「A眼科の検査」は
・細隙灯顕微鏡(前眼部)
・細隙灯顕微鏡(生体染色再検査)
・矯正視力検査
・屈折検査
・精密眼底検査
・精密眼圧検査
・涙液分泌機能検査

 検査の結果、「ドライアイになりかけかな~。」と、さらに「なんか左の眼のくぼみというか、でぱっりが普通のひとよりシャープな凸だから、一回眼底検査しましょう」と言われました。診察を終えて帰り際、受付で「眼底検査を早くやりたいんですが、いつ頃できますか?」と聞いたところ、医師が診察室から出てきて「点眼も出してるし、運転できなくなるから次の土曜日くらいでいいんじゃない。緑内障かもしれないし・・・」私が心配になり驚いていると「緑内障って20人に1人なるって言われてるし、珍しい病気ではないから。ただ、私あなたの眼をまだ検査してないし、わかりませんよ。」と言われました。
 
その日の内に仕事の帰りに家近くのB眼科に行きました。B眼科でA眼科の請求明細を渡し「緑内障かもと言われ眼底検査をしてほしい」と伝えました。 
「B眼科の検査」
・細隙灯顕微鏡(前眼部)
・精密眼底検査

 上記検査をして、「確かに、神経が細い?弱い?ね。(弱いか細いどちらかを言われました。)両方とも」と言われ、A眼科では左だけだったのに両眼と言われ驚きました。眼底検査について聞きましたが、「私は眼底検査まで必要とは思わないよ。先生ごとにいろいろな方針もあるからなんとも言えないけど・・・。必須検査とは思わない。Aの先生は本当に眼底検査と言ったの?まあ、1ヶ月後くらいにまた様子を見ましょう。」と言われ、「心配なまま1ヶ月も待てないので、できる検査をして欲しい」とお願いしました。

 そこで、追加で「静的量視野検査」を行いました。
 「視野に全く異常はないですから。確かに、丸ではなくて少し形がゆがんでいるけど、人それぞれ神経の所の形もいろいろだからね。Aでは眼圧はどうとか言ってた?今、ワンデイのコンタクトだからまた同じのつけれないし、帰り困ると思うから眼圧検査はしないよ。」と言われ、「コンタクトをとっても運転しないので大丈夫」と伝えて眼圧検査をしました。結果は左右どちらかわかりませんが「19」あるねっと言われ、「一応正常範囲ギリギリだけど、高めだね。まあ、1ヶ月後くらいにまた眼圧だけ計りに来たら?1ヶ月待てないなら2週間後」と言われました。
 Dr.に眼底検査の事と失明、緑内障のことを尋ねると「眼底検査はやりたいと言われればやるけど、運転できなくなるよ。すぐに失明とかそんなことにはならないから、僕が見る限り緑内障ではないですよ。」と言われました。
 緑内障ではないよと言ったあと首をかしげて断定してしまった~っと悔やんでいるのか、心配性な人だな~っと苦笑したのかDr.の様子が気になりました。

 Aで左、Bで両方と言われ何が正しいのか良くわからなく不安になっています。他院を受診した方がいいのでしょうか?眼底検査は必要と思われますか?
 生まれつき神経が人より弱いと言うことは失明のリスクが大きいと言うことなのでしょうか?20代で緑内障を発症した場合、失明までどれくらい時間があるでしょうか?

 また、神経の変形の原因として、ここ1年くらい美容のため瞼の上から眼球を圧迫マッサージをしていること、細かな作業(ビーズ)をしていること、まつげエクステの接着剤の影響などは考えられるでしょうか?


かなりメールの内容を省略しましたので、当人以外は理解不能かもしれません。ご了承ください。

一ヶ月後にB眼科に行き「A眼科はやめて、こちらで継続して治療をしていただきたいので、よろしくお願いします」と言ってください。あとは主治医を信頼してその指示に従ってください。A眼科が悪いわけではなく、あなたが不信感を持ってると感じましたから。B眼科は無駄な検査はしないでおこうという姿勢が好印象です。

ところで、眼底検査は両方の眼科で既にやっているじゃないですか。もしかして点眼で瞳孔を広げて眼底写真を撮ることでしょうか。眼底写真は記録をとるだけであって、それをしたら正確に診断がつくという物ではないのですよ。写真を見ながら説明できるし、昔の写真と比較が出来ますので役に立つものではありますが、どっちでもいいと思いますよ。

首をかしげたのは「心配性な人だな~っと苦笑した」のが正解でしょう。気にする必要ありません。

Aの左もBの両方も間違いではありません。左の方が右より緑内障に似ているというだけでしょう。正常と異常の境目に線を引けるというものでは無いのです。

「生まれつき神経が人より弱い」のではないと思いますよ。本当に「生まれつき」と言われたのでしょうか?

「20代で緑内障を発症し」たわけじゃないですよ。もしそうだとしてもちゃんと治療を続ければ失明はしませんよ。マッサージetcは無関係です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-02-08 17:58 | 緑内障

アレルギー経過中に白内障


15年ほど前からアレルギー性の結膜炎でリザベンを処方されて使い続けています。普段の症状はまぶたウラが赤くなり小さなプツプツができているようで(眼科で見ていただいて)読書などで目を使った後には肩こりまでするほど目の疲れがひどいです。ただ、目やにやごろごろした感もなく、症状は軽いと思います。目薬ささなくてもいいんじゃないかと思いつつ、目薬がなくなると定期的にかかっています。

先生には体質改善しか全治の方法はないといわれ、薬をやめることもなく使い続けています。花粉症もありますが、年中目薬を使っているせいか比較的軽くすんでいます。

去年の夏以降、右目のかすみがあり、見ていただいたら白内障とのこと目薬は変わらず。あまりに長い通院と変わらない症状、白内障の対応はどこでも同じですか?白内障の改善の方法についてどのようなものがあるでしょうか?視力が悪いので大丈夫な左目に付いても、不安があります。アドバイスをどうぞお願いいたします。


リザベンのみで今の状態が継続しているなら経過は悪くないでしょう。アレルギー性結膜炎の治療は、安全な点眼を続ける事で普通の状態を維持する事です。普通の状態というのは、全く症状のない状態、快適そのものの状態を言います。「目の疲れがひどい」と表現されていますので、もしかしたら症状は重い方かもしれません。「目薬ささなくてもいいんじゃないか」と考えるのはまだ早いです。目を開けて生活しアレルゲンが目に入る限り結膜炎は起こりますので、必要最小限の点眼をずっと続けるのが原則です。

白内障については、進行して不便になったら手術をするという前提ではないでしょうか。もちろん白内障の進行を遅らせる点眼はありますが、若い方の場合は点眼が効かない事が多く、無駄な事をせずに経過観察をするという事でしょう。もし点眼治療がご希望でしたら次回の診察時に言ってみてください。点眼に否定的な眼科医かもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-02-07 18:02 | アレルギー

盲点近くの視野欠損の自覚


両眼の盲点近くの視野欠損の自覚と視界のぶれるようなゆれるような感覚で大学病院の眼科を受診し、目薬をしての網膜の写真、医師の光を当てての眼の診察、視力、視野検査をしましたが、異常はありませんでした。緑内障か網膜の異常と思っていたのですが、眼科的には問題が見当たらないとのこと、脳の中の異常で出てくる異常も見当たらないとのことでした。

視野欠損は左右対称で、左目ですと左手の掌を向こうに向けて指を開いて伸ばし、視点を親指に持ってゆくと小指が見えなくなり、右目ですと右手の掌を向こうに向けて指を開いて伸ばし、視点を親指に持ってゆくと小指あたりが見えません。

視界のゆれは、本棚のびっしりとした本など、直線のものを見ると小さく揺れているように見えたりします。CTなどはとっていません。原因は眼でなく脳のほうなのでしょうか。とても不安です、御回答よろしくお願いします。


「両眼の盲点近くの視野欠損の自覚」ではなくて「両眼の盲点の自覚」です。しかし上手い方法を見つけましたね。感心しました。もちろんこれは全く異常ありません。当然の事です。

視界のゆれは、脳というより精神的なものが影響しているのではないでしょうか。ここでちょっとかわった話をしましょう。実は人間の目は常に小刻みに揺れているのです。それは、目というものが動くものしか認識できないからなのです。その証拠に、糖尿病性網膜症などで網膜に何百発もレーザー光線で斑点状に見えない部分を作っても、斑点状の視野欠損を自覚する人はいません。網膜そのものを焼くために、その部分が網膜に対して動かないからなのです。普通、盲点を自覚しないのもそのためです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-02-04 15:16 | その他の疾患

視神経損傷だけ?


10年ほど前に瓶で目を殴打され、ほば視野がありません。視神経損傷と思われるのですが、通院すれば改善の余地はあるのでしょうか?宜しくお願いします。


視神経損傷だけであれば、もう固定してしまっていると思います。でも、視神経損傷というのは10年前に言われた事ですよね。その後、変化は無かったのですか。

もし、水晶体や硝子体の混濁で視野が欠けているならば、改善の可能性はあります。しかし、眼科受診しなければ何も判りません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-02-01 15:52 | 外傷