excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

虹視症


夜、電灯を見るとき虹視症の症状があります。ここ1カ月の現象です。虹のようではありませんが、電灯の周りにぼやけた円が見えます。おぼろ月に近いかもしれません。虹視症は緑内障の症状の一つだと調べました。また虹視症の実際は、虹でなく私のような症状だともネットで調べられました。

以下、既往歴です。私は最強度近視で、屈折度は両眼とも-10で、視力は0.02です。6年前に右目の網膜裂孔でレーザー治療をしています。(それ以降は一度もしていません)それから6カ月に1度、眼科で眼圧・視力・眼底の検査をしています。両眼とも検査しています。両眼とも散瞳して、検査しています。直近では3か月前に検査して問題なかったです。その他の病気はありません。頭痛・眼痛・吐き気などはありません。

私は若年性の緑内障の可能性はありますでしょうか。緑内障用の検査を即刻するべきでしょうか。アドバイスいただければ幸いです。


>私は最強度近視で、屈折度は両眼とも-10
最強度ではありません。ご安心ください。

虹視症、或いはそれに類する症状はいくつかの疾患で起こります。緑内障でも起こることが稀にあります。眼圧が上がって角膜がふやけると、角膜表面の回折現象で光が滲んで見えます。ですから、緑内障の可能性はあるとは思いますが、ただの結膜炎かもしれませんし、ドライアイで角膜に傷が出来ているのかもしれません。けれどもここでそんな事を聞いたところで問題は解決しないでしょ。実際に症状があるのですから、迷わす眼科受診すべきでしょう。時間を無駄にしないように。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-12-22 10:53 | 緑内障

突然の瞼の腫れ


数年前から、周期的ではないのですが、不定期に突然、右目の瞼が赤く腫れあがります。それは仕事中だったり、家にいる時だったり、朝、昼、晩関係なくです。腫れる前には、右目がしょぼしょぼしだしてそれからあっと言う間にみるみる赤く腫れあがります。痛みもかゆみも一切ありません。目の充血も痛みもありません。

腫れあがっているので目があけにくくなり左と右の眉毛の高さまで変わってしまい、女性としてはかなり辛いです。1~2日で腫れは自然に引くのですが。

以前に一度、腫れたままの状態で眼科に行きましたが、その際も原因が分からず、アレルギーではないかと言う事でした。『ルポック点眼液0.1%』を処方して頂きまして、点眼すると1日ほどで引いたのですが、それはいつも1~2日程度で自然に腫れが引くので、目薬のお陰で引いたのかどうかは確かではありません。

どんな治療をしたらいいのか、どの科のお医者様ににかかったらいいのかが全く分からず大変困っており、相談させて頂きました。お忙しいとは思いますが、宜しくお願いいたします。


クインケ浮腫、血管性浮腫、急性限局性皮膚浮腫、血管神経性浮腫などといわれる病態でしょう。検索してみてください。

皮膚科にかかられるのが良いと思いますが、内分泌や泌尿器の疾患でも良く似た症状が現れることがあり、注意が必要です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-12-17 12:11 | まぶた

眼球を押す検査


一週間ほど前、眼精疲労を見てもらうため眼科を受診したときのことです。診察時に、医者に眼瞼の上から眼球を結構な強さで押されました。そのときは、診察のひとつとして仕方がないと思ったのですが、眼球を押す行為は良くないのではないかと後から不安になりました。その翌日から眼瞼の痙攣がときどき起こるようになりました。

眼精疲労で眼球を押すという診察は大丈夫なのでしょうか?また、その後に網膜剥離や、硝子体が変化する恐れはありますか?


どういう目的で、どこをどの程度の強さで押したかがわかりませんので、そのことについての意見は差し控えます。プロである眼科医がその責任でやったことに対して、同じプロとはいえ全く状況を知らない別の眼科医が口出しするのは如何なものかと思います。御自分で直接お聞きください。

ところで眼球を押すような検査は確かにあります。網膜の端っこの方を見るために白目の部分を器具を使って押したりします。眼球はおそらく5ミリ以上凹みますよ。また、隅角という部分を観察するために、角膜に隅角鏡という道具をくっつけて、色んな方向に押したりする場合もありますね。こういう検査が病気を起こすとは考えられません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-12-15 15:25 | 眼科検査

高眼圧症が治った


6年くらい前から高眼圧症で眼科で検査を受けていますが、視神経や視野には異常はありません。眼圧は直接式で21くらいがほとんどでした。

しかし、半年位前からウォーキングをして少食にしてダイエットしたら眼圧が17くらいまで下がりました。半年で3回眼圧を測りましたが、だいたい毎回17です。

こういった場合、高眼圧症が改善されたという事でしょうか?それとも、1度高眼圧症と診断されたら生涯治ることはないのでしょうか?


高眼圧症というのは視神経には眼圧の影響が全くないのに眼圧が正常眼圧(一般的には10~20)を超えている状態です。眼圧が下がったら何処にも悪いところはありませんので、治ったと考えて良いと思います。ただし、視神経に緑内障性の変化があるのに視野検査で異常を見つけられない場合に「緑内障ではなく高眼圧症だ」と説明する場合がありますので、本当に眼圧だけの異常かどうかは確認しておく必要があります。

でも、いつまた眼圧が上昇するかわかりませんので、定期検査はお忘れなく。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-12-07 17:44 | 緑内障

眼底検査後に症状悪化


強度近視、飛蚊症、目の充血の為、眼病が心配になり散瞳しての眼底検査を受け異常はなしと言われたのですが、その後飛蚊症が前より悪化し、ライトなども眩しく感じる様になりました。ハログレア?っぽい感じです。

散瞳目薬や眼底検査時の数分間のライトや写真時のフラッシュなどで飛蚊症が悪化したり、何か異常が出る場合はあるのでしょうか?検査を受けてから、網膜剥離、緑内障、白内障、など余計に心配になってしまいました。


散瞳して眼底検査を受けたり眼底写真をとるときに気になるのは、点眼の作用と光の作用ですね。どちらも通常は、それによって目の病気を起こすとは考えられませんので、ご安心ください。

散瞳のための点眼は副交感神経に作用して、その結果、眩しくてピントが合いにくくなります。普通は3~4時間で効果はなくなりますが、点眼の種類によっては2週間以上作用が続きます。しかし、目が変化したままになる事はありません。

撮影時のフラッシュは眩しいだけです。それが心配な人は、晴れた日に外出してはいけません。現在の症状は「気がする」という程度のものだと思いますが、新たに別の症状が本当に出てきたのなら、別の病気も考えられますので、早めに再診するのが良いでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-12-04 14:13 | 眼科検査