excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

子供に見える不思議なもの


アメリカに住んでおります。7歳の息子の目について質問をさせてください。今年の2月、「光が左からやってきて、ちょっとチクンとした」と言っていました。それ以来、視野に何か模様が見えるようになりました。こちらの小児眼科で検査をしてもらいましたが、眼科的には特に異常はないと2軒の医者に言われました。小児科医も、見えるものがあっても生活に異常をきたしていないのなら、気にすることはないといいました。

症状としては、
1.学校で国旗を見上げる時に、必ず波のようなものが見える。
2.見えるものの形は、変化があり、目の動きと一緒に動くわけではない。
3.見えるものの形は、大きいXだったり、ぐるぐると渦を巻いていたり、網目模様だったりする。
4.色は、透明だが、たまに虹色が見える。
5.普段の生活には問題が無く、本人が意識してみないと見えない。
6.明るいところより暗いところの方が模様が沢山見える。本人が驚くくらい沢山らしいです。そして、目をつぶっても、同じように沢山見える。
7.トランポリンでジャンプしたとき、目の中で、縄跳びの縄のようにびゅんびゅん線が動いた。

目のことばかりに気をとられていたのですが、視野に何か見えるようになる少し前に、頭の中で「ちゃぽん」という音がすると言っていました。風邪の時期だったので風邪かと思っていましたが、頭痛がすると言ったこともあったのを思い出しました。その後、頭痛に関しては、息子はたまに額の右側が痛くなることがありますが、一晩寝たり、しばらくすると治ります。

症状が出た当時は、大人用のトランポリンでずっとジャンプしつづけていて、症状が出た後でしたが、「ジャンプした時に頭が、人とぶつかった時みたいに痛かった」といったこともありました。2歳7ヶ月の時に熱性痙攣になり、一瞬土色になりました。赤ちゃんの頃、喜ぶので、高く放り投げたりしたかもしれません。また、症状の出た1週間ぐらい前に、子供が投げた木の実が息子の目に当たったことがありました。

息子が模様のことを気にしていないので、あまり聞かないようにしていましたが、今日久々に模様のことを聞いたら、
1.模様は相変わらず見える。
2.模様が多い日と少ない日がある
3.今日は多い日で、はじめは横線がたくさん、1度目を閉じた後みえたのは、3本線のV(ブイ)、また目を閉じた後は、縦線、と、模様は毎回変わるそうです。
4.手元を見たときと、テーブルの反対側の椅子を見たときでは、近い方が点々のみ、テーブルの反対側の椅子を見たときは、サンドイッチ構造で、並んだ縦線が上下にあり、真ん中は点々が見えると言いました。
5.模様は、左右のサイドを見るときは見えにくく、顔の前というか視野の中心の方にあるそうです。(首を回しても、同じく、向いた方向の視野のの中心にあるそうです)

網膜はく離とか、ぶどう膜炎とか、網膜裂孔、滲出性網膜炎《コーツ病》など、もしかして・・と、考えたりもしますが、このような症状なら、2人の専門眼科医が見つけられないはずもないと思ったり、脳神経外科の領域なのかと思ったり、気を揉む毎日です。心配しすぎは息子にとってよくないと思いつつ、元通りの目にしてあげられるならしてあげたいと思ってしまいます。


生理的飛蚊症の一種でしょう。似たような症状の子供を何人か診た事がありますよ。変化が無ければ放置するしかないと思いますし、心配する必要も無いと思います。

目の中央部には硝子体という物質が詰まっています。卵の黄身のすぐ外側の硬い方の白身と同じようなもので、多くの繊維を含んでいます。透明な液体の中に屈折率の違う透明な繊維が詰まっていますので、液体と繊維の境目で光が屈折し虹色が見えることもありますし、透明であっても形が見えたりします。しかしここまでは、敏感な人や注意深い人にしかわかりません。一般的には、硝子体の中に点在する糸状や点状の濁りが光の加減で見えます。これらをひっくるめて生理的飛蚊症といいます。繊維や濁りの場所は大体決まっていますが目を動かすと一瞬遅れて動き、静かにしているとゆっくり元に戻ります。

「トランポリンでジャンプしたとき、目の中で、縄跳びの縄のようにびゅんびゅん線が動いた」という症状は特殊な感じがしますが、これは「視運動性眼球運動」というもので説明がつきます。走っている電車の窓から外の景色を見ていると、目は景色を追っては戻るという左右の動きを素早く繰り返します。あるいは回転椅子に座って回転したときにも同様のことが起こります。トランポリンは縦方向の動きですから、やっている最中に見ているものによって眼球も縦方向に往復運動し、硝子体も一瞬遅れて動きを繰り返し、飛蚊症が縄跳びの縄のような動きに見えることも考えられます。

「はじめは横線がたくさん、1度目を閉じた後みえたのは、3本線のV(ブイ)、また目を閉じた後は、縦線」というのも、目を閉じたときには眼球が上転するために、そのたびに濁りあるいは繊維の配置が変わるためでしょう。近くを見た時と遠くに目をやった時で変化するのも、視線を変えたことによる目の動きの影響です。

頭痛等は関係ないと思いますが、木の実が当たったことは関係ありかもしれません。打撲によって後部硝子体剥離という状態になり、硝子体自体の動きが大きくなったために動きを認識しやすくなったのかもしれません。これであったとしても治療の必要はありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-07-29 00:02 | 何かが見える

カメラのフラッシュの影響


赤ちゃんの写真を撮る場合、フラッシュをたいてしまうと、将来赤ちゃんの視力低下や障害などの原因になってしまうのでしょうか?

生まれてから今までフラッシュを使用してきてしまいました。かれこれ1000枚くらいは撮影していると思います。至近距離で連続何十分もというわけではないのですが、割と近い距離で使ってしまったこともあると思います。赤ちゃんもまぶしそうな顔をしていた時もありました。そういう時はもちろんすぐにやめてはいたのですが…。

良く考えればあの強い光が目に良いわけはないと思います。心配でたまりません。ネット上にはいろいろな情報があり、急にとても不安になりました。 もし今後何らかの影響がある場合、どんなことに気をつけてみていったらよいか、今から何かできることなどありましたら教えていただきたいです。


今までのことは全く心配要りません。

フラッシュというのはフラッシュバルブではなく、カメラ内臓または外付けのストロボですね。ストロボ光は強いですが、その持続時間は数百分の1秒から数万分の1秒というごく短時間です。何万ボルトもの静電気の火花が飛んでも感電死しないのと同じです。今までの1000回より、太陽を1秒間見つめる方が目に悪いと思います。考えてみてください。カメラのストロボは一瞬だけごく狭い範囲を昼間の様に明るくします。しかし太陽はそれより遥かに強い光が連続します。ストロボを恐れていたら、晴れた日は外出できません。

太陽光とくに紫外線は黄斑変性症の原因と言われています。太陽を見つめる事で直接網膜の黄斑(網膜の中心)部が日焼けします。普通はすぐに回復しますが、それの繰り返しで何十年後かに黄斑変性症にならないとも限りません。ですから、たとえ太陽光より遥かに弱いストロボ光でも黄斑部に繰り返し浴びれば、もしかしたら黄斑変性症のリスクが高まるかもしれません。ご心配ならば、至近距離でのカメラ目線のストロボ発光は避けた方がよいでしょうね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-07-23 15:16 | その他の疾患

眼球打撲による瞳孔散大


先月、軟式野球で眼に打球の直撃を受けました。意識は有り、自己判断で横になり、水道水を含ませたハンカチで冷やし続けました。 その夜から、地元の専門医の治療を受けており、眼球内出血は収まりつつありますが、「(1)水晶体の亜脱臼、(2)瞳孔の散大があり、(3)近い将来、白内障が発生するので、その時、亜脱臼も直す手術を行います。瞳孔散大には、専用のコンタクトレンズで対応する」と言われております。なお、事故後、三日目に脳外科、10日目に整形外科の診察を受けましたが、特に心配は無いようです。

現在、瞳孔散大のためか、強いサングラスをしても、30分程度でも外光に当たると、頭痛・微熱・疲労感を覚えます。また、将来的にもスポーツをしたいので、瞳孔径調節のためだけにコンタクトレンズを使うのは気が進みません。 そこで、瞳孔散大の回復の見込み、その処置の大まかな内容、○○県近辺での名医の有無をご教示いただきたいのです。


今後どうなるか、どう対処するかをきちんと説明されていますので、その眼科でご相談されるのが最善です。いまさら外野が口を挟む余地はないでしょう。コンタクトで対処する以外に方法の無い瞳孔散大なのではないでしょうか。コンタクトを使いたくないのであれば、そのように訴えて相談してください。もしかしたら別の方法があるかもしれません。瞳孔散大といっても様々な状態があります。「瞳孔散大」という状態(病名)だけで回復の見込みが判ろうはずがありません。

申し訳ありませんが、他県の眼科事情は全く判りません。名医だと評判の医師が名医では無かったという事はよくあります。現在の眼科に何の問題があるのですか?

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-07-15 08:44 | 外傷

眼球打撲時の対処について


草野球チームの世話係をしています。実際にあった例ですが、ファールチップ(軟式球)が打者自身の眼にあたり、白目の一部分が部分的にめくれたように破れ、明るさはわかるが当たった方の眼が見えないという事故がおこりました。 その時の対応は、
1.ファールチップが眼に当たり、本人は眼を押させてその場にうずくまり、痛がっている。
2.試合を中止し、救急車をお願いする。
3.怪我人をその場に仰向けに寝させる。
4.眼を観察すると、白目の部分が破れていた。明るさはわかるが眼が見えないとのこと。
5.叩くと冷たくなる保冷剤をタオルで巻き、そっとまぶたの上から眼にあてて冷やす。
6.5分後ぐらいで救急車が到着したので救急隊員に引き渡す。
7.その日は土曜日で、救急車は受け入れ病院を探すのに30分ほどかかる。その間、怪我人は救急車の中で仰向けでただ横たわった状態。
8.搬送先病院で、眼の下の卵のからのような薄い骨が骨折していると診断される。手術するかどうか、眼の出血が引くのを待ち、月曜日に再診察を受け、手術はしないことに決定。
9.7ヵ月後に復帰。光の明るさを調節する機能が弱くなり、明るいところにいくとまぶしくて頭痛がしてくるとのこと。現在はサングラスをかけて草野球をしています。  

◆質問1  眼を氷で冷やしてもいいかどうかを教えて下さい。眼にボールが当たった場合に、すぐ病院にいきなさいということまではわかるのですが、病院にいくまでの間は、どうしておくのがベストなのかがよくわかりません。私としては、闇雲に氷でがんがん冷やすのはNGだけど、凍傷にならないように配慮をして、眼を圧迫しないように気をつけて冷やすのなら、何もせずにいるよりも、氷(アイスパック)を使って眼を冷やした方がよりいいはずだ!冷やすことで腫れや出血を抑えらていいはずだ!と思っているのですが、本当のところはいかがなものでしょうか?

◆質問2 怪我人の姿勢について教えて下さい。眼の事故の時は、怪我人を地面にべたっと仰向けに寝かせて救急車を待ちました。その時に完全に寝かせるのと、まくら代わりになるものを使って頭を少し高くするのと、どちらがよりいいのでしょうか。前房出血を防ぐために頭を少し(上体の角度は30度~60度くらいで?)高くした姿勢にした方がいいのではないかと思うのですが、河野先生はどちらがいいと思われますか?又、怪我人をその場から動かさずに、ホームベース上で横にならせて救急車を待ちましたが、そうせずに、ベンチまで(約10mくらい)歩いて移動させても差し支えないでしょうか?

◆質問3 他に何か注意することはありますか?対応の中で、これをやった方がいいよ、とかこれはやめた方がいいよ、とか他にありましたら教えて下さい。

◆質問4 土曜日の午後も診療されておられるとのことですが、例えば上記の例のような、ボールが眼にあたった等の救急患者の受け入れは可能でしょうか?


1.ボールが当たってどうなったのかは、診察してみないとわかりません。前房出血が起こっているかもしれませんし、水晶体が脱臼しているかもしれません。網膜はく離や硝子体出血が起こっているかもしれません。吹き抜け骨折で筋肉が挟み込まれているかもしれませんし、視神経管骨折で視神経が切断されているかもしれません。はっきりしているのは「痛い」ということだけです。それを和らげるため、あるいは「痛みを誤魔化す」ために冷やすのは良い事だと思います。注意すべき点は、氷を直接当てたりして冷やしすぎない事、圧迫しない事、不潔にならない事ぐらいでしょうか。腫れや出血を抑える効果も少しは期待できるでしょう。

2.頭蓋内出血が起こっているかもしれませんので、当然頭は高くすべきでしょう。こちらの方が重要です。自分で歩けるなら少々の移動は構いませんが状況次第です。

3.「まだ何も判らない」と認識する。頭を高くして寝かせて冷やす。絶対に放置せず、意識があるかどうか継続して確認する。救急隊にどんな状況だったか説明できるように準備する。もし患部に土が入っているなら、水道水、お茶、飲料水などで流すこと。

4.受診されても、重症の場合は結局大きな病院を紹介する事になります。まず消防署に聞いてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-07-15 08:42 | 外傷

目の奥の痛み


目の奥が痛く、額や首の後ろが重い感じがします。

今年の5月まで、原田病でステロイド剤を服用、点眼していました。その当時からも、目の奥の痛みはありましたが、眼圧が20以上ありましたのでそのせいだと思っていました。今、眼圧は14ぐらいです。骨粗しょう症の為、姿勢が悪く猫背になっています。

事務職で、毎日パソコンを見ています。先日、眼科で三叉神経痛と言われ、疲れ目の目薬をもらってきました。特に痛いのは、目の奥で、目を瞑っていると楽な気がします。また、お風呂で肩、首にシャワーを当てると、目が楽になります。このまま疲れ目の目薬で目の痛みは、なくなるでしょうか。


以前から眼科に通院中であり、そこで症状を訴え、診断がついて、点眼治療をしているのなら、そこで聞かれるのが一番良いのではないでしょうか。また、三叉神経痛なら、神経科とか脳神経外科とかを受診するのも方法の一つです。

目の奥が痛いという訴えがあっても、殆どは目の表面からの痛みです。眼圧が20以上あっても目の奥は痛くなりません。毎日パソコンを見ているということですから、集中しすぎて瞬きを忘れ、目が乾燥しているのかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-07-15 00:16 | その他の疾患

眼底写真の心配


緑内障で視神経が弱く、すでに片眼は視野が欠けております。診断などで、眼底写真を撮影しますが、フラッシュ?の光が強く、さらに視神経に負荷がかかる気がして心配です。一般的に、経過観察としては年に何回、写真を撮る必要があるのでしょうか?


眼底写真撮影時のフラッシュの影響は、晴れた日にチラッと太陽を見るよりもずっと少ないです。全く心配に及びません。撮影の頻度は状況によって変わります。患者さんの状況を知っている主治医に任せるべきでしょう。あなたは一般論で片付けられたいですか?

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-07-12 09:06 | 緑内障

間欠性外斜視


「間欠性外斜視」(裸眼両目0.05、矯正後1.2、斜視近視と乱視有り、両眼視機能有り、普段は眼鏡使用)です。眼鏡等をかけることでだいぶよくなるとのことで、訓練を進められています。

最近気になるのですが、眼鏡をかけて鏡を見るとどこを見ているか分からないような表情になります。洗面台の明かりをつけている鏡でそう感じます。他の鏡で見ると焦点は合っているのですが・・。目を気にするあまりそう感じるのか、どういうことなのかよく分かりません。また普段、自分自身が分からないだけで他人から見ると常にどこを見ているか分からない表情になっているのか、とても気になります。精神的に参っているので、手術した方がよいのではと悩んでいます。どうかアドバイスを頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。


現在かかられている眼科が、斜視の診療やその手術の経験豊富な眼科ならば、そこでご相談されるのが最善でしょう。そうでない(当院もこれにあたります)ならば、そういう病院を紹介してもらってください。このメールの内容(主治医が知り得る情報の100分の1程度か)だけで適切なアドバイス(特に手術の是非)をすることは無理です。それくらい難しい内容なのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-07-03 22:55 | 視力・斜視