excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長引くフルメトロンの副作用?


今年はじめ頃に左目まぶたの腫れとかゆみ、視界のぼやけがあり、病院でアレルギー性結膜炎と診断され、パタノール0.1とフルメトロン0.1を処方されました。が、10日ほど点眼しても状態に変化がないため、別の眼科を受診しました。

そこでは「クインケ浮腫」と診断され特に治療は必要ないとのことで、点眼薬もすぐにやめました。その後症状はすっかり良くなったのですが、問題は最初の病院の薬を点眼してから急に眼圧が上がり、今も下がらないことです。
それまでの眼圧はいつも15~16あたりでしたが、点眼後初めての検査では眼圧が22、約5ヶ月たった今も20あります。

医師は「視神経に異常はないし、点眼したものもそんなにきつくないステロイドです。もともと正常値内高眼圧でしょう」ということで特に治療はしていません。でも、「もともと高眼圧」ではなかったのは確かです。気になるのですが、本当に何も対処しなくて大丈夫でしょうか。すみませんがご意見お聞かせいただければ幸いです。


ご心配な部分以外の少し気になることに対しても書かせていただきますね。

片眼に点眼して片眼のみの眼圧上昇ならば、フルメトロンの副作用だと思われます。ステロイドレスポンダーという体質なのだと思います。リンデロンのような強いステロイドは要注意です。しかし、最高値(?)が22で徐々に低下しており、視神経にも異常がありませんので、眼圧を下げる点眼はせずに経過観察が普通でしょう。もちろん、両眼同じ眼圧になるよう点眼をするのは、面倒では有りますが悪い事ではないと思います。また、フルメトロンを両眼に点眼して両眼の眼圧上昇なら副作用かもしれませんが、無関係(偶然その他)かもしれません。片眼で両眼、両眼で片眼なら無関係です。

ところで、眼圧の数値はどこで測定しても同じというのが建て前であり理想でもありますが、実際にはそうでない場合があります。測定方法が違えば当然違ってきますし、同じ眼圧計でも測定者によって読み取りに違いが出ることもあります。特に、空気眼圧計は誰でも同じ結果を出せませが、データは全く信用できません。

クインケ浮腫は、皮膚の深いところに起こる「血管神経性浮腫」で蕁麻疹の一種です。深さの違いから蕁麻疹と違って痒みはありません。普通10日も続かないと思いますが、今となっては何かはわかりませんね。アレルギー性結膜炎には結膜所見があるはずですので、眼科医が結膜を診たのなら間違いは無さそうに思います。「状態に変化がない」とのことですが、10日間の点眼で痒みも取れなかったのでしょうか。痒みが取れて点眼をやめたのなら、はじめの診断は間違いではなかったと思います。

また、1軒目の眼科と2軒目の眼科を入れ替えて受診しても同じ結果だったかもしれません。或いは、1軒目の眼科に再診しても、10日間の経過から同じ診断になる可能性もあります。つまり、アレルギー性結膜炎が確かにある場合、はじめはアレルギー性結膜炎で治療し、浮腫が消えないのでクインケと診断するという事です。クインケが正しいかどうかは疑わしいですが。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-06-30 17:11 | アレルギー

乱視は矯正しないといけないのか

Q(簡略化しています)
両眼に同程度の乱視があります。以前は片目のみに乱視の度数の入ったメガネを使用していましたが、2年前から眼鏡屋さんの勧めで、両眼とも乱視の度数の入ったメガネを使用しています。

ところが、いつまでたっても、新たに乱視の度数を入れた側のレンズの見え方に慣れません。測定すると視力は良いのですが、歪んだりぼやけたりします。眼鏡屋さんでは「乱視がある以上はしっかり矯正しなければいけません」とか「実際に存在する乱視は矯正しなければならず、その度数を入れられないというのは異常だから眼科で飲み薬を出してもらって下さい」などと言われています。

Q1:両目に乱視があるのに片目だけ乱視を入れられないのは異常でしょうか。
Q2:度数はS-4.00C-1.00AX180なのですが、やはり円柱レンズが使用されているのでしょうか。
Q3:乱視は円柱レンズが使用されていますが、逆に、乱視が一切入ってない場合は、どのように加工されるのでしょうか。視力検査の際は、近視、乱視とそれぞれ違い、実際のメガネレンズは乱視、近視で一枚のレンズに加工されていますが、いまいちよくわかりません。


元のご質問が極端に長く複雑で、それに対する回答を考えていたのですが、全体としてどなたにも理解できないような物になってしまい、それは破棄しました。改めて、ご質問を簡略化しそれに対する回答をいたします。回答自体は元のご質問(質問者にしかわかりませんが)に対する物とお考えください。


A1:異常ではありません。こういう方は時々いらっしゃいます。今まで乱視を矯正していない場合は、脳がその見え方を普通と認識していますのでこうなります。あえて乱視の度数を入れる必要はありません。「乱視があったら矯正しなければならない」というようなことは決してありません。飲み薬で改善するものでもありません。メガネをかける目的はよく見えるようにすることではありますが、それ以上に快適であることが求められるはずです。ですからご自身が納得できるものが最高なのです。

A2:Sが球面レンズ(普通のレンズ)で、Cが円柱レンズです。Cに数字がある場合はもちろん円柱レンズが使われています。この場合の「使われている」というのは、実際に円柱レンズが使われているのとは少々違います。

A3:片面が真平らのレンズを想像してください。Sというのは片面が平面で反対面が丸く膨れている、或いは近視のマイナスレンズなら丸く凹んでいます。Cというのは片面が平面で反対面がかまぼこ状に膨らんでいる、或いはマイナスの乱視レンズなら、かまぼこを押し当てたような凹みがあります。このSのレンズとCのレンズの平面どおしを貼り合わせたと思ってください。透明な接着剤で着けますので貼り合わせたことはわかりません。これで近視性乱視、遠視性乱視のレンズの出来上がりです。実際のメガネレンズは貼り合わせることはせずに、レンズの削り方で貼り合わせたのと同様の度数に仕上げます。もちろんSのみならば貼り合わせは不要です。


★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-06-26 13:50 | 視力・斜視

クロミフェンによる霧視


現在不妊治療中で、クロミフェンという錠剤をほぼ毎月5日間服用しています。ずっと一日1錠だったのが4ヶ月くらい前から一日2錠に増やしています。2錠になってから服用2日目あたりから視界に異常が現れました。朝目覚めたとき、暗い所から明るい所に出た時に必ず残像が現れます。眼を左右に動かすと何重にもなった白い霧みたいな残像みたいな、見たものがそのまま伸びてついてきているみたいです。視界の下のあたりでそのような症状が起こります。気になって薬剤師さんや主治医に聞いてみると、クロミフェンの副作用でたまに霧視が起こることがありますが服用中のみで止めるとなくなります、と説明を受けました。が、それから数か月経つ今現在も毎日必ずそのような症状があります。クロミフェンを服用中はきつくその症状が現れ、飲み終わると日に日に軽くはなるものの毎日症状は現れます。このことをまた主治医に相談してみると、服用中以外で出るのはクロミフェンの副作用ではなさそうだから眼科に行きなさい、と言われました。

生活に支障はなく、この先不妊治療でクロミフェンを頼るしかないのでなかなか眼科へ行く勇気がありません。私は何かの病気でしょうか?どうか教えてください。お願いします。3年くらい前まではハードコンタクトレンズを15年くらい使用していました。今は眼鏡です。今までコンタクトで眼に傷がいった以外で特に眼の病気とかはありません。お忙しいなか、しかもメールで失礼ですが宜しくお願い致します。


クロミフェンの目の副作用は「虚血性視神経症、霧視等の視覚症状」と書かれています。虚血性視神経症は急激な視力低下を起こしますのでこれは違います。霧視等の視覚症状の「等」というのが曲者で、様々なおかしな見え方を起こすということでしょう。現在の症状もおそらく副作用の一種だと思います。「飲み終わると日に日に軽くはなる」との事ですのでそのまま様子を見られてはいかかでしょう。毎月5日間服用するということは、服用しない日(残りの23日?)も服用期間だと考えられませんか?「服用中以外で出るのはクロミフェンの副作用ではなさそう」という考え方はちょっと違うように思います。

「眼科へ行く勇気がありません」なんて考えずに、安心のために行ってみてはいかかでしょうか。きっと異常は無いと思われます。異常が見つからないのに症状があるのは気持ち悪いかもしれませんが、ホルモンの分泌を促進させるような身体機能に影響する薬品の場合、異常が無いのに症状が出るという事は稀ではありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-06-24 23:48 | くすり

強度近視の心配


はじめまして。強度近視があり、右-10.5D、左-9.0Dのメガネの矯正で1.0程度見えます。

網膜が薄いとういうことで長年定期的に眼科にて検査を受けています(眼底検査、視野検査など)。視野検査では今年2月はじめて左目にボーダーラインが出て、その次の定期検診で網膜の厚みを計る検査をし、「視神経乳頭周囲が薄くなっているが、現在のところ緑内障ではない。心配ないですよ。定期的に経過を見ましょう」と言われました。眼圧については特に今まで指摘されていないので、正常範囲内だと思います。

今まで定期検査を受けるくらいで、特に目に付いては気にしていませんでしたが、ボーダーラインと言われてから、自分でも色々調べてみるようになり、強度近視にはさまざまなリスクがあることを知りました。特に黄斑変性が気になってしまい、先日の定期検査の際主治医に思い切って、「強度近視の人は網膜の病気にかかりやすいそうですが・・・」と言ったところ、「網膜剥離や黄斑変性になる可能性は高いです」と言われました。自分に対してか、一般論かはわかりませんでしたが。「今のところ大丈夫です。黄斑もきれいです。」とは言われています。

強度近視の人は視力障害を起こす病気にかかる可能性が高いといわれますが、強度近視でも一生視力低下を起こすような眼病とは無縁で、矯正視力も良く一生を終えられる人は多いのでしょうか?よろしくお願いいたします。


近視の強い目の網膜が薄いのは当たり前なのです。近視の無い目に比べて眼球自体が大きくなっており、その分、網膜の面積も広がり引っ張られて薄くなります。眼底を見ただけで色調の違いから近視の程度を推測することも出来ます。網膜が薄いということは、網膜の神経細胞の密度が低くなりますし、循環が悪くなって感度が落ちることは十分考えられることです。ですから視野検査で少々の異常が出ることは仕方が無いのです。これは緑内障とは関係なしです。

強度近視というのは近視の度数が強いことを言います。しかし問題になるのは度数ではなく、網膜や脈絡膜に萎縮や変性を起こし、視機能の低下を起こすことなのです。マイナス5ジオプターでも萎縮や変性を起こす強度近視眼の場合もあれば、マイナス15ジオプターで、そうでない場合もあります。当方の印象ではマイナス10ジオプター程度の近視では、視機能の低下を起こすのは半数以下だと感じています。定期的に受診していれば何かが起こっても手遅れになることは無いと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-06-04 00:13 | 視力・斜視