excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

目じりの内側の白い盛り上がり


先日はご回答ありがとうございました。 今回の質問ですが、はじめは、目やにと充血・上下の瞼の腫れ(少し)、白眼にキトキトした膜のようなものも見られました。なお、充血する前は花粉の症状が出て眼をこすったりもしたのでそのせいかな?と素人なりに思ったりしてました。すぐに最寄の眼科でみてもらったところ、結膜炎といわれ点眼していました。

1週間後今度は半月ひだ?(目じりの内側の部分です)が異常に(米粒よりやや大きめ)白く盛り上がったので再診すると大学病院を紹介されました。目じりの盛り上がりを調べてもらうことになるのですが、どのようなことが考えられますか?仕事の都合で受診が1週間後になってしますのですが、気が気ではありません。 よろしくお願いいたします。


「充血する前は花粉の症状が出て眼をこすったりもした」からが目の症状です。その後の経過も含めてアレルギー性結膜炎そのものです。「花粉症で目をこすることは普通」と認識している方がありますが、それは大間違いです。何年間も患っているので慣れてしまっているのです。次の症状が出てからでは全然「すぐに受診」とは言えません。

アレルギー性結膜炎で目を擦っていると、細菌やウイルスが目に入り様々な病気を起こします。その結果として、目じりに出来た内麦粒腫かもしれません。あるいは結膜の下に出来た脂肪の塊(脂肪腫)かもしれません。眼球の後ろの脂肪が前の方にはみ出してきたのかもしれません。さらに、それ以外の腫瘍性病変かもしれませんので、大学病院を紹介されたのだと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-05-23 23:36 | その他の疾患

前を向いているのに目が右の方を向いている


約1年前ぐらいから、下を向くとまぶたが下がるみたいで目が死んでるとよく言われます。

最初は目の疲れからくるのかなと思ったのですが、最近になって下を向くとまぶたが重く感じるようになりました。あと目がよく疲れたり、まぶしさを感じたり、先日前を向いているのに目が右の方を向いているとも言われました。さすがに何かあると思い眼科に行こうと思ったのですが、そんな病気はないし無駄だから行くなと親に言われてしまい行けません。

こういう症状の病気ってあるんですか?教えていただけるとありがたいです。


「前を向いているのに目が右の方を向いている」というのが解らないのですが、その時は前を見ていたのでしょうか、右を見ていたのでしょうか。両目でしょうか、片目でしょうか。ただの勘違いかもしれないですが、もしかしたら右目の外斜視かもしれません。あるいは脳外科的な病気が潜んでいるのかもしれません。

また、重い、疲れる、眩しい等はアレルギー性結膜炎とかドライアイとかの症状である可能性が高いです。無駄かもしれませんが眼科受診をお勧めします。きっと無駄にはならないと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-05-23 23:14 | その他の疾患

受診前にしておくべきこと(斜視の疑い)


始めまして。現在海外に住んでおり大変困っております。

6ヵ月半になる息子の事でご相談があります。
昨日クリニックに予防接種に行った際、小児科医による簡単な発育チェックを受けました。
薄暗い部屋でペンライトを左右に動かし音の出るおもちゃで息子の視線を引き付けてテスト(斜視のテストでしょうか?)をされたのですが、右方向に動かした際「あれ?」というような感じで何度か右方向を試され、終了後「右目が内側によっている。4ヵ月くらいまでの赤ちゃんなら良くある事だが、もう6ヵ月なので眼科医に行って詳しく見てもらいなさい。」と言われました。

その時私は後に控える予防接種の事で頭がいっぱいで、また英語も堪能ではなく「はい、わかりました」とそれ程深刻に考えず詳しく質問もせず帰ってきてしまったのですが、家に帰って来て本やネット等で調べて非常に心配になってきました。(ちなみにチェック時は抱っこして坐っていたので直接見ておりません。)

小児科医の説明を思い出すと「斜視」だと思うのですが(英語での説明を100%理解できておりません)、今まで特に変に思った事はありませんでした。左右とも目は見えているようですし、物を動かすと両目でそちらを見ます。

心配しているのは外傷によるものではないかと考えているからです。1ヵ月前に大人用ベッドとベビーベッドの間の狭い隙間に頭から落ちてしまい、その時右目もすったか打ったかしていると思うのです。右目の鼻側の瞼及び目尻下がうっすら赤くなっていましたが、腫れもなく、目も充血しておらず、軽くこすっただけだろうと考えていました。

そこで質問です。

(質問1)この時目を強くぶつけていたのであれば、外傷性斜視、麻痺性斜視という可能性があるのでしょうか?
本人はいたって元気で私も夫も異常は感じないのですが、外傷性斜視になっても機嫌が悪くなったり行動がおかしくなる事はないのでしょうか?言われてみれば右目(黒目ではなく目全体)の方が小さく見えるのですが、前からそうだったのか写真を見返してみてもよく分かりません。

(質問2)他に考えられる病名はありますか?

(質問3)眼科に行った際しておくべき検査を教えて下さい。

(質問4)眼科に行くまでに日常生活で気を付ける事はありますか?
1ヵ月もたったので今更なのですが。。。


外傷が原因なら、他の症状があると思いますので、可能性は低いと思います。

他の考えられる病名は「偽斜視」「調節性内斜視」「乳児内斜視」でしょうか。「偽斜視」というのは異常ではないのですが、「4ヵ月くらいまでの赤ちゃんなら良くある事」というように、小さいお子さんにはよくあることで、6ヶ月どころか6歳児でもみる事はあります。「調節性内斜視」とは強い遠視があると起こります。遠視の矯正が必要です。「乳児内斜視」が普通の内斜視で弱視を起こす心配があり、訓練や手術が必要な場合もあります。

何か決まったわけでもありませんので、色々調べても余計心配になるだけです。なるようにしかなりません。6ヶ月なら決して遅いということはありません。

一つだけしておいた方が良いと考えられるのは、お子さんの顔写真を撮ってプリントして持参することです。デジカメデータも持参した方が良いのですが、表示する設備がないかもしれません。色んな方向から、お子さんの目がカメラの方を見たときに、必ずストロボを光らせて写してください。眩しいとは思いますが1メートルから5メートルぐらいの距離で色々とってください。出来ればズームして大きく写してください。普段の様子がわかるので非常に参考になります。どの方向から写しても、ストロボの反射が角膜の中央に見えるなら、異常無しかもしれませんよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-05-22 15:14 | 視力・斜視

レーシック・レーザー虹彩切除


レーシックの予後が悪く再手術をするかしないかで悩んでいます。そもそも某大型チェーンレーシック施設で年末に手術したのが運のつきでした。過矯正にされました。レフ値ではそれ程ではないのですが、過矯正からくると思われる光のまぶしさ。昼間も反射などで顕れる光のハログレア。スリガラスを覗いているような白っぽい視界と、逆光で見たときの不自然な視界。

これらを解消するために、別の眼科のY先生にかかりはじめ、まずはレーザー虹彩切除からされました。こちらのY先生はレーシックの前処置として、フェイキック以外のイントラレーザーでも、虹彩に孔を開けます。なぜかはよくわかりませんが、孔を開けることでメリットが沢山あるのだといいます。虹彩切除後から見え方がかわりました。光の複視が始まりました。本物の光の左右にプリズムが見えたり、暗い濃い色がバックにあるとはっきりとゴーストが写ったりする現象です。

孔は左右の目の耳側三時の方向に開いていますが、ごく小さい穴です。Y先生はこの孔から光が入ることはあり得ないといいますが、慶応大学病院の先生や兵庫の有名な眼科の先生は、この孔が原因で光が入り込んでいるといいます。ただ、きちんとした検査が出来ないので、すべてが先生たちの推測なのです。何が原因かで手術の仕方が変わるので、原因を究明してくださる施設を探しています。 虹彩の孔なのか、角膜の形状での見え方なのかを判明させたいのです。どちらか検査してくださる施設をご存じないでしょうか?また、左右の耳側三時の方向の孔が二重瞳孔になっているとした場合、本来の瞳孔から見ているものに対して、どんな風に見えるものなのかを知りたいです。


まずレーシック後の症状ですが、過矯正による症状では無いと思います。過矯正の場合はただ単に近くが見難くなるだけで、若い方なら無症状でしょう。レーシックでは角膜をレーザー光線で蒸発させて薄くしますので、表面が平坦でなくなったり、また、ドライアイが起こって傷が出来たりして、そのような症状を起こすことがあります。レーシックの限界です。

その症状を解消するためのレーザー虹彩切除ですか。ちょっと理解不能ですので、その是非については言及しません。しかしその後から複視が始まったのが確かなら、原因は自ずから判明していますね。普通に目を開けて鏡を見たら、虹彩切除の部分は見えますか。見えるならそこから光が入ると思いますよ。

確認は簡単です。黒い紙に2ミリ程度の穴を一つ開け、なるべく目に近づけて覗いてみてください。元の瞳孔からのみ光を入れる方法です。それで複視が消えたらはっきりするじゃないですか。穴の大きさとか、周りの明るさを変えたりして試してみてください。そして今度は逆に、虹彩切除の無い側(鼻の側)から指先をだんだん瞳孔に近づけていってください。例えば正面に電球を見た状態で、ちょうど電球が隠れるぐらいにしたときに、別の位置にぼんやりと電球が見えるのなら、虹彩切除から入った光で見えているということです。もちろんどの場合も、片目はつぶってください。眼科での確認は簡単です。レーザー光凝固装置のガイド光(緑とか青の光です)を虹彩切除部位に照射して、光が見えたら光が入ると考えて良いと思います。

追記
回りくどい事を書きまして申し訳ありませんでした。要は、虹彩切除をやった眼科で調べればすぐに判るということです。レーザー光凝固装置というのは虹彩切除をする機械ですので、その眼科には100%有るのです。しかし一般の眼科ではどこでも細隙灯顕微鏡というものが有り、それで虹彩切除部に光を当てればすぐわかります。特殊な装置は全く必要ありません。

一般の開業医でなく、大学病院等の後ろ楯の大きい組織の眼科に、純粋に現在の症状を改善したいということで受診されるのが良いと思います。もちろん今までの経過は包み隠さず伝えるべきですが。


★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-05-21 17:21 | その他の疾患

ドライアイ


はじめまして。ドライアイについてのご相談なのですが、コンタクト使用歴10年程です。

いつの頃からか目の乾燥感や疲れが気になるようになりました。 かかりつけの眼科ではシルマーテストでは涙量0だと言われ人工涙液を頂くだけなので、プラグに付いて話してみたのですが、涙点が大きいらしく、「最初から大きめのサイズを使うと後がない。」と言われました。

また、この2年~3年くらいの間に体の調子が悪く、内科では「自律神経からくる不調ではないか?」と言う結果でした。 周りくどくなりましたが、もしも自律神経が原因で引き起こしてしまったドライアイは、体調が良くなるにつれ改善する可能性はあるのでしょうか? 目の不調から体の調子を崩してしまってるのか、体の調節機能がうまく働かなくて目の調子が悪いのか、息詰まってしまっています。あまり気負わずに涙点プラグを試しても良いものでしょうか?


乾燥感や目の疲れという症状のみで、コンタクトレンズの使用は継続しているのですね。だったら、さほど重症のドライアイとは思えませんので、涙点プラグは必要ないのでは?人工涙液あるいはヒアレイン点眼などで十分じゃないでしょうか。

シルマーテストで涙量0ですか。困りましたね。コンタクトは目に張り付いているのではなく涙の上に浮かんでいます。そんなに重症ならコンタクトは即刻中止する必要がありますし、プラグも外れるのを覚悟でやってみるほうが良いでしょう。また、人工涙液の点眼は10分か15分ごとにしていますか。一回の点眼で30分間の涙の保持は無理でしょう。

涙が出るも出ないも自律神経の働きです。その不調で起こった物なら当然改善すると思いますが、一筋縄ではいかないのがドライアイです。色んな内科疾患でドライアイは起こりますので、内科で調べる事はまだまだあるかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-05-21 15:23 | 角膜・結膜

原田病の回復後の症状


昨年8月末ごろ原田病になり、プレドニン1日2錠服用中の12月に再発し、今1錠になりました。

目の状態ですが、焦点が合わないような、かすんでいるような感じでしか見ることができません。再発する前から、そのような感じが続いています。かかりつけの先生は、異常はないといいます。また、光がまぶしい以外は元の状態に戻っているはずだといいます。でも、元の状態ではないです。視力はかなり悪く、めがねをかけています。めがねも調べましたが、目にあっているとのことです。眼圧は、4/22の診察で両目19でした。目の奥が痛くて頭痛がするときもあります。最初の点滴を受けたとき、肩なのか、肩甲骨の辺りに違和感があり、2日後ぐらいにお風呂に入ったとき、肩から、血液が駆け巡るような感じを受け、それ以来 肩の辺りがひりひりするような、ぴりぴりするような感じがあります。先生に言いましたが、何も言ってはもらえませんでした。肩がこっているため、見づらいとか、目が痛いのかと思い、接骨院へも行きましたが変わりません。

原田病は、目の状態が本当に元の状態になりますか。また、肩の異常は何でしょうか。宜しくお願いいたします。


原田病という病気はいろんな側面を持ち、一般の方には理解しにくい病気です。

原田病はぶどう膜炎の一種で、ぶどう膜つまり虹彩、毛様体、脈絡膜に炎症が起こる病気です。サルコイドーシス、ベーチェット病とともに三大ぶどう膜炎の一つと言われていますが、それぞれが全身病の一部の症状としてぶどう膜炎を起こしますが、病態は全く違います。

原田病は、色素細胞が自己免疫によって破壊されるために起こる病気です。ぶどう膜炎以外に、皮膚や毛髪の症状、耳の症状、髄膜炎症状などを起こします。肩の異常はこの髄膜炎症状の一部のような気がします。網膜の色素細胞が破壊されると、光が過剰に神経細胞に届き、非常に眩しくなります。

原田病の形態は網膜剥離です。眼球の内側の壁の壁紙(網膜)が壁自体(脈絡膜)から剥がれます。特に視力に影響する網膜の中心部付近が広範囲に剥がれます。網膜は脈絡膜から栄養をもらって機能しています。剥がれている期間が長いと、栄養不足で網膜の神経細胞は徐々に死んで行きます。原田病が治るというのは、一度剥がれた網膜が脈絡膜にくっつくことですが、一度死んだ細胞は生き返りません。死んだ神経細胞のある網膜が復帰しても見え方は元通りであるはずがありません。しかし、復帰した網膜の神経細胞のうち何割かが死んでいても通常の検査ではわかりません。また、剥がれた網膜がぴったり元通りの場所にくっつくとは限りません。測定できないほどの僅かな「ずれ」が大きな見え方の異常になります。

治癒したといっても、このような色々な障害を残すことが多いのです。ある程度の割り切りも必要だと思います。どうしても疑問であるならば、「元の状態に戻っているということは理解できました。それならば何故今の症状があるのか教えてください。」と率直に尋ねるべきでしょう。

Q2
回答ありがとうございました。肩の痛みについてですが、今もひりひりとした焼けるような痛みがあります。これを直す方法はあるのでしょうか。病院で見てもらうには、何科にかかれば良いですか。教えてください。宜しくお願いいたします。

A2
肩の症状で
>最初の点滴を受けたとき、肩なのか、肩甲骨の辺りに違和感があり、2日後ぐらいにお風呂に入ったとき、肩から、血液が駆け巡るような感じを受け

とありましたので、その時点では髄膜炎症状の一つかなとは思ったのですが、現在の「ひりひりとした焼けるような痛み」というのは何でしょう。よく解りません。皮膚表面の感覚なら皮膚科だと思いますが、「肩こり」症状があるのなら整形外科でしょうか。お力になれなくて申し訳ありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-05-02 23:54 | 網膜・脈絡膜

子供の瞼裂斑炎か


初めてメールさせていただきます。当方、海外に住んでいます。7歳の息子の目について質問があります。

約4-5ヶ月前から片方の白目部分が充血しています。良く見ると、透明な膜が赤っぽくゴマサイズくらいの大きさで盛り上がっていて、その周りが赤くなっています。日によっては赤いのが目立たない日もありますが、ゴマ状の粘膜?の盛り上がりは常に白目にあります。プールに入ったり、天気のいい日に外にいた日などは全体に充血します(そういう日はもう片方も充血します)

2回ほど、医者に連れて行きましたが、2回ともアレルギーですと言われて目薬を処方されましたので時々さしていますが全く良くなりません。本人曰く、痛かったり痒かったりはないようです。専門医に連れて行った方がいいのか悩んでいます。宜しくお願い致します。


「瞼裂斑」あるいは「瞼裂斑炎」だと思います。しかし、子供には少ないですので更に精密な検査を受けていただいたほうが良いと思います。

コンタクトレンズや紫外線の刺激で結膜組織が増殖して起こりますが、アレルギー反応の一種でもありますので「アレルギーです」という説明も間違いではありません。元々普通のアレルギー性結膜炎があり、擦ったりしているうちにその刺激によって起こったものかもしれませんので、その場合はまずアレルギー性結膜炎の治療をすべきです。

しかし瞼裂斑自体は、充血しなくなる事はあっても完全に消滅はしません。ひどくなるようなら手術も考えられますが、どこでもやっているわけではなさそうです。とにかく「眼科医」を受診し、質問し、説明を良く聞いてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-05-01 14:15 | 角膜・結膜