excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

レーシックと眼圧の関係


12月末にレーシックの施術をしました。今年に入り人間ドックを受けたさい、視神経乳頭陥凹を指摘されました。関連性はあるのでしょうか?緑内障はとても怖いです、気のせいかたまにコンタクトが曇った時のような、目やにで曇ったような感じになる時があります、いつもではないのですがこのまま見えなくなったら…とても心配です。たまに飛蚊症の症状もあります。


大変申し訳ありません。手違いで1ヶ月以上放置されていたご質問です。大変遅くなってしまいましたが回答いたします。

レーシックでは角膜の中央をレーザー光線で蒸発させて薄くします。レーシック術後の弊害の一つとして、眼圧を正確に測定できないことがあります。眼圧測定では角膜中央に測定用チップを当てたり、空気を当てたりして、その部分の弾力から眼圧を計算します。ところがその部分だけが薄くなっているために、本来、普通の眼球用に作られた眼圧計では、正確な数値が出なくなってしまいます。以前から緑内障で眼圧の経過をみている人では、手術を境に眼圧がどうなったのか見極めが難しくなり、治療に支障をきたします。レーシックでどれだけ眼圧測定値が変化するのか、正確にはわからないのです。緑内障で治療中の方は、なるべくならレーシックなどはしないほうがご自分の目のためです。

一方、レーシックをしたら緑内障になりやすいというような報告は無いと思います。レーシックを受けた人に緑内障が見つかったら、視野変化や視神経乳頭の変化が止まるまで眼圧を下げるだけです。眼圧を治療効果判定の目安にはしますが、それだけが基準というわけではありませんのでご安心ください。

視神経乳頭陥凹の拡大はレーシックとは無関係ですが、緑内障の疑いは有るわけですので、きちんと眼科受診する事をお勧めします。レーシック眼科ではなくて病気を治療する普通の眼科です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-04-30 17:03 | 緑内障

左上の眼底写真


突然のメールで失礼いたします。

Q&Aブログページの左上にある、眼底写真はどのような症状なのでしょうか?

自分の眼底写真に似たような、薄い雲がかかっていたような気がしたので、お問い合わせした次第です。

眼底写真に雲のような物が見受けられる疾患のケースとあわせて、ご返答いただければ幸いです。


読みやすく変更しました」に説明のあるように、全く異常のない子供の眼底です。
e0137559_0151630.jpg

「眼底写真に雲のような物」というのは図の水色で示した物でしょうか。これは、網膜の反射です。子供の網膜の表面にはつやがあり、眼底写真を撮るとフラッシュが反射してこのように写ります。年齢とともにつやは消失しますので、同じものが写っていたとしたら網膜が若々しいんだと思ってください。

赤の部分はアーチファクト(カメラのごみ?)です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-04-29 00:18 | おしらせ・その他

「角膜穿孔」治ってからの心配


先月、「角膜穿孔」にて回答をいただきました。先生のお話では、脱色素ということは起こりますが、完全に色が抜けてしまうようなことは普通は無いということで、少し安心しました。 救急医療の眼科医によりますと、今のところ炎症もみられないということで、レティノール含有のクリームを処方されただけでした。

事故直後も、かなり深い傷であるにもかかわらず痛みや不快感を訴えなかったものですから、炎症や何らかの後遺症が発症しても気付かずに過ごし手遅れになってしまうのではないかと心配です。角膜穿孔や角膜外傷によって緑内障や虹彩異色が引き起こされる可能性があるというのは本当でしょうか。本人も眼に水が入るのを怖がってプールに入りたがりません。

ちょうど白濁している眼の写真がありますので添付します。右目ですが、右下に大きな黒い円があり、その淵が白くなっているのがわかります。ブログ等にアップされても何ら問題はありません。ご見解をいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
e0137559_17224183.jpg


パッと見て「調子良さそう」と推測できる目です。
その根拠は、
1.角膜穿孔が深いと、水晶体を傷つけ外傷性白内障が起こりますが、全く無い。
2.角膜穿孔部に虹彩が噛みこんだり、虹彩と角膜が癒着する事があるが、全く無い。
3.瞳孔が中央でほぼ正円形である。
4.角膜の反射に乱れが無い。
等です。

あまり心配しすぎずに様子を見られたらどうですか。実際、角膜穿孔からは色んな病気が引き起こされます。両眼失明するような恐ろしい病気もあります。しかし、その危険な状況はほぼ過ぎ去ったと考えて良いと思います。状態の観察と定期検査を怠り無くしていれば、何も心配ないと思います。また、プールの水が眼球の中に入る事は有りえません。写真はトリミングしています。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-04-28 17:24 | 外傷

術後経過は良好!!


以前に「視力低下の原因は白内障だけ?」という質問に回答いただいた者です。 結局、「右目だけの核白内障による近視の進行」ということで右目のみの白内障の手術をしました。

術前  右目 裸眼0.02 矯正0.2
    左目 裸眼0.04 矯正1.0

術後7日  右目 裸眼 0.1  矯正1.0 
術後30日 右目 裸眼 0.08 矯正1.2

裸眼で0.1出ていた時は2メートル離れてテレビを見る事ができたのに0.08では字幕がほとんど見えないです。医師の話では「35cmにピントを合わせてるので眼鏡をかければ問題ない」とおっしゃるのですが術後の視力は良好と判断して良いのでしょうか?


白内障だけで良かったですね。経過良好です。どの部分が疑問なのでしょうか。疑問の余地はなさそうですが・・

「35cmにピントを合わせてる」ということは、マイナス3ジオプターになるように眼内レンズの度数を決定したということです。普通はもう少しゆるい度数の近視にして裸眼視力ももう少し出ますが、他眼(左)がもっと強い近視の場合、それに近い度数にして左右のバランスをとります。左右の度数の違いが大きいと、眼鏡を使っても両眼同時に使えなくなったり、頭痛などで悩まされたりします。

手術直後より裸眼視力が下がったのは、術後の回復過程で近視の度数が強くなっただけで予定通りだと思います。裸眼視力・矯正視力とも、手術をしていない左目より良いのですから、文句のつけようもありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-04-20 23:36 | 視力・斜視

術後の飛蚊症


2週間前に黄班円孔の手術をしました。手術中に同じ目に網膜裂孔が3つ見つかり、レーザー手術も同時に行いました。

黄班円孔、網膜裂孔共に順調に回復しているようですが、術後飛蚊症のようにたくさんの虫が飛んでいる様に見えます。網膜裂孔や網膜剥離の心配をしましたが、検査の結果は問題ないようです。しかし、このように見えるのが気になっております。手術するまでは、飛蚊症の様な症状はありませんでした。


次回診察時に眼科医に直接この質問をしてくださいね。どのような円孔か、どのような裂孔か、どのような手術かわかりませんので、このような僅かな情報では適切な回答は無理です。目の中の濁りが動いていることは確かですが、それ以上のことはわかりません。前回の検査で問題ないと言われているのなら大丈夫です。

この病名ならこの状態。この病気ならこの手術。この手術をしたらこうなる。・・・というような事を言えれば非常に楽なんですが、実際には正反対で複雑極まりないものなのです。ですからいい加減なことは言いたくないのです。どうかご理解ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-04-14 00:00 | 何かが見える