excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

点眼を始めるべきか否か


現在アメリカに在住している主婦です。一年に一回眼底検査をうけています。 昨年までは問題なしでしたが、(正常範囲内で高め)今年の6月に眼圧が高いという事で経過観察しています。昨日は右が28もありました。左22。 先月に行った初めての視野検査では現在緑内障ではないと言われています。

11月にドクターから「目薬をさすかどうかはあなた次第。あなたが決めなさい」といわれました。 昨日ドクターが私の立場ならどうするか聞いてみました。「もし私があなただったら、目薬をさす。それによって、緑内障へ移行する心配をふせげる。日本に帰って、ドクターが目薬の必要がないといえば、その時に目薬をやめればいい。」といわれました。

そこで先生にご相談なんですが、
1、6月に日本に本格帰国する予定であり、それまで目薬をささずに、日本に帰ってから眼科でみてもらい、必要と判断されてから目薬開始をするのは遅いでしょうか。
2、もしこちらで開始した場合、ルミガン0.03%を一日一回さすようにといわれてます。日本での目薬の切り替えは容易にできるのでしょうか。
3、こちらのドクターがいうように、日本に帰って目薬が必要ないといわれれば 目薬を辞める事は可能なのでしょうか。 一度眼圧をさげる目薬をさし始めると、生涯さし続ける事になると聞いた事があります。
4、ストレスも眼圧に影響しますか? 現在いろいろなことが重なり、ストレスを抱える日々です。

  今年8月に日本に一時帰国した折は、人間ドックの眼底検査で眼圧が左右22と22でした(空気が出る測定方法です)。写真もとりましたが、結果は異常なしという判定でした。

今、本当に目薬が必要なのかどうか、夏まで待っても問題ないのか、本当に悩んでおります。お忙しいところ申し訳ございませんが、先生のご意見を聞かせていただければ心強く思います。


そちらのドクターの言われるとおりです。

1.そちらで、例えば毎月検査をして眼圧が25以下に保たれていれば、日本で点眼開始しても遅くは無いかもしれません。28ではちょっと高すぎます。

2.点眼の種類が変わっても、問題ありません。最適な点眼を探すために、何度も変更することも多いです。

3.点眼で、眼圧が下がりすぎれば、当然点眼中止します。生涯点し続ける人ばかりではありません。

4.どのようなストレスか判りませんが、影響はすると思います。けれども多くは特別な原因無く眼圧上昇します。ストレスが無くなれば正常化するとは限りません。

5.人間ドックの検査は参考程度に考えてください。眼科受診していれば無視して結構です。

6.夏まで待っても大丈夫かもしれません。けれども、今から点眼を始めれば確実に安心ですよ。自分ならそうします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-12-11 10:34 | 緑内障

茶色のリボン


11月9日(木)から、右目に、ゴミが落ちているのかな?と思っても何も無い、という異変を感じるようになりました。白い壁の前とか、白い寝具のベッドに座った時などに、黒く小さいくさび形のものが見え、右目と同じ飛蚊症が出たかな?と思いつつ、(木)はやすみました。翌朝、やはり右目に黒いものが見え、左眼の飛蚊症よりも色が濃いので、気になったので眼科に行く支度をしている最中、右目の黒いものが、茶色のリボンが大きく、グルグル絡まって浮遊しているように見えます。この症状は数十分続きました。慌ててそのまま眼科に跳んで行く途中、その茶色のリボンは消えたり、小さくなって右端に移動したりしました。眼科では両眼、眼底を見ていただきましたが、右眼には飛蚊症があるが、左眼には異常が無い、という事で、『閃輝暗点』ではないか、と言われ、帰宅しました。

現在、茶色のリボンは、その時々、消えたり、形が変わったり、小さくなったり、水の中で動く透明の生き物のようになったり、飛蚊症のような影に感じたり、しています。眼をつむっても見えます。 痛くも痒くもありませんが、邪魔ですし、リボンが大きくなった時は異様なので不安を感じます。 私は精神科に通院しており、以下の薬(省略)を服用しています。

眼には異常が無いと言われたのですが、眼に異常を感じており、これはいったい何なのか?病院に行くとしたら何科に行けば良いのでしょうか?様子を見ても大丈夫なのか?すぐに受診した方が良いでしょうか? よろしくお願いいたします。


眼科では、再診の指示は無かったのですか。指示があっても無くても、異常を感じたり心配があるのなら再診するしかないでしょう。なるべく同じ眼科を受診してください。以前の状態との比較が出来なければ正しい診断が出来ないかもしれません。

文面からは右なのか左なのか判らない部分がありますが、後部硝子体剥離に伴う症状だと思います。眼科以外では確認不可能です。症状があるなら原因が有るはずですので、異常無しと言われても「異常が無いのに症状があるのは何故ですか?」という質問をしてみてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-12-04 16:20 | 何かが見える