excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

眼底撮影不能の原因


眼底検査のことでお尋ねします。 先日86歳の父が、健康診断で眼底検査を受けました。(10年前に両眼白内障の手術を受けています)ところが随分時間がかかり、結局「映像を撮ることができない」と言われたそうです。 この場合、どのような理由が考えられますでしょうか。よろしくお願いします。


健康診断では普通、無散瞳眼底カメラを使用して撮影します。医師の立会いが不要で、小さな瞳孔からでも眼底を撮影できるものです。

便利なものではありますが、真っ黒け、あるいは真っ白けの写真しか撮れない場合があります。原因は瞳孔が小さすぎてフラッシュ光が眼底に届かないことです。無散瞳にも限度があるのです。

あるいは後発白内障が強くて、散瞳していてもスリガラスを写真に撮ったようにしか写らないのかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-07-30 14:48 | 眼科検査

若い方の白内障手術


こんにちは。お忙しいところ申し訳御座いません。比較的若い世代の白内障についてお教えください。

現在、右眼が白内障で手術の予定です(左眼は手術済み)。
両眼が、瘢痕期未熟児網膜症 網膜剥離
視力=左)手動弁  右)0.1 です。
眼圧関連の薬はまだ処方されていません。25年前から、大学病院に通院しています。

以下の場合、一般的に専門家は、どのような白内障だと判断されているのでしょうか?

① 白内障と診断された際、「白内障が進行している」というより「難しい(症状?)」という表現の方が妥当するようでした。
② その上、「この大学病院で一番手術がうまい先生に手術してもらいましょう」と言われ、その先生のお部屋に通されました。
③ その偉い先生は、瞳孔を開く点眼をしていないことを確認して検査をされました。そして、ある程度緊急に手術したほうがいいという結論になり、他の患者さんよりかなり早めの日時を指定してくださったようでした。

日本白内障学会のホームページを読み、「白内障」といってもいろいろなタイプの症状があることを知りました。進行していないのに、即手術すべきパターンとは、一般的には、どのようなものですか。

それとも単に左眼が見えないので、残った右眼の手術を急ぐべきだ、という配慮ですか。通院歴が長いのでサービスしてくださったのでしょうか。宜しくお願い致します。


若い方の白内障には、気を使うでしょうね。年配の方に比べて、その何倍もの期間使われる目ですから、何倍も長持ちする手術を心がけなければなりません。2~5倍ぐらい気を使うのでは・・・

合併症のある白内障は、単純な老人性白内障よりも難しいです。2~5倍ぐらい難しいのでは・・・

片目がほぼ失明している場合は、絶対にいやという先生も居ますよ。3~10倍ぐらい気を使います。

冗談めかして書きましたが、実際そんなものだと思いますよ。12~250倍ぐらい難しい、あるいは気を使うと考えてください。ですから「一番手術がうまい先生に手術してもら」うのは当然です。サービスではないでしょう。

「即手術」については解りません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-07-27 10:58 | 白内障

白目に出来物?


数日前に気が付いたのですが、右目の白目(内側)のところに、直径1mm強くらいの出来物を見つけました。これといっていずさもなく、痛みもありません。しかし、その出来物を発見してから、目頭の部分から出来物の部分までの血管が数本切れているような感じで線が数本走っています。

数年前に、目の血管の一部が切れたことがあって、病院にかかりましたが、目の血管が切れるなんて、よくあることですから・・・とお医者さんに言われて、それ以来、眼科に行くのを躊躇ってしまいます。放って置いていいものなのか、それとも至急病院へ行くべきか悩んでおります。


>白目(内側)のところに、直径1mm強くらいの出来物

瞼裂斑(けんれつはん)でしょうか。

>血管が数本切れているような感じで線が数本走って

切れていたら、べたっと出血していると思いますが、どうでしょう。よく解りませんねえ。

>目の血管が切れるなんて、よくあることですから・・・とお医者さんに

意味も無く切れることは、普通はありません。自分でこすって機械的に切ったか、高血圧や血液疾患などの大変な病気かもしれません。切れた原因を考えない(説明しない)眼科医は受診する価値は無いでしょう。

悩むぐらいなら、別の眼科に行きましょう。そして、何故そうなったか、これからどうすべきかを説明してもらって下さい。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-07-13 15:42 | 角膜・結膜

視界が緑色に


朝起きた時、瞬間だけ視界が緑色になりました。その後、しばらくして目を開けたら普通に戻ってました。これは緑内障の症状に当てはまるのでしょうか? 今の所、1日だけですが、何か検査した方がいいのでしょうか?


緑内障でそのような症状は起こりません。無関係です。

緑内障と言う名前が付いているのは、他人から見て瞳が緑色に見えるからです。しかし実際にそうなるのは、緑内障のうちごく一部です。普通の(初期の)緑内障は、自覚症状も無く、他人から見ても何の変化もありません。

視界が緑になったのは、目を開ける前にまぶたの上から太陽の光が当たり、視界が真っ赤になっていたのでしょう。そして、開けた瞬間、赤の補色の緑が見えたのではないでしょうか。あくまで想像の域を出ませんが。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-07-10 17:52 | 何かが見える

網膜震盪症で長引く症状


キャッチボールしてて、左目に、ボールが直撃してしまい、その日は、病院いけなかったので、次の日病院にかかりました。病名は、網膜震盪症で、オドメール点眼液0.1%の薬を処方されました点眼して、3日になるのですが、まだ光がちらついたり、黒い影が写ったりする事がたまにあります。

病院では、コンタクトも、プールも大丈夫と言われたのですが、不安で相談しました。この状態で、コンタクトつけても問題はないですか?ちなみにソフトを使ってます。目を洗うアイボンとかも使っても大丈夫ですか?忙しい所すみませんがよろしくお願いいたします


網膜震盪症だけで、オドメール点眼液0.1%を処方はしないでしょう。結膜炎や、虹彩毛様体炎などの炎症が起こっていたのでしょうか。

網膜震盪症だけで、光がちらついたり、黒い影が写ったりはしないでしょう。後部硝子体剥離か硝子体出血が起こっていたのではないでしょうか。

診察した眼科医に「コンタクトもプールも大丈夫」と言われたのなら、心配要らないと思いますが、上記の事もありますので、もう一度別の眼科を受診して、コンタクトのことやアイボンのことを尋ねられてはいかがですか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-07-10 17:41 | 外傷

網膜剥離の検査で痛みが続く


私は今、右目に網膜剥離があり、経過見で病院に通っています。

先日、病院で、担当の教授が検診した後、眼底を見る機械で研修医が私の目を見ました。その時、光を動かさず(教授は光を動かしながら見てました)に私の目だけを上下左右に動かしていたので、機械から離れた直後は目が開けられず、30秒位してやっと目が開けられたと思ったら、今度は右目側の視界だけ真っ黒になって、しばらく何も見えませんでした。10分以内には見えるようになりました。光の残像が目に残ったのは自分でも予想できるのですが、散瞳の薬をしている所に強い光を一点に(それもど真ん中に)当ててしまって、その日から目の奥に鈍い打撲の様な痛みがあるのが気になります。

散瞳してる時に、一点に目に光を当てる事をして目は大丈夫なんでしょうか?私の目のどこかが焼けたりとか、目にダメージを受けたりしてしまったのでしょうか?

あと、網膜剥離の人は飛行機に乗ってはいけないのでしょうか? どうぞよろしくお願いいたします。


この説明では、具体的にどのような検査が行なわれたか解りません。でも、大学病院で研修医が少々ドンくさい方法で検査をするというのは、教育病院ですので仕方が無い事です。疑問点は主治医に直接お聞きください。診察もしていない眼科医がとやかく言うものではありません。

剥離の状態によっては、気圧が下がることで剥離が大きくなるかもしれません。剥離の状態はみんな違いますので、主治医にお聞きください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-07-10 17:23 | 眼科検査

SSOH


緑内障の視野欠損に関する質問です。緑内障の視野欠損は通常、視野の上の方が弓形のように欠けていきますが、それ以外の欠け方もあるのでしょうか?視野の下の方が欠けているのはssohと呼ばれているようですが、ssohではなく緑内障で下の方から視野が欠けていくことはあるのでしょうか? 河野先生の今までの経験上でこのような患者さんはいらっしゃいましたでしょうか?また、感度が低下してるのは緑内障によるものなのでしょうか?どうかご回答の程宜しくお願いいたします。


SSOHですか。Superior Segmental Opticdisc Hypoplasia 、上方 部分性 視神経 低形成とでも言いましょうか、視神経の先天異常ですね。視神経乳頭を見て視野検査をしたら大体判りますが、正常眼圧緑内障と区別が付きにくい場合もありますね。

「視野の下の方が欠けているのはssohと呼ばれている」訳ではありませんよ。そういう場合が多いということです。同じように緑内障の視野変化にも色々なパターンがあります。ご自身の眼の事ですので、一般論で話をしても無意味でしょう。実際に診察を受けているのですから、その先生に聞くほうが、ここで聞くより100倍は有益でしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-07-03 16:28 | 緑内障

1週間たっても改善しない


物干し中に取れかけのボタンが眼に当たり(BB弾位の衝撃)一時は視界が真っ白でした。休んで3時間位するとぼやけてはいるものの視界は見えてきました。なんともない眼に比べ瞳孔は少し歪んで常に開き気味で反射はかなり鈍いです・・

1週間経ってもまだボヤけピントが合わず眼球が鈍痛なのですが改善される症例は聞いた事ありますか?失明?OR劇的に視力が落ちるのでは?と不安です・・


急いで眼科を受診してください。

瞳孔が歪んでいるという事は、虹彩の根元が切れて出血していたはずです。その出血のために眼圧が上がっていたり、網膜にも影響が出ているかもしれません。角膜に傷が出来ているかもしれませんし、打撲の仕方によっては、外傷性白内障を起こすこともあります。

眼科医は色んな患者さんを診ています。改善する人もいれば、悲惨な経過をたどる人もいます。世間話のような暢気な事を言っている場合ではないですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-07-02 23:39 | 外傷

作業中の瞬きの必要性


自分は最近、検品の仕事を始めました。その仕事に必要な視力は0,7以上です。自分は、あまり視力がよくないので眼鏡をかけています。

先日、仕事場で視力検査があり、その結果が出ました。5m視力0.9 50cm視力1.0です。今のところこの数値ですが、目を酷使する仕事のようなので、この先が不安です。仕事の内容は、ガラス瓶の検査なのですが、その中で目を酷使するものは、ラインでの作業です。かなりの速度で流れていくガラス瓶を目視します、30分交替です。

視力は25歳を超えると、そんなに変わらないと眼鏡屋の店員は言うのですが…やはり目を使う仕事は視力が低下するのでしょうか、また、何か対策があれば教えて頂けないでしょうか。よろしく御願いします。


5m視力0.9 50cm視力1.0ということは、軽度の近視ですね。近視の進行はそのうち止まりますが、目が疲れると裸眼視力(ピントの合っていない5メートルで測定する視力)の低下は起こり得ます。ただし、純粋な視力低下ではありませんので、気にする必要はありません。物を見ることで目を酷使して疲れきったとしても、視力が下がることは無いのです。

それより、検品という作業で「まばたき」をする時間はありますか。人間の目は10秒以上瞬きをしないと、涙で覆われていた角膜が、乾燥して剥き出しになります。それが繰り返されると、角膜の表面の細胞が死んで脱落し、角膜に傷が出来た状態になります。「ドライアイ」の状態です。涙の分泌が少ないと角膜が乾燥してドライアイになりますが、涙の量が正常でも、瞬きをしない習慣によってドライアイと同じ状態になるのです。難しいかもしれませんが、工夫をして、何とか瞬きをする時間を確保してください。10秒に1回、0.2秒を確保してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-07-02 23:17 | 角膜・結膜

角膜の乾燥を防ぐ方法


30年前の幼児期に、先天性眼けん下垂(片目)の手術をしました。

寝ている時に目が開いている状態になります。寝ている間に何か入るのか朝起きると、目が赤く痛い時があります。眼帯などすると目が乾くのでしない方がよいと眼科で言われました。何かいい方法はないでしょうか?

30年前は、まぶたの閉じる手術はなかったのでしょうか? 手術をした目が一年程ものもらいが治らず腫れています。2つの眼科にも通いましたが治りません。どうしたらいいでしょう。


幼児の眼瞼下垂(まぶたが下がって十分に開かない状態)の手術です。おそらく正面が見えない状態だったのでしょう。手術をしないと弱視になってしまって、眼鏡をかけても視力が出なくなってしまいます。手術によって、たとえ十分に閉じられなくなるとしても、どうしても開く必要があったのです。

朝、眼が充血するのは、何かが入っているのではなく、角膜が乾燥して傷が出来ているからでしょう。眼帯は眼が乾くのでダメだと言われたのなら、水で濡らした眼帯はどうでしょう。水道水で濡らして水が流れない程度に絞って使います。眼球に接触すると不潔になりますので、注意してください。

角膜保護剤の軟膏を寝る前に入れる方法もあります。ねばーっとしていますので、朝まで角膜を乾燥から防いでくれます。それでもダメな場合は、テープでとめる方法も実際に行なわれます。

1年も治らないものもらいですか。それはきっと霰粒腫といわれるもので、痛みが無いなら今は単なる肉の塊です。さらに腫れてくるようなら、治療が必要ですが、触ればわかる程度なら放置するしかないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-07-02 10:17 | 角膜・結膜