excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コンタクトをしていない時の乾燥感


私は目に乾燥感があり、コンタクト装用時よりも、コンタクトをしていない時に乾燥を感じ、痛みがたまにあったりします。

コンタクトをしていない時にもソフトサンティアを点眼するようにしています。コンタクトの検診では傷がないようなので、様子を見ると言われるのですが、裸眼時に乾燥することに疑問で、また裸眼でソフトサンティアを点眼し続けていいものか不安です。

また、かゆみも以前からあり、アレギサール点眼を処方され朝晩使用しているので、これも乾燥に悪影響ではないか心配です。 悩んでいるので、教えて頂きたいです。


コンタクトレンズの種類にもよりますが、コンタクトで角膜を保護している状態になっているために、はずしている時に症状が出るのでしょうね。まぶたの裏側が、相当荒れた状態なのでしょうか。

ソフトサンティアは、防腐剤も入っておらず、涙の補充だけをする目薬で、コンタクト装用の有無にかかわらず点眼して大丈夫です。ドライアイでない人にも、コンタクトをしていない人にも勧められる安全な目薬です。

アレギサールの点眼ですが、アレルギー性結膜炎という診断があるのなら必要なものでしょうね。ただし抗アレルギー剤はたくさんありますので、アレギサールが一番良いとは限りません。乾燥に影響するかどうかはわかりません。防腐剤が影響することは有り得ます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-06-30 00:04 | 角膜・結膜

フラッシュのような光


はじめまして。最近、毎日ではないのですが、目をずっと閉じていると、普通は、真っ暗なはずなのですが、カメラのフラッシュみたいに目の中で光ります。そのことが最近気になりまして、先生に相談したくて書き込み致しました。何かの病気でしょうか?


実際には、真っ暗な状態でも真っ暗には見えません。網膜の神経細胞は、光を受けて興奮し脳に信号を送り、脳が光を見たと認識します。生きている限り、網膜の細胞は僅かな信号を出していますので、完全に暗黒にはならないのです。

また、光以外の刺激でも信号は脳に送られ、光ったと感じます。目を打撲したときに光を感じるのはそのせいです。網膜が内側から引っ張られても、同様に網膜の神経細胞が刺激され、光ったと感じます。

フラッシュみたいな光という事ですので、かなり明るいものと想像します。おそらく網膜が引っ張られているのでしょう。破れる前兆かもしれませんので、眼科受診をお勧めします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-06-22 10:40 | 何かが見える

測るたびに眼圧が違う


こんにちは。眼圧についてお聞きしたい事があり、メールさせて頂きました。定期的に眼圧を測っているのですが、測るたびに3~6くらい変動します。本などを見ると、緊張したりすると高くなると書いてありますが、本当でしょうか?また、眼圧を上げたりする要因は他に何かあるのでしょうか?


1.緊張すると高くなります。力を入れて目を閉じようとしている場合、無理やり開けて測定せざるを得ず、その結果、眼球を圧迫する事になり、高く測定されてしまいます。

2.空気眼圧計では高く測定される事が多い。数値で結果が出ますので、測定者によるばらつきは少ないですが、測定値自体が信用できないので、スクリーニング程度にしか使えません。

3.アプラネーション眼圧計は正確な筈ですが、測定者によって微妙に読み取り値に違いが出たりします。

4.眼圧が脈拍によって常に変動している場合があります。脈拍にあわせて上がったり下がったりするのです。どの数値を眼圧とするか、測定者によって違う事があります。

5.レーシックを受けた目は眼圧を正確に測れません。角膜の厚みが変わるからです。レーシックを受けた後、眼圧が低下したとすると、それは眼内圧が低下したわけではなく、角膜の影響が変化したためです。

毎回同じ時間帯に同じ眼科医が測定して3~6ぐらいの変動があるのならば、本当に変動しているのでしょうが、測定者や眼圧計が違う場合は、比較は出来ないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-06-10 10:08 | 緑内障

緑内障の診断が眼科によって違う


約一年前、個人的な事情によりいつも行っている眼科医院ではなく別の眼科医医院にコンタクトを作りに行ったところ、視神経にへこみがあるので念のため視野検査をしてみましょう。あなたほど目が悪いと緑内障の可能性がありますと言われとてもびっくりしました。左右共に裸眼0・02 、-7Dです。後日検査を受けると(ゴールドマン視野計など)両目に視野欠損がみられました。特に右目のほうが多かったのですが、緑内障によく見られる上方の弓形のような典型的な欠け方ではなく下の方が欠けているようでした。また何かの検査をしてその結果、黄色や緑色とかの円グラフのものが表示され、視神経の色が悪いと言われました。また視神経の異常のあるところと視野欠損のあるところは対応しているといわれました。しかし緑内障かどうかは5~10年しないとわからないので半年に一回検査しましょう。生まれつきだったら進行しませんしとのことでした。

動揺してしまい、セカンドオピニオンで別の眼科医院に行きました。検査を受けると(ハンフリー視野計、眼圧は12)、MD値右目-10、左-4でした。やはり右目の下の方に黒い広がりがあり、左右共にセイジョウハンイガイと記載されていました。先生は、どうやら緑内障の気があるね、感度低下もあるし。とのことで一ヵ月後また来て下さいと言われ視野検査を再び行ったところ、左が-5になっていたので目薬ミケランが出されました。私が躊躇していると、医者が百人いたら百人とも目薬を点した方がいいと言うはずだと言われました。

私がもう本当に目薬の治療をはじめなければならないのか、年齢的にもまだ早いのでは?(23歳)と緑内障を信じたくない思いもあり、もう一件別の眼科医院に行きました。 検査を受け(どんな視野計だか忘れてしまいました。眼圧は麻酔をして眼に直接あてて測るもので値は教えてくれませんでしたが正常だったようです。網膜の厚さも正常でした)診断はどうやらSSOHではないかとのことでした。血管の出方も正常ですみたいなことも言っており、半年に一度の定期検査で良い。目薬は過診療ですと言われました。このように言われたのは嬉しかったのですが、前の先生と言っていることが正反対だったのでどちらを信じればよいのか混乱してきました。

そこで大学病院並みの眼科医院で検査することを決意しました。視野の検査ハンフリーと偶角検査など多くの検査をしました。偶角は開いていて眼圧は正常。視野はやはり右の下方に多くの欠損が見られました。視神経のへこみ具合の検査では×マークや!マークがたくさんあったのが決め手となり、生まれつきと緑内障の部分の両方が混ざっているという診断になりました。目薬は要りませんよね?と質問すると、いいえそうゆう訳ではありません。月に一度近所で眼圧を測り、半年経ったらまたこちらに来て、検査してその結果を見てから決めましょうとのことでした。 今は取り敢えず月一度眼圧を測っていますが至って正常です。12から15で安定しています。

近所の先生は視神経が弱っている。視神経網膜繊維層欠損らしき影があると言っています。

多くの先生に見てもらいましたがそれぞれ言われることが違いすぎて本当に困ります。どの診断を信じどの先生にについていけばよいのか本当にわからなくなって不安でなりません。緑内障という先生を信じ目薬を点すのか、生まれつきという先生を信じ目薬は点さずそのままにしておくか・・・でも本当に緑内障だったら進行してしまうし緑内障ではなかったら副作用が心配です。

診察をしていないので難しいとは思いますが、河野先生でしたらどの診断を信じついていけばよいと思われるでしょうか?また生まれつきのものだとしたらMD値はどれくらいの範囲内におさまるでしょうか?私はMD値は-10ですがこれは生まれつきの範囲内でしょうか?それとも生まれつきの視野欠損にしては多すぎるでしょうか?また眼圧日内変動検査を受けたほうがいいでしょうか?毎日いろいろ考えてしまい精神的にも疲れてきました。どうかお答え頂きますようお願いいたします。


1軒目。先天性の変化かもしれないが緑内障の疑いもあり、経過観察。
2軒目。検査値のわずかな変化で緑内障と診断。「百人いたら百人」などと説明し点眼処方。
3軒目。経過観察。眼圧はアプラネーションで測定。血管の走行に言及。
4軒目。眼圧の数値で経過観察。
5軒目。不明。

2軒目の眼科は問題外でしょう。1軒目か3軒目の眼科で経過観察してはいかがですか。

近視の視神経乳頭変化と緑内障性の変化の区別がつきにくい状態なのでしょうね。緑内障かどうかわからない程度ですので、放置して変化があっても、自覚症状が出るわけではありません。その段階で治療開始すれば、手遅れになってしまうとは考えられません。変化を見落とさないように、きちんとした経過観察をすれば良いだけです。くよくよ思い悩んでも時間の無駄ですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-06-09 00:07 | 緑内障

飛行機と眼圧の関係


こんにちは。私は緑内障です。(すごい近視あり)点眼してかれこれ9ヶ月位になりますが、なかなか目標数値に下がってない状態です。(点眼前:18-21) 点眼しても18です。

そこで質問ですが、飛行機に乗ると気圧の関係で眼圧は上がりますか?緑内障と診断される前は結構海外旅行に行ってました。

飛行機に乗るとポテトチップスの袋がパンパンになったり、自分自身のお腹も腸のあたりが膨らんでる感があります。もしかすると眼圧も上がるのではないか?と心配してます。

元来旅行好きなので行きたいのがやまやまですが・・。変な質問かもしれませんが本人は真剣です・・・。変な質問で申し訳ないですがよろしくお願いします。


逆なんです!!
理解しやすい例え話で説明します。水深10メートルのプールに潜ったと想像してください。素潜りです。

水圧(水圧+気圧)は地上の2倍の2気圧です。体は外側から圧迫され、それにつりあうように体内の圧力は高まります。肺は小さくなり、肺の中の空気は圧縮されて2気圧になります。腸内のガスも押されて縮み、ガス圧は高まります。

眼球はどうでしょう。肺や腸内のガスと同様に周りから圧迫されますので、それと対抗するために内部の圧力が高まります。つまり眼内圧が上昇します。眼球外部から測定する「眼圧」は、緑内障診療の目安として測定しますが、実際に視神経に影響するのは眼内圧です。

飛行機の場合は気圧が低くなりますので、潜水の逆で眼内圧は低下します。降機した場合は、潜水と同じで眼内圧は上昇して、飛行機に乗る前の状態に戻ります。実際には、眼内で房水が作られ排出されますので、もっと複雑な変化があるはずですが、少なくとも、緑内障に悪影響があるとは考えられません。良い影響はあるかもしれません。

ポテトチップスの袋の内部の気圧は地上では1気圧です。機内では機内の気圧の0.8気圧より高いために膨張し、中途半端に膨らんでいるときは0.8気圧ですが、パンパンに膨らんでいる場合は0.8気圧より高く、1気圧より低いということになります。しかし、もしパンパンに膨らんだポテトチップスの袋の「眼圧」を外から眼圧計で測ったら、高くなっているでしょうね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-06-05 11:59 | 緑内障