excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

外傷性散瞳が治らない


今年2月に衝突事故にあい、右側頭部を窓に強く打ちました。(脳MRI異常なし)2ヶ月後、左目に異変がでてきました。 *物の距離感がつかめない *2重に見える *左目の周りに少し痛み・違和感がある

地元の眼科で診察してもらった結果、左目の瞳孔に光をあてても縮小しないとの事です。病名は(眼球打撲による外傷性散瞳)治療は就寝前の点眼(サンドールMY点眼液0.4%)言われた通り治療を行って来ましたが、未だに治りません。

今月、眼科に行って来ましたが、先生が面倒になったらしく(保険会社に出す診断書など)事故診療を打ち切られ、左目に対して・・・「元々、瞳孔が大きいのかも知れない。ストレスや過労から来てるのかも。左目が効き目なんだよ」と言われました。事故の前にも診察してもらった事がありましたが、そんな事、一言もいってませんでした。他の眼科でも言われた事はありません。それに効き目は右目です。私は後遺障害認定の紙を書いてもらいたかったのですが、先生に後遺障害にはならないと断言されてしまいました。

外傷性散瞳は治るのでしょうか?また、後遺障害認定は難しいのでしょうか?


例えば労災の場合「眼(眼球及びまぶた)の障害に関する障害等級認定基準」というのがありまして、その中に、「1眼の瞳孔の対光反射が著しく障害され、著明な羞明を訴え労働に著しく支障をきたすものについては、第12級を準用すること。1眼の瞳孔の対光反射はあるが不十分であり、羞明を訴え労働に支障をきたすものについては、第14級を準用すること。」という項目があります。ですから、交通事故の場合もこれに準じて等級の認定は可能ではないかと思います。

ただし、実際に診察した医師が、何ヶ月間かの診療にもとづいて、事故とは関係が無いと判断したのなら、それに従うしかないと思います。しかしもしかしたら、別の眼科で改めて診て貰った場合、事故との因果関係が認められるかもしれません。事故以前に受診したことのある別の眼科を受診するのも、方法の一つかもしれません。そこで、瞳孔異常が以前に無かった事が確認できれば良いのですが。

治るかどうかですが、治る場合も治らない場合もあります。治る場合は放置しても治ったりします。また、事故の既往が無いのに瞳孔の対光反射の弱い人は、確かに時々あります。症状の無い場合は、それについて特に説明をしないこともありますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-11-25 18:08 | 外傷

眼球打撲による眼窩壁骨折か


初めまして。中学1年の息子の事ですが、本日夕方5時過ぎにサッカーの練習から帰ってきた時、左目の瞼がお岩さんのように腫れていました。 どうしたのか尋ねると、午後の練習時に他部員の肘が左目にあたったそうです。その時点で腫れる事はなかったらしいのですが、夕方帰る際に鼻をつまんで鼻をかむ様なまねをしたら、左まぶたがプーと腫れたような感じがした、と言ってます。 病院に連れて行ったほうがいいでしょうか?日曜祝日ということもあり、どこも診察しているところがないので困っています。 とりあえず冷やしてみていますが・・・。現在視力に問題はないとのことです。


眼窩壁骨折だと思われます。
(社)日本形成外科学会ホームページの中の記事をそのまま引用します。
1.疾患の解説
 眼部に手拳・膝・野球のボールなどが当たったときに見られる特殊な顔面骨骨折です。複視(物が二重に見える)、眼球陥没(眼の落ち窪み)や頬~上口唇のシビレなどが生じます。
<障害の機序> 眼球を入れる骨の窪みを眼窩と言いますが、この眼窩の入り口(眼の周囲)は丈夫ですが、その奥にある眼窩壁の鼻側~下壁(床)は薄い骨でできています。そのため、ボール等の圧力が強いと眼の周りの骨は持ちこたえても、その歪みや圧力によって弱い眼窩壁が骨折します。骨折部からは眼窩内の脂肪組織や眼を動かす筋肉などがはみ出しますので、眼が落ち窪んだり(眼球陥没)、眼の動きが悪くなって物が二重に見える(複視)、そのために吐き気を催すこともあります。眼窩の下壁には知覚神経が走っており、損傷すれば頬~上口唇の感覚が麻痺します。また、鼻をかむと血液の混じった鼻水が出ます。このような状態で鼻をかむと、逆に骨折部から眼の周囲組織に空気が入ってひどい場合には視力障害を起こしますので、鼻をかんではいけません。

2.治療法
 殆どの場合には経過をみて手術の要否を決めます。ただし、骨折部で眼を動かす筋肉が挟み込まれている場合(小児に多い)は緊急手術が必要になることもあります。したがって、眼部を強く打った場合にはCT検査が受けられる病院を受診してください。
 手術適応:CT検査による骨折の状況、眼球陥没や眼球運動障害の程度から判断します。
眼窩壁の骨折があっても、複視や眼球陥没などの症状が無ければ手術はしません。
・ 複視の多くは骨折部の腫れや出血が吸収されると改善してきます。訴えが複視だけで、CT検査で問題が無い場合には、改善状況を見てから手術するか否かをきめます。
・ 外見上の眼の落ち窪み(眼球陥没)の修正には原則として手術が必要です。
 
現在、見え方に全く異常がないのであれば、火曜日まで待って眼科受診されて大丈夫と思います。
ただし、眼球打撲によって、眼底出血や網膜はく離を起こしている可能性も否定できませんので、出来れば消防署で確認して、休日診療をしている眼科を受診されるのが良いと思います。


★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-11-24 01:14 | 外傷

変なものが見える


小学2年生の男の子ですが、ここ数日間、「変なものが見える」と言います。具体的にはテレビを見た後に、白い壁を見るとそこに同じものが見えるらしいです。いつもそうだと言うわけではないみたいです。後、夜寝るときに電気を消すと「粒々したものが見える」と言います。

近所の眼科で診察していただいて、眼圧検査もしましたが異常なしでした。視力も両目とも1.5で、「目はとても綺麗な状態です」と診察した先生に言われました。しばらく様子を見ることにしましたが、目に異常が無くてもこういうことはあるのでしょうか?


テレビの件は残像現象です。誰でも同様のことが起こりますが、気がつかない人もあります。

網膜の視細胞から脳に信号が送られたら、光が見えたと感じます。しかし実際には、網膜は常に僅かな信号を脳に送っているようで、それが真っ暗な状態で微かな光として感じられるのです。真っ暗な部屋で、掌で完全に目隠しをしても、何となくもやもやした、或いはチカチカした微かな光を感じるはずです。寝る時に電気を消すと見えるのは、おそらくこれだと思いますが、残像の一種かもしれません。或いは、得体の知れない何かかも・・・とにかく、眼の病気ではありませんのでご心配なく。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-11-22 15:16 | 何かが見える

長引く子供のアレルギー


5歳の息子です。昨年の12月に朝起きると両目を痛がり、かかりつけの眼科で診てもらったところ「角膜が硫酸を浴びたようになっている、危険な状態」と言われました。しかし薬剤を目に入れたわけでもなく全く原因がわからず、はじめはクラビットやフルメトロン・ヒアレインの点眼で様子をみました。

少し良くはなるのですが治りが悪く、コンタクトで一時角膜を保護したり・・・といろいろとかかりつけの先生も試してくださったのですが変らず。大学病院を紹介されて診てもらった結果「アレルギー」ではないか、ということで、リザベン・クラビット・フルメトロンの点眼と人工涙液を使って10ヶ月ほど様子をみて、現在はステロイドのフルメトロンを中止してリザベン・クラビット・ヒアレインの点眼とソフトサンテイアを使っています。

もう1年くらい経つのですが、最初のひどい状態に比べればだいぶ回復はしたようなのですが、こんなに長く治らないのはどうしてなのか(はじめは数ヶ月で落ち着くといわれました)まだ子どもなのでかなり心配です。かかりつけの先生はほんとによく診て下さって心配してくださりありがたいと思っています。 また、何のアレルギーかは調べてはいません。(種類がいっぱいあるから調べなくてもいいといわれた)  今は乾燥のせいか、まれに目の痛みを訴えることがありますが充血や腫れなどの症状はありません。時々目をまぶしがります(カメラのフラッシュなど)実際に診察しないとわからないとは思いますが、先生のご意見を伺えたら嬉しいです。お忙しいとは思いますが宜しくお願いします。


小さなお子様の事ですので、大変ご心配な事は十分お察しいたします。でも、アレルギーの治療で1年というのは、眼科医にとっては「長期間」ではないのです。いつの間にか外から入るものが原因ですので、これから一生うまく付き合っていく必要があるからです。「数ヶ月で落ち着く」というのも、その通りに達成できているように思います。「落ち着く」というのは、治癒するという意味ではありません。「急性期を無事に乗り切る」と考えてください。その後は、現在行なっている慢性期の治療になっていきます。慢性期に増悪させずに、視力の低下を防ぐというのが次の目標ではないでしょうか。視機能の成長は10歳ごろまで続きますので、その間、角膜に傷をつけて弱視になったりしないように、細心の注意が必要になります。

12月の朝に自宅で発症していますので、原因はハウスダストでしょうか。もう対策されているかもしれませんが、クリーナー、空気清浄機、床材、壁材、寝具、ペットなどに注意してください。

全く別の方法として、脱感作療法、減感作療法というものがあります。原因になるアレルゲンの種類が少ない場合、有効かもしれません。出来る病院は限られていますので、検索してみてください。

クラビットは抗菌剤です。傷への感染を防ぎます。
フルメトロンは消炎剤(炎症をおさえる・副腎皮質ホルモン)です。急性期には不可欠です。
ヒアレインは角膜保護剤(保湿剤・ヒアルロン酸)です。
リザベンは抗アレルギー剤です。
ソフトサンティアは人工涙液で涙の補充をします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-11-21 15:28 | アレルギー

白目のシワは掻いたから?


こんにちは。最近目のことでとても気になっていることがあり、相談したくメールしています。

2、3日前に朝起きて鏡を見てみると、目の白い部分の表面が気持ちスムーズでなくて、特に黒目を目じりの方に寄せると眼尻に白いゴミのようなものが寄ってたので触ってみると、それは少し白目の膜がゆるんでシワになったものでした。
怖いのでそれ以来触ってはないのですが、その症状は両目一緒でシワの出具合はその日によって違います。今はさほどひどくはないのですが目尻に寄った膜の皮をつまもうと思えば摘まめます。

眼球がすごくかゆくてこすったりしていたので、それも原因になるでしょうか?最近になって気づいただけで、もっと前から症状はあったのかもしれません。


白目の土台は強膜という白い壁です。白目の表面は結膜という弾力のある透明な薄い膜です。強膜と結膜の間は、あまりくっつかない接着剤でつけたようになっており、そこに血管やリンパ管が通っています。

強くこすると、接着剤の部分が剥がれて空間が出来、リンパ液などがたまってブヨブヨになったりします。アレルギー性結膜炎の特徴でもあります。長期に続くと治りにくくなります。慢性的に擦っている場合は、「結膜弛緩症」というような状態になる場合もあります。

治療法は特にありませんが、冷やしたりすると早く引くような気がします。擦らない事も治療法の一つです。また、点眼をしたからといって、早く引くわけではありません。

予防法は、アレルギー性結膜炎の治療をして、決して擦ったりしない事です。何とか頑張って「がまん」してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-11-17 11:58 | アレルギー

緑内障治療開始したばかりの心配


今年9月に緑内障と診断されました。(診断当時点眼無しで眼圧18~21の間にいました)

9月頭からキサラタン1週間後特に下がらなく、エイゾプト追加、それでも左右16くらいにしかならず、10月頭にキサラタン、チモプトールに変更しました。それでもなかなか目標の14にはならず、今日も左右17でした。きちんと時間も守って差しているのに、と少々焦ってます。眼圧はすぐ下がる人もいれば私みたいな人もいますか?

後、先生のブログに、強度近視だと網脈絡膜に変性があると視野欠損が出来ると書いてあるのを読み、とても怖くなりました。もちろん緑内障も視野欠損が出ますが、網脈絡膜の変性がひどいとこの場合も失明するのですか?私は強度の近視ですので怖いです。

緑内障は点眼や手術という治療がありますが、網脈絡膜に対する治療がなければ欠損はまぬがれない事でしょうか?


点眼に対する反応は人それぞれです。試行錯誤を繰り返しながら、最適な治療を見つけていけばいいことですので、あせる必要は全くありません。また、キサラタンは一日一回の点眼ですので、点眼する時間帯、測定する時間帯によって、測定値にばらつきが出ますよ。

強度の近視ということですが、脈絡膜の変性が有ると言われているのでしょうか。それによる視野欠損があると言われているのでしょうか。そうでないなら、要らぬ心配は時間の無駄です。もしそうであったとしても、変性部分の視野の欠損だけですので、失明してしまう事はありません。変性が網膜の中心にかかった場合は、中心視力が落ちますのでかなり不便にはなりますが、緑内障による失明とは全く違うものです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-11-15 10:21 | 緑内障

検診の判定をどう考えるか


こんにちは。2006年の検診で右視神経乳頭陥凹と診断されました。眼科で再検査してもらい、緑内障の心配はないとのことでした。2007年の検診では、経過観察とあり、再検査は受けませんでした。

今年、2008年の検査で、また右視神経乳頭陥凹と診断されました。再検査には、行くつもりです。

日常生活では、特に変わったことはありません。40代半ばなので,老眼の症状は出てきたかとは思います。(今まで眼鏡をかけてみていた、新聞、雑誌が眼鏡をはずさないと見にくくなりました。)

この視神経乳頭陥凹という症状は、これから毎年、再検査になるのでしょうか?老眼と思っている症状も視神経乳頭陥凹というものにかんけいしているのでしょうか?よくなることは、あるのでしょうか?再検査には、近々行きますが、地方なので、大きな病院がありません。先生のおはなしも聞きたいと相談させていただきました。よろしくお願いします。


眼底写真で判断すると、「もしかしたら緑内障かもしれないなあ」という程度なのでしょうね。判断に困る写真というのはよくありますよ。その場合、前年と同じ判定にする眼科医が多いのではないでしょうかねえ。情け無いことですが。また、写真を判定するときに、前年その人が眼科受診したかどうかは判定医にはわかりませんので、受診を促す意味で要精密検査にする場合もあります。或いは、ちゃんと眼科受診していると判っても、「異常無し」にはできないでしょう。安心してしまって、それ以降眼科受診をしなくなったら大変です。

判定は、あくまで、その年の写真のみです。以前の写真と比較するということは、普通はしません。ですから、10年間全く変化が無くても、また、精密検査で異常無しでも、毎年引っかかる事もあります。また、視神経乳頭の所見が改善する事はありません。判定医が変わるか、判定医の知識や判断力が変わることによって、異常なしという判定が出ることもありますが、それは改善したのではありません。

毎年両目の検査をして、右だけが指摘されるのでしょうか。それなら、緑内障の心配は大いにあると思います。現在は大丈夫としても、将来緑内障になる可能性は高いと思います。検診の結果に拘らず、年に1回程度は眼科受診して確認してください。大きな病院でなくても構いません。緑内障の初期は自覚症状が出ません。老眼の症状は老眼です。眼科医が適切な検査をして診察すれば、検診の何倍も正確に判断できます。初期に見つけて適切な治療をすれば、一生、緑内障の自覚症状を経験せずにすみます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-11-14 17:16 | 緑内障

白目に赤い斑点


3年ほど前から右目(白目の部分)に赤い斑点ができて治りません。
直径1㍉程の小さな斑点で痛みも痒みもないので自分ではあまり気にしていなかったのですが、人からはよく「どうしたの!?」と聞かれるので、少し気になってきました。

原因はよくわからないのですが、3年ほど前に食あたりで激しく嘔吐したことがあったのですが、心当たりがあるとすればそれくらいです。

この斑点はなくなるのでしょうか??また治療するとなるとどんな方法になるのでしょうか?


血の色でしたら、血液でしょうね。血管の一部が風船状に膨らんだままになっているのでしょうか。その部位を圧迫して、一時的に白くなるならそうでしょう。変わらないなら、色素沈着かもしれません。

その赤い斑点の周囲を血管ごと切除できるかもしれませんが、その後は手術部位の充血が取れないかもしれません。或いはもしかしたら、斑点への流入血管をレーザーで焼いて塞き止めれば、目立たなくなるかもしれません。ちなみに、当院ではそのような治療の経験はありません。悪しからず。

一番良い方法は、増大する傾向が無ければ、誰に何と言われようと気にしないことです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-11-12 15:01 | 角膜・結膜

焼けるような眼痛


はじめまして。現在39歳の男性です。1年半前より車の運転中に眼を開けている事が出来ない程の痛みを感じるようになりました。当初は目の奥の鈍痛に加え、表面に焼けるような痛みを感じていましたが、現在は鈍痛は殆ど感じなくなり、表面の焼けるような痛み(石鹸が眼に入った時の様な痛みです)が続いています。

痛みを感じ出した当時、特発性過眠症の治療でモディオダールを飲み始めて3ヶ月程経過した頃でして、モディオダールの副作用に眼痛があるとの事で、治療を中断し、薬の服用も止めました。しかし、痛みは一向に引かず、現在一日にソフトサンティア5mlを1~2本気休めに点眼して、痛みを我慢している状態です。

かかりつけの眼科の先生より大学病院での検査を薦められ、受診しましたが、若干のドライアイの傾向がある他には異常が認められないとの事で、経過を見る様に言われるだけでした。勤務先の健康診断の際に相談をしたところ、ペインクリニックへ行く事を薦められ、受診しました。片目だけにキシロカインを点眼したところ、全く痛みが無い状態になりましたが、キシロカインは常用出来ないとの事で、処方はされませんでした。(処方されなかった事の意味は理解しています。)

痛みが強く出るのが、業務や運転をしている時、及びテレビを視ている時になる事から、リーゼを処方して頂き、今に至ります。リーゼは心なしか痛みが和らぐような気もするのですが、余り効いていないように感じています。痛みが余りにも酷い時やどうしても運転をしなければならない時などはロキソニンを服用してしのいで来ましたが、最近はロキソニンを服用しても痛みが抑える事が出来なくなって来ました。いつか治るだろうと何とか我慢して来ましたが、そろそろ限界に達しつつあり、こちらからご相談させて頂く事にしました。どうぞ宜しくお願い致します。


キシロカイン(表面麻酔剤)で痛みが無くなるという事は、眼の表面からの痛みに間違いありません。また「業務や運転をしている時、及びテレビを視ている時」に症状が強いというのも、ドライアイの特徴です。何故かと言うと、目を集中して使うときには、人間は「瞬き」を忘れるものなのです。パソコンで仕事やゲームをしている人を横から観察してみてください。1分でも2分でも瞬きせずにやっていたりします。健康な人でも10秒もすれば角膜は乾燥してきます。涙の少ない人なら数秒で乾燥し、それが繰り返されることによって、角膜表面の細胞が剥がれ「キズ」が出来ます。ですから、症状が現れるときには、意識して頻繁に瞬きをする必要があるのです。やってますか?

ソフトサンティアは気休めではありません。それをメインに治療している人もあります。また、涙の蒸発を防ぐ点眼や、角膜が過敏な場合にそれを少しだけ鈍感にする点眼もありますので、眼科医とよく相談してください。また、「特発性過眠症」の治療をされていたという事と、リーゼが効いたという事から、精神的な何かで痛みが増幅されているのではないかと想像します。心療内科等も受診される事をお勧めします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-11-11 17:58 | 角膜・結膜