excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

CMCPと緑内障


私は緑内症で点眼で経過観察中です.昨晩頭痛がありCMCPを貰って飲みました.コントール散が含まれていることを知らず飲んでしまい調べたら緑内症禁忌薬と書いてあり心配です.1包しか飲んでないのですが影響がでるでしょうか?


CMCPは偏頭痛などに効果のある特別処方の薬ですね。
それに含まれるコントール(クロルジアゼポキシド)には、

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 急性狭隅角緑内障のある患者[本剤の弱い抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状が悪化するおそれがある。]

という注意書きがあります。
つまり、急性狭隅角緑内障(閉塞隅角緑内障)でない緑内障は問題ないという意味です。そう言われていなかったら大丈夫ですよ。もしそうであったとしても、一回の服用で発作を起こしたりしませんし、半日たって異常なければ大丈夫です。鏡を見ながらライトで自分の目を照らして、瞳孔が小さくなるようなら、影響は受けていませんのでご安心ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-24 17:20 | くすり

乳頭陥凹変化なし


乳頭陥凹の大きさは、どの位の期間変化が無ければ拡大していないと見なして良いものなのでしょうか?
因みに、私は3年半変化ありません。眼圧は大体14~16程度です。


質問の趣旨がよく解りませんが、3年半変化が無いという事でしたら、その期間内では悪くなっていないという事実が存在するのみで、それ以上のことは何も言えません。未来の事はわかりませんからね。「現時点で」緑内障性のものではないと考えてよいと思います。

「乳頭陥凹の大きさは、どの位の期間変化が無ければ今後も変化しないと見なして良いものなのでしょうか?」
という意味ならば、答はありません。乳頭の状態、視野、網膜感度、眼圧の変化、年齢、その他を全て考慮して判定するのです。しかも医師の能力、測定機材によって条件が変わりますので、こんなところで「5年変化無ければ大丈夫」などとは言えません。

眼科医によって違うと思いますが、一般的に無治療で3年ないし5年間変化が無ければ、その時点では進行は無いと判断できると思います。しかし、視神経に全く変化が無くても、眼圧は徐々に上昇しているかもしれません。見えない変化が起こっているかもしれません。「ここ5年間は変化無しだが、今後5年間で変化する可能性が大きい」と言うようなこともあります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-24 17:04 | 緑内障

鈍的外傷後の散瞳と高眼圧


現在海外で生活しているのですが、1ヶ月ほど前、近距離でサッカーボールが右目に当たり怪我をしました。現地の担当医の診断では、網膜に異常は無いが、目の奥に炎症が出来ており、また、眼圧が高いので下げる必要があるとの事で、目薬での治療を行ってきました。当初5種類処方された目薬は回復に従い徐々に減らされ、最終的に下記2種類となりました。
  MAXIDEX 0.1% w/v (1回/日)  Timolol 0.25% w/v (2回/日)
現在1ヶ月が過ぎ、担当医の診断では、炎症はほとんど治まっているということで、その点については順調なのですが、いくつか問題が残っています。それぞれについて、お尋ねしたいのですが、

①視力の低下について:当初より100%に戻らないと思われると診断されていたのですが、諦めるしかないのでしょうか?

②眼圧上昇について:先日の診断で、36という値でやや高いと診断されました。対処として、上記2種に加え、IOPIDINE 5mg/ml という目薬を処方されました。(3回/日) 感覚的なものですが、点眼してしばらくは効果があるように思えるのですが、時間が経つとまた眼圧が上がってしまっている様に思えます。そもそも、眼圧上昇は何故起きるのでしょうか?また、処方は正しいのでしょうか?

③瞳孔が広がっていることについて:正常な左目より、怪我をした右目の方が瞳孔が広がっています。担当医も原因が良く分からないと言っています。(眼圧のせいかもしれないと)色々なサイトを見ると、瞳孔が広がると、視界がボヤケたり、眩しく感じたりすると情報を得ました。目薬か何かで小さくすることが出来るように担当医は言っていたのですが、未だその段階ではないと、しばらく様子を見ることを勧めてきました。特に問題は無いのでしょうか?

④視界が頻繁に乱れることについて:②の「感覚的な」と記述した内容と被るかもしれませんが、頻繁に視界が乱れます。目を閉じた状態でしばらく強く目を押さえた後で目を開いたときのような視界になります。(アナログテレビで電波が悪いときのような、ざらざらした感じです。)酷い時は、ほとんど見えなくなるような視界になります。また、特に暗いところから急に明るいところに出ると、視界が真っ白になり、片目はほとんど機能しなくなることもあります。(③が原因かもしれませんが)この点で、何か異常などお気づきになられる点がございますでしょうか?

こういった症状は、今使用している目薬によるものなのか、それとも別な原因があるのか分かりかねており、また英語が堪能でないことから、担当医とうまくコミュニケーションが出来ないこともあり、とても不安に思っております。ご多用中のところ、長文で恐縮ですが、何かアドバイスをいただければ幸いです。また、症状に関する記述がほとんどで、定量的な情報が無く申し訳ありません。何か情報が必要でしたら、ご連絡いただければと存じます。よろしくお願いいたします。


1.網膜に異常が無くて炎症も治まってきているのに視力低下があるのでしょうか?よくわかりません。どのような視力低下なのでしょう。見え方の変化なら残る可能性がありますが、視力低下とすると何か別の問題があるのでしょうか。

2.TimololとIOPIDINEは眼圧を下げる点眼です。MAXIDEXはステロイドの消炎剤です。間違った処方ではありませんが、その使い方が適切かどうかは主治医のみが知ることでしょう。36が36ミリ水銀柱ならかなり高眼圧です。この数値ならこの処方という決まりはありません。特に外傷によって起こった高眼圧は、緑内障の高眼圧とは全く違う挙動をしますので、経過を見ながらその都度変更が必要だったりします。眼圧の上昇は様々な原因で起こりますが、たとえば鈍的外傷で虹彩の根元が断裂することが多いのですが、そのときの出血が、眼球から水が出て行く出口に詰まって眼圧を上昇させたりします。

3.外傷性散瞳という状態で、鈍的外傷ではよくある症状です。徐々に元に戻りますが、完全には戻らない場合もあります。それでも自覚症状は訴えない人が殆どです。数ヶ月たっても眩しいなどの自覚症状が残る場合は、点眼で症状を緩和できます。原因は、上でも書いたように、虹彩の根元の断裂で、瞳孔を小さくする神経が切れるからと言われています。受傷時に黒目の内部の出血(前房出血)は無かったでしょうか。それにしても、眼科医が原因が良く分からないというという事は、普通の外傷性散瞳では無い可能性もありそうです。

4.外傷性散瞳が原因で起こっている症状だと思います。ただし、症状が極端ですので、網膜自体の光に対する反応も悪くなっているような気がします。

これらの症状は、点眼によるものではなく、外傷によるものに間違いありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-24 16:56 | 外傷

ブスコパンと緑内障の関係


胃の検査に使われる消化管の動きを少なくする(鎮けい剤、ブスコパン)について、緑内障等の疾患がある方には原則として使用しませんと注意書きがあります。

お伺いしたいのですが、緑内障の方が使用すると危険性があるのでしょうか?私は緑内障の疑いがあり眼圧高めですが使用を控えた方がいいのでしょうか?よろしくお願いします。


あなたの場合は大丈夫です。何も気にせず使用してください。内科で眼圧の事を言う必要もありません。聞かれたら、眼科医がブスコパンの使用は問題ないと言ったと答えてください。

ブスコパンの説明書には、下の様な記述があります。

禁忌(次の患者には投与しないこと)
2. 緑内障の患者[眼内圧を高め、症状を悪化させることがある。]

重要な基本的注意
3.眼の調節障害、眠気、めまい等を起こすことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。

その他の副作用
眼  0.1~5%未満  調節障害


怖いですねー。
ブスコパンには抗コリン作用と言うのがあって、近くにピントが合いにくく(調節障害、老眼症状)なり、瞳孔が大きくなります。そのときに、隅角(虹彩の付け根と角膜の間で、目の中の水を排出する部分)が狭い人の場合、そこがさらに狭くなって、時には塞がってしまって、眼圧が急上昇します。これを緑内障発作と言います。

ですから、眼科で隅角が狭いと言われている人、つまり狭隅角緑内障や閉塞隅角緑内障の人は、ブスコパンの使用は危険です。眼科で相談してください。特に年配の女性で、無治療で経過観察している人は要注意です。

ちなみに狭隅角だけでは何の症状もありません。ですから本当に怖いのは、眼科受診をしたことのない、健康だと思っている高齢女性です。これを禁忌にすべきではないでしょうか。眼科にかかっていなかったら、緑内障は無いという前提のようです。私はこれがいちばん心配です。

緑内障でも、狭隅角と言われてない方は、無関係です。若い方はほとんど広隅角です。安心して投与を受けてください。緑内障発作は起こりません。眼科医以外が読む注意書きに、緑内障の分類を要求する注意事項を言っても解りませんから、あのような記述になっています。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-22 17:20 | くすり

外斜位?脳外科?眼科?


よろしくお願いします。斜視だとおもいますが、右目の黒目が外側にボーとしてるとき、急に目を動かすと外側に向いてしまいます。意識するとすぐに直せれます。視力は両目とも1.5あります。同じ場所から片目づつでみるとハッキリ見えるのですが、両目だとぼやけます。夜のネオンとかはぼやぼやにみえます。あと、左目をつぶって歩行すると(右目だけで歩く)、ふらふらになってまっすぐあるけません。左目だけでの歩行はまったく異常ありません。
 
このような場合は先に脳外科とかに言った方がよろしいでしょうか?斜視は脳とも関係しているのですよね?お忙しいかと思いますが、回答よろしくお願いします。


状況がよく解らないのですが、いつからの症状でしょうか。最近からなら、脳外科的な問題が起こっている可能性がありますので、脳外科に急いでください。

ボーっとしているとき黒目が外側に向き、意識すると元に戻せる状態を外斜位と言います。外斜位が何年も前からなら、脳外科は関係ないでしょう。普通、外斜位は視力の低下も無く治療の必要は無いのですが、外斜している時間が長くなり、日常生活に支障をきたすようなら、手術の必要があります。何年もかかって徐々に悪化して今の状態なら、斜視の手術の出来る眼科、あるいは念のため脳外科のある病院の眼科を受診してください。

右目だけで歩く場合にふらふらするのは、右目が外斜だけでなく回旋(外に向いているだけでなく筋肉の関係で回転)しているからではないかと思うのですが、詳しく調べてみないと解りません。この部分は全く自信無しです。斜視を専門的に診ている眼科でないと診断は難しいと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-19 00:57 | 視力・斜視

こどもの外傷性角膜上皮剥離


我が子が、お友達(5歳)に軽いプラスチックの棒を、弾みであててしまい、角膜が80%はがれるけがをさせてしまいました。その日のうちに、病院にいってもらい、それがわかったのですが、次の日には痛みはとれたらしいです。治療5日目でやっと 前の日よりは、ましで、はりがでてきたかなと聞きました。わざとではないにしろ大変なことをしてしまい、心を痛めております。

視力の低下がでてしまうのではと、心配になったり、まさか、もっと大変なことになるのではと・・・。 完治までは、かなりの時間がかかるのでしょうか?また、視力に影響がでるのでしょうか。 よろしくお願いします。


角膜上皮が剥がれることを、角膜びらん、または角膜上皮剥離といいます。病気でなったものや、不潔なもの(木の枝とか)で傷つけた場合は、少々治療に手間取ります。それと比べて、今回のように不潔でないもので角膜の上皮をめくってしまった場合は、適切な治療で驚くほど早く治癒します。ですからおそらくもう90%は治っているのではないでしょうか。そして完治までには2週間ぐらいでしょうか。普通は確実に治りますのでご安心ください。

それよりも、やはり心配なのは視力です。数日間片目が見えない状態にすると、その目は弱視(刺激遮断弱視)になり、レンズで矯正しても視力が十分に出なくなる場合があります。治療している間、どの程度見えていたのか、眼帯をしたのかどうかが関係してきます。一度、矯正視力がちゃんと出ることが確認できれば、それ以降はもう心配要りません。しかし、もし万が一、受傷した目の矯正視力が悪い場合、良い方の目をアイパッチでふさいで訓練するということが必要かもしれませんが、短期間で起こったことですので、治療も短期間で済むはずです。どちらにしても、必ず治癒しますので、そうご心配にならなくても大丈夫と思いますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-18 00:11 | 外傷

C/D比について


河野眼科御中
先日、毎年健康診断を受けているクリニックで、2004年に撮影された眼底写真が出てきました。その時はA判定で異常なしだったのですが、最近撮影した眼底写真と比較しましても全く変化はありませんでした。生理的な乳頭陥凹であったと考えても良いのですよね?生まれつきの乳頭陥凹だったと考えて良いのでしょうか?また、私のC/D比は0.6程度だと思って良いのでしょうか?毎回お返事を頂いて大変感謝しております。今回もよろしくお願い申し上げます。

・私の眼底写真です。
http:個人情報ですので全体のリンクはしません/up4434.jpg

また、↓は他の方の眼底写真で正常とされているものです。こちらのC/D比もお教え頂きたくお願い申し上げます。
http:URL略/up4435.jpg


現在が生理的な乳頭陥凹と思われますので、4年前は緑内障性であるはずはなく、生理的な乳頭陥凹です。
但し、これは生まれつきと言うわけではないのです。成長とともに視神経乳頭自体のサイズが大きくなってきて、それに伴って、陥凹も大きくなります。また、近視による視神経の傾きも影響します。ですから、「正常な乳頭陥凹」と考えてください。

あなたの左目のC/D(Cupping/Disc)比は0.55程度だと思います。写真を拡大して画面上で定規で測って計算しました。実際に画面に定規を当てて測定して計算してみてください。C÷Dです。
e0137559_15344689.jpg

右目の写真です。実際に測って計算してください。拡大率の違いは無視してください。
e0137559_18181410.jpg


但し解像度が悪いため、どこまでが乳頭(D)か、どこまでが陥凹(C)かがはっきりしませんので、あくまで参考にする程度にして下さい。色が変わっていても、そこが陥凹の縁かどうか解らないのです。

もう一つの参考写真です。
e0137559_15363592.jpg

このC/D比は0.6ぐらいです。0.6以下なら正常と言われていますが、以前にも書きましたが、この数値だけで判断しないようにして下さい。数値が大きくても正常の場合がありますし、小さいのに緑内障の場合もあります。数字だけに振り回されるのは、もう終わりにしませんか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-16 15:44 | 緑内障

アレルギーによる変化でしょうか


目頭の所がかゆくなり、眼頭の目の付け根の部分がみみず腫れになったり眼球が真っ赤になったりします。ここ何か月では、クマではないように思うんですが、目頭の所から縦に内出血のように線が入ってしまってます。これは、かゆみによるなんらかの原因なのでしょうか?

以前眼科で言われてアレルギーがあるみたいなんですが、最近よく目の縁やまわりもかゆくなります。この縦じまがもし、なんらかの原因なら眼科に行ってみようと思うんですが・・・・クマだったら、どーしようかと思って相談させて頂きました。回答を宜しくお願い致します。


目頭のあたりが痒くなり、その付近の皮膚がミミズ腫れになったり、結膜充血や出血が起こり、最近は目頭の皮膚に縦方向に内出血のような線が出来たのですね。

また、以前に眼科でアレルギーと言われており、目の縁や周りの皮膚も痒いのですね。けれども、縦じまだけが心配なので、そのことで眼科受診しようかどうか迷っているのですね。

クマかどうかなんて関係ありません。それはアレルギー性結膜炎です。早速眼科に行ってください。典型的なアレルギー性結膜炎の症状です。掻いてしまうことで、皮膚炎を起こしていますし、細菌の感染も起こっているかもしれません。もしかしたらウイルス感染まで起こしているかもしれませんよ。

アレルギーだから、痒くなって掻いてしまう事は仕方が無いと思っていませんか。アレルギーであっても、掻くことが無いのが普通ですよ。もちろん、ちゃんと治療をしないと普通の状態にもなれません。慢性的なアレルギーを起こしている方からすると信じられないかもしれませんが、全く掻かないのが普通なのです。掻くことによって、ありとあらゆる病気を起こしてしまいます。眼科の患者さんの半分は、掻く事によって自分で作った病気です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-14 23:37 | アレルギー

7歳の遠視、見解の相違、でしょうか?


はじめまして。少し悩んでいるので、お答え頂けると幸いです。

今年7歳になった小学校1年の息子がいます。小学校の検診でひっかかり近くの眼科に行ったところ、遠視であると言われました。「治ることは考えないほうがいいでしょう、ずっとメガネを掛けてください」と言われましたが、一応セカンドオピニオンで義母の紹介してくれた眼科に行ってみました。2度目の診察で、「視力が裸眼で1.0あるので、メガネは見にくい時だけ掛ければいいですよ。」と言われました。

一体どうすればいいのか迷ってしまい、信頼できる眼科は近くにないか探していたところ、河野眼科さんのサイトを拝見することとなりました。河野眼科さんで、子供の遠視を見ていただくことは出来ますか?よろしくお願いします。


もちろん河野眼科でも子供の遠視の診察はできますし、治療もします。そんなことより、どうして診察した眼科医に納得できるまでもう少し聞かないのでしょう。どちらの眼科でも正しいことを言っているように思えるのですが、なぜそんなに迷うのでしょうか。

1軒目の眼科では、きっとこんなことを言ったのではないでしょうか。
裸眼視力が悪い遠視、つまりある程度の強さの遠視は、成長しても治りません。強さは成長とともに幾分低下しますが、遠視が消滅したりしませんので、メガネ等で矯正しなければ、近くのものをはっきり見ることは、今後とも不可能です。将来メガネまたはコンタクトが不要になることは、現時点では考えられません。また、遠視度数の割りに裸眼視力が悪いですので、弱視になることを警戒して、メガネは常時かけるようにして下さい。

2軒目の眼科では、こんなことを言っていませんでしたか。
何度か視力検査をして慣れてきたためか、裸眼で両目とも1.0出るようになっています。そうなると、メガネ無しでの弱視の心配は無くなったと考えられますから、メガネは見にくい時だけで構いません。しかし、本人がよく見えると言っても、近くには裸眼では決してピントは合いません。読み書きをするときや積極的に目を使うときは、必ずメガネをかけるようにして下さい。ピントが合っていない状態のままでは、心の成長にも影響が出るかもしれません。

同じ考えに基づいて説明しても、裸眼視力が良いか悪いかで、少し違いますね。でも、結局やることは同じだと思いませんか。メガネを作って見にくい時にかけることです。裸眼視力の悪かったときには常時見にくいので常時、それが良くなれば遠方視以外のみでも可。あまり難しく考えずに、現在の眼科に通われるのが良いのではないでしょうか。なお、ご質問内容にありませんので、調節性内斜視は無いものとしての回答です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-13 23:55 | 視力・斜視

偏頭痛にスーパーライザー


はじめまして河野先生。頭痛 加古川で検索したところ河野眼科様のページがヒットし、大変恐縮ですが、質問させて下さい。

私は30代女性、元来頭痛はありましたが、2年程前より、ストレスからか、強い頭痛に悩まされるようになりました。脳外科より偏頭痛の診断で、6月から薬剤コントロールしているところです。最近は頻度が多く、強さも日常生活がままならない状態となることもあります。

今回スーパーライザーが星状神経ブロック様の効果があると貴院のページにあり読ませていただきました。昨年星状神経ブロックを体験したことがありますが、副作用が強く、怖さもあり継続するには困難だと思いました。初めてこのようなものがあるとききましたので、大変画期的だと感じ、眼科疾患はありませんが、この治療を受けることは可能でしょうか?可能でしたら受診を考えております。効果など先生のご経験からアドバイスいただけたらと思います


偏頭痛は閃輝暗点という前駆症状を伴う場合が多く、眼科の疾患でもあります。是非診察を受けてください。その結果、全く治療を要するものが無い場合、それ以降はスーパーライザーのみ無料で受けていただけます。治療を要する場合、診察は普通のペースで、スーパーライザーはいつでも受け付けます。週に3回でも、週に1回でも、あるいは1ヶ月に一回の診察としたら、その時だけでも構いません。

星状神経節ブロックに比べて遥かに安全ですが、効果は半分(以下かも)だと思ってください。気軽に受けられますが、しばらく続けないと効果は出ないと思います。スーパーライザーだけで15~20分かかりますので、終了30分前まで、できれば1時間前までに受付してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-12 08:59 | スーパーライザー