excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

3歳児検診で強い近視


現在3歳の息子のことでご相談をさせていただきます。
3歳児検診で目の再検査を進められ、今日、保健所での検診に行ってきました。結果は近視で、両目ともマイナス6と言われました。主人も私も強い近視を持っているので遺伝もあるといわれました。

明日、眼科での精密検査を受けます。1時間くらいかけて目に液をつけて正確な検査をすると言われました(すみません、ショックの為、きちんと説明も聞けませんでした。)。

普段興味のある車のおもちゃを近くで見る癖があり、気になっていました。4月から保育園の入園もひかえています。明日の結果も冷静に聞けるが自身がありません。このような文章でお解かりでしたら、息子の目の状態が今どんな状態なのか、詳しく教えていただきたく、よろしくお願いいたします。


「主人も私も強い近視」であるのならば、遺伝する可能性は大きいと思います。ただし「マイナス6」というデータは必ずしも信用できません。

オートレフラクトメーターという器械で測定する場合、緊張が強いと近視のデータが出てしまいます。私自身、プラス1.0という遠視がありますが、マイナス5ぐらいの近視の測定値を出す事が出来ました。

眼科では、調節麻痺剤という点眼をして本来の屈折度数を確認するわけですが、それで例えばマイナス5という結果だとすると、目から20センチ先までピントが合う近視という意味です。そうなると、安全のために眼鏡が必要になると思います。近視も遠視もその人の個性ですので、あまり落胆しないでくださいね。ただし、強い近視は他の病気のもとになる場合があります。眼科医の指示を守って定期検査を受ける必要があります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-03-14 23:05 | 視力・斜視

3歳の雑性乱視>弱視の心配


はじめまして。3歳6ヶ月の娘のことです。

裸眼視力 右・0.5  左・0.4
矯正視力 右・1.2  左・1.2 

遠視と乱視があるようで、眼底検査もして頂きました。
乱視 右・-1.5  左・-2.5
遠視 右・+0.25 左・+0.5
   右・+1.0  左・+1.25 (目薬入れてから一時間後の測定です)
雑性乱視の診断を受けました。

どうしてもいますぐ眼鏡をかけないといけない状態ではないが、左の乱視がきついので、今後弱視になる可能性もある。それから訓練として眼鏡をかける方法もあるが、どうしますか?と聞かれました。

手元での細かい作業の時や、TV、本を読むなど目をよく使う時だけでも
眼鏡を使用させた方が良いのでしょうか?


3歳児の視力の平均は1.0ですので、両眼とも既にそれ以上に視力が出ており、現在は弱視とは無縁です。この状態が今後も続く事が多いのですが、まれに片目が弱視になる事があります。おそらく、今まで以上に細かいものを見る機会が多くなり、乱視の強い方の目が対応しきれなくなるのではと考えられます。

今すぐ眼鏡を作らない場合は、定期検査を頻繁にして、弱視になりかけたら速やかに眼鏡を作成して、場合によってはアイパッチ等を使って訓練する必要が出てきます。また裸眼では、ぼやけた像しか見ていないので、目に影響が無くても精神的に影響が出ることも心配されます。いらいらするとか、集中力が無くなるとかです。

今、眼鏡を作ってしまえば、弱視ではありませんので常時使用する必要はありません。お考えの通り、手元での細かい作業の時や、TV、本を読むなど目をよく使う時だけです。今後弱視を起こす可能性も格段に低くなりますので、定期検査も間隔をあけられます。何よりも、よく見える眼鏡があるということで、安心感があります。

どちらにしても将来は眼鏡が必要です。今作って安心して暮らすか、作らず心配しながら暮らすか、どちらを選びますか。

**弱視とは、レンズで矯正しても十分に視力が出ないことです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-03-03 23:06 | 視力・斜視