excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

散瞳と縮瞳


医療相談ではないのですがいいでしょうか?
眼科に勤務しています。散瞳薬にての散瞳不良の原因として、虹彩炎による癒着、糖尿病などの他にどんな疾患があるか調べています。もしよろしければおしえて欲しいです。
よろしくお願いいたします。


難しいご質問です。普段こんな事はあまり考えずに診療しています。不十分かもしれませんが、わかる範囲でお答えします。

虹彩には2種類の筋肉があり、それぞれ別の神経が作用します。瞳孔をリング状に取り囲む「瞳孔括約筋」は、副交感神経の刺激によって収縮し、瞳孔が小さくなります。これを縮瞳といいます。一方、瞳孔の周りに放射状に広がる「瞳孔散大筋」は、交感神経の刺激によって収縮し、虹彩が周りから引っ張られるように作用し、瞳孔は広がります。これを散瞳といいます。

したがって散瞳薬には、交感神経を刺激するか副交感神経を遮断する作用があります。逆に散瞳不良(または縮瞳)の原因になるのは、副交感神経の刺激があるか交感神経が遮断されているかのどちらかが考えられます。ややこしいですね。

具体的には、ホルネル(ホルナー)症候群というのがあります。交感神経がやられる病気の一群で、縮瞳や眼瞼下垂などが起こります。頭痛の一種で群発頭痛というのがありますが、これも縮瞳が起こります。また、事件性があるかもしれないものに農薬中毒があります。もちろん、緑内障の治療薬のピロカルピンを点眼している人は、散瞳しにくいですね。

病気ではありませんが老人性締瞳といわれる状態もあります。散瞳しなければ眼底がよく見えませんが、点眼してもなかなか散瞳しません。年齢とともに、瞳孔散大筋の力が弱くなり、相対的に括約筋優位の状態になったものです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-12-18 23:31 | その他の疾患

点眼で弱視治療(続)


「点眼で弱視治療(14DEC)」で相談させていただいた者です。早速のお返事ありがとうございました!こんなに早急に明解な回答をいただけるなんて感激で涙がでました。河野先生とインターネットに感謝です!

日本の眼科では、眼鏡装着の上一日中眼帯をつけるよう指示がありました。お風呂と寝るとき以外はずっと眼帯をつけるということでした。通常なら1ヵ月後と3ヵ月後に受診するということでした。3ヶ月で眼鏡もはずせるくらいになるのではないかとのことでした。台湾在住のため受診は難しいので、3ヶ月分の眼帯を買って台湾に戻ってきた次第です。

しかし、やはり「一日中眼帯」は危険なんですね。お話を聞けて本当によかったです。

台湾の眼科から処方された「目薬」のことも、良い目に目薬をさして視界をぼやけさせる、ということにとても抵抗を感じて、台湾の薬だし大丈夫だろうかととても不安に思っていましたが、河野先生のお話を伺いとても安心しました。月曜に左目、木曜に右目、の調子で1ヶ月半続けて再度受診するように言われています。

他に聞くすべもなく、どちらの診断に合わせて治療すればいいのか途方にくれていましたので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!今後もぜひお時間があればこうした活動を続けていただきたくお願い申し上げます。


弱視は、片目をはっきりと見えない状態にすると、その状態を普通だと脳が認識してしまって、視機能が低下する状態です。今回の件では2つの弱視が関係しています。一つは遠視および乱視によるもの、もう一つは眼帯によるものです。

お子さんの場合、遠視乱視はきつくありませんが、左右差があることで弱視傾向が出てきたものだと思います。しかし4歳でこの程度なら、メガネを掛けるだけでも改善する場合があります。視力検査においても、右を先に測ったら、左の矯正視力を測定するころには集中力がなくなってしまい、悪く測定されてしまう事もあります。当院で同様の事があったら、無処置で1ヵ月後に再診して、左を先に測定し検討します。今回の日本の眼科では、しばらく再診ができないということで、一度で診断を付けてしまったのではないでしょうか。

片眼帯による弱視は実際に起こります。ただし眼科医のもとでは普通は起こりません。例えば眼の周りの皮膚を火傷したとかで、何日も包帯をしていたりすると危険です。10歳ぐらいまで視機能は成長しますので、生後まもなくの新生児は別にして、小さいほど注意が必要です。弱視の発生状況は個人差がありますので一概には言えませんが、2歳以下では片眼帯はしませんし、3~4歳では1日程度が限度と考えています。また、メバチコ(ものもらい)などで、どうしても眼帯が必要な場合は、眼帯の中央に穴を開けて前が見えるようにします。眼科医によって基準は違うと思いますので、極端な方針でやっている眼科医もいるかもしれませんが、頻繁に経過観察をすることで、問題は起こらないと思います。

「月曜に左目、木曜に右目、の調子で1ヶ月半」というのは点眼でしょうか。もう一度確認した方が良いかもしれませんよ。

大事なお子さんの目です。きちんと説明が出来、適切に経過観察の出来る眼科で治療しましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-12-17 23:23 | 視力・斜視

点眼で弱視治療


はじめてメールします。現在台湾に住んでいて、頼れる場がなくメールさせていただきました。

日本に一時帰国の際、日本の眼科医師により4歳の子供が「遠視性乱視による弱視」と診断されました。
Vd=0.9(1.2×+0.50)
Vs=0.4(0.7×+1.00=ujl-1.00)
調節麻痺下の屈折検査は
右 S+0.75 C-0.25 A164
左  +1.50 -1.50  9
この日本の先生の診断では、左目の視力をあげるためのトレーニングをする必要があるため、眼鏡装着のうえ右目遮閉(眼帯をする)を約3ヶ月続けるというものでした。
日本で慌てて眼鏡をつくり、眼帯を3か月分購入して台湾に戻りました。

台湾の眼科に、日本の先生からの申し送りを見せました。視力検査の結果は、日本では右1.0、左0.7と言われたのに今度は両目共0.8でした。子供の視力は流動的なのでそれは問題ないと言われました。

眼帯を一日中装着するのは危険なので、目薬を使って、両目とも視力回復を目指すということでした。
目薬をさした方の目はぼんやりするということで、もう片方の目の視力回復をさせるためのものらしいです。
そして眼鏡は、テレビや本を見たりするときだけでいいと言われました。
台湾の先生はカタコトの日本語なので詳しく聞くことができず、不安が残っています。

まず、日本の先生とは違う方法ですがこれで大丈夫なのでしょうか?またこの方法でトレーニングするとしても、目薬によって視界をぼんやりさせる、というのもちょっと抵抗があります。

ぜひ教えていただきたく、メールしました。よろしくお願いします。


4歳児が一回視力を測って、1.2と0.7なら、普通は経過観察で何もせずに1~2ヵ月後に再診します。また、左右差はありますが遠視も乱視も強くはなく、「右に比較すれば、乱視による弱視傾向があるかな」という程度です。

「眼帯を一日中装着するのは危険なので」とありますが、日本では「眼帯を一日中装着」の指示を受けたのでしょうか。強度の弱視で、頻繁に経過観察できる状態ならありうる指示ですが、3ヶ月もそれをやったら、右目が刺激遮断弱視になってしまうと思います。年齢、視力、屈折を考えたら、私は「眼帯を一日中装着」の指示を、絶対にしません(断言)。1日1時間程度ならありうる話ですが、3ヶ月経過を見ることができないのは、ちょっと心配です。

目薬は瞳孔を広げるものです。それを点眼する事で、近くにピントが合わなくなります。眼帯と違い全く見えなくなるわけではありませんので、日常生活に危険はなく、右目が弱視になってしまう心配も少ないでしょう。弱視の訓練は、特に近い距離の細かいものを見る事で、効果が現れてきますので、健眼に点眼するのは理にかなっています。眼鏡使用も目を主に使うときには必要ですが、例えば外で遊んでいるときなどは、殆ど意味がないように思います。

日本に住んでいて、近所にこの2軒の眼科があったとしても、台湾の先生の指示に従うべきでしょう。また、きちんと経過観察ができるという点でも、現在お住まいの地域の眼科が良いでしょう。指示を守って、通院を継続してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-12-14 23:12 | 視力・斜視

強い近視と家庭用ワック


ワックについて質問させてください。
うちには小学6年生の息子がいます。小学校2年生頃から視力が下がり始め、ワックと点眼で一旦は持ち直しましたが3年生には再び視力が下がり、眼鏡を作りました。

以後、毎年順調に(?)-1~-1.5Dずつ度が進み、今では恐らく-6D程になっています(つい最近、左右それぞれの視力が0.7が出るように-4.5Dの眼鏡を作りました)。小学生にして既にこの度数なので、これから先どうなってしまうことかと親子共々大変心配しています。強度近視に伴う病気もあるようですのでそれもとても心配です。少しでも近視の進行を遅らせるために、照明を明るくして勉強したり、DSは使わないようにしたり、度の弱めの眼鏡をかけるなどしていますが、効果はないようです。

そこで、家庭用ワックについてお聞きします。息子は軸性近視で、先生がおっしゃるところの「治せない近視」であるとは思いますが、ワックを使うことで、近視の進行を少しでも遅らせることは期待できませんか。勉強時間が長いため、合間にワックを使うことで、眼精疲労が減るなどの効果があるなら、それだけでも使ってみる価値はあるかとも思うのですが。今のところ、近視以外に眼の疾患はありませんが、少なくともワックを使って眼に悪い影響が出ることがなければ、購入して使ってみたいと思っています。先生のお考えをお聞かせください。


大変ご心配なことと、お察しいたします。
近視が進行しても、見えなくなってしまうことはありませんよ。強度近視に伴う病気もありますが、その都度対処していけば、何とかなります。必要以上に不安になることはありません。

-6.0ジオプターの近視の目に、-4.5ジオプターのメガネでは、-1.5Dの近視が残った状態で、100÷1.5=66.6・・で70センチぐらいまでピントが合う状態です。不便が無ければいいのですが、もう少し強い度数にしてあげたい気がします。でも、そのメガネを掛けて1メートル以上離れた物を見るだけで、遠方視の訓練が出来ますので、近視の進行を遅らせる効果(微々たる物かもしれませんが)はあるはずです。

勉強中に、同じ距離ばかり見ているようなら、ワックを使う事で毛様筋と水晶体の柔軟体操が出来ますので、眼精疲労には効果があると思います。近視の進行に対しては、あまり期待できないと思います。

注意点が少しあります。ワックを覗いたときに十分にピントが合わない場合は、裸眼で無理をせず、使用中のめがねを掛けてください。その方が、毛様筋と水晶体はよく動きます。また、見る事に集中するため瞬きを忘れます。ドライアイ予防のために、意識して瞬きをするよう心がけてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-12-12 23:05 | 視力・斜視