excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

二重瞼の手術


はじめまして。 上瞼のさかさまつげに困っています。
河野眼科さんで治療していただく場合、
1.費用
2.治療期間(腫れ具合)
3.治療方法
4.治療方法が埋没方である場合、
  二重のラインは患者の好みを聞き入れていただけるのか

以上の4点を教えていただけますか? どうぞ、よろしくお願いします。


申し訳ありません。二重瞼の手術はしておりません。
自費診療をしている美容外科などを当たられた方が、融通が利くと思います。

さかまつげに対して当院でやるとすれば、睫毛抜去または睫毛電気分解という毛根破壊の手術です。全て保険診療です。
by kounoganka | 2007-09-22 16:10 | まぶた

レーザー手術後の見え方の異常


25歳女性です。昨年9月に網膜裂孔によるレーザー治療を両目にして以来、右目の盲点の上あたりに、少し物が小さく見えたり細く見えたり欠けたように見えたりするところがあるのです。緑内障検査をして頂いても視神経は正常で、隅角も眼圧も異常なし。また、視野検査をしても異常なしだったので緑内障ではないといわれました。セカンドオピニオンとして他の眼科でも見ていただいても視神経は異常なしで緑内障ではないといわれました。眼底写真まで撮って見せていただいて「正常の眼底写真と同じですよ」と。

 先日、左目でも見え方を確認したら、中心を見ている状態でパソコンのマウスを左(真横方向)に動かしながら確認したら、中心(見ているところ)と盲点の間に少し矢印が形が少し変わり、また濃く見えて「え?」と思い、眼科で散瞳して詳しく眼底を見ていただいたら、やはり緑内障は否定され、先生が「昨年に両目とも網膜裂孔を起こしてレーザしましたね。だから、硝子体がまだ網膜からきれいに剥がれてる途中だから、その剥がれた硝子体の膜が邪魔をして細く見えたり小さく見えたりなど、部分的に変な見え方をする視野部分があるのでしょう。それ以外は(分からないから)何とも言えない」と言われたのですが、硝子体の膜は透明ですよね?飛蚊症は黒く飛んで見えていますが。

硝子体の膜とは硝子体を包みこんでいる膜ですが、それが液体化した部分とゼリー状の間の境界が変な見え方の一因になっているのでしょうか?
分かりにくい文章ですみません。傾斜乳頭症候群による視野沈下とも思ったのですが。
眼底写真まで撮って見せてもらったこともあり、異常ないと言われたのですが。硝子体の膜によって変な見え方がするというのがよく分からないのです。


よく勉強されていて感心しました。
パソコン画面でマウスポインタを使う視野検査は、ご自分で考えたのですか?素晴らしい!
2軒の眼科で診てもらって異常なしなら、もう心配する必要はないと思いますよ。

硝子体の膜は透明ですが、液体化した部分とゼリー状の部分の境界ですので、屈折率の違う物質の境界では、光は必ず屈折します。しかも硝子体膜は、ぴんと張ってなくて、くねくね動きます。それによっておかしな見え方をするという可能性はあると思います。でも、あなたの状態がそうかどうかは判りません。

肝心な事は、現在の状態で異常無しという事を受け入れる事です。今のまま変化が無ければ心配要りません。何か変化があれば、早めに眼科受診すれば大丈夫です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-09-21 16:03 | その他の疾患

大人の斜視の手術


生まれた時から斜視で、小さい時に手術をしてるみたいなんですけど、今36歳なんですが 斜視がまだ気になります。手術をして治したいと思っているのですが、可能なのでしょうか?
最近テレビで、テリー伊〇さんが 斜視の手術を受けたのを見たのがきっかけです。
河野眼科さんで出来ないのであれば、どこか他の病院を教えて頂ければ嬉しいです。近くの病院でお願いします。


斜視といっても千差万別ですので、手術が可能かどうかは判りませんが、手術がご希望でしたら、県立病院、市民病院などがよろしいかと思います。
ところで「気になる」というのは、どういう点が気になるのでしょうか。見た目が気になるのか、見え方が気になるのかによって、手術適応は変ってくると思います。
とにかく一度病院を受診し、精密検査を受けてください。手術をするかどうかはそれから考えれば良いと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-09-18 16:00 | 視力・斜視

6年前の眼球打撲で視野欠損


こんにちは、最近知り合った友達の事なんですが。現在22歳で16歳くらいの時に右目を殴られ、(よけようと俯いたので眼球の上方から)出血したのですが、親を亡くし保険証もないためしばらく放置してたそうです。
ですがしばらくして少し視力が見えてきたものの低下して、あと視野の上の方が欠けてしまったようで、一度は保健証なしでOKなところで簡単に診てもらったそうなのですが(上から打撲の衝撃で網膜の下部分が支障をおこして上の視野が欠けたとか・・・)、それ以来特に病院には行ってないようです。
手術をしたわけでもない。現在-7.0のハードコンタクトレンズを入れて、視力0.8まで調節できているようです。眼球の茶目の上あたりの白目に打撲で出血して血が固まった後が薄黒っぽくのこってました。
本人今はコンタクトで見えてるし、視野欠落は上の方だけで大丈夫と言ってるのですが、私には、この先、進行し将来最悪失明することも有りえるのではないかとか、長期で何か別に発症してしまいそうで心配です。そのあたりはどうでしょうか?やはり一度の診察で放置してしまうのは危険でしょうか? 年月経ってるけど 一度ちゃんとした病院もう一度行ってみたら?といったのですが。。
何分、他人の話なので詳しい症状とかご説明に欠けると思いますが、何卒コメントよろしくお願いいたします。


個人的には、6年も経っていますので、おそらくもう固まっているのではと思います。
眼科医としては、出来れば詳しく診てもらったほうが良いと思います。今後、さらに網膜が剥がれないとも限りません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-09-13 15:57 | 外傷

老眼の治療


40歳を過ぎて、近くのものが見えにくくなってきました。いわゆる老眼です。視力は子供の頃から良く、両目とも1.5より悪くなったことが有りません。故に老眼の進行は早いとも聞いております。

老眼は、放っておくしかないのでしょうか?、何か施す手段はないのでしょうか?巷によくある「視力回復センター」などでは、近視の矯正などはあるのですが、老眼(遠視)の矯正なども行なっているのでしょうか。

御社(御医院)でそのような治療を行なわれているのでしょうか。老眼治療(矯正)を専門(得意とされている)に行なっている医療機関をご紹介いただけませんでしょうか。宜しくお願いいたします。


近くが見えにくくなってきたのなら、おそらく老眼でしょうが、そうでない場合もありますので、ご注意ください。近くが見にくいという症状だけで受診し、進行した緑内障だったという事もありました。くれぐれも自分で診断を付けてしまわないように。

視力回復なんとかは、医療機関ではありませんので屈折異常の矯正はできません。もちろん治療はできません。非医師のやっている民間療法は、きっぱりと忘れてください。

目の中の水晶体というレンズあります。遠くを見るときは薄くなります。逆に近くを見るときは厚くなって、近くにピントが合うようになります。つまり、水晶体の厚みを変えることで、ピントのあう距離を変えているのです。若い人でも、遠くと近くの両方に同時にピントが合う事はありません。ところが年齢とともに水晶体の弾力がなくなって、厚くなれなくなってきます。それでだんだんと近くにピントが合わなくなってくるのです。

ですから、老眼の治療とは水晶体の弾力を復活させる事になりますが、残念ながら、今の医療では不可能です。そこで老眼を残したまま、不便の無いように矯正する事になります。眼鏡や遠近両用コンタクトレンズで、たいていの眼科でできます。

眼鏡もコンタクトも使用せずに老眼の矯正をやっているところもあるようです。電磁波による治療ということですが、片目の角膜の表面に手を加えて、遠くにも近くにも同時にそれなりにピントが合うようにする方法です。決して若いころの状態に戻すものではありませんので、期待し過ぎるとがっかりします。片目というのがミソですね。他人のやっていることには責任は持てませんので、紹介はできませんが、ご自分で探せば見つかると思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-09-12 15:41 | 視力・斜視

フラッシュの残像?


私も子供の時から気になっていたのですが、フラッシュを使って写真を撮ると撮った後に残像というか、光がふわふわ浮いている感じの物が見えたりする時があります。私の子供6歳も見えるみたいです。これは目の異常なのでしょうか?
回答をいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。


ストロボ光の残像だと思います。残像が見えるのは異常ではありません。

写真を撮られるときには普通、カメラのレンズを見ますよね。
レンズのすぐ斜め上でストロボが光ります。
したがって、ストロボの残像はどこを見ても見つめた部分の斜め上に見えます。
ですから、目で追いかけても、ふわふわと逃げて行くように見えたりします。

でも子供は不思議なことを言ったりしますね。
「夜、この部屋に入ったら、白い丸い光がゆらゆら揺れている」
とか言うので、背筋が寒くなったりしたことがあります。
・・・うう、思い出してしまった。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-09-08 15:37 | 何かが見える

硬式野球のボールがあたる


高校2年生です。
今日硬式野球の練習中ボールが目に当たってしまいました。
打撲による痛みは治まりました。目が見えない事もありません。
頭が痛い事もありません。今日は日曜日でこの時間ですから近くの病院では眼科の先生もいません。とりあえず冷やして様子を見ようとおもうのですが。大丈夫ですか?


送信日時 : 2007年9月4日 22:03:11 となっていました。
本日9月5日(水)のお昼にこのメールを見ました。昨日夕方には届いていませんでした。
サーバーの不調のための遅延でしょうか、或いは、曜日の勘違いでしょうか。

眼科医が居ないとどうしようもないですので、とりあえず冷やすのがよいでしょう。
眼科受診可能になったら、出来るだけ早く診てもらって下さいね。もう行きましたか?

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-09-05 15:35 | 外傷