excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

運動中にボールが見えなくなる


はじめまして。友人のことでご相談致します。

友人はテニスをしているのですが飛んでくるボールが薄くなって(コマ送りのような感じで)見えなくなるようです。最初は見えてもある程度プレーをするとそのようになり、まるっきりボールがラケットに当たらなくなりテニスができなくなります。動いているボールは見えなくなりますが周りは見えているようです。暫く時間が経つと回復します。

今まで何カ所か眼科で診てもらっているのですが「異常なし」と言われています。神経内科も行きましたが同じでした。本人は現に見えなくなるので「おかしい」と医者に言っても、異常なしという診断にとても不安になっています。もし何か可能性のあるものがわかりましたら教えて頂けますでしょうか。ちなみに、友人は「今思えば子供の頃にボールつきしていて見えにくかったような気がする」と言っていました。どうか宜しくお願い致します。 


「異常なし」という診断は間違いです。異常が無いのに症状は起こりません。症状が出ている時は何か異常が起こっています。にも拘らず「異常なし」ですませる医師は「能力なし」かもしれません。そういう場合には、「検査では異常がみつからない」ので「わかりません」と正直に言うべきです。

見ようとするものが見えなくなるというのは、中心暗点または傍中心暗点というものだと思います。しかしその症状が、ある程度運動を続けた時に発生しますので、安静時の検査で解らないのだと思います。運動をした直後に視野検査を出来れば、はっきりすると思いますが、普通の眼科では無理でしょう。研究熱心な眼科医か大学病院とかなら、何とか原因を究明してくれそうな気がします。

具体的にどういう順序で症状が起こっているのか、さっぱり解りませんが、想像出来ることを書いてみます。

運動によって、全身の筋肉が酸素を要求します。その酸素を供給するために呼吸数も脈拍も増加します。しかし、筋肉の方にばかり酸素が行ってしまって、視神経か脳の視覚領域に酸素が十分に供給されなくなったのではないか。

閃輝暗点という症状があります。脳血管が一時的に収縮して視野の中央が見えなくなったりキラキラしたりします。運動による過呼吸で体内に酸素が取り込まれすぎ、それに反応して血管が収縮し、閃輝暗点が起こったのではないか。

視神経や視覚に関係する脳の部分の近くに腫瘍か何かがあり、運動によってそれが大きくなり、視神経や脳の一部を圧迫して暗点が出来たのではないか。(これならMRIなどで見つかるはず)

このような事が考えられますが、あくまでも想像であり、全く確信はありません。機能的な変化による症状と思われますので、器質的な異常を見つけるための検査では異常なしになってしまいます。大学病院等の深く追求してくれそうな病院の受診をお勧めします。
by kounoganka | 2007-05-14 12:18 | その他の疾患