excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

酷い状態なのに緑内障でない?


初めまして。30台の主婦です。昨年11月大学病院にて、緑内障の検査をしました。

眼圧左右15、視野検査異常なし。麻酔をした眼底検査は、萎縮が見られ、写真を見ながら、ここと、ここに、こうないといけない、のにない状態だ。かなり酷い。今は若いから良いけど、中高年以降ガックと悪くなる可能性がある。ただ今は視野に異常がないので、緑内障ではない。薬はない、日常生活で気を付けることはない。検査は1年に1回。と診断されました。

ガックと悪くなるとは、失明するのでしょうか?又悪くならない可能性もあるのですか?中高年以降とは何年後ぐらいですか?視神経が酷くなる前に発見出来れば、失明はしないと言われていますが、私みたいに、視野にまだ異常が出る前に発見されても、視神経が酷い状態になっている事があるのでしょうか?私は早期発見にはならないのでしょうか?宜しくお願い致します。


緑内障の疑いで大学病院を紹介されて受診したのですよね。

萎縮が見られるのは視神経でしょうか。視神経萎縮が酷い状態で視野に異常が無いというのは何なんでしょうか。全くわかりません。緑内障ではないと言われているということは、脳の病気の検査が必要だと言われていませんか。

萎縮が見られるのは網膜でしょうか。近視性の網脈絡膜萎縮でしょうか。それなら年齢とともに進行して、中心部が見にくくなってきます。完全に失明する事はありません。

かなり酷い状態なのに、その病気の正体や原因の説明が無いのでしょうか。もう一度詳しい説明を求める事が可能なら、そうしてみてください。質問事項を紙に書いて持っていき、説明を録音させてもらう事ができれば良いのですが。それが無理なら、セカンドオピニオンを求めてもいいと思います。

申し訳ありませんが、実際に診てみないとこの程度しか言えません。それにしても、十分な説明が出来ていない眼科が多すぎる気がします。皆さん忙しいんでしょうかねえ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-03-22 23:50 | 緑内障

増殖性硝子体網膜症


河野先生、初めまして。
現在、増殖性硝子体網膜症と診断され治療中ですが、病気についての不安がありメールさせていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

以前に網膜剥離になっているのですが、原因は硝子体が網膜を強く引っ張っていたからだそうです。その硝子体を取り除く手術を受けましたが、硝子体が硬く全て取りきる事ができなかったため、今後も再度網膜剥離を起こす可能性があると言われ、その際には飛蚊症のような前兆も現れないし、剥離までの進行も早いだろうと言われました。
この「増殖性硝子体網膜症」とは、残っている硝子体が自然と増殖するのですか?
そうだとすれば、個人差はあるでしょうが、だいたいどのくらいのペースで増えるのでしょうか?
増えるほどに網膜への牽引も強くなるのであれば、レーザーによる凝固だけでは進行を抑えられなくなり、いずれは手術が必要になるのでしょうか?完治は難しいですか?
自分の身体の一部でありながら、目に見える外傷と違って網膜は痛みを感じることもなく、治り具合も自分ではわからず、見え方に異常が現われた頃には進行しているのかと思うと不安を感じます・・・
お手数ですが、ご回答よろしくお願いいたします。


網膜剥離の患者さんの1割程度に見られる病気です。

>この「増殖性硝子体網膜症」とは、残っている硝子体が自然と増殖するのですか?

ちょっと違います。硝子体の中に、本来そこには無いはずの網膜色素上皮細胞などが入り込み、増殖して起こります。網膜色素上皮は剥離した網膜の下(外側)にあります。目の中心に硝子体がありその周りが網膜、その外側に網膜色素上皮があります。ですから網膜に穴が開いた事によって、網膜色素上皮細胞が硝子体に侵入します。

程度によって進行の具合や治療方法、治療効果も大きく違います。こんなところでいい加減な回答をするべき問題ではありません。

疑問に思う事は全てそのまま主治医にぶつけてください。主治医には100%の説明をする義務があると思います。
by kounoganka | 2007-03-22 23:42 | 網膜・脈絡膜

ドライアイと超音波


こんにちは。 お忙しいところ恐縮ですが、2点ほど質問させてください。
目の疲れがひどく、フタワソニックという超音波を照射する機械を使用しています。 その機械を使うと、目の疲れが随分楽になります。
ところが、先日コンタクトの検診で、角膜に小さな傷がたくさんできていました。 ドライアイによる角膜の傷と言われました。 実際に、目がとても疲れやすく、充血がひどいです。 夕方になると白目の部分が真っ赤になってしまいます。 ソフトサンティアは以前からでしたが、今回さらに「ティアバランス」という目薬を 処方されました。

[1] 角膜に傷があるこのような状態にあるときに、フタワソニックという機械を使用してもよいものでしょうか? 傷がひどくならないでしょうか? (個人的には、とても目が疲れるので、使いたいです。)

[2] 「ティアバランス」は3本処方されましたが、次回の診察や薬の継続は指示されませんでした。 「ティアバランス」を3本使い切った時点で、角膜の傷は治っているということでしょうか? 今後、目薬をもらいにいく必要はありませんか?

他県の他眼科に通っており、申し訳ないですが、お時間がありましたら 教えていただければ幸いです。


おそらく以前からドライアイだったのだと思います。
ドライアイのために疲れやすく感じ、「まともな」眼科医による正しい診断を経ずに超音波を使い始めたのだと思います。

[1]  眼科の白内障の手術では、超音波によって水晶体を砕きます。超音波の振動で筋肉のコリをほぐすのなら、その振動で剥がれかけた角膜上皮細胞がはがれてもおかしくないような気がしますが、大丈夫でしょうか?? 自分自身なら、はじめからそんなものは使いません。

[2] 次回の診察は、特に指示が無ければ、問題が無いかぎり点眼が切れるころです。必ず診察を受けて、傷の状態を確認してくださいね。治っているといいですね。
by kounoganka | 2007-03-22 23:37 | 角膜・結膜

3歳児検診の再検査


先日、3歳8ヶ月検診があり視力検査で次回再検査と言われてしまいました。
ランドル法以外の検査では異常なしだったんですが、ランドル法では右が0.6左が0.5でした。0.6までしか検査しない方法だったんですが、左が0.6未満と言う事で再検査になりました。
再検査は来月なんですが、なんだか落ち着かなくて・・・。次回の再検査でははっきり上手にできるように練習しようかなとも思っています。

正直、今までの生活の中でテレビは日常的についてる状態で本人も真剣に見てる感じではなかったのであまり気にせずにいましたがやっぱりテレビは目によくないでしょうか?
今は再検査のショックでテレビはつけない生活をしていますが、正直夕方など家事をする時はテレビに頼りたい気持ちになりますが今のところ我慢しています。でも、このまま一切テレビを見せないというのも無理があるような気がして。子供にテレビを見せるルールや視力をこれ以上悪くしない生活のコツなどあればお聞きしたいです。


3歳児検診で、遊んでしまって十分に視力が出ないことは、よくあることです。初めてで0.6と0.5なら悪いと断定はできません。
再検査に備えて、練習をしておいたほうが良いですよ。ランドルト環の形のハンドルをボール紙などで作って、遊びながら練習してください。

ところで、テレビが目に良くないという話ですが、
画面にへばりついてみていたら、電磁波とか静電気の影響があると思います。
集中しすぎて、まばたきも忘れてしまっていたら、ドライアイの原因にもなります。
でも、ある程度はなれて普通に見る分には、気にする必要は無いと思います。
少なくとも、視力を低下させるような作用は、テレビにはありません。
テレビが日常的についている状態は、目には影響しませんが、子供の精神的、情緒的な成長には大いに影響すると思いますよ。

視力を悪くしない生活のコツですか?
近視や遠視や乱視は、こうしたら防げるというものではありません。一部の近視に限っては、過度の近業(勉強とかゲームとか)が原因になっていると考えられますが、それ以外はどうしようもありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-03-22 23:30 | 視力・斜視

河野眼科Q&Aブログの犬


河野先生
医療相談ではありません。くだらない質問で申し訳ありません。
ブログの上部に犬が出ておりますが 先生は犬好きですか?
うちにもヨークシャテリアの子犬がおります。
気になったので聞いてみました。
お忙しい所申し訳ありません。


犬好きですよ。猫は嫌いではないけど苦手ですね。
以前にヨークシャーとマルチーズのミックスを飼っておりました。
ご存知と思いますが、このテンプレートはB-BLOGのデフォルトです。
かわいいですね。

(旧)河野眼科Q&Aブログのテンプレートの話です
W39041738H1400A0911-AFV8MTET
by kounoganka | 2007-03-04 23:25 | おしらせ・その他

網膜震盪は完治するの?


初めまして。
息子が学校でクラスメイトに左目を殴られ、網膜震盪をおこしていると言われました。野球だけが楽しみな子でピッチャーをやっていますが 利き目が網膜震盪になってしまいました。

まだ視野検査などが出来ていないのですが 視力が落ちているようです。安静にしていれば治るものなのでしょうか?本人は「野球が出来なくなるのが一番困る」と言っています。後遺症などはあるのでしょうか?教えてください。よろしくお願い申し上げます。


網膜震盪というのは、打撲などによって一時的に網膜が腫れる状態です。脳震盪と同じで、安静にしていれば治っていきます。腫れを引かせる内服を使う事もあります。治るまでの間、網膜震盪を起こしている部分から出血しないか、網膜が破れてこないか等を、診ていく必要があります。

網膜震盪は網膜の周辺で起こりますので、それだけでは視力は下がりません。角膜の浮腫とか眼内の出血があると、一時的に視力は低下しますが、適切な治療で治ります。本当に視力が低下しているのに、網膜震盪だけの診断なら、眼科医に詳しく説明してもらいましょう。

普通は1週間から2週間で完治しますので、毎日、変化が無いか注意して過ごしてくださいね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-03-03 10:51 | 外傷

MRIと網膜のしわ(経過)


1ヶ月前に「MRIと網膜のしわ」の件でメールさせていただいたものです。アドバイスのお礼と検査結果の報告をさせていただきたく、メールしました。

MRIの結果は特に異常はなしという事でした。ただ原因は分からないが、前回眼圧が低く(今回は正常)しばらく様子をみましょうと言われました。それはそれで心配ですが、とりあえず安心しました。

網膜の後ろのできものと言う言葉や、検査が1ヶ月も先という事に、不安を掻き立てられ、右往左往してしまいましたが、そんな折、早急かつ丁寧なアドバイスをいただき、本当に嬉しかったです。心から感謝しています。

本当にありがとうございました。


MRIで問題が無くて良かったですね。ほっとしました。

網膜に皺(浮腫、腫れ)ができて眼圧の下がる病気もありますし、眼圧が下がる事によって網膜中心に皺が出来る病気もあります。どちらにしても、回復傾向にあることは間違い無さそうですので、一安心です。

1%でも可能性があれば、それを否定するために検査をします。しかし、1%しか可能性が無ければ、至急にはしません。的確な判断の出来る主治医に恵まれましたね。
by kounoganka | 2007-03-03 10:42 | 網膜・脈絡膜

球後視神経炎<多発性硬化症(経過)


ブログでのお返事ありがとうございました。

・・・・・中略・・・・・

先生にアドバイスを頂き早期に受診し 早期治療開始することが出来ました。
これからも異常を感じたらすぐに眼科へ行くように致します。ありがとうございました。


球後視神経炎の再燃でなくて良かったですね。
どうそ、お大事になさってください。

(掲載しようかどうか迷ったのですが、患者様の生の声が聞け、眼科に行こうかどうか迷っている人にとって、より説得力があると判断しましたので、抜粋掲載させていただきました。ご了承ください。)
by kounoganka | 2007-03-02 10:40 | 視神経