excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

球後視神経炎<多発性硬化症


 昨年9月 出張先の駅にて階段を踏み外したことがきっかけとなり左目の視力が衰えていることに気付く。7月頃より左目に白いモヤがかかったようで見えにくかったが疲れ目と放置していた。
 数日後近所の眼科を受診。瞳孔を開いて眼底検査及び視野検査を行う。医師からは「緑内障の可能性がありますが、まだはっきりとわからないので3ヵ月後にもう一度来て下さい。心配だったら1ヶ月でもいいです」と頼りない診断をされた。別の眼科に行き上記2検査及びMRI検査をした所緑内障の所見ではなく神経の異常の可能性が高いと大学病院の神経内科を紹介された。
 神経内科では多発性硬化症の疑いがあると検査をされたが特定には至らず。ただ視神経には明らかに炎症があるとのことで眼科へ紹介され入院。ステロイド点滴・内服治療を開始。この時点で視野欠損1/4裸眼視力0.01でした。病名は球後視神経炎。
 ステロイド治療を2クール行い退院。矯正視力0.4、中心暗点も消えるまでに回復し現在通院中です。最近まで調子が良かったのですが、ここ数日間また白いモヤが発生しており不安です。

1.最近になって眼底写真から網膜に漏れがあると指摘をされました。実際に物が曲がって見えています。自然に治癒しますとは言われていますが、本当に治癒するのでしょうか?
2.また白いモヤが見えてきたので不安です。視神経炎は再発するのでしょうか?
3.多発性硬化症については放置しておいて良いのでしょうか?


球後視神経炎は、多発性硬化症の初期病変として起こることがあります。球後視神経炎の治療中に多発性硬化症が見つかる事があるのです。もちろん再発する病気です。その都度できるだけ早く治療を開始しないと、視機能障害が残りますので、明日にでも大学病院に行って下さい。

1は中心性網脈絡膜症と思いますが、治療中の病気に比べて取るに足らないものです。自然に治癒するものもあります。

3は、球後視神経炎を治療しているわけですので、決して放置していることにはなりませんよ。球後視神経炎以外の部分も経過観察は必要と思いますが、その辺は眼科で相談してみてください。
by kounoganka | 2007-02-28 10:21 | 視神経

カラーコンタクトの処方


私情でカラーコンタクトを使用することになったのですが、処方箋は出して頂けるのでしょうか?
普段、眼鏡もコンタクトも使用していないので度なしのものを使用する予定です。
また、その場合診察料はどの程度になるでしょうか?


申し訳ありません。
眼科は病気を治す、あるいは病気を未然に防ぐところです。ですから、屈折異常という病気が無ければ、コンタクトレンズを処方する事はありません。また、カラーコンタクトは問題が多いため、処方しません。
ただし、角膜疾患のための治療用ソフトコンタクトレンズは、度数が入って無くても処方します。

どういう事情があるのか知りませんが、健康な目にわざわざ異物を入れなくても・・・・

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-02-16 10:14 | コンタクト・めがね

子どものまばたきと顎上げ


こんにちは。少し御相談したくてメール致しました。
うちの子供(2歳10ヶ月)がテレビや絵本を見る際、まばたきの回数が異常に多いので気になっております。
眼をギューっとつぶってからパチパチとまばたきする事もあります。「眼が痛いの?」と聞いてみたのですが「痛くないよ。」との返事。その他テレビを見る時には少し顎をあげて見ていることもよくあります。
何だか気になるので何らかのアドバイスを頂きたくお願い致します。一度、キチンと病院へ行き診察してもらった方がいいのでしょうか?


まばたきに関して、考えられる事は、
1.アレルギー性結膜炎・・・・2歳でも、起こりうる病気です。手でこするかわりに、まぶたで眼球をこすっているのかもしれません。
2.ドライアイの初期・・・・2歳ではあまり考えられませんが、テレビや絵本を見るときは集中しているため、まばたきの回数が減り乾燥してきます。それを補うために、無意識に瞬きをしているのかもしれません。
3.くせ・・・・人間誰しも癖はありますので・・・
でも、瞬きが多いということ自体は、決して悪いことではありません。

顎をあげて見ることに関しては
1.近視、乱視等の屈折異常があり、正面視よりも顎を上げる方が屈折異常が矯正されて、よく見える。
2.眼球震盪があり、顎を上げてみるとそれが軽減し見やすくなる。
3.くせ
等が考えられますが、続くようなら眼科で診てもらったほうが良いような気がします。どちらも異常無しかもしれません。
by kounoganka | 2007-02-14 10:02 | その他の疾患

視神経乳頭陥凹拡大が気になる


こんにちは。お忙しいところ失礼します。
差し迫った症状があるわけではないので恐縮ですが、先日健康診断を病院で受けたところ、眼底カメラの検査結果の所見に『視神経乳頭陥凹拡大』とありました。健診での担当医が内科の方だったためか、気にする程の事ではないのか取り立ててそれには触れられず、帰ってみて検査結果票を見てわかった次第でございます。なにぶん目は一番大切だと思うゆえ、気になりインターネットで調べてみると、緑内障と関連があるとわかりました。いろいろ見ているとますます気になる事がいろいろ載っていて、ネットを調べているうちに御HPにたどり着きました。前置きが長くなり大変失礼しました。もちろん、時間が空き次第眼科で見てもらおうとは思っていますが、解る範囲内でご意見をいただければ幸いです。


途中までしかメールが届かなかったような気もしますが、わかる範囲でお答えします。
健診に内科医が立ち会ったかもしれませんが、眼底写真の判読は眼科医がやっているはずです。眼科医であっても、写真だけでは診断を下せないので、所見だけが書かれているわけです。

視神経乳頭陥凹拡大とされるのは、緑内障かもしれないし、そうではないかもしれません。近視による変化かもしれません。実際に眼科で診察を受けてみないと判らないというのが、正解でしょうか。

このブログの右のカテゴリの緑内障を見てください。役に立つ情報があるかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-02-02 09:58 | 緑内障