excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

視神経の再生


現在の医学で、視神経の再生はできないのでしょうか?
私がネットで検索する限り、期待する答えは見つかりませんでした。
国内外問わず、また、将来性も踏まえ、ご回答いただければと思います。


現在の医学で、視神経の再生はできませんが、将来的には必ず可能になると思います。
それがいったい、いつになるのか。
早くその日が来ることを、心から願っています。
by kounoganka | 2007-01-27 09:46 | 視神経

MRIと網膜のしわ


父の事で、相談があります。20年前に緑内障の手術をしてから、ずっと眼科にかかって目薬でコントロールしていたのですが、この度左目の視力が矯正しても出なく、網膜にシワがよっていて、網膜の後ろにできものがあるかもしれないと言う事で、造影MRIをしてみようと言われました。しかし大学病院の為検査の予約がなかなか取れなく、1ヶ月以上先になってしまいました。
このような状態で1ヵ月もただ待っていていいものか不安でなりません。線が真っ直ぐに見えないという症状もあります。他に頭痛等気になる症状はありません。MRIがある他の眼科も探していますが、すぐには無理とか、紹介状が必要などで、今のところ予約がとれません。アドバイスをよろしくお願いします。


ご心配、お察しいたします。
でも、主治医が1ヶ月以上先で納得しているということは、それほど急を要する状態ではないと判断しているのではないでしょうか。網膜にしわの出来る病気はたくさんあります。眼球突出が無ければ、少なくとも眼球の後ろに「大きな」できものは無いはずですので、ここは主治医に任せてみてはいかがでしょうか。

紹介状が必要なMRI検査の出来る眼科を見つけたのでしたら、紹介状を書いてもらったらどうでしょう。紹介状なしで行ったら、今までの経過がわかりませんので、十分な成果は見込めませんよ。「早く状態を知りたいから」というだけの理由なら、主治医が気分を害する事も無いと思いますよ。
by kounoganka | 2007-01-23 09:37 | 網膜・脈絡膜

眼鏡の使い方と近視の進行


最近授業で黒板の字が見えづらくなり、近くの眼科で調べたところ、軽い近視だと言われ、黒板など遠くのものを見るときにだけメガネをつけた方が良いと言われました。
ですが、メガネを授業の時だけつけ、それ以外ははずすという事を繰り返しているうちに今までよりも近視がすすんでしまうのではないかと心配です。
メガネを授業のときだけにつけるという行為は視力が落ちるのでしょうか?教えてください。


そんな事で近視が進む事はありません。迷信です。
近視が進むかどうかは、ほぼ遺伝的に決まっています。しかし、ある程度影響すると考えられるのが、近業です。つまり近くを見続けることで、眼がその状態に適応しようとして、近視が進む「何か」が起こるかもしれないと考えられています。

また、近視の進行を防ぐ確実な手立ては無いものの、ある程度効果があると考えられているのが、遠方視です。つまり遠くを見ようとすることで、その状態に適応しようとして、近視の進行を遅らせる「何か」が起こるかもしれません。

この2つの「何か」の正体は判りませんが、近くばかり見続けているグループに近視が多いのは、誰でも知っている事です。

1メートルぐらい先までピントの合う軽い近視の人が、眼鏡をかけていない状態を想像してみてください。その人が3メートル離れたテレビ見るときは、ピントは合いませんが見ようと努力します。つまりこれは、近視の進行予防のために、遠方視の訓練をやっているのと同じなのです。ところが、眼鏡をかけてピントの合う状態では、遠方視にはなりません。

同じ人が20センチ先の本を読むとします。(少し難しい話ですが)眼鏡をはすしていると4ジオプターの力が必要です。眼鏡をかけた状態では、5ジオプターの力が必要で、1ジオプター分よけいに近業をしている事になり、近視の進行の原因になるかもしれません。

少しでも近視を進行させないためには、危険や不便がない限り、近視の眼鏡は必要な時だけ使用すべきです。

それでは、「かけたりはずしたりしていると近視が進む」という人が多いのは何故でしょう。近視で眼鏡をずっとかけている人も、かけたりはずしたり出来る軽度の近視の時期があったはずです。それを見て短絡的に、「強い近視の人は、必ず、かけたりはずしたりの時期がある、したがって、かけたりはずしたりが近視の進行の原因になったのだ」と錯覚したものなのです。或いはもしかしたら、弱視の治療のために、眼鏡をはずしてはいけないと言われたことを、取り違えたのかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-01-22 09:28 | 視力・斜視

ハードコンタクトと眼瞼下垂


強度の近視で左右とも0.04です。コンタクトレンズ(ハード)を使用して約30年になります。

最近、眼瞼下垂や角膜細胞の事で、主治医からソフトコンタクトに変更するように助言されました。現在、眼瞼下垂の症状は有りませんが、ハードの使用をやめれば症状の出現は防げるのでしょうか?又、現在角膜細胞の数は左=3000右=2300との事。メガネでは視力があまり出ず、困っています。
あつかましい相談で申し訳有りませんが、先生のアドバイスをお願いします。


角膜内皮細胞の密度が低下してきているため、ソフトコンタクトに変更するよう勧められているのですね。さらにソフトコンタクトの方が眼瞼下垂の発生頻度が少ないということなのですね。

これらは、あなたが何も訴えていないのに、主治医の方から言い出したものでしょうか。そうならば、実際に診察をしている主治医の判断は、このようなメール相談より遥かに確かだと思いますので、素直に従ってみてはいかがでしょうか。使い捨てソフトレンズならば、ハードに比べて悪影響は少ないような気がしますが、どうでしょう。試してみて損は無いと思いますよ。

あるいは、主治医は経過良好と言っているのに、あなた自身が眼瞼下垂や角膜細胞の事を心配し、相談を持ちかけたときの答えでしょうか。それならば、少し心配しすぎかもしれませんね。ハードレンズで眼瞼下垂が起こるとは限りませんし、起こったとしても僅かの頻度だと思います。また、細胞数2300は、少々少ないとは思いますが、急いで対策しなければならない数値とは思いません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-01-16 09:26 | コンタクト・めがね

大泣きの3歳児健診


子供(三歳九ヶ月)の事での相談です。
以前、三歳児検診の際、遠視と乱視があるとの事で再検査を受ける事になりました。そしてある眼科に行ったのですが、うちの娘が検査を怖がり泣いてしまいました。先生は「泣いていると検査が出来ないから、また半年か一年先に受けて下さい」との事でした。矯正するなら早いうちがいいのは解っているのですが、また大泣きすれば検査を断られるのではと思うとなかなか足を運べずにいます。

やはり出来るだけ早いうちに詳しい検査を受けるべきでしょうか?このhpを見て、一度診察に行きたいと思ったのですが、やはり泣いてしまうと難しいでしょうか?お返事を頂けると幸いです。宜しくお願い致します。


大泣きしていたら、悲しいかな、どんな名医でも検査は出来ませんね。半年か一年先と指示されたという事は、それなりの根拠があるのではないでしょうか。遠視と乱視があるということですので、予備検査のデータを見て、緊急性がないと判断したのではないでしょうか。

予備検査のデータがあれば、つまり精密検査の依頼書をお持ちでしたら、是非とも当院へいらしてください。大泣きした場合でも出来るだけの事をして、わかる様に説明をします。もし以前の眼科で既に記入されていたら、当院では有料の保険診療になりますが、データは大いに参考になりますので、利用させていただきます。

もし眼科に提出、あろいは市役所へ郵送してしまっていたら、ゼロから始める事になりますので、機嫌よく検査をさせてくれなかったら、十分な事は出来ないかもしれません。
by kounoganka | 2007-01-15 11:00 | 視力・斜視

生理的飛蚊症とストレス

前回の方からの追伸です

色々教えて頂いてあリがとうございます。小学生と中学の時に飛蚊症を経験した2人の友人に色々聞いた話で疑問に思うことがあるので,すみませんがこれについても教えて下さい。

その子たちは目の使いすぎ,ストレスが原因と言われたと言うのですが,そうゆう場合もあるんですか?もしあるなら,ストレスなどには気を付けた方がいいですか?私は一応中学から私立に通っててなかなか毎日忙しく,遅くまで勉強したリしてとても目が疲れる機会が多いし,私もたまたま試験中に飛蚊症になッたので,今は見えてない右目もそのせいでみえるようになるのか,とか気になってます。

それから,2人ともその時期は見えてたけどその後は1回も見えないと言うんです。でも1度なると治らないって聞いたから凄く疑問です。個人差があるとか気にしないようにしたら目が鈍くなって見えにくくなる場合がある,とかですか~?


ストレスが原因かと言うと、答えはYESでありNOでもあります。

繊維で出来ている卵の白身状の硝子体には、細かな濁りが元々誰にでもあります。これに気づく人は稀ですが、ある方法で自覚させる事は可能です。異常の無い子供でも見ることが出来ます。ご友人の場合はこれでしょうね。ストレスが原因(かどうか疑わしい)で、また光の条件がそろったために、本来あるものが見えただけのことでしょう。原因が判らないと、往々にして「ストレスのせい」「疲れのせい」という事にされてしまいます。

次の段階として、老化現象の一種なのですが、硝子体の中に空洞が出来ます。空洞といっても空気が詰まっているのではなく、液体が詰まっています。ある体積の硝子体の中に、液体だけの部分が出来ますので、繊維で出来た部分の繊維は凝縮されます。繊維の密度が高くなって、濁りを自覚しやすくなります。あなたの場合は片目ですので、おそらくこれに当たると思われます。鈍感でなければ、ストレスが無くても見えるはずです。気をつけても意味がありません。

一度なると治らないというのは、その通りかもしれませんが、「なる」の定義「治る」の定義をはっきりさせないと、結論は言えません。上の文章を理解していただければ解ると思います。

気にしなければ、そのうち気にならなくなると思いますよ。でも、反対の目にも見えるようになる可能性は高いと思います。変化があれば、眼科を受診した方が良いと思います。
by kounoganka | 2007-01-15 09:59 | 何かが見える

生理的飛蚊症


はじめまして。高1です。
1ヶ月ほど前から視界に点が鎖でつながれた様なものが見えるようになリ(色は薄い黒),眼底検査を受けましたが 特になんの濁りも病気も見つからず,飛蚊症でもないと診断されました。異常はないのでもちろん原因も謎のままです。ただ,もともと目が疲れやすかったけどこれが見える様になリさらに疲れやすくなりました。

これは一体なにが原因で,なにが起こっているんでしょうか?

あと,母が“飛蚊症が時々出る”というのですが,飛蚊症ってゆうのは毎日,1日中みえるものではないんですか?私のは 見えない時間は1秒もなくて毎日見えます。


目の前に蚊が飛んでいるように見えることから、飛蚊症と言われています。しかし原因によって症状は様々で、ゴミのようなもの、糸くずのようなもの、雲のようなもの等、表現は様々です。これらをひっくるめて「飛蚊症」と言います。症状の名前であって、病名ではありません。

で、あなたの症状は、まぎれも無く「飛蚊症」です。誰にでも存在する「目の中の繊維状の濁り」が、見えているのもので「生理的飛蚊症」とも言われます。それ以外に、後部硝子体剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎、網膜裂孔などによる飛蚊症もあります。

目の中には、「卵の白身」状の硝子体というものが詰まっています。完全な液体ではなく、細かい繊維質で出来ています。またその中には、胎児のときの血管などの比較的太いひも状のものも含まれます。これらのものが、見える人には見えるのです。見えない人は幸せですが、鈍感なのです。光の状態によって、よりはっきり自覚できます。自覚した事のない若い人にでも、確実に自覚してもらう方法もあります。

周りの明るさなどによって、見えたり見えなかったりするのが普通ですが、人によって、濁りの種類によって、色んなパターンがあります。毎日見えても、異常という訳ではありません。
by kounoganka | 2007-01-13 09:56 | 何かが見える

コンタクトをつけたまま就寝



こんばんわ。夜分に失礼いたします。
気になることがありメールさせていただきました。

今週月曜日(25日)朝起きると右目がかすんでいて鏡を見ると、右の白目が真っ赤に充血していました。
実はコンタクトをつけたまま寝てしまっていたのでそのせいかと思いすぐにコンタクトをはずし、月曜日火曜日と2日間メガネですごしました。
眼科を受診しようと思ったのですが仕事のため無理でした。
水曜日には少しましになり、仕事上メガネでは不便なため水曜木曜はコンタクトですごしました。

今日、金曜日になって右目がとても見えにくくなっています。
視力が落ちているような感覚です。メガネをしていても右目だけがピントが明らかにあっていません。
目に違和感もあります。
とても気になるのですが明日はどこもお正月休みで診察がありません。一時的なものならいいのですが何かの病気では・・・ととても気になります。
早急に診察してもらった方がよいのでしょうか。お正月明けでも大丈夫でしょうか。
実は普段からコンタクトを付けたまま寝てしまうことがよくあります。眼科の定期健診も全然受けていません。大変反省しています。
緊急性があるのかとても気になります。
お忙しいなか申し訳ございませんが、お返事お待ちしております。


ごめんなさい。昨日(3日)旅行から帰ってきて、今日ようやくメールの確認が出来ました。
29日の夜20:27にこのメールが届いたようですので、見ることが出来ませんでした。
もう4日ですので、すでに眼科で診て貰っているとおもいます。どうぞお大事になさってください。
お力になれなくて、申し訳ありませんでした。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-01-04 09:53 | コンタクト・めがね

4ヶ月児の落陽現象


4ヶ月になる子どもが、時々黒目が下瞼に隠れるぐらいの白目をします。
特に寝かした状態でなることが多く、下を見た時によくなるような気がします。
機嫌はよく、別に病気もしていません。これって眼科にかかったほうがいいのでしょうか?
よろしくお願いします。


落陽(サンセット)現象だとおもいます。
脳圧亢進のサインの場合があります。
目の病気ではありませんので、眼科ではありません。
機嫌がいいですので、おそらく心配ないものだとは思いますが、念のために小児科受診してくださいね。
by kounoganka | 2007-01-04 09:50 | その他の疾患