excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アレルギー性結膜炎とステロイド


2週間ぐらい前から目のかゆみと目の周りに赤みがでてきました。眼科で処方してもらった薬がステロイド剤の点眼薬(ビジュアリン0.02%)だったのですが、私としてはステロイドの入ったものを使いたくありません。アレルギーの症状を治すのにはステロイド剤の点眼薬でしか治せないのでしょうか?


アレルギー性結膜炎に対しては、
1.インタール等の抗アレルギー剤
2.リボスチン等の別系統の抗アレルギー剤
3.ステロイド剤
4.非ステロイド系消炎剤
などを組み合わせて、処方します。

重要なのは、早く症状を取り去ることです。そのために、初期の段階でステロイドを使うのは眼科では普通の事です。効果の小さい薬剤を使って症状を長引かせれば、それだけ合併症を起こす可能性が高くなり危険です。目の周りまで赤くなった状態では、ステロイドは必須だと思います。

ステロイドの副作用としては、眼圧の上昇と感染の誘発が考えられます。

眼圧が上昇するのは、そういう「体質」の人だけです。もし眼圧の上昇する体質だったとしても、眼科であればチェックできますし、短期間の眼圧の上昇は、まったく怖くありません。また、ビジュアリン0.02%のような薄いステロイドでは、たとえ体質があっても上昇しません。

感染の誘発というのは、ステロイドによって免疫力が低下して感染しやすくなることです。しかし、アレルギー性結膜炎の痒みのために目をこすってしまって、手から細菌やウイルスに感染する方が、はるかに多いのですよ。

怖いのは、眼科を受診せずにステロイドを長期に使用する事です。以前に、他の眼科でステロイドの点眼の処方を長期間受け、その間診察を受けていなかった患者さんが、偶然当院を受診し、ステロイド緑内障になっていたことがあります。また、リウマチ等でステロイドの内服を続けているのに、眼科を受診してないという、眼科医ならばぞっとするような事もよくあります。

正しい情報を持たずに、ステロイドをむやみに怖がるのは、「百害あって一利なし」ですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2006-12-28 17:52 | くすり

二重にする製品の作用は?


初めまして。私はもともと二重なのですが、二重の幅が小さく、ほとんど一重に見えるため、二重にするような製品をいろいろ試してみました。例をあげると、アイリッドフォールドや、ローヤルアイムのようなものです。それらを使うことによって二ヶ月ほどたった今、二重の溝が、薄くですがもともとあったラインの上に 形成されてきました。このままつずけていけば新しいラインを形成させることができるでしょうか? 独学で調べたところ、二重とは、上眼瞼挙筋が枝分かれしていることで形成されているということがわかりました。アイプチなどで二重になったと言う人は、それに効果的に働きかけたのだというようなのですが、私のようにライ ンが定着しつつある場合は、二重を形成させる器具が、上眼瞼挙筋に働きかけていると考えてよいのでしょうか? 他院にも相談したところ、整形手術の宣伝のみで的確なアドバイスをしていただけませんでした。実際、二重を形成するとうたった器具などで二重になる可能性はゼロなのでしょうか?(他院に聞いたところゼロなの で整形するしかないといわれました。)あつかましくなってすいません。 返信を心待ちにしております。


本当に申し訳ありません。
まぶたのことですので眼科の領域に違いないのですが・・・・・・ごめんなさい、さっぱりわかりません。
by kounoganka | 2006-12-25 17:50 | まぶた

コンタクトが緑内障の原因に?


お忙しいところ恐れ入ります。
私は10年程度ハードコンタクトを使用していますが、レンズが目にくっつきやすい体質のようで、若干フラット気味の処方にしてもらい対応してもらっていました。
先日、いわゆる格安コンタクト屋に行って購入をしようとしたところ、普通はそのようなフィッティングをすることはなく、緑内障の原因にもなるといわれたのですが、これは本当でしょうか?
すみませんが、宜しくお願い致します。


嘘です(きっぱり)


「普通はそのようなフィッティングをすることはなく」というのは、「そのコンタクト店ではケラトメーター通りの処方しかしたことがない」という意味でしょう。
ケラトメーターは角膜中心部のカーブのみを計りますので、平均的な形でない眼では、適切なフィッティングになりません。角膜形状は様々です。

決して緑内障の原因にはなりません。
それを言ったのが眼科医であれば、・・・・・眼科医は絶対に言いません。
それを言ったのが医師であれば、もう少し、お勉強してから出直してください。
それを言ったのが非医師であれば、法律違反ですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2006-12-21 17:46 | コンタクト・めがね

涙点プラグの悩み


涙点プラグにについてお尋ねしたく、メールさせて頂きます。40代、女性です。昨年、ドライアイの診断を受けました。その際は自覚症状は軽い疲れ目程度でしたのであまり深刻に考えず、新築で入居したばかりのマンションがとても乾燥していたので、加湿器を買ったり、まばたきを意識的に増やしたりという程度でした。人工涙液型点眼剤を頂いています。

今年の3月、今度は下瞼の裏あたりがゴロゴロして再度受診、マイボーム腺梗塞による結石?(と言うのでしょうか)異物感が強かったので点眼麻酔下で石を摘出しました。

その後、また夏に異物感が出てきたので再度受診しましたが、その際、ドライアイの検査を再度行い、涙の分泌量が少なく角膜に傷がついている、今回の異物感はそのためだろうとのことで、ヒアルロン酸点眼剤と人工涙液型点眼剤を頂きました。その後やや軽快しましたが、10月からまだ異物感が強くなり、点眼剤はずっと続けています(ヒアルロン酸については使用回数は守っています)。

次の策として涙点プラグを勧められていますが、昔からコンタクトレンズにも慣れられず断念したくらい異物感に敏感なので、質問1:プラグそのものにいつまでも慣れられないような異物感を覚えるのではないかと心配です。そういう患者さんもいらっしゃいますか?

日常の運動として週1~2回水泳に行っており、海で泳ぐのも好きです。普段ゴーグルをしていても、水に直接顔をつけてしまうことも多々ありますが、質問2:プールで、たまたま目に水が入った時にプラグが流れてしまうことはないのでしょうか?

一番の悩みは、長引く目のゴロゴロした違和感です。処方された目薬を使用し、部屋の乾燥を防ぎ、蒸しタオルを当てたりして目の使い方、休息に留意していますが、数ヶ月経ってもゴロゴロが治りません(悪くなってはいないようですが)。涙点プラグに進むべきでしょうか。やってみなければわからないかもしれませんが、質問3:プラグを挿入しなくても、半年位長く掛かって角膜の傷が治る可能性はあるのでしょうか?先生のブログに、角膜の傷が痛んでからゆっくり治った方の例がありましたが、それでも2ヶ月位ですね。

いずれにしても近々再度受診すべきと思いますが、涙点プラグの件で二の足を踏んでいます。外れてしまう頻度やマイナス面ばかり考えてしまいますが、症状が改善するなら思い切って、とも思います。勝手な相談、長文で申し訳ありませんが、ご意見を頂戴できれば幸いです。


最長編のご質問ですが、答は簡単です。
涙の分泌量が少ないという診断が確かならば、思い切って受けてみて悪くないと思います。

入れた涙点プラグは外せます。ですから当然、何かの拍子に外れることもあります。
外れやすいようなら、大きなサイズのものを入れなおせば良いのですが、その都度費用がかかります。
調子が悪ければ、外してしまえば良いわけですので、そう深刻にならず、「お試し」「だめもと」「効いたらラッキー」程度に考えて試してみるのが良いんじゃないでしょうか。
by kounoganka | 2006-12-19 17:44 | その他の疾患