excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

市民健康フォーラム(第2報)

加古川市民健康フォーラム「聞いて得する!白内障・緑内障の話」が、10月1日(日)午後1時に加古川総合保健センター3階で、私、河野の司会で開催されます。来場に予約は必要ありません。当日、のじぎく兵庫国体の関係で高校野球の「ハンカチ・・・」君が、隣の高砂市に来るということですが、気にせず保健センターにいらしてください。

木村眼科の木村先生が「これならわかる白内障」、稲美中央病院の大道先生が「40分で学ぶ緑内障」という講演をします。先日、打ち合わせをしたのですが、それぞれ非常によくまとまっており、しっかり聞いていただければ、勉強になると思います。

質問は事前に受け付けておりまして、9月22日(今日ですね)までに郵送かファックスで市民健康フォーラム事務局までお送りください。お送りいただいた質問は(時間があれば)講演の最後に演者が回答します。その場での質問は、スライド等の準備の関係上、お受けできません。

フォーラムはあくまでも一般論で、個別の質問は、フォーラムに続いて3時から2階で開催される、目の無料相談で受け付けます。私を含め、4人の眼科医が対応いたします。こちらも予約は必要ありません。個別の相談ではありますが、診察をするわけではありませんので、医療機関を受診する代わりになるとは思わないでくださいね。

詳しくは、河野眼科ホームページ>加古川市加古郡医師会>市民健康フォーラムのご案内をご覧下さい。
by kounoganka | 2006-09-22 15:45 | おしらせ・その他

視神経乳頭陥凹>拡大してないぞ


先日受けた健診で、視神経乳頭陥凹拡大ということで要精検という結果をもらってきました。初めての事です。精密検査の依頼票と眼底のポラロイド写真をもらいました。インターネットで調べたりしていますが、視神経乳頭陥凹の部分は決して大きくないように思います。例えば貴ホームページの眼底検査のページの、「緑内障の前段階」「緑内障」の写真と比べても、もう少し小さいように思います。いったいどういう基準があるのでしょうか。単なる判定ミスではないかと期待しているのですが。


「眼科医でないと判らない部分があるのですよ」と言ってしまうと、終わってしまいますので・・・・ご面倒ですが、もういちど河野眼科ホームページの眼底検査のページの、「緑内障の前段階」「緑内障」の写真を見ていただけますか。

左上の写真「緑内障の前段階」の方は、緑内障かもしれないと思って視野検査をしましたが、視野に異常は見られませんでした。現在経過観察中です。

中上の写真「緑内障」の方は、最初の眼底検査だけで「緑内障ですよ。」と説明してから眼圧測定と視野検査を行い、予想通りの緑内障性の視野変化を認めました。

視神経乳頭陥凹(丸い視神経乳頭の中の色の薄いだ円)の大きさは「緑内障の前段階」の方が「緑内障」より大きいと思いませんか。なのに、大きい方が前段階で、小さい方が緑内障だったのです。実は、陥凹の大きさ以外の要素があったのです。「緑内障」の写真の視神経乳頭の右上と右下から、アーチ状に伸びて広がる色の濃い部分がわかりますか。その部分を走る神経線維の数が少なくて、そんな色に見えているのです。その部分に沿って網膜の感度の低下があります。あなたの眼底写真にも、視神経乳頭から伸びるアーチはありませんか?

ほかにも緑内障を疑う所見というものは色々ありますが、書ききれないので今日はこの辺で。

健診で視神経乳頭陥凹拡大という判定を下すのは、視神経乳頭陥凹が拡大している時だけでなく、写真上からほかの部分も読み取って、「緑内障の疑い」があると判断したときです。さらに写真以外に、その人の年齢、視力、眼圧などの項目があれば、非常に参考になります。文字通りの意味だけでなく、深い意味があったのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2006-09-14 15:42 | 緑内障

看板に偽りあり!?


質問ではないのですが、よろしいでしょうか。
JR加古川駅上りホーム、東の階段の河野眼科の看板ですが、電話番号が古いままです。
河野眼科ホームページの窓の写真でも、古い電話番号が表示されたままです。ご参考までに


電話番号が (0794)25-4715 から(079)425-4715 に、今年の5月に変わりました。

ごめんなさい。看板を書き換えるほど資金力がありません。加古川の人は局番が25から425になったことを知っていますし、市外の人は、今までと変わりません。ですから、ダイヤル間違いは起こりませんので、今まで通りで放置しています。

番号がそのままのうちは、経営が苦しいんだなと思ってやってください。
ご指摘ありがとうございました。
by kounoganka | 2006-09-13 15:39 | おしらせ・その他

ものもらいの本当の原因


以前から気になっています。体質だろうとあきらめていたのですが、ものもらいがよく出来ます。
大体年に2-3回出来ているようです。ほっておいて治ったりしますが、2年に1回ぐらいは眼科で治療します。
出来やすい体質ってあるのでしょうか。出来にくくする方法とか食べ物とかあるのでしょうか。


う~~ん、どうしようかなあ。しかたが無い。質問してくださったあなただけに、内緒でお教えします。

ものもらい(めばちこ)の原因は細菌です。細菌は風に乗って侵入するのではありません。風とともに入った細菌は自分の免疫力で退治できます。ものもらいが出来るのは、手でこすって細菌を「植えつける」からです。手でこするのは、アレルギー性結膜炎などで痒くなったりするからです。ですから、ものもらいを作らない方法は、「目をこすらない事」これに尽きます。

眼科を受診する方の半分はアレルギーがもとで起こった病気です。また、アレルギー性結膜炎があっても、決して目をこすらない人は、それ以上の病気は滅多に起こしません。

誰も目をこすらなくなったら、眼科の患者数は半減して、河野眼科のような弱小医院はつぶれます。決して他言しないように!

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2006-09-12 15:36 | まぶた

立体駐車場が怖い


河野眼科の契約駐車場についてお聞きします。
私の乗っている車は○○○○で、平成パーキングのようなエレベーター式のパーキングに停めることは出来ません。また、駅前立体駐車場ではありませんが、自走式の立体駐車場で思いっきり壁に擦ってしまった事があり、怖くて入れる事が出来ません。平面の駐車場で契約しているところは無いのでしょうか。


平成パーキングは小さめの3ナンバー車は大丈夫です。○○○○は背も高く無理ですが、駅前立体は○○○○より大きな車でもよく入っていますよ。
契約駐車場はその2箇所だけですが、それ以外の駐車場にとめて駐車券を河野眼科受付にお出しいただければ、1時間分の駐車料金として、300円をお支払いいたします。駐車場によって料金は違いますが、あくまで300円ということでご了承ください。その際、駐車券のコピーをとらせていただきますので、必ず駐車券をお持ちください。(駐車券の無いコインパーキングは不可です)

例えば、駅前立体駐車場の少し東、但陽信用金庫とユニクロ(現在はマルアイ)の間のオーエムパーキングは、自走式の立体駐車場ですが通路も広くゆったりしていますので、腕に自信の無い方でも大丈夫です。
路上駐車を決してしないよう、また、誰かの借りている駐車スペースに停める事の無いよう、お願いします。

オーエムパーキングも契約駐車場になりました。また、契約駐車場は2時間無料です(例外あり)。
http://www.eonet.ne.jp/~kounoganka/tyuusya.html
をご覧ください。


★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2006-09-11 15:32 | おしらせ・その他

スーパーライザー>アレルギー鼻炎結膜炎


スーパーライザーの事でお尋ねいたします。
現在○○県に住んでおりますが、仕事の関係で兵庫県加古川市に引越しすることになりそうなのです。何年も前からアレルギーがひどく、特に鼻炎で苦しんでおりました。3年前から耳鼻科でスーパーライザーを週に1回受けるようになり、状態はかなり安定してきています。目のかゆみも僅かにあるのですが、耳鼻科で目薬をいただいて、眼科受診をしたことはありません。こんな耳鼻科の患者でも、貴院でスーパーライザーの施術を受ける事が可能でしょうか。もし不可能なら、自費でしていただく事は出来ますか。もし、付近の耳鼻科でスーパーライザーのあるところをご存知でしたら、お教えいただけないでしょうか。


ご安心ください。喜んでさせていただきますよ。

アレルギー性鼻炎というのは、空気中のほこりや花粉(アレルゲン)を吸い込んで鼻で反応を起こす病気です。目を開けている限り、目にもアレルゲンは入りますので、アレルギー性結膜炎は必ず起こります。もちろん症状が出ないこともあります。ご質問の場合、症状も軽度にあり、点眼も処方されていますので、アレルギー性結膜炎として眼科での治療の対象になります。ですから、当院を受診していただければ、いつでも無料でスーパーライザーの施術をさせていただきます。

眼科に全く関係の無い人への、自費での対応の件ですが、今のところ全くそういう要望が無く、未定状態です。でも、もし要望があれば、無料で試してもらおうかなと考えています。

耳鼻科の件はよく判りません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2006-09-09 15:29 | スーパーライザー

目にゴミが入る>毛虫>小鳥のえさ


目にゴミがよく入ります。先日も庭の草刈をしていて、チクッとした痛みがあり、どうしてもそれが取れないため近所の眼科に行きました。眼科では何も入っていませんと目薬をもらったのですが、翌日になっても痛みが続くので、別の眼科で見てもらいました。結局、毛虫の毛が入っていて、ずいぶん時間がかかりましたが、取っていただきました。また、以前には小鳥のえさの殻がまぶたの裏に入ってしまったこともあります。えさの容器を口で吹いていて飛び込んだのですが、この時はあまりの痛さに救急車を呼ぼうかと思ったほどです。ほかにもよくゴミが入り、こすったり洗ったりしているうちに取れる事がほとんどですが、ゴミが入らないようにする良い方法は無いものでしょうか。メガネを掛けて作業をしたりするのですが。


小さなゴミは、目を開けている限り誰でも入ります。普通は全く症状も出ずに、「目やに」と一緒に目の外へ排出されます。ところがアレルギー性結膜炎のような病気があると、普通なら何も感じないほどの小さなゴミでも異物感を感じ、こすってしまって奥の方に入り込んだり、雑菌が入ったりします。アレルギー性結膜炎が無いかどうか、眼科で確認してもらった方が良いでしょう。入っても決してこすらない事が大切です。

毛虫は脱皮するときに毛を飛ばすそうです。目の中に入ったら小さくて見つけにくいのに症状は強烈です。結膜を切開して取り出す事もあります。先日、庭の桜の木に毛虫が大量に発生していたため、殺虫剤を噴霧しました。毛虫を見つけたら、早めにやっつけるのが、一つの方法でしょうか。

小鳥のえさの食べかすは、掃除機を使って吸い取りましょう。えさ入れを振ると軽い殻は上に上がってきます。掃除機のノズルをえさ入れに近づけて、えさ入れを振りましょう。口で吹くより簡単、確実、清潔に掃除できます。うちではオカメインコを飼っていまして、毎日この方法で掃除をしています。小鳥の糞を紙パックに溜め込みたくないので、サイクロン式の掃除機でこまめに捨てています。(糞に発生するカビが怖いといわれています)

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2006-09-08 15:25 | 異物

本当は怖い家庭の医学のうそ

今夜の、最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学「中高年の目のかすみ」を見ましたか?

ゲストタレントの眼底写真を出してきて、視神経乳頭の状態から、緑内障の疑いがあると指摘していました。眼科医の説明は、正しい説明のように聞こえました。

しかし、
眼球断面のイラストと眼底写真を対比させている部分で、視神経乳頭を丸で囲んで、視神経乳頭陥凹の拡大を、眼底写真の視神経乳頭自体の大きさと勘違いさせるような説明をしていました。いや、作った人はそのように理解したのでしょうね。

しかも悪いことに、そのタレントの視神経乳頭はサイズ自体がやや大きく、ゲストたちは確かに大きいと納得していました。つまり、「眼底検査で視神経乳頭が大きいのは、緑内障の疑いがある」と多くの人が間違って覚えてしまう可能性があります。

ゲストはともかく、説明していた眼科医はその間違った部分は見えなかったのでしょうか。出来た番組をチェックしないのでしょうかねえ。それとも・・・・

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2006-09-05 22:37 | 緑内障