excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:何かが見える( 189 )

光の波長の違い


色収差〔色にじみ〕の件でお聞きしたい事があります。焦点〔ピント〕の合わせ方を変えてみると青→オレンジに変化してみえたりその逆になったりします。以前、Yahoo!知恵袋で質問したところ、ピントの合わせ方を変えると屈折の状況も変わるので収差も変化するので色が変わって見えると回答が来ましたが、その回答の通りでしょうか?

不思議でたまりません。もしよかったら教えていただけないでしょうか?


その通りです。色の違い、つまり光の波長の違いによって屈折角が変わるために起こる現象です。

99.9%の人がそうしているように当然のことなのだと受け入れるか、自分で勉強して理解するしかないでしょう。ただし、勉強しても理解できるとは限りません。理解できるまでここで説明することも不可能です。はいはい、お教えしましょうと、簡単に済ませられるほど単純な問題ではありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-06-17 16:36 | 何かが見える

覚醒時に見えた黒い線


今朝起きて薄暗いベッドの中で、目を覚ました時に、左目の右側の方に黒い線が二本(直線ではなく少し曲がっている)その左下に黒い丸いものが見えました。

試しに右眼で見たら、やはり視界の右端にに黒い線が二本見えました。そしてやはりその左下に丸いものがみえたように思います。

先生のブログの「黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る」を拝見しましたが、右眼の見える位置関係が先生が書かれているのと違い、左右の眼共、同じような位置関係でしたので、脳の病気ではないかと心配になりました。

お忙しいところ、申し訳ありませんが、先生のご意見をお聞かせ頂けると助かります。よろしくお願い致します。


目を覚ました時に見えた光の残像でしょう。線状の隙間から射し込んだ光かもしれませんし、2つの点状の光が見える状態で目を上から下へ動かしたのかもしれません。朝、右から光が射し込むか、右に光を反射するものはありませんか。小さなLEDかも知れません。

両目とも同じ位置関係という事だけで、脳の病気を心配しないでください。両目を開けて生活していたら、見るものすべて両目同じ位置関係です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-06-17 16:33 | 何かが見える

それも飛蚊症でしょう


先日、飛蚊症について質問させていただいた者です。机に座っていて白い紙を見たときに、多分両目で1つずつ、グレーの丸が動いていました。ドーナツ状とも丸とも言えないです。机と目は30センチほど離れていたと思います。


体験した現象が、文面から当方が想像するものと違うかもしれませんが、おそらく硝子体内の混濁に由来する飛蚊症の一種でしょう。糸状の物もあれば、リング状、丸い塊など様々な形があってもおかしくはないです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-05-27 12:41 | 何かが見える

透明なハニカム


最近老眼になってきており、スマホなど近くの物を見続けた後、視界を戻すと左目に透明な細胞ような、または透明なハニカムのようなものが30秒くらい見えて、その後次第に消えていきます。飛蚊症のように動くものではありません。

若い頃に、目を思い切り強くギュッと15~10秒間つむって、ぱっと見開いた際に、同じような透明な模様が見えてしまって不安に覚えたことがあります。その後、かなり近い物に焦点をあてた際にのみ同じような症状があらわれていましたが、最近では老眼のせいか、10~15cmくらい離れたものを数十秒見た際でも同症状があらわれます。どういうメカニズムでこのような症状がでてしまうのか、数十年ずっと不安に思ってきました。

考えられる原因と改善について教えていただければと思いましてメール差し上げております。お忙しい中恐れ入りますが、何卒宜しくお願いいたします。


なんなんでしょうね。よくわかりませんが、心配要らないものだと思います。
「完全なるメッシュ状」の残像 解決??
のような物じゃないでしょうか。老眼は関係ないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-05-26 15:01 | 何かが見える

詳しくお願いします


自分の目の動きとは関係なく、前から無数に繊維?が動いているような飛蚊症はあったのですが、今日初めて、ボーッと明るいところを見ていると灰色の500円玉くらいの大きさの丸い煙みたいなものが2つ動いていました。これは何でしょうか?


見当もつきません。

まず、大きさが分かりません。500円玉というのは月より大きいでしょうか。誰が聞いても大きさを想像できる物との比較でお願いします。また、500円玉とか米粒とか言う場合は、目からどれくらいの距離にそれを置いた場合の大きさかを説明してください。1メートル離れた500円玉より目の前1センチの距離の米粒の方が大きいです。テニスボールと表現されたものより、ピンポン玉と表現されたものの方が大きい場合もあります。

両目に見えたのでしょうか、片目でしょうか。右目に1個、左眼に1個の、合計2個でしょうか。見えた方向はどうでしょう。丸いべたっとしたものでしょうか、ドーナッツ状の物でしょうか。どれくらいの時間見えたのでしょう。どのように動いていたのでしょう。

回答はこの返事をいただいてからです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-05-24 08:43 | 何かが見える

「月」


今日、月を見ていたのですが、天気のせいか若干ボンヤリとダブった月に見えました。ふと片目づつで見てみたところ若干右目の方がダブっていることに気づきました。もともと乱視と近視があり普段はメガネかコンタクトレンズで矯正しています。この時もメガネをかけた状態でした。

不安になったので室内で片目づつ確認して見たのですが見え方は正常でダブった感じはありませんでした。これは複視というものなのでしょうか?


複視ではありません。暗いところで瞳孔が広がった状態で、粗雑なつくりの水晶体を通して明暗の差の大きいものを見るとそのように見えます。左右で全く同じ目を持っている人以外は、左右で見え方の違いを感じるでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-05-17 16:16 | 何かが見える

「光」


夜、月や外灯をみるといくつか重なって見えたりする時があります。でも、物などはそのように重なってみえたりしません。どうして光っているものはそう見えるのでしょうか?私は近視と少し乱視がありますが、なぜ光っているものだけがそうみえるのでしょうか?あと、夜、外灯やヘッドライト、(昼間は太陽の反射した光など)から光の線が放射線状にいくつも出てみえます。そして、まばたきをすると、その線が伸びます!

気になって、河野眼科のブログを検索したら、放射状に光の線が拡散2015-12-20 12:33というところで、星をみたときに6本の光芒が見えると書いてありましたが、私の場合、6本どころではなくもっと沢山の光芒がみえますし、外灯やヘッドライトや太陽の反射した光の線も放射線状に数十本?数百本?でてみえます!6本ではなく、沢山の光の線が見えるのはおかしいのでしょうか?読んで少し悩んでしまいました。よかったら教えてください。


月や街灯を見る時というのは、周りが暗くなっており、瞳孔は大きくなっている状態です。水晶体のような、繊維でできた収差補正していない単レンズを使って絞り開放で見ると、そういう風に見えるでしょう。

光っているものがそう見えるというよりも、そう見えるから光っていると感じるのです。そう見えない場合は光っていると感じません。まわりとの明るさの差が大きいほどそう感じます。

「光」や「輝き」を写した写真は、そう写っているでしょう。収差を補正し、表面をコーティングした精密なカメラのレンズでもそう写ってしまうのです。

「光」や「輝き」を表現したイラストはみんなそうなっているでしょう。誰の目にもそう見えているのです。人間の目は、涙の状態、角膜表面の凸凹、角膜細胞、それから以前に説明した水晶体の繊維等によって、異常屈折、回折等が起こり、そのように見えるのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-05-17 16:15 | 何かが見える

眼底検査した時の光の残像の一種


網膜剥離経験者です。本日、眼底検査を受けてきたばかりです。時々片目で見て異常がないか確認しています。

今日、眼科から帰宅後、6時間ぐらいしてから、左目で見ると、視野の3分の2くらいの範囲がピンク色に見えました。しかし、ずっとピンク色に見えているわけではなく、10秒ほどで普通の色に戻りますす。ところが、左目をつぶって10秒ほどしてからまた左目を開けてみると、ピンク色に見えました。これを繰り返しているうちに、30分ほどでこの症状はなくなりました。心配いらないものでしょうか?受診の必要はありますでしょうか?


眼底検査した時の光の残像の一種だと思いますよ。明るい光で検査しますので、そういうこともあるでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-05-15 14:57 | 何かが見える

「ちらつき」


最近、瞬きをしていないのに一瞬だけ視界が暗くなることがあります。例えるならば電気が点滅するような症状です。もしかして蛍光灯が消えかかってる?と、思わず電気を見上げてしまうことがしばしばあります。しかしそういうわけではなさそうでした。

室内、なぜか特に電車で起きることが多いです。片目でなく両目で感じます。これは目ではなく脳の方が異常なのでしょうか?それとも自律神経でしょうか?


両目で屋内、特に電車内なら、照明のちらつきでしょう。照明が切れかかっているとか、スイッチ部分の接触不良とかでしょう。電車のパンタグラフを見ると常に安定的に電気が流れているわけでは無いことがわかるでしょう。

異常があると「ちらつき」を感じやすくなると思っている方が多いようですが、実は逆なのです。視神経の病気で「ちらつき」を感じにくくなるのです。点滅していても点灯しているように見えるのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-05-08 15:07 | 何かが見える

小さなうすい黒いかげ


お世話になります。ここ5日程、朝起きると左目に小さなうすい黒いかげがみえます。目をパチパチしていると1分もしないで消えてしまいます。

3日前に定期的な眼底検査を受けていて異常ないと言われました。しかし、上記の症状があることは言いませんでした。

以前にも似たようなことがありましたが、5日も続くのは初めてです。3日前に眼底検査をしていれば心配いらないものでしょうか。


黄斑または視神経乳頭が見えているのでしょう。
黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る
をご覧ください。きっとそれだと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-04-24 14:53 | 何かが見える