excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:何かが見える( 171 )

単純なレンズには収差がある


以前、2013年11月にも同じような質問があったのですが、裸眼でも色収差はありますか?という質問がありました。私も昔からの疑問で、裸眼はレンズ(メガネ、コンタクト)をつけていないのになぜそのようになるのか?と。ネットなどにはレンズに起こる現象とよく書いてありますが、裸眼でも色収差(色にじみ)は普通になるものでしょうか?
お忙しい中申し訳ありません。お手隙の際で結構ですので教えてください。

追伸。色収差(色にじみ)の件で本日メールさせていただきましたが、ネットでの意見を見てみても縁がオレンジと青に見える人が多いです。実際に私もオレンジと青に見えることが多いです。でも物の縁など、青に見えることが多いですが。。。可視光って七色なのになぜオレンジと青がよく見えることが多いのでしょうか?合わせてお答え下さると有り難いです。


人間の目にも水晶体というレンズがありますので、当然、収差は起こります。黄斑部は水晶体の正面ですので収差なくきれいに見えますが、周辺は収差が大きいです。真ん中しか鮮明に見えませんので気付きにくいのです。

色についてはご自分でお調べください。病気に関することではありませんので、当方も詳しく知りません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-28 15:04 | 何かが見える

見えるものがすべてチカチカ


河野先生のブログにて、補色残像のことを知りました。通常補色残像は害はないとわかったのですが、私の場合、補色残像が酷いのか、普段からずっと弱いフラッシュを浴びているように視界がチカチカしています。おそらく物だけではなく空間?見えている物すべてに残像になっているのだと思うのですが、とっても見にくくて仕方ありません。

日によってまだらにチカチカしていたり、格子状の光が大量に見えます。それにプラスして物の残像が見えるという感じです。ちなみに残像が見えるようになったのは、とっても酷い偏頭痛が起きた翌朝突然なりました。

起きてから見えるものがすべてチカチカしている為にまぶしいのです。ちなみに目を瞑っていてもずっと同じようにチカチカしています。それが4年ほど続いています。

地元の大学病院でアズールでは?と診断され検査しましたが何も悪いところは見つかりませんでした。残像が酷すぎるだけで、なにも無いのでしょうか?体に害は無くとも、出来ればこの視界を良くしたいのですがなにも解決策はありませんか?


AZOORが否定されたとなると、やるべき検査は全てやり尽くしたと思われますので、受け入れるしか方法はないでしょう。AZOORであったとしても確実な治療方法はないのですから。

まだまだ判らない病気はたくさんあるのです。あまり深刻に考えずに、年に1回程度の定期検査を続けながら、様子を見ていくしかないと思います。お力になれなくて申し訳ありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-25 13:50 | 何かが見える

10年以上前から見える


10年以上前からの悩みなのですが、片目で一点をジッと見つめてると、その見つめてる物の周りがボワっと黒くなり、目線を変えるとすぐに消え、またジッと見ていると黒くなり消えるという状況になります。左右どちらもです。最近眼科に行き、眼圧や眼底など様々な検査を受けましたが、特に何も言われませんでした。

また、片目で見るとモザイクのようなものが見えることがあります。これらは何か病気があるのでしょうか。回答お願いいたします。


病気であったら10年以上も放置していたら大変です。眼科で診てもらって異常なしだったのなら、異常がない目に起こる現象だと考えてください。「特に何も言わない」眼科は行く価値がありませんよ。

はじめのものは錯視でしょう。あるいは「黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る」で説明したように、網膜の視細胞の種類や密度の違いによるものかもしれません。

モザイクは「「完全なるメッシュ状」の残像 解決??」と同じものではないでしょうか。原因は不明ですが心配するほどのものでもなさそうです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-21 18:08 | 何かが見える

positive dysphotopsia その後


早速のお返事ありがとうございます。先日左眼端にきらきらするものが見えるとご相談させて頂いたものです。

コンタクトレンズ、確かにハードレンズ使用者です。

ご回答にとても納得させられ、早速メガネでは現象が起こらないのか確認のため、メガネで外に出てみました。残念なことにメガネでも同じ症状が出てしまいました(涙)

先生から見られても不思議な症状なのですね。

・・・以下略・・・


うーん、これしかないと思ったのですが、残念です。申し訳ありません。メールで「心の問題かも」と仰っていますが、もしかしたらそうかもしれません。但し病的なものという印象は全く持ちませんのでその点は大丈夫です。

片目の視野の隅で起こる。日光の下で起こる。瞬きをすると現れ、瞬きをせずにまっすぐ見ていると消えたまま。スピードは早い。このことから、瞬きをした直後に起こる何かが原因となっていると考えられます。

瞬きをした直後に何が起こるかといえば、まず涙が目の表面で大きく移動します。角膜と結膜の境目あたりの涙が作る特殊な波立ちが、太陽光を屈折したのでしょうか。

また、眼球内の硝子体中に小さな光沢のある混濁が発生することがあります。目を閉じたときには眼球は上転し、開けると正面に戻ります。一瞬遅れて硝子体も動き、その中にある光沢のある混濁が、ある一定の場所を通過するときに、太陽光を反射するのかもしれません。これならば、眼球の上転のない一瞬の瞬きでは起こりません。

今、考えられるのはこれくらいです。眼科で検査しても確かめられないことですので、しばらく様子を見ることしか出来ないと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-13 15:43 | 何かが見える

ハードコンタクトレンズによる positive dysphotopsia


はじめまして。近視で-7.5のコンタクトを使用しているものです。

ここ一カ月半程、左眼の端の方の視界にキラキラしたものが映り悩んでいます。眼科受診もしており、『飛蚊症かなぁ?』と言われ、散瞳して眼底検査を行った結果『網膜は大丈夫です。心配しなくていいですよ』と言われました。安心して帰宅しましたが、やはりキラキラ点滅する症状が続いて不快・不安だった為、3週間後に再診しました。再び散瞳して眼底を診てもらいましたが、異常なかったようで『気にしないで大丈夫ですよ』と言われました。(安堵感から結局自分が飛蚊症なのかは聞き忘れて帰ってしまいました。)

再診から2週間程経過しましたが、やはり左眼端のキラキラが気になって仕方ありません。症状としては、室内よりも日光の下で起こり、左眼左端に3~4個丸い光(ネオンカラー?)がキラキラっと光り無くなっていきます。しかしまた瞬きをすると現れ、瞬きをせずにまっすぐ見ていると消えたままです。結構スピードは早くキラキラっという感じです。

動作は関係なく、日光下では毎日起こり、室内でも窓際の陽が差し込んでいる場所ではテレビを観ていても左端がチカチカ(室内では陽炎のように左端がブレているように感じることもあります)してとてもわずわらしいです。カーテンを閉めた蛍光灯下の室内では無症状です。(ショップなどの明るい蛍光灯下では起こることもあります。)太陽が眩しいとかいう症状もありません。

気にしないようにするしかないのでしょうが、どういった現象が起こっているのでしょうか?毎日気になって仕方ありません。またこのキラキラが気になりだしてからは、目に注意がいっているからか、言われてみれば飛蚊症?といった糸くずが降ってくるものが見える症状が屋外では見えます。

お忙しいところ申し訳ありませんが、是非教えて頂けたら嬉しいです。どうぞよろしくお願い致します。


不思議な症状ですね。無い知恵を絞りだしてお答えします。

もしかしてハードコンタクトレンズを使っていませんか。ハードレンズの直径は角膜より小さいですので、レンズの縁も角膜の上にあります。角膜の周辺近くですので普通は見えないのですが、レンズが少し内側に偏ったりすると外側の縁が視界に入ることがあります。その時に、レンズの縁と涙で形成される部分がおかしな形のレンズとなり、異常な屈折や乱反射を起こす事も十分考えられます。

瞬きで現れることから推測すると、レンズが瞬きで持ち上げられ、それが重力で下がってくる過程で「レンズの縁+涙」で「おかしなレンズ」が形成され、太陽光が異常屈折、乱反射されて網膜に届き、その現象が発生すると推測できます。或いは、レンズの辺縁部に刻印があって、それが影響しているかもしれません。

ハードコンタクトレンズによる positive dysphotopsia とでも言うべき現象ですね。飛蚊症とは無関係です。

ちなみに、人工水晶体では、positive dysphotopsia だけでなく、凸レンズであるため negative dysphotopsia という現象が発生する場合があります。興味のある方は検索してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-01 08:29 | 何かが見える

眼科臨床医は悩まない


何度もごめんなさい。もう少し教えて欲しいのです。以前、文章を読んでいると行間が黒っぽく〔黒い字の場合〕見えてきて、空白の部分を見たり、画面から視線を外したりするとシマシマに見えると質問させてもらいました。そしてお答えは錯視と残像が混じったものじゃないでしょうかといただきました。

なんだかこのように見えるたびに、不思議に思ってしまいます。いまいち原因がわからなくて。黒い字の補色残像は白っぽくなると思うのですが、白い部分は逆に黒っぽくなるから黒っぽく見えるのか?でも、青い字の場合は行間は青っぽく見えます。なので錯視かもしれませんが。。そしてたしかに画面の空白を見てもシマシマがみえたり画面から視線を外しても、シマシマが見えるので残像はあるのと思うのですが、それは補色残像なのか?それともそれとは違う残像なのか?違う残像が何なのかも分かりませんが。。もうわけわかりません。なんだか理由というか原理がはっきりわからないのでモヤモヤします。すごく悩んでます。良かったら教えてください。お願い致します( ´Д`)


同感です。確かに訳が分かりませんね。眼科臨床医である私には、「そういうものです。異常はありません」とは断言できても、原理まで詳しくは知りませんので、説明は出来ません。だいたい解明されているかどうかも疑わしいです。そんな状態でも、同じ現象を自覚している眼科臨床医は全く悩まないのに、いや逆に楽しんでいるというのに、どうしてそんなに悩むのでしょうか。こういうものだと割り切って受け入れることも大事なんじゃないでしょうか。

それでもどうしても知りたいのならば、「網膜の視覚情報伝達のメカニズム」などで検索し、出来れば書籍を購入してご自分で勉強してください。驚異的に複雑なこと、簡単に説明することが不可能に近いことが理解できるでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-28 13:49 | 何かが見える

黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る


薄暗い部屋で(エアコンが作動している時に付く緑色のわずかな光のみ)目をぎゅっとつぶり開けた時に視界の中央に黒い物がみえます。片目ずつつぶってみましたがやはり黒い物が中央に見えました。これは何でしょうか?

後、明るい部屋でテレビを見てから薄暗い部屋へ行くと目の隅に影の様なものが見える時があります。目で影を追ってもいなくなってしまい、そのうち気にならなくなってしまいます。これは何でしょうか?お忙しい所すみませんが、ご回答宜しくお願い致します。


素晴らしい。よく気が付きましたね。その現象は、網膜の細胞分布の違いにより発生する一種の残像です。「才能あり」ですね。

このブログの左上の眼底写真を見てください。これは若い人の右眼の眼底写真です。位置関係は、相手の右眼の眼底を透視して、そのままスケッチした状態と思ってください。右の丸い部分から血管が出て広がっています。それが脳につながった視神経の先端、視神経乳頭です。左やや下にある、少し暗い色でコの字型の反射で囲まれている部分が黄斑です。黄斑は見つめた部分が写る場所で、視野の中心です。
e0137559_13203198.jpg

当院のOCTによる黄斑と視神経乳頭を通る断面です。真ん中の凹みと周囲の盛り上がりが黄斑です。黄斑の部分は、周囲と違って、網膜にある何層もの細胞層が少なくなっています。細かいものを見るために、そのための細胞ばかりがぎっしり詰まっています。それによって、視野中央と周辺で、同じ光に対しても反応が違ってくるのです。

薄暗い部屋で瞬きをすると見えるのは黄斑そのものなのです。天井には豆電球等の発光物がない方が良く見えます。交互に瞬きをするとより確認しやすくなり、左右で黄斑の形が微妙に違うこともわかるでしょう。また、右眼で見たときは中央の黄斑より右15度のやや下方、左目で見たときは左15度やや下方に丸く黒い部分があることに気が付くかもしれません。これが盲点で、視神経乳頭の部分です。黄斑より内側15度上方にある視神経乳頭は、視野中心より外側15度下方に盲点を作ります。見えれば「特待生」です。

眠りに落ちる直前ぐらいが一番よく確認できるのですが、朝、覚醒したとき、部屋が暗ければ両目を開ける前に交互に瞬きをしてみてください。条件によっては、盲点の部分から伸びる網膜血管を見ることが出来ます。これが出来れば『名人』級です。私は数回成功しています。

後半は何かの残像でしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-28 13:21 | 何かが見える

残像の色の変化


昼間、暗い部屋から窓の外を見ると、窓の形の残像が見えることがあります。残像は目を開けていると黒っぽく見えるのに、目を閉じると白っぽいエメラルドグリーンっぽく見えたり。目を開けたり閉じたりで色が違って見えるのは、光の刺激が強いものほどそう見えるのでしょうか?太陽や車のヘッドライトもそうなりますし。

そして先ほどの窓の件ですが、部屋から窓を見るとそうなるのに、屋外にいるときは空を見ていてもそうならないと思うのですが、それは目が慣れるからなのでしょうか?よかったら教えて下さい。


光の刺激が強い、あるいは明暗の差が大きいほど残像は認識しやすくなります。また、目を閉じると背景の色が変わるために残像の色も変わって見えます。目を閉じなくても、残像がはっきり見えている状況で、白いもの黒いものを交互に見ると、残像の色が変わるのがわかります。またその色は、時間がたてば徐々に変化していきます。残像の色の変化を楽しんでください。

屋外でわからないのは、光の強さ、明暗の差などの条件が満たされないからです。屋外でも太陽の残像は確実に見えます。残像を利用して、望遠鏡もサングラスも使わず裸眼で、大きな太陽黒点や日食の欠け具合を確認することもできます。残像は、面白いだけでなく役に立つこともあるのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-25 12:16 | 何かが見える

砂嵐のような霧雨のような


薄暗いところで砂嵐のような、霧雨のようなものが見えるようになりました。

気づいたのは半年ほど前で、外を歩いていたとき、小雨が降っているように見えたのですが、降っておらず。そのうち室内でも、茶色い窓枠や、背景が黒っぽいものに目を向けると霧雨が見え始め、最近は本棚の本の背表紙やテーブルクロスの柄など、濃い色と薄い色のコントラストを見ると、小刻みに揺れて見えます(陽炎のような感じです)。一定以上の明るさの元では見えませんし、また、暗闇でも目立たなくなります。目立つのは夕方や、昼間でも薄暗い店内、室内などでです。ちなみに両目どちらにも同じ症状があらわれます。

これまで3回、違う眼科に掛かりましたが、視野検査、眼底検査ともに異常なしで、「網膜が薄いので、血流が見えてるんじゃないか」と言われました。

病名がつかないので、心配事がいつまでも消えず。前は遠くのものにしか見えなかったのが、最近は手元のものにも注視すると霧雨が見えるようになり、不安です。

気にするから見えてしまうのかもしれませんが、病気ではないとするならば、以前は見えなかった霧雨が、見えはじめた理由というのはあるのでしょうか?また、眼科以外に行くとすれば、どの科に診てもらうのが良いでしょうか。


3軒も眼科を受診して異常なしですから、それは異常無しでしょう。病気ではありませんので病名が付かないのは当然です。安心してくださいという意味です。3軒とも再診してくださいとは言わなかったでしょう。

そのように表現できそうな現象は誰にでもあります。私にもあります。網膜のバックグラウンドノイズや飛蚊や錯視など、様々な要因が関与していると思います。気が付かない鈍感な人には見えませんが、一旦気が付いたら見えるようになります。大抵の人は、異常のない自分の眼に起こる症状なので異常の無い現象だと判断し、心配しません。たまに眼科受診する人もありますが、異常なしだと知ってそれ以降は気に留めません。稀にそれでも心配な人はありますが、そうなると眼科では手に負えません。心の問題を解決してくれる診療科を探してください。

「網膜が薄いので、血流が見えてるんじゃないか」というのは嘘です。網膜と血管の位置関係からして、そんなことはあり得ません。網膜が見えるのを邪魔するわけでなく、網膜で見ているのです。説明できないので適当なことを言ってごまかしただけです。説明できなくても異常は無いという事は言っている訳ですので、許してあげてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-24 15:43 | 何かが見える

よくあること


よく晴れた空の下で、じっとまばたきもせずに青空だけを見ていると、気にし過ぎなのかもしれませんが、いつもの飛蚊症とともに、なんと表現していいのか難しいのですが、点々としたもの、チカチカとしたものが点滅しているように見えました。瞬きをすると元に戻ります。

普通に空を見ているぶんには特に大丈夫でした。じっとしばらく凝視したときだけでした。その後、飛蚊症がよくでそうな白い壁などを見ても、いつもの飛蚊症だけで大丈夫でした。疲れているだけでしょうか?


普通です。誰でもその状況ならそのように見えます。べたっとした単色の物を見続けていると、網膜の神経細胞からランダムに信号が発せられて、そのような現象が起こると考えてください。暗黒状態でチカチカと見えるのと同じです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-18 14:59 | 何かが見える