excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:視神経( 10 )

目の運動


3/16に緑内障の考え方と言う記事があり、そこで目の運動は悪影響と書いてありました。私はパソコンを見っぱなしの仕事です。疲れを解消するため、目をぎゅっと閉じて大きく開ける、目を閉じて左右上下に動かす、家では目元を温めるなどしておりました。多少は楽になるので昔からずっとやっていましたがこれはもうやらないほうがいいでしょうか?これらがダメでしたら、目の疲れを取るのに目薬以外に良い方法があれば教えていただきたいです。

もう一点なんですが強度近視について教えてください。これはどれくらいのレベルが該当しますか?私は悪いほうの目で-6Dで乱視が-1.5です。お忙しいところすみません。どうかよろしくお願いいたします。


上下左右に強く動かす事を継続してやるというのが問題で、それによって視神経乳頭部に損傷が起こり緑内障の原因となる可能性があるという学会報告があります。電気コードの付け根を上下左右に強く引っ張る事を繰り返すと断線するのと同じです。定説ではありませんし、極限まで動かすようなことを繰り返さない限り問題ないとは思いますが、控えめにする方が安心でしょう。それ以外は別に問題ありませんよ。

強度近視は度数で決まるというわけではありません。-3ジオプターで強度近視眼の人もありますし、-10ジオプターでも近視眼底ですらない人もありました。-6ジオプターが強度近視かどうかわかりませんが、可能性はあります。そうであるとしても、程度も様々ですし、どの程度の注意が必要かは診た眼科医にしか説明できません。「ある」と「ない」とに分けられるものではありません。

余談ですが「悪いほうの目」ではありません。「近視が強いほうの目」です。眼科では「近視が強い」ことを「目が悪い」とは表現しません。近視がなくても目が悪い人は多いですし、近視が強くても目が悪くない人も多いです。ついでに書いておきますが、裸眼の「視力が悪い」も「目が悪い」ではありません。「矯正視力が悪い」場合は「目が悪い」と言っても差し支えないでしょう。認識を新たにしてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-03-24 18:19 | 視神経

視神経乳頭の境界が不鮮明


先日コンタクトレンズを作りたいとのことで、眼科を受診しました。その際の診察で、乳頭部分の境界がハッキリしないと言われました。浮腫んだり腫れたりしているところまではいかないそうです。

脳圧が高い場合にそのような症状がでるとの説明で、頭痛はないか?生まれたときの状態など質問されました。出生時は低体重であったこと、日ごろ頭痛はないとのことを医師に伝えました。

次回の診察はコンタクトの定期検査で半年後で、その時乳頭部分の経過も見てくださるようです。乳頭部分の境界がハッキリしない状態というのは、どのような事が考えられるのですか?問題のない場合もありますか?

また、脳圧が関係するとのことで脳神経科を受診した方がよいのでしょうか?とても心配しています。


脳圧が高い場合に視神経乳頭が「浮腫んだり腫れたり」します。視神経乳頭はそこまで行かない状態で、また頭痛等の脳圧亢進の症状もありませんので、半年後の経過観察でよいということなのです。必要があるなら眼科から脳神経外科を紹介してくれますよ。余計な心配をして受診することはないのです。

実際、境界のはっきりしない視神経乳頭は時々見かけます。正面から見ると腫れているように見えなくも無いのですが、OCTで横から見れば一目瞭然で、単なる個人差の問題なのです。

頭蓋内圧とか脳圧亢進とかで検索すれば、様々な疾患が出てきますが、診察の結果それではないという診断ですので脳外科受診は必要ないということなのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-05-30 13:39 | 視神経

視神経萎縮でしょう


小学校入学前検診にて弱視がわかりその時より治療用眼鏡をかけています。遠視度数 左右 +2.00。裸眼・矯正視力ともに 右 0.4 /左 0.5 。瞳孔を開いての検査では病気はないとの事。

ただ視神経の乳頭の色が普通オレンジなのが白色との事。(このせいで視力が上がらないとか、病気だとかは言われた事はない。生まれつきかどうかは聞かなかったです。)立体視の検査があり、答えられなかったとの事。気球を直視する機械は今だに苦手で、目が動いてしまう為、いつも気球をずっと見てと何回か言われやっとデータが取れる。

以上をふまえてなのですが

①視神経の乳頭の色が白いのと矯正視力が上がらないのは関係あるのでしょうか?乳頭の色が白いのは病気とは違うのでしょうか? また例えば大学病院などに転院させてもらってもっと詳しく調べてもらった方がいいのでしょうか?(今は総合病院で3ケ月に1回の定期健診です。毎回瞳孔を開いて検査しています。)

②発達が遅い子は視力の発達も遅いとかあるのでしょうか?

③遠視が+2.0なのに何で矯正視力が上がらないんだろうと言われます。遠視が+2.0位で弱視は珍しいのでしょうか?

眼鏡をかけ始めた年齢が遅いので(6歳)、もしかしたら矯正視力が上がらないという事もあると思うのですがこちらのQ&Aを見つけ不安な点を質問させて頂きました。


両眼+2.0程度の遠視では弱視は起こりません。乳頭の色も考慮すると、現在の状態は視神経萎縮だろうと思います。

視神経萎縮であるとすれば、様々な原因が考えられます。手術すれば軽快するものかもしれないし、放置すれば命にかかわる物かもしれません。あるいは遺伝性で対処の方法が無いものかもしれません。とにかく調べないと分からないのです。大学病院等の小児眼科・神経眼科の専門外来のあるところへ紹介してもらってください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-01-27 12:21 | 視神経

下垂体手術後の視覚異常


「下垂体卒中」で「下垂体腫瘍の摘出手術」を受けました。 出血してから視野障害が出てたのですが(左目の視野に黒い部分があってそこだけが見えない)脳外科の主治医の話では腫瘍を摘出したら視神経の圧迫も軽減され治る。。。という事でした。しかし手術後、視野障害が治るどころか酷くなってしまい、見え方としてはカラーの砂嵐(チカチカした幕がかかっている)と、中心が黒く見えない(鏡を見ると自分の顔が見えない)それと最近では蛍光灯や白い色が眩しくて眼を開けているのが辛い状態になってます。

今のところ、脳外科で内服を処方され服用しています。眼科にも手術前から(同じ総合病院内で)かかっていましたが、「これは脳外科の方なので眼科で治療するような事はない」と言われました。なので眼科の先生に相談のメールを送って良いのか悩みましたが、すがる思いでメールさせて頂きます。


脳下垂体という脳の中心部にある組織にできる下垂体腺腫という腫瘍が大きくなって、下垂体の上にある視神経交叉を圧迫することで視野障害を起こします。右目の右の外側、左目の左の外側が見えにくくなり、両耳側半盲と言う状態になります。視覚障害以外に症状のない場合、眼科の検査をすることで凡その診断をつけることが出来ますが、眼科の役目はそこまでです。

下垂体卒中というのは下垂体腺腫の中で腫瘍内出血が起こり、視神経交叉をさらに圧迫しますが、命に関わる事ですので、もう眼科の出番ではありません。手術が必要な場合もあれば、内服が必要な事もあります。病状によっては視覚異常が残るのもやむなしという場合もあるでしょう。「腫瘍を摘出したら視神経の圧迫も軽減され治る」というのはあくまで一般論でしょう。どうか脳外科の先生と相談しながら治療に専念してください。

物が見えるというのは目だけの働きでは有りません。目からの情報を脳で認識しなければ見えません。「カラーの砂嵐(チカチカした幕がかかっている)と、中心が黒く見えない(鏡を見ると自分の顔が見えない)」というのは明らかに、目の異常による症状ではありません。ということは、脳の何らかの異状によって引き起こされる症状と考えられます。こういうことについては、眼科より脳外科の先生の方が知識も経験もずっと豊富です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-04-11 18:21 | 視神経

激昂は視神経炎の原因か


(急性)視神経炎は、はっきりとした原因は判ってないと聞く事が多いですが、一部、激昂も原因の一つにあげられてた事を聞いた事があります。また、自分も視神経炎になる前の事を思い起こすと、はじめて頭に血が昇るといった激昂を経験した事がありました。

これが原因と言う可能性も充分あり得るのでしょうか? ちなみに私は片眼のみが視神経炎です。


「これが原因と言う可能性も充分あり得るのでしょうか?」という質問の答えは「いいえ」です。

一般的に、一つの病気の原因が一つだけということは稀でしょう。いろいろな原因・要因が複合的に作用して発病します。視神経炎の場合、激昂もその要因の一つと考えて良いかもしれませんが、「これが原因だ」と言い切れるものではありません。感情の高ぶりによって分泌される何かのホルモンが、病気の起こりやすい状態を作り出したのかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-09-30 00:17 | 視神経

原因不明の視神経炎


友達の右目が原因不明の視神経炎になり、ステロイドを投与しましたが良くならず、ステロイドの副作用なのか糖尿病も発病しました。数週間後には左目も視力が低下して現在は針治療してるようなのですが、手術して治すことはできないのでしょうか?また、ビタミン剤を摂るといいと何かで読みましたが効果は期待できるのでしょうか?


視神経炎に対しては、ステロイドの点滴(パルス療法)ぐらいしか効果のある方法は考えられません。手術で治せる病気であるとすれば、原因不明(特発性)と診断は受けていないはずです。ビタミン剤なども補助的に使われます。自然回復する可能性も十分あると思いますので、眼科医と相談しながら気長にやっていくしかないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-08-22 14:09 | 視神経

下垂体線腫術後の視野異常?


5年前に視野がかけて下垂体線腫とわかり手術をしました。全部とれて全快し、その後目をつぶったらゼブラ模様のような白黒の薄い模様が時々見えたりしましたが1年ごとにMRIの検査をして異常なしでした。今年になってうす暗いところだと目をつぶらなくても見えるようになり、暗いところではみえずらくなって気にしていたところ、今年の市の検診で眼底検査の結果、目の再検となり眼科を受診し「再検の項目数字は緑内症の疑いです。」ということで前の病気の事も話して検査したところ、(眼科も一年に一回視野検査をしていましたが、その眼科が医師不足で閉鎖されました。去年までの視野検査は異常なしでした。)先生の診察・視力検査・眼圧検査・薬を使わない眼底写真・緑内症用の視野検査等検査したところ、視野検査で右目が境界線、左目が視野障害が出たのですが、矯正すれば見えてるし一度の検査では分からないから半年後にまた視野検査をしましょうと言うことでした。今年のMRIは先日受けて結果はまだなのですが、もし脳の方で異常がなければ眼科だと思うのですが、どの分野の専門の先生に診ていただけばよいでしょうか?


前後関係がよく判らないのですが、一番最近かかった眼科は、閉鎖されたわけではないのですよね。
そこで診てもらえば良いんじゃないでしょうか。それ以上の必要性があるなら、その眼科で紹介してくれますよ。自分で探す必要は無いと思います。

どうしても専門に拘るのなら、緑内障とか神経眼科でしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-11-12 18:18 | 視神経

球後視神経炎<多発性硬化症(経過)


ブログでのお返事ありがとうございました。

・・・・・中略・・・・・

先生にアドバイスを頂き早期に受診し 早期治療開始することが出来ました。
これからも異常を感じたらすぐに眼科へ行くように致します。ありがとうございました。


球後視神経炎の再燃でなくて良かったですね。
どうそ、お大事になさってください。

(掲載しようかどうか迷ったのですが、患者様の生の声が聞け、眼科に行こうかどうか迷っている人にとって、より説得力があると判断しましたので、抜粋掲載させていただきました。ご了承ください。)
by kounoganka | 2007-03-02 10:40 | 視神経

球後視神経炎<多発性硬化症


 昨年9月 出張先の駅にて階段を踏み外したことがきっかけとなり左目の視力が衰えていることに気付く。7月頃より左目に白いモヤがかかったようで見えにくかったが疲れ目と放置していた。
 数日後近所の眼科を受診。瞳孔を開いて眼底検査及び視野検査を行う。医師からは「緑内障の可能性がありますが、まだはっきりとわからないので3ヵ月後にもう一度来て下さい。心配だったら1ヶ月でもいいです」と頼りない診断をされた。別の眼科に行き上記2検査及びMRI検査をした所緑内障の所見ではなく神経の異常の可能性が高いと大学病院の神経内科を紹介された。
 神経内科では多発性硬化症の疑いがあると検査をされたが特定には至らず。ただ視神経には明らかに炎症があるとのことで眼科へ紹介され入院。ステロイド点滴・内服治療を開始。この時点で視野欠損1/4裸眼視力0.01でした。病名は球後視神経炎。
 ステロイド治療を2クール行い退院。矯正視力0.4、中心暗点も消えるまでに回復し現在通院中です。最近まで調子が良かったのですが、ここ数日間また白いモヤが発生しており不安です。

1.最近になって眼底写真から網膜に漏れがあると指摘をされました。実際に物が曲がって見えています。自然に治癒しますとは言われていますが、本当に治癒するのでしょうか?
2.また白いモヤが見えてきたので不安です。視神経炎は再発するのでしょうか?
3.多発性硬化症については放置しておいて良いのでしょうか?


球後視神経炎は、多発性硬化症の初期病変として起こることがあります。球後視神経炎の治療中に多発性硬化症が見つかる事があるのです。もちろん再発する病気です。その都度できるだけ早く治療を開始しないと、視機能障害が残りますので、明日にでも大学病院に行って下さい。

1は中心性網脈絡膜症と思いますが、治療中の病気に比べて取るに足らないものです。自然に治癒するものもあります。

3は、球後視神経炎を治療しているわけですので、決して放置していることにはなりませんよ。球後視神経炎以外の部分も経過観察は必要と思いますが、その辺は眼科で相談してみてください。
by kounoganka | 2007-02-28 10:21 | 視神経

視神経の再生


現在の医学で、視神経の再生はできないのでしょうか?
私がネットで検索する限り、期待する答えは見つかりませんでした。
国内外問わず、また、将来性も踏まえ、ご回答いただければと思います。


現在の医学で、視神経の再生はできませんが、将来的には必ず可能になると思います。
それがいったい、いつになるのか。
早くその日が来ることを、心から願っています。
by kounoganka | 2007-01-27 09:46 | 視神経