excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:視力・斜視( 123 )

コンタクトの上からメガネ


以前にもこどもの-5の最強度乱視で相談させていただいた者です。

またお聞きしたいことがあるのですが、コンタクトで乱視を最大限可能な限り矯正して、学校の体育や休み時間をコンタクトで過ごし、さらにもっとよく見えなければいけない授業中などにコンタクトの上からメガネをかけるなどということも可能なのでしょうか。

もちろん、コンタクトは自分で管理できる年齢になってからということと、コンタクトで最大限に矯正して本人が日常生活を困らないとすることは前提であると承知しております。


可能です。でも、小学校4年生または卒業までは常時眼鏡です。コンタクトは中学以上です。ところが、中学以上なら弱視になる心配がなくなりますので、常時眼鏡ではなくなり、裸眼で不便が無ければ必要時眼鏡のみ、または常時コンタクトになると思います。併用は不要です。

もしかして、よく見えるメガネ・コンタクトを使用したら目に悪いとでも思っていませんか。そんなことはありませんよ。適切な度数より強い度数の眼鏡を使うと疲れたりしますが、まともな眼科はそんな処方はしません。見え方と装用感のバランスを確認しながら度数を決定します。「適切な度数より強い度数」というのは、オートレフで測定された通り、或いは「完全矯正度数」のことです。ただし、10歳ぐらいまでの治療期間中は、あえてそのような度数を処方することはあります。

コンタクトとメガネの併用は可能ですが、この場合は意味がありません。屈折の左右差が大きい場合に、それをそろえるためにコンタクトを片目に使用し、その上から両眼同程度の度数の眼鏡で矯正することはあります。また、中年以上の場合に、遠くに合わせたコンタクトの上から老眼鏡を使ったり、近くが見えるコンタクトの上から遠用メガネを掛けたりしますが、あくまで老眼の場合です。お考えの方法も、中年になってからの方法で、子供のうちから考える必要はありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-03-16 13:42 | 視力・斜視

裸眼視力の低下


子どもが結膜炎で眼科受診したのですが視力が1.0と1.2でした。去年測定したときは両目2.0でした。(どちらも途中まででなく見えるところまで測定してもらいました)

お医者様に確認したところ、2.0は見え過ぎであり、きちんと見えているので大丈夫と言われました。とは言え私が近眼なんで子どももこのまま視力が下がらないか心配です。大丈夫でしょうか?

また最近の子どもの視力回復はどのような方法があるのですか?


眼科で「視力」といえば矯正視力のことですが、ご質問には何とも書かれていませんので、裸眼しか測定しない、矯正を省いた不十分な検査と判断し、裸眼視力と考えて回答します。

2.0が1.0に低下しているなら、単純に近視が原因ではないかと捉えがちですが、必ずしもそうとは限りません。結膜炎がきつくて角膜に傷ができて、視界が霞んでいるのかもしれません。結膜炎がきつくて、瞼の裏のぶつぶつが角膜を圧迫して屈折状態が変わったのかもしれません。裸眼視力だけでは判断できないのです。

2.0は見えすぎではありません。2.0見えるのが理想です。ただし、近視の眼鏡を少し強めに処方した場合も2.0見えたりしますが、もともと近視の眼に対する処方ですので、少し緩めに処方するのが通例です。それより、同じ条件で測定し2.0見えていた目が1.0しか見えなくなったのであれば、「きちんと見えている」はずが無いと思いませんか。「それなりに見えている」が正しいと思います。しかし、もしかしたらただ単に、本人が視力検査に飽きて、返事がいい加減になってしまっただけかもしれません。

「大丈夫でしょうか?」という質問は実はものすごく難しいのです。視力低下の原因がわかりませんので、さらに低下するかどうかは当方には分かりません。近視であったとしたら進行すればメガネを掛けさえすればよく見えますので「大丈夫」です。近視が進むという事は、視力(矯正視力)が下がることではありませんので「大丈夫」です。つまり、眼科で言われた「大丈夫」は「近視はまだ眼鏡が必要なほどの強さではなく、それ以外の視力に影響する病気も無いので大丈夫」という意味ではないかと思うのです。

「視力回復」というのが「近視を治す」という意味なら、点眼で治る仮性近視以外は「そんな方法は存在しない」と言うのが正しいでしょう。「視力回復」というのが「近視は軽減しないが裸眼視力を回復」という意味なら、心因性視力障害や視力に係る病気は眼科で対処しますが、巷では胡散臭い業者や書籍など、或いはウェブサイトなどに、ウソ情報があふれています。中には眼科医がかかわっているものもあったりして、素人には嘘かどうか判別困難なものもあります。ご注意ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-21 17:51 | 視力・斜視

視力の回復?


最寄りにいい眼科がないので、いつも拝見させて頂いております。視力が、0.6なのですが、視力を1.0に回復させるのは、可能でしょうか??

可能な場合、
1.市販の視力回復マッサージ法の本やサプリメントは、有効でしょうか??
2.上記以外で、方法や生活習慣などがあれば、ご教授頂けますと幸いです。
宜しくお願いします


漠然としたご質問ですね。

視力には3つの物があります。裸眼視力と、最高の視力の出るレンズで矯正した矯正視力。そして、普段かけることが出来る眼鏡視力(実用視力)があります。眼科でいう視力とは矯正視力のことですが、一般的に言われる視力は裸眼視力のことだろうと思います。

一番多いパターン、近視によって裸眼視力が0.6しか出ない場合を想定してお答えします。

裸眼視力を1.0にする事は可能かもしれません。裸眼視力0.6といっても、屈折度数は-0.5Dかもしれませんし-2.0Dかもしれません。「裸眼視力が同じなら屈折度数も同じ」とは言えないのです。-0.5Dなら気合(!)で裸眼視力は出るかもしれません。サプリや遠くを見続けるなどの習慣で少しは良くなるかもしれません。

近視を治すことが出来るかという事でしたら、本当の近視なら基本的に無理です。近視等の屈折は、眼球の形で決まります。近視の場合は眼球の奥行きが長いのです。それを縮めることが出来れば近視を治せるのですが、無茶な話です。眼鏡かコンタクトか屈折度数を変える手術ということになります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-31 15:12 | 視力・斜視

完全矯正は必ずしも必要でない


3歳児の-5の乱視について相談させていただいているものです。

前回の回答に、メガネだと中途半端に歪みが残るとありましたが、どの程度のものなのでしょうか。例えば、黒板の字や小説の文字などを読むことも困難となる可能性もあるのでしょうか。

また、メガネでの完全矯正が難しい場合、他にはどのような方法があるのでしょうか。将来的にもコンタクトはこの乱視の度数では難しいのですよね?


もう、お子さんは危機を脱したのですから、無闇に心配しないように。前回の回答をよく読んでください。「網膜に映る像の縦横の伸び縮み」という意味での回答の「中途半端」です。「本人が感じる歪み」という意味ではありません。

光学的な話なのです。-5ジオプターの乱視には-5ジオプターの乱視のレンズを使わなければ完全矯正にはなりません。ところがそれをやると、今まで乱視があるのが普通だった目にとっては、逆の乱視が加わったように感じるのです。ですから、眼鏡は緩く処方します。

普通、小さいお子さんには完全矯正に近い度数を入れます。乱視で過ごした時間が短いですので矯正状態に慣れやすいからです。逆に年長の子に初めて処方する場合は、緩くせざるを得ません。その分、最終的な視力に少しは差が出るのです。2.0出るはずの眼なのに1.2とか1.5までしか出ないという事です。これでは不十分でしょうか。

以前の回答に「半分ぐらいの矯正度数のメガネで1.2の視力が出ておりました」とあるように、半分の矯正でも視力は出るようになるのです。もちろん半分の度数のコンタクトでも然りです。ちなみに、この方は5歳から乱視のメガネをかけていたそうです。

ところで、乱視というのは決して特殊なものではありません。10人に9人、いや、30人に29人ぐらいが乱視持ちです。大多数の方は少しの乱視を持ったまま、それを矯正せずに視力1.5ぐらいで普通に生活しています。ですから、5ジオプターの乱視に4ジオプターの眼鏡をかけて1ジオプターの乱視が残っていても、全く気にする必要もないのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-08 16:09 | 視力・斜視

「外側に寄る」とは


はじめまして。相談なんですが、モノを見てると眼球が外側に寄ります。

人から、どこ見てるのか、ちらちら見てくるなと言われます。大きい病院で診てもらっても、異常がないと言われました。 何が考えられますか?


「外側に寄る」という事は、左右の眼球が離れるという事ですよね。外斜位または間歇性外斜視が考えられます。病院で症状が出なかったのなら間歇性外斜視でしょうか。「どこ見てるのか」と言われるのなら、きっとこれでしょう。但し、小さい鏡で自分の眼を観察すると、異常がなくてもそういう風に見える場合があります。

「外側に寄る」というのが、単に、見ようとしているもの以外を両眼で見てしまうという意味でしょうか。それなら、「集中力がない」とか「見つめているもの以外が気になる」というような、精神的な問題でしょう。「ちらちら見てくるな」と言われるのなら、これだと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-05 14:17 | 視力・斜視

本当に心因性視力障害かどうか


高校生のとき心因性視力障害ではないかといわれていたのですが、特に治療はできずに○○歳になってしまいました。

こちらのQ&Aのブログでも、とくに治療が必要なものではないとかかれていますが、治療方法はないものなのでしょうか?眼鏡をしようしても0.5から0.6しかなく、免許をとることもできず不便です。

眼科ではなく心療内科とかへ相談した方がいいのでしょうか?とくに目の病気は見つかってませんが、ますます見えづらくなってきています。


それが本当に心因性視力障害かどうか、改めて、別の眼科で診てもらうのが良いでしょう。本人が心因性視力障害ではないかと自覚して矯正視力を測定しても0.6しか出ないとなると、何か別の病気が隠されている心配もあります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-02 09:09 | 視力・斜視

乱視と近視の裸眼視力は比較できません


三歳児の-5の乱視と中度の遠視について、以前にも相談した者です。現在、裸眼視力は0.2です。弱視治療用の眼鏡で矯正しています。

①矯正視力が上がっても、裸眼視力が上がることはないですか?

②同じ年の子たちは通常1.0程度あると聞きました。それでも、大人になるにつれて視力が下がっていく子もいますよね。スタートが、普通の子は1.0で、我が子は乱視で0.2ですと、やはり1.0あった子よりも視力は低くなる可能性が高いのでしょうか?

③3週間、眼鏡をかけて視力検査を行ったところ、矯正視力が0.7でした。-5の極度乱視でも矯正視力が0.7になっているということは歪みなどももう改善されているのでしょうか。それともまだ多少はぼやけているのでしょうか。

よろしくお願いします。


1.裸眼視力を上げるための治療ではないのですが、少しは上がるかもしれません。

2.乱視の裸眼視力と、その他の裸眼視力を比較しても仕方がないのです。比較できないのです。大人になるにつれ裸眼視力が下がっていくというのは、近視の場合は普通のことですが、ピントの合う距離が近くなるだけですので、乱視ですべての距離でピントが合わないのとは異質のものなのです。

3.ご質問の意味が分かりません。「歪み」というのが「網膜に映る像の縦横の伸び縮み」なら、裸眼では歪んでいますが、完全矯正すれば歪みは無くなります。眼鏡の場合は中途半端に残ります。「本人が感じる歪み」という意味なら、今はまだ「眼鏡をかけた方が歪んでいる」と感じているかもしれません。今まで3年間、歪んだ状態を普通だと認識していたわけですから。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-02 09:06 | 視力・斜視

プリズム


以前、複視で運転困難との相談をした者です。先生のアドバイスを基に再度眼科受診、内斜位の診断→右眼プリズム△4処方 に落ち着き、新しい遠用眼鏡ができて来ました。

これが合っているようで、複視は解消したのですが、室内及び仕事用に使い分けている近用眼鏡は従来のものなので、プリズムレンズの遠用と通常の近用を日に何度も掛け替えることになり、その都度慣れるまでかなりの違和感があります。しばらくすれば収まるのですが。

元々近い物をみる場合は複視を感じていないので、自覚的に考えれば近用はプリズム不要なのですが、結果的にプリズム有と無の眼鏡を併用してその都度強い違和感があるということは、眼に負担がかかるとか、良くないことなんでしょうか。このような眼鏡の使い方に問題はありますか。素直に近用もプリズムレンズにすべきでしょうか。先生の見解をお伺いします。


どのような眼鏡をかけても、目に悪影響はありません。見えにくいとか、疲れるとか、ふらつくとか、違和感があるとか、頭が痛くなるとかの症状が出ても、それで病気が起こるわけではありません。

現在のメガネでも構いませんし、近用をプリズム入りにしても構いません。そうすることによって違和感が無くなるかどうかは、試してみなければ解りません。その上で快適な方を選べばよいと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-10-12 16:28 | 視力・斜視

強度乱視でも視力は出ます


先日、3歳のこどもの-5の重度乱視について相談させていただいた者です。早速メガネを作り、かけさせています。

メガネをかけて矯正していけば、いずれは視力もでて、文字なども二重などにならずに見えるようになるのでしょうか。

これほどの強い乱視だと、メガネで矯正し、メガネをかけていても黒板も見えずらく、教科書の文字も読みずらいという人の話を聞いたのですが、子供もそうなる可能性もあるのでしょうか。


眼鏡をかける目的は、普通に見えるようにすることです。ちゃんとやれば確実に矯正視力は上がりますし、二重に見えることも無くなるはずです。

眼鏡をかけても見えにくい人はいるでしょう。みんな条件が違いますので比較にはなりませんよ。同じデータの目に同じ時期から同じ治療をしても、同じ結果になるとは限りません。また、同じ目でも治療開始が遅いと結果は悪いです。他人の話を聞いて一喜一憂するのはやめましょう。

と言いながら、こういうことが最近ありました。コンタクトを作りに来た人ですが、片目の乱視が4ジオプター、もう一方がなんと6ジオプターもありました。両眼とも、半分ぐらいの矯正度数のメガネで1.2の視力が出ておりました。もちろん車も運転されます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-10-11 17:24 | 視力・斜視

5ジオプターの乱視の強さ


先日、こどもの強い乱視のことで相談させていただいた者です。早速、矯正眼鏡を注文してきました。

両眼に-5の乱視と右2.0と左2.75の遠視があるのですが、-5の乱視というのは重度のものなのでしょうか。普段生活していて、字も読めるし、絵も描いたりするのですが、この数値は高ければ高い程、見え方にも比例しますか?数値が高いだけで、歪みなど見え方には重度というほどそんなに不便していなければいいなと思っているのですが…。

-5の乱視ですと、子供はどのような見え方をしているのか知りたいです。視力は0.2なので、もちろん眼鏡での矯正は必須ということは承知しております。

また、眼鏡の処方箋に
S右+2.75D 左+4.00
C右-4.50D 左-5.00
A右10度 左180度
とありました。眼鏡合わせのときに、担当の方は最初にいれたレンズを子供にかけさせ、視力検査をし、入れ替えることなく、それで終了したのですが、本当に大丈夫なのか不安です。Sの数値の左右差や、Aの10度と180度は何を示しているのでしょうか。

最後に、主に車に乗った時や外で遊ぶ際にとてもまぶしがるのですが、これは乱視の影響でしょうか?それとも他の病気の可能性もあるのでしょうか?


5ジオプターの乱視はもちろん重度です。当方の視力検査用のテストレンズは、近視遠視のレンズは20ジオプターまでありますが、乱視は6ジオプターまでしかありません。それ以上の乱視が普通は存在しないからなのです。

乱視の見え方は、その逆の度数のレンズを掛けてもらえれば再現できるのですが、ご家庭では不可能です。簡易的な方法としては、出来上がった眼鏡を普通にかけるのとは90度回転させて覗いてみてください。そのまま掛けても、縦横の伸びは逆になりますが、乱視の目の見え難さは体験できると思います。細かいものは決して見えず、すべてのものにピントが合いません。

今回のメガネは普通の矯正用ではなく、弱視の治療用ですので、装用感よりも正しくピントを合わせることが目的なのです。本人がすごく嫌がる度数でなければ大丈夫なのです。Aは乱視の軸の角度で、両眼ともほぼ水平で、正乱視といえます。遠視の左右差はこの程度は普通です。普通の軽度の遠視の目を、上下に押して平べったくした状態だと考えてください。

裸眼視力0.2だから眼鏡が必要なのではなく、矯正視力が悪いから必要なのです。このまま矯正視力が伸びなければ、普通学級で授業についていけないかもしれませんし、車の運転免許も取得できません。それを出来るようにするのが眼鏡の目的です。近視で裸眼視力が0.2というのとは、対処方法が全く違います。

まぶしがることについては眼科で聞いてください。乱視のせいかもしれませんし、結膜炎やドライアイかもしれません。水晶体や網膜の病気でも起こることはあります。

今まで、お子さんは見えにくそうにはしていないでしょう。それは、乱視のない世界を見たことがないからなのです。脳がぼんやりした世界に慣れてしまっているからなのです。眼鏡をかけ始めると逆に見えにくいと訴えるかもしれません。心を鬼にして続けてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-09-28 11:25 | 視力・斜視