excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:角膜・結膜( 75 )

角膜潰瘍


昨夜コンタクトを外すと目がゴロゴロ痛く、見ると黒目に白い点がありました。

今日眼科に行き、トスフロ点眼液0.3% 、D・E・X0.1%という目薬と、ネオ・メドロールEE軟膏という軟膏を貰いました。しばらくコンタクトはお休みで、一週間後に様子を見せに来てほしいと言われました。

それは良いのですが白い斑点が残ると言われました。とてもショックです。こういうことにならないように人一倍にコンタクトの扱いには気をつけ、ドライアイの目薬も点し、帰宅するとすぐ外していました。それなのになぜこういうことになるのでしょうか?

周りの人は朝から夜中まで目薬なしでずっと付けています。とても理不尽な気分です。白い点が消えてほしいです。


角膜潰瘍ですね。白い濁りが残ることが多いですが、中央以外であれば、視力にも影響しませんし、あまり気にしない方が良いと思います。早い段階で治療開始していますので、自分で鏡で見てもわからない程度まで薄くなると思いますよ。

注意して扱っているようでも、何か問題があるのかもしれません。レンズを触るとき手は石鹸を使ってブラシで洗ってますか。容器は毎日スポンジに中性洗剤を付けてガラスのコップと同様に洗っていますか。容器は時々食器乾燥機などで熱を加えていますか。

理不尽ですか。世の中は理不尽で満ち溢れていると思いますよ。どんなに幸せそうに見える人でも、一つや二つの「理不尽と感じていること」を抱えているんじゃないでしょうか。

追加;角膜の内部の白い変色ですので、皮下出血のように重力で下がるような事はありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-09-04 11:29 | 角膜・結膜

二者択一


前回もご丁寧にありがとうございました。とても感謝しております。何度もすみません。またよろしくお願いいたします。

本日受診しましたら、上皮の傷はだいぶ綺麗で、内側もだいぶ抑えらるはてきていると言われました。

フルメトロンをあと二週間続けて、大丈夫そうであればその後、点眼を停止し、数日後様子を見て大丈夫であれば治療を終えましょう。と言われました。

私の都合で、二週間後に受診ができない為、一週間後でどうでしょうかと相談しましたら、それでしたら今日から一週間薬をやめましょう。と、急に変更されたのです。

患者側としては、最初に、二週間点眼を続けた後に、と言われていたので、本日から薬を止めるに急に変わると、期間もだいぶ違いますので、大丈夫なのかと思ってしまいました。病変もまだ少し残っているそうなのですが、それでもやめて大丈夫なのでしょうか?二週間点眼するのと今止めるのとあまり変わらないという事でしょうか?

また、前回ヘルペスになっておらず何の異常もない右目のみ、コンタクトをしてもいいと言われてつけていました。ですが、本日そのことを告げると、異常ない右目もしないで下さいと言われ、混乱しました。どちらなのでしょうか。

詳しく聞こうとすると不機嫌になられて、あまり聞けずに終わり不安になりました。長々とすみません。よろしくお願いいたします。


順調に回復しているようですので治療方法に問題は無いと思います。

1週間単位で考えてみると、はじめの予定では、2週間後にフルメトロンを中止して、その1週間後に悪化が無ければ治癒にする予定だったと思われます。あと3週間で終りです。

2週間後の受診が不可能ならば、3週間後までフルメトロンを継続して4週間後に治癒判定する、又は、即フルメトロンを中止して1週間後に治癒判定するかの二者択一になります。(2週間後の受診が無理ですので、あと1週間点眼という選択肢はありません)前者の治癒確率が98%、後者の治癒確率が96%たとすると、どちらを選択しますか?ゆっくり4週間かけて確実に治したいですか。それとも1週間で早く治して早く解放されたいですか。その時の診療の流れで、主治医は善かれと思って後者を選んだのでしょう。前者という選択肢もあったと思いますが、その場で言わなければ患者側の希望は伝わりませんよ。

コンタクトについては判りませんが、もちろん何か理由はあるのでしょう、たぶん。「詳しく聞こうとすると不機嫌に」なるようなら受診は今回きりで別の眼科に変更しては如何ですか。当方ではなく、実際にその目を診察した信頼できる眼科医に指示を仰いでくださいね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-05-13 15:36 | 角膜・結膜

診察の間隔


角膜ヘルペスとフルメトロンについて、ご相談させていただきました者です。ご多忙の中、ご丁寧にご返答くださり、ありがとうございました。ステロイドのお薬という事と、フルメトロンはヘルペスには危険という情報を見てしまっていた為、不安な気持ちがありました。担当医からの説明で十分であり、フルメトロンのですが処方も問題ないとの事がわかりまして、安心いたしました。

そこで、もう一つ教えていただきたいのです。次の診察まで二週間と言われましたが、長くはないのでしょうか?

まだ少し痛みを感じますし、新しく処方されたおくすりなので、途中の様子をもう少し頻繁に診ていただきながら進めて行けたら安心と感じてしまうのですが、その必要はないのでしょうか?

また、奥に病変がある、という事は、実質型のヘルペス角膜炎ということですか?完治まではかなりかかるのでしょうか?よろしくお願いいたします。


病名と診察の間隔は無関係です。主治医が2週間と判断したので2週間なのです。それが長いか短いかは、診ていない当方にはわかりません。その間に異常を感じた場合は再診すべきですし、不安な場合は再診しても構いません。「心配なので早めに来ました」で済むことです。決して「2週間は来るな」という意味ではありませんので、遠慮する必要はありません。

おそらく実質型ヘルペスでしょう。治ったと思っても再発することがありますので、かなりかかると思ってください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-05-02 12:15 | 角膜・結膜

角膜ヘルペスにフルメトロン


2週間前に角膜ヘルペスと診断され、アシクロビル眼軟膏と、ヒアレイン、クラビットを処方されました。

本日の診断で、表面は良くなってきているが、奥にまだ病変があるので薬を変え、フルメトロン0.1パーセントを1日4回、、ヒアレイン一日6回点眼するように言われました。

次は二週間後なのですが、フルメトロンを角膜ヘルペスに使用すると悪化する場合があるとの事を目にしたことがある為、また、医師から詳しく説明がなかったこともあり、使用するのが不安なのです。大丈夫なのでしょうか?よくある処方でしょうか?

お忙しいところすみません。よろしくお願いいたします。


はい、確かに、ここ数カ月で一番忙しいです。内容が内容ですので放置するわけにもいきませんので、本来の仕事や何通もの質問メールを後回しにしてお答えします。

「表面は良くなってきているが、奥にまだ病変があるので薬を変え、フルメトロン0.1パーセントを1日4回、、ヒアレイン一日6回点眼するように言われました」という部分には何も問題はありません。薬を変更する根拠までちゃんと説明できていると思います。根拠を説明しない医師が多い中、これだけ説明したら問題なしです。「角膜ヘルペスの上皮病変があるうちにはステロイドは使えませんが、それが良くなったので角膜実質病変に対してフルメトロンを開始します」とまで説明する眼科医は滅多にいないでしょう。指示通り点眼してください。

同じ病名でも病状・病期によって治療方法が変わることはよくあることなのです。さらに、「フルメトロンを角膜ヘルペスに使用すると悪化する場合がある」というような解説や記事が説明不足なのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-04-27 12:37 | 角膜・結膜

老人環


20歳位の時ですが、角膜の上部が白いのに気が付きました。その後、さらに水晶体近くまで白く(銀色っぽい)なった部分が下がってきました。瞳は、光った感じで見えるし、人目が気になってしかたありません。まともに人と話す事も避けてしまうほどです。アドバイス宜しくお願いします。写真を送ります。


写真は非公開ですが、老人環ですね。少し大きめですが病的なものではありません。視力に影響することも有りません。どうしても気になるようでしたらカラコンを使用するしかないと思いますが、カラコン自体お勧めはしません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-03-27 08:46 | 角膜・結膜

片目の繰り返す結膜下出血


年に2回くらい結膜下出血になるのですが、毎回右目になります。左目はなったことがないような気がします。疲れたときによく起きる気がします。これくらいの回数だと頻繁に起こっていることになるのでしょうか?

健康診断は毎年受診しており、特に糖尿や高血圧もろもろの疾患を指摘されたことは無いのですが。結膜下出血が頻繁に起こる場合は眼底出血が発生することもあると今日、記事で読んで心配になりました。

結膜下出血で以前、眼科に行ったときは診察後、2週間くらいで治りますと言われただけでした。実際にそれくらいで治ったのですが。また眼底出血した場合は明らかに分かる症状が出るのでしょうか?心配しすぎなのかもしれませんが、回答よろしくお願いします。


頻繁とまでは言えないでしょう。結膜下出血の一番よくある原因は、目を擦ることです。擦り方によって結膜の下の血管が切れます。アレルギー性結膜炎がある場合はよくあることです。繰り返し起こったとしてもそれで眼底出血が起こったりしません。眼科受診したときにアレルギー性結膜炎の指摘は無かったですか。目を擦ってしまう事は無いですか。

同じ目に起こるのは、血管に切れやすい部分が出来ているのでしょう。この場合、僅かな刺激で切れたりします。疲れても切れませんが、目が疲れてマッサージのつもりで瞼の上から軽く押すだけで切れる場合もあります。

糖尿病や高血圧、血液の病気等では、眼底出血も結膜下出血も皮下出血も脳内出血も多くなりますので、関連が無いとは言い切れません。100%間違いなく全く目を触らないのに、最初の結膜下出血が起こったとしたら、全身疾患を疑うべきでしょう。また、眼底出血も原因や部位によって病態は様々ですので、ごく初期から自覚症状の出るものもあれば、相当進行しないとわからないものもあります。眼底出血の8割(?)ぐらいは最初の自覚症状無しです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-27 09:27 | 角膜・結膜

角膜ヘルペス?


右眼の下まぶたにものもらいを発症しました。眼科で抗菌点眼薬をもらい、一週間程度で治りました。現在、全く症状はありません。

ちょうど同じ時期、母の左眼の目尻に水泡ができました。指で触って比べても明らかに痛そうで、眼科に行くと角膜ヘルペスと診断されたそうです。今は全快しています。

後になって、単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、患部同士を指で触りあって比べるなどもってのほかと知り、痛く後悔しています。あれから二ヶ月、私には何の異常もありません。私に症状が出ないということは、感染しなかった、もしくは既に抗体があるということですよね。そこで質問です。

既に子供の頃感染していて、私に抗体があったとします。ヘルペスウイルスは三叉神経節に潜伏感染すると聞きます。今回の一件で、母のヘルペスウイルスが私のものもらい患部に付着したとして、それは同じように三叉神経節に行くのか、別の新たな場所(角膜?)に住み着くのか、どうなるのでしょうか?

将来、私も角膜ヘルペスを発症する可能性はどのくらいありますか?検索した結果、単純ヘルペスに感染している人のうち、角膜ヘルペスを発症する人の割合は0.05パーセントという記事を見ました。患部を触った指で自分の炎症部分を触ったことにより、その可能性はもっと高くなったのでしょうか?

今は良い薬があって失明の心配はないとの話ですが、今後を考えると気になります。わかりやすく教えていただけると幸いです。


まず、目尻に水泡が出来ただけのものが、本当に角膜ヘルペスだったのでしょうか。毎日5回ずつ軟膏を入れ続けていましたか? それが本当だったと仮定すると、たぶん感染は起こっているでしょうね。

感染しても発症するとは限りませんし、抗体があっても感染しないとは限りません。また、感染したウイルスは三叉神経節に行くのでしょうが、それで発症率が上がるかどうかは、そこまでの知識を持ち合わせておりませんのでお答えできません。たとえ0.05%が10倍になったところで0.5%です。僅かな頻度です。

多くの人が持っているウイルスですし、疲労やストレス、免疫力の低下などで、誰が発症してもおかしくない病気です。気を付けていれば、発症したとしても早期治療で完治できます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-22 17:25 | 角膜・結膜

黒目に向かってのびる血管


以前からソフトコンタクトを使用しています。そこで気になるのが角膜新生血管なのですが、両目の白目にいくつもの血管が黒目に向かって伸びているのです。心配性なので、別件でも結構眼科に行ってその都度きちんと目を見て貰っているのですが特に何も言われません。見た目も嫌ですし、失明しないか不安です。治る方法はないでしょうか?


細胞は血管から酸素をもらって呼吸しています。ところが角膜には血管がなく、表面から酸素を取り入れているのです。コンタクトによって角膜が覆われていることで角膜が酸素不足になり、酸素を送ろうとして白目の血管が延びてくるのです。

コンタクトをやめる。または、出来るだけ酸素透過性の高いレンズを、出来るだけ短時間の使用にとどめる。結膜炎やドライアイがあれば治療する。ドライアイがなくても、ソフトサンティアなどの、余計なものの入っていないドライアイ用の点眼を続ける。「充血をとる」という効能の点眼は決して使わない・・・ぐらいでしょうか。

黒目が小さく、つまり、黒目の周辺部が白くなってくることはありますが、そのことで失明したりしません。けれども酸素不足で角膜内皮細胞の減少を起こし、角膜の浮腫、混濁の原因になるかもしれません。眼科で何も言われていないのなら、悪い状態ではないと思いますが、次の診察時に直接質問することをお勧めします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-20 12:31 | 角膜・結膜

ドライアイと生理的飛蚊症


大学一年です。高3の受験期の頃から光がいつもより眩しく感じるようになり、普通の部屋とかでもすごく眩しく目がすごく疲れやすくなりました。で、眼科へ行ったら、目を酷使したりコンタクトの長時間使用による疲れや、小さな傷のせいで光が眩しく感じるようになっているとのことで、コンタクトや携帯の使用をなるべく減らしてみてとのことでした。あとヒアロン酸の目薬をもらいました。しかしそのとき私は受験期真っ只中で、課題文や論文をPCでやらざるを得なく、コンタクトの使用をやめることもできませんでした。

そこから受験も終わり、大学に入り、一年ほど経ちましたが、最近は眩しさに加えてここ1ヶ月くらい飛蚊症が目立つようになりました。今月眼科へ行き、眼底検査をしましたが、この飛蚊症は生理的なものであり網膜に異常はないとのことでした。まだ飛蚊症が酷く、外に出たり、明るいところを見たりすると結構見えることがあって、目を上にすると特に見えます。

家で一日中スマホをいじったり、テレビを見たり、パソコンを見たりっていう生活が続いてて、夜もベッドに入ってから暗い中スマホをずっといじってることも多いです。コンタクトはほとんど毎日着けています。眩しく感じることが多いので眼精疲労が酷いなと思うこともしばしばあるのですが、このような生活が飛蚊症に繋がることはありますか?2週間ちょい前に眼底検査をして異常はなかったのに今急に網膜剥離などの病気になってることはあるのでしょうか?不安でなりません。白内障の可能性もありますか?不安で仕方ないです。。ご回答よろしくお願いします。


ドライアイと生理的飛蚊症ですか。パソコン、スマホなどはドライアイを悪化させることがありますが、飛蚊症とは無関係です。網膜剥離になるかどうかは、眼底検査で「本当に」異常なしなら大丈夫だと思いますよ。白内障は無関係です。瞬きを忘れて画面に集中しすぎないようにしてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-09-20 11:49 | 角膜・結膜

角膜炎で視力低下


1ヵ月ほど前に左目が角膜炎にかかり、黒目が濁る様になりました。その時は曇りガラスの中にいる様でほとんど見えませんでした。

3週間程、通院と目薬をさしていく内に濁りが小さくなり徐々に見える様になりました。ですがそこから濁りの大きさは変わらず視力も低下(1.5から0.1)したままです。

このまま濁りと視力低下は続くのでしょうか?主治医の先生に聞いても「今は何とも言えない」との事で・・。濁りが小さくなり黒目にかからなくなっただけでもマシなのでしょうか?宜しくお願い致します。


何が原因の角膜炎でしょうか。感染性のものでしょうか。細菌ですか。それともヘルペスウイルス。カビやアメーバでしょうか。カラコンが原因ですか。免疫反応などの非感染性のものですか。全く原因不明でしょうか。「角膜炎」といっても列挙しきれないほどの種類があり、この程度の情報ではアドバイスは到底無理なのです。

主治医にどれほどの能力があり、どういう方針で治療をしているのか伺い知ることはできませんが、「今は何とも言えない」と言うだけで、病気についての説明が無いのなら、別の眼科を受診した方が良いかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-03-01 11:25 | 角膜・結膜