excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


点眼は一生続くのか


去年の年末に、眼圧が高いと診断されました。眼底写真も撮り、右目に少しの凹みがあるかも……ということで、「緑内障」との診断がおりました。

それから1年間二種類の点眼薬(チモレートとラタノプロスト)をずっと使って、眼圧も安定しています。眼圧は毎回測っていますが、他の検査はしていません。

質問は、視野検査なしに「緑内障」と診断されることは普通なのでしょうか?という事です。あと、万が一、緑内障ではなく高眼圧症だった場合でも、点眼は一生続くのでしょうか?(1度点眼治療を始めてしまうと、もう止められないと聞いたので)


視野検査なしに「緑内障」と診断することは普通です。というか、状況によって十分有り得ることです。

視神経乳頭陥凹が明らかで、ノッチと呼ばれる「くびれ」があり、その先に網膜神経線維束欠損が明らかに存在する場合は、それだけで可能です。眼底写真1枚で診断がつく場合もあります。但し現在では、OCTによる確認は不可欠です。視野の裏付けが取れればさらに確実ですが、初期の場合、自動視野計では正常判定となる場合も多いです。

一方、診断するだけなら眼圧測定は不要です。眼圧測定は、基準眼圧の設定、目標眼圧の設定、そして重要な点眼の効果判定などのために必要なのです。ですから、できるだけ正確な眼圧計が必要で、医師が自ら測定するゴールドマンアプラネーションか、それに類するもので測定する必要があるのです。空気式のノンコンで「高い」と言われても「高いのかもしれない」としか判断できないのです。(あなたの測定がノンコンで行われたかどうかは知りませんが)

視野検査は自覚検査ですので、異常が出た場合にそれが本当に異常なのかどうかは分かりません。体調などの影響を受け、悪く出る事があります。OCTなどによる他覚検査の結果と矛盾がないことを確かめなければ、診断を下せません。矛盾する場合はその原因を確かめる必要があります。

「点眼治療を始めてしまうと、もう止められない」というような恐ろしいことを言う人もいますね。「続けている点眼をやめると、初めから点眼をしないでおくより悪い結果になる」という風に読み取れるのですが、そんなことは決してありません。いつでもやめられます。やめることで点眼中より眼圧は上昇しますが、点眼前より上昇するわけではありません。当院でも実際に何人もの緑内障点眼を中止していますよ。

高眼圧症というのは、一般的な正常といわれる眼圧より高い眼圧が続き、緑内障性の変化の無い眼を言います。緑内障ではない、つまり、視神経が眼圧の影響を受けていませんので、必ずしも眼圧を下げる必要はないのです。今後影響を受けることが予測できる場合に点眼を使用します。

あなたの場合「右目に少しの凹みがあるかも……」だけで診断されたようですが、その言葉の通りだとすると、当方なら経過観察です。断じて点眼開始にはなりません。ということですので、別の眼科を受診することをお勧めします。もちろん、時間とお金に余裕があり点眼による副作用を厭わないなら、現在の眼科通院を続けるのも「あり」でしょうし、その方がもしかしたら少しは安全かもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-10-19 12:14 | 緑内障

SSOHと手術


1年半前から、SSOHという診断で6ヶ月毎に定期的に検査を受けています。この度、全身麻酔で手術(○○○○)の予定を考えていますが、問題はありませんか。よろしくお願いいたします。


無関係ですので全く問題ありません。どんな麻酔・手術でも大丈夫です。頑張ってください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-10-16 09:02 | 緑内障

ジェネリックは使わない方が良いか


目薬に関しての質問です。

以前、家族の通院している眼科で「目薬に関してはジェネリックのものは使わない方が良い」と言われたのですが、これはすべての目薬において言えることなのでしょうか?成分が同じと聞いたので問題ないような気もするのですが・・・。

私はリボスチンという目薬を使っているのですが、これもジェネリックのものはやめた方が良いのでしょうか?


その眼科医の言葉を解釈すると、その眼科では「全ての目薬」という意味でしょう。

「成分が同じ」じゃないのです。「有効成分が化学的に同じ」という事なのです。有効成分が同じで添加物が違う場合が多いです。「ジェネリックにして点眼時の痛みは無くなったが効果が落ちた」というような事もあるのです。

当院では、普通は変更不可の処方箋を出しますが、先発品で変更不可とは限らず、ジェネリックの銘柄を指定しているものもあります。「ジェネリックのこの製品の方が先発品より明らかに優れている部分がある」というような物も結構あるのです。特に防腐剤の関連で、防腐剤の入っていないジェネリックに変更したら、どうしても治らなかった角膜の傷が治るようなことがあるのです。

リボスチンのジェネリックは使ったことが無いので知りません。使ってみて良かったらそれでいいんじゃないでしょうか。「やめた方が良い」とまでは思いません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-10-14 13:21 | くすり

今更知っても仕方ないこと


度々申し訳ないです。先日、飛蚊症のことで相談した者です。今更ですが、疑問に思っていることがあるので質問させて下さい。

1.昨年の秋に白内障を自覚してから間もなく飛蚊症の症状が出ました。白内障術後に飛蚊症を認識し易くなるのは分かりますが、白内障を患っている時に、濁りのある状態で何故、飛蚊症の症状が出たのか分かりません。白内障を自覚するまでは全く飛蚊症が気になりませんでした。白内障で急に眼が霞んでから心配で心配で仕方が無かったのですが、意識が眼にばかり集中してしまったせいでしょうか?主治医にきいても、そういうこと(白内障を自覚して飛蚊症も気になる)は聞いたことがない、の一言でした。今更知っても仕方ないことですが。

2.かれこれ飛蚊症の症状を認識してから一年くらい経ちます。白内障手術後に飛蚊症の症状が出ても3、4ヶ月位で気にならなくなるとききました。私は一向に変化なしです。こんなに長く変化がなくても、気にしなければ気にならなくなるのでしょうか?先生の仰る通り、悪い病気の前触れのような気がしています。白内障で急に視界が霞んだことが物凄くショックだったので、トラウマになっています。


1.偶然にその時期に後部硝子体剥離が起こったのだと思います。後部硝子体剥離で起こる飛蚊症は、生理的飛蚊症より強烈ですので、白内障で霞んだ視界でも飛蚊症が出現したのでしょう。但し「そういうこと(白内障を自覚して飛蚊症も気になる)は聞いたことがない」は聞き間違いではないでしょうか。当院では時々耳にしますよ。「白内障が起こって、それが原因で飛蚊症が起こるという事を聞いたことが無い」ではないでしょうか。取るに足らない些細な症状なので一言で済まされたんだと思います。

高齢になって白内障になることと、高齢になって飛蚊症が起こることが重なって、何の不思議があるでしょうか。「心配で心配で仕方が無かった」「意識が眼にばかり集中してしまった」ような状況なら、僅かな変化でも気になるのでしょう。「今更知っても仕方ないこと」と分かっているじゃないですか。その通りだと思います。済んだことはどうでもいいじゃないですか。

2.それ自身は消滅しませんので、気にならなくなるかどうかはあなた次第です。「悪い病気の前触れのような気が」するのなら、繰り返し再診し繰り返し検査してもらうしかないでしょう。ここでいくら「飛蚊症は誰にでもあります」「飛蚊症があってもいいじゃないですか」と言ったところで聞く耳を持たないんじゃありませんか。あるいは眼科以外の診療科、特に心の問題を診てくれる科を受診するのも良いかもしれませんね。

「左眼に一つ、右眼に三つ、視線を動かすとフワーッと付いてきて暫くすると消え」るという程度の軽い飛蚊症でも、悩んでいる人は多いことでしょう。しかし、眼科で異常なしと診断されて、それでもなお悩んで不安がってる人なんて滅多に無いですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-10-14 13:19 | 何かが見える

4歳+4.0ジオプター


4歳8ヶ月の子どもですが、眼科で遠視が強めと言われ眼鏡治療をすることになりました。裸眼視力は両目とも0.9、矯正視力は1.0です。両眼視検査は異常なし、近見は裸眼で1.5見えてます。乱視はありません。

1、年齢が4歳8ヶ月ですが、眼鏡をすることで弱視治療の効果は十分期待できますか?年齢的に遅いでしょうか?

2、眼鏡治療をすることで裸眼視力の向上も期待できますか?いずれは眼鏡を外せることを願うと裸眼視力もやはり気になります。

3、眼鏡をかけることでデメリットがあれば教えて頂きたいです。遠視の度数は両目とも+4Dでした。よろしくお願いします。


1.弱視治療というわけでは無く、今後の弱視の予防、あるいは更なる矯正視力の向上のためのメガネです。全然遅くないですよ。

2.今現在、裸眼で0.9も出ており、決して悪くないですので、裸眼視力のそれ以上の向上はあまり期待できないと思います。さらに調節力(近くにピントを合わせる能力)が年齢と共に低下していきますので、治療の有無にかかわらず、裸眼視力は徐々に低下すると考えられます。裸眼ではますますピントが合わなくなってくるのです。つまり、今から眼鏡を使用しなければ、視機能の成長時期ですので、裸眼視力と共に矯正視力も低下する可能性があると考えられるのです。それが心配している弱視です。

「眼鏡を外せる」というのは、外しても良く見えるという意味ではなく、(視機能の成長がほぼ終了したため)外してピントが合わない像を見続けても弱視にならず、メガネを掛ければ良い視力ではっきり見えるという意味です。10~12歳でそうなります。

3.特にないと思います。眼鏡を外せる時期になれば、コンタクトレンズも可能になります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-10-09 17:21 | 視力・斜視

赤ちゃんフラッシュ問題


4ヶ月の赤ちゃんに暗い部屋で携帯のフラッシュを使い動画を1分くらい撮ってしまいました。

初めは光を眩しそうにしてましたがその後はジーっと見てた感じです。撮った後に強い光は赤ちゃんの目に良くなかったんじゃないかと心配になり撮ってしまったことをすごく後悔しています。目に影響はありますか?不安なので教えて下さい。


ありません。

もしそれが心配なら、晴れた日の外出は10秒以内にするしかないですね。

カメラのフラッシュの影響」もご覧ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-10-09 17:17 | その他の疾患

気にしなければ気にならなくなります


30歳代の頃より飛蚊症がありますが、それまでは全く気になりませんでした。

が、昨年の秋に突然白内障を自覚して、程なく飛蚊症が気になり始めました。白内障は今年になって手術をして頂きました。両眼一度に手術して眼帯はなし、クリアな保護眼鏡をしていました。視界良好で飛蚊症も消え、喜んでいたのもつかの間、翌朝、飛蚊症の症状が又、出ました。

左眼に一つ、右眼に三つ、視線を動かすとフワーッと付いてきて暫くすると消えます。たまになら我慢出来ますが、毎日毎日頻繁に見えるので気持ちが沈みます。以前のような鈍感な眼に(脳に)戻りたいです。お世話になっている眼科医に相談しても、気にしないように、とのこと。眼底検査は術後5回しました。異常なしです。そのうち気にならなくなるのでしょうか?


はい。気にしなければ気にならなくなります。心の持ちようです。

もしかして、飛蚊症が何か悪い病気の前触れではないかと心配をしていませんか。殆どの人には飛蚊症は無いと思っていませんか。完全に透明な硝子体を持っている人なんて居ませんから、飛蚊症は誰にでもあります。見えないという鈍感な人が羨ましいかもしれませんが、そういう人は目の病気の発見が遅れますよ。


追加の質問にお答えいただければ幸いです。
1.気にしなければ気にならなくなる、とは、治ったわけではないが見えなくなる、と理解して宜しいでしょうか?
2.そのような鈍感な眼(脳)にもどった場合、定期検査を怠らなければ、病気の発見が遅れずに済むのですね。


1.はい。そういうことです。
2.いいえ。そうとは言い切れません。定期検査を怠らなければ手遅れになることは無いとしても、発見が遅れずに済む訳ではありません。敏感な人にだけ感じ取れるような症状があった場合は、定期検査を待たず受診することで、早期治療が可能な場合もあるでしょう。ただし、過敏すぎて何も見つからないこともあるかもしれませんが。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-10-04 16:00 | 何かが見える

視野の欠損と緑内障


強度の近視です。コンタクトの検査の度に眼科には通っていたのですが、そこではいつも異常なしの診断でした。緑内障簡易検査のホームページを見つけてやってみたところ、左目のみ、いくつか見えない部分がありました。左目の鼻の下部分が広範囲に見えません。それまでまったく気づきませんでした。

近くの眼科に行ったところ、眼圧は正常、瞳孔を広げて眼底カメラ等でも異常はないとのことでした。一週間後にゴールドマン視野検査をしたのですが、確かに左目の左下4分の1、水平方向から下に扇形に欠けているのでした。診断は緑内障でした。目薬が処方されました。

点眼は続けていたのですが、今度は都会の大きな病院に行きました。視野検査は予約制でできなかったのですが、OTC検査で先生から、視神経は正常ですが左目の12時の方向に赤いところがあってそこが見えてないみたいですね、というようなことを言われました。それ以外はどこも緑色でした。乳頭陥凹の拡大もないそうでした。多分進行しなさそうな欠損ですが次回の視野検査で詳しく見ましょうとのことでした。

事情があり、別の緑内障外来の先生のところへ診察へ行きました。ハンフリー視野検査では左目の左下4分の1の部分が、水平方向に盲点に向かってぐるっと黒くなっていました。先生の診断は、緑内障のような視野欠損があるとのこと。私の見方ですが、盲点を円の外の縁にして中心に欠損は無いように思えました。しかし鼻側階段?のようなものはあるな…と思いました。暗点のような孤立した欠損はありません。しかしOTCはその部分以外は緑色で、生まれつきのものか、進行するかわからないので目薬をしながら経過を見ましょうか、それとも薬はなくてもいいが何れにせよ長く経過を観察しましょうとのことでした。目薬を続けて、数年経っても欠損が広がらないんであれば止めてもいいとのことでした。

昔交通事故で左頭を強く打ち付けてしばらく病院に通っていたことがあり、直接目を打ったわけではないのですが、それも関係しているのでしょうか?一応先生には話しました。家族には緑内障はいません。これまでに緑内障のことを調べていたのですが、乳頭陥凹の拡大がなくとも緑内障ということはありえるのでしょうか?色々調べていたのですが視神経部分低形成?なんてこともあるのかなと思ったりして…これは先生には言われてませんが…。


強度近視ですので、視神経乳頭の所見が分かりにくいのでしょうね。OCTを使っても陥凹拡大があるのやらないのやら分からない場合もありますし。緑内障だという事で治療されている人の中にも、そうでない人が混ざっていることもあります。とにかく、緑内障の診断は非常に難しい場合があり、一筋縄ではいかないことが多々あるのです。ですから「乳頭陥凹の拡大がなくとも緑内障ということはありえるのでしょうか?」というような質問に「ありえない」とは言い切れないのです。

視野の状態がメールではよくわからないのですが、当方の印象としてはSSOH(視神経乳頭低形成)ではないかと思います。しかし、乳頭に全く所見が無いというのも不思議です。あるいは、昔の打撲による脳の一部の機能不全等という事があるのかもしれません。

昔から視野欠損を自覚していたのなら、原因が何であれ心配無いのですが、自覚が最近ですので、脳の方も確認してみる必要があるのではないでしょうか。最近できた小さな脳腫瘍なども否定できないと思いますので、念のため一度、脳神経外科を受診してみることをお勧めします。それで異常がなければ、3番目の眼科で点眼無しで経過観察してみてはいかがでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-10-04 15:56 | 緑内障

黄斑が見えているのです


目覚めの時に中央付近に黒い丸い影のようなものが一瞬見えます。

一瞬ですので両目で見ているのか片目で見えているのかはわかりません。朝に起きた時に見え薄暗い部屋で顕著にわかります。いつも見えるわけではなく月のうち何回か見える感じです。この黒い丸い影は朝の起きた時以外日中等は見えません。

この症状は中心性網膜症等なのでしょうか?中央付近に症状があるので気になります。お忙しい所申し訳ありませんが宜しくお願いします。


これですね
黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る
全く心配いりませんよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-09-29 09:22 | 何かが見える

円の周りの数字


何度か相談させていただき、いつも回答してくださりありがとうございます。緑内障治療を始めて四年目になるところです。

今月末、年に一度の眼底検査でした。OCT検査結果なんですが、去年と比べて悪い箇所は増えてはいませんでした。先生も特に問題ないとおっしゃってました。
気になるのが円の周りの数字です。この数字は何を意味していますか?この数字が低いほど悪いことを表しているのでしょうか? OCT検査結果の見方を教えて頂きたくメールしました。宜しくお願い致します


眼科医は総合的に判断して「特に問題ない」と判定したんだと思いますよ。数字なんぞは気にしなくてもいいように思うのですが。
e0137559_14361129.jpg
若くて非常に元気な右目の視神経乳頭です。数値は若い人の標準的な或いはそれを上回る値です。網膜の中心である黄斑は、76の数字のもう少し左に位置します。「円の周りの数字」は円弧(12分割なら30度、4分割なら90度)の部分の神経線維層の厚みの平均です。確かに数字が小さいほど厚みが薄く、標準より小さい場合は、その先にある神経細胞が減少していると考えられ、悪いと判断していいのですが、そうとも言えないことも少なくありません。
e0137559_14362253.jpg
例えばこれ。左上が赤になって数値が82です。この部分の神経線維の厚みの平均が82ミクロンで、標準よりもかなり薄いということで、赤表示になっています。
e0137559_14362998.jpg
さらに細かく厚みの分布を調べても、このように、視神経乳頭から伸びる神経線維束欠損として描出されます。これだけの情報しか与えられなければ、緑内障と診断してしまいそうになります。
e0137559_14363536.jpg
4分割で見てみましょう。上下が124と121、内外が68と63で、正常判定となっています。
e0137559_14364267.jpg
どういうことかというと網膜血管の走行に合わせて、神経線維層の厚みの分布がシフトしているのです。当然この目は視野にも異常なく、緑内障は完全否定されています。数値だけを見ていると、「木を見て森を見ず」になりかねません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-09-28 14:40 | 緑内障

眼圧は下がったが


先日ステロイド点眼液で眼圧が高くなり、瞬きをすると血管みたいなひび割れみたいな物が見えるという事でご相談させていただきました。

先生のご回答に納得し、眼圧も24から13と下がったのですが、ひび割れのような物は一向に消えません。担当医にも尋ねてみましたが、納得いく返答はありませんでした。メカニズム的にこれは眼圧が下がれば改善されるものなのかと思っておりましたが、そんな簡単なものではないのでしょうか?

OCT検査も受け、術後順調ですとの事なのですが…一度圧迫されたものは残ってしまうものなのか、元に戻るのに時間がかかるものなのかと、お尋ねさせていただきました。よろしくお願い致します。


そうですか、時間がかかっているようですね。ともあれ、眼圧が下がって良かったですね。

血管が見えるメカニズムというのは、あくまで当方の推測で、定説ではありません。気長に回復を待ちましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-09-28 14:31 | 何かが見える

処方された点眼を使ってよいか??


右目がゴロゴロする、という質問をさせていただいた者です。昨日別の眼科で診てもらったところ、結膜炎と言われ、フルオメソロン0.1%という目薬を処方されました。

この目薬はステロイドと書いており、この前角膜潰瘍が完治したばかりなので使っていいか少々不安です。(角膜潰瘍のときとは別の眼科で、昨日の眼科には角膜潰瘍は触れられませんでした。跡は残っているのですが。)まだ3回くらいしかフルオメソロンを点していませんが、言われた通り点したほうが良いでしょうか?


実際に現在の状況を見ている眼科医の指示と、状況が完全に伝わるはずのないメールだけで回答する得体の知れない眼科医と名乗る者の言う事のどちらを信用しますか。

だいたい「角膜潰瘍が完治したばかり」というのも、前回のメールには書かれていませんでしたので、前回の回答もいい加減なものだったという事になります。角膜潰瘍が完治したばかりということならば、その段階では、それが再発したと考えるのが妥当じゃないかと思います。

角膜潰瘍の場合、状況によって、或いは原因によってステロイドを使いますので、フルオメソロンが間違いとは言いきれません。しかも、完治しているなら関係ないと思います。「角膜潰瘍は触れられませんでした」という事から考えると、潰瘍のあった部分には傷などの再発を疑わせる所見が無かったという事で、再発ではなかったという事です。でも、「角膜潰瘍が完治したばかり」という事は、診察前に言わないとだめですよ。

しかし、結膜炎と言う病名は非常に漠然としたもので、いったい何が原因の結膜炎なのかさっぱりわかりません。その説明がなかったとしたら、その眼科も問題ですね。ですから、それで良くなるかどうか当方としては不明ですが、とりあえず、責任をもって点眼を指示した眼科医の指示通りにやってみてください。症状が軽快しなければ早めに再診すればよいと思います。

眼科で出た指示に対する疑問は、できれば、直接または電話でその眼科医に尋ねましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-09-27 15:31 | くすり

軽度の遠視と乱視と眼鏡


保育園の視力検査で引っかかり保健センターの二次検査では、右0.5 左1.0という結果で眼科受診を勧められました。眼科受診日の視力検査では右0.8 左1.0でしたが、念のため、後日目薬を使った視力検査をしました。

結果、遠視性乱視が両目ともあるので、眼鏡を作る様にとの事で処方箋を頂き早速眼鏡を作りかけ始めましたが、いろいろ調べるうちに弱視でなければ眼鏡は必要無いとの意見もある事を知り少々混乱しています。目薬前の視力検査では右0.8 左1.0矯正視力両目とも1.0でした。

そこでお尋ねしたいのが、
1.現在弱視でなくてもまだこれから弱視になる可能性があるのか? 主治医には、「目の負担をとるための眼鏡で、このままだと将来目が悪くなる可能性がある」と説明を受けて、納得して眼鏡も作りましたので、眼鏡装着は続けるつもりです。

2.運動会の練習で登り棒やマットの練習が毎日あるので、その間だけでも園では裸眼、帰宅後と休日は眼鏡装着という使い方だと逆に目の負担がかかったり、治療効果がないのか?ということを教えていただければと思い質問させていただきました。眼鏡処方箋は右 球面+2.00 円柱-0.75 軸度160左 球面+1.50 円柱-1.00 軸度180と書かれており、遠視も乱視も軽度と言われました。お忙しいところ申し訳ありませんがよろしくお願いします。


眼鏡を掛けた方が楽に見えるので、邪魔な時以外は掛けるのが良いでしょう。「園では裸眼、帰宅後と休日は眼鏡」で問題ないでしょう。或いは本人が掛けたい時だけでもいいんじゃないでしょうか。弱視ではありませんので、目の負担とか治療効果とかは考える必要ありません。

この程度の度数であれば、眼鏡は作らずに経過観察する場合が多いと思います。「このままだと将来目が悪くなる可能性がある」というのは、弱視になる可能性があるという意味だとしか判断できないのですが、「可能性が無くは無い」程度だと考えてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-09-26 14:56 | 視力・斜視

ゴロゴロ


数日前から右目が痛いです。場所によって瞬きするとゴロゴロします。特に右を向いた時と上を向いたときです。

眼科で診てもらったのですが、特に傷はないらしく、コンタクトはしても良いと言われました。ドライアイではありますが、この感じの痛みはあまりありません。原因はなんでしょうか?

また、目尻を軽くトントンと叩くと、左に比べ右が少しチクチクと痛いです。何か関係があるでしょうか?瞼の裏まで診てもらいましたが何も言われなかったのでものもらいではないと思いますが、段々どこが痛いのか分からなくなってきて眼球ではなく目尻の皮膚が痛いような気がします。


細くて短い睫毛が入っているのかもしれません。洗顔料のスクラブが入っているのかもしれません。結膜結石が結膜から外れて動き回っているのかもしれません。もちろん麦粒腫などの細菌感染かもしれません。診た眼科医が分からないのにメールで判るはずありません。何も言わない眼科医でなく、もう少しまともな眼科を受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-09-26 12:25 | 異物

ステロイドレスポンダーであったとしても


緑内障になったのでしょうか?という質問をさせていただいた者です。お忙しい中、早々のご回答いただきありがとうございました。

では、結果的には今眼圧を下げる点眼をしてますが、この治療法が正しいのでしょうか?私はもしかして、術後のステロイド剤の点眼により高眼圧になったものかとも考えたりしましたが、もし仮にそうだとしたら、ステロイド剤を中止しただけでいいのではと疑問にも思ったりしてます。すぐに眼圧を下げる点眼薬が処方されたのが腑に落ちない所でもありました。ただ、担当医からの指示でもありますので何も聞けずにおりました。

後、最初の質問にも述べさせていただいたように、瞬きをした時に血管のような、ひび割れたような感じの物が見えるのですが、これは高眼圧と関係あるのでしょうか?視神経に問題があるのでしょうか?なければ、一体何故こんな物が見えるようになったのか術後は無かったのですが…何度もご質問申し訳けございません。


ステロイドで眼圧が上昇する人をステロイドレスポンダーといいます。間違いなくそうであったとしたらその通りです。しかしまだ、現時点では分からないわけですので、ステロイドを中止して緑内障点眼を開始するのが正攻法です。視神経への影響を回避するために、まず眼圧を下げる。ステロイドレスポンダーであるかどうかは後から調べることが出来ます。

もしステロイドレスポンダーである事が既に分かっていたとしても、眼圧上昇の程度によっては、ステロイドの中止だけでなく緑内障点眼を追加する必要があります。

「ひび割れたような感じの物」は網膜血管だと思います。見えるメカニズムはおそらく以下のようなものです。

網膜血管は網膜の中の表面近くにあります。眼内圧が上昇すると、網膜全体が上下から圧力を受けます。薄い網膜が押しつぶされるような力です。ところが、血管のある部分の網膜は、その血管がクッションとなり圧力が和らぐために、圧力が直接加わった部分とは違う反応をするのではないでしょうか。
e0137559_11305568.jpg
OCTによる網膜の断面です。網膜の表面近くに楕円形のものが7つ並んでいます。それが網膜血管で、左から静脈・動脈・静脈・動脈・静脈・動脈・静脈です。右の眼底写真と比較してみてください。血管の下の黒っぽい筋は血管の影です。上下から圧力が加わると、ゴムチューブのような血管のおかげで、血管の下の網膜細胞は圧力によるダメージが少ないと思いませんか。

追加です。
実際にその目が、ステロイド緑内障の状態なのか、続発性緑内障の状態なのか、はたまた、得体の知れない物なのか、当方には分かりません。ですから、点眼の効果が出て眼圧が下がるのがいつになるかを予測することは出来ません。


★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-09-17 11:34 | 何かが見える