excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ステロイド点眼の強さを知りたい


私は薬剤師をしております。色々と調べてみたのですが、分からず、眼科のDrが直接答えて下さるこのサイトにたどり着きましたので、ぜひ教えて頂きたい事がありまして、メールを送らせていただきます。

ステロイドの点眼薬の強さのランクについて、教えていただけますでしょうか?色々と調べてみたのですが、分かりませんでした。メーカーに聞いてみたのですが、点眼は塗り薬と違って、個人差や条件その他もろもろの違いがあり、Drの経験上、リンデロンがフルメトロンより強いと認識してるDrが多いが、比較したデータがないとの返事でした。

濃度も、もちろんあるでしょうが、リンデロン>フルメトロンだとすると、サンテゾーンやオルガドロンは比較するとどこに入るのでしょうか?デキサメタゾンがよく分からないのですが、外用では、デキサメタゾンはmediumですが、プロピオン酸or吉草酸デキサメタゾンはstrongですよね。サンテゾーン、ビジュアリンはメタスルホ安息香酸デキサメタゾンナトリウムで、オルガドロンはリン酸デキサメタゾンナトリウムですから、よく分からなくなっています。

先生はどういう使い分けをされているのか、教えて頂けますでしょうか?患者さんから、この薬はこれより強いのか、弱いのか聞かれて、不勉強を痛感しています。どうか河野先生の見解を教えていただきたく、お願いいたします。


「患者さんから、この薬はこれより強いのか、弱いのか聞かれて、不勉強を痛感しています」ということは、患者さんに対して「強いです」とか「弱いです」とか答えたいわけですね。それでは、ステロイドの強い弱いとは何でしょう。即効性でしょうか。持続性でしょうか。それとも副作用の強さでしょうか。Aの病気に対する強さでしょうか。Bの病気に対する強さでしょうか。Cの副作用の発生率でしょうか。Dの副作用の重症度でしょうか。患者さんが質問されたとき、それがどの項目についての質問か判断できるでしょうか。或いは、どういう意図を持って質問しているのか判るでしょうか。

多くの患者さんにとっては、医師の説明と、薬剤師の説明は同等に扱われます。実際にその患者さんの眼を診察し眼疾患についての専門知識を持った医師と、診察もせず眼の専門知識も持たない薬剤師が同等なのです。いや、場合によっては、あとから説明する薬剤師の方を信用したりします。患者さんは薬局で薬の事を聞いたのですからそれも当然でしょう。そして今までの経験では、医師と薬剤師の説明が食い違う場合、患者さんは医師に対して不信感を抱き、その結果、適切な治療の妨げになります。これは多くの医師が感じている事だと思います。

ご近所の眼科で診察を受け、あなたの薬局に購入に来る患者さんは、その眼科医から説明を受けているはずです。或いは後日説明を受けるはずです。そのときに、あなたの説明と眼科医の説明が違ったら大問題ですので、当方の見解をここに載せることはしません。眼科医全てが同じ基準を持っている訳でもありません。また、基準があったとしても、患者さん一人ひとりの病状に対してその都度考える事ですので、無いも同然です。是非、その眼科医の見解をお聞きになり、患者さんに対して薬局で説明できる内容と範囲をご確認ください。

特にステロイドに対しては、異常に神経質になっている患者さんも存在します。最悪の場合、医事紛争にもなりかねません。もし質問があった場合には、薬の説明は一般論にとどめ、「実際に診察した医師でないとわからないので、診察時に聞いてください」と逃げてください。お願いします。切なるお願いです。

追加です。「強い薬ですよ」と説明して、それで患者さんが怖くなって点眼をやめたために、炎症が長引いて視力が(不可逆的に)低下してしまった場合、あなたは責任を取れますか。こんな恐ろしい事は、医師に任せた方が良いと思いませんか。調剤薬局には毎日お世話になっており、薬剤師さんにも大変感謝しています。決して敵意を持っているのではありません。本当に患者さんのためになる方法とは何かを考えると、余計な説明はしていただかないというのが最善なのです。どうか、ご理解ください。

次のページもご覧ください。
調剤薬局で眼圧を聞かれるのですが
しっかりしてよ薬剤師さん

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-12-10 15:08 | くすり
<< 一年生で弱視の治療は手遅れか 白目の斑点は取れるのか >>